即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

即日融資を受けたいけど無職は無理?そんな時はここをチェック!

普段はそれほど切羽詰まることがなければ考えもしないのがキャッシングやカードローン。人間なんてそんなものです。中には環境が許すから、あるいはやむを得ない事情で無職の人もいますよね。そんな人でも緊急にならなければお金には困らずに済むことも。

生活していける条件が揃っているのなら無職であっても問題はありません。人によっては蓄えがあったり、月々に入ってくる特別な収入があったり(内訳は人それぞれですが)、単に求職中で失業保険を受けていたり。

生きていけるのなら無職でも全く問題ありません。あまりにも長く続くと少しばかり親戚やご近所の目が気になるかな?という程度でしょうか。それもそのうち気にならなくなる人も多いようですが、あなたはどうでしょうか。

しかし、それはあくまで「生活していける環境ならば」という前提で許される経済状況です。本来、無職は収入がまずありません。余程うまくお金を貯めた人や財産を持つ人でない限り、そのうち生活が苦しくなってしまうのは目に見えています。

苦しくなった時、人はどうするか?単純に言って、お金を借りたくなりますよね。ここでは無職の人がお金を借りるということについて考えていきたいと思います。公的機関の支援の紹介もしているので、興味のある人は読んで下さいね。

無職でもお金は借りられる!場合によっては即日融資も!

無職だとどうしても返済能力に限界がありますから、キャッシングやカードローンをすることは厳しいと思われています。そして実際その通りで、有名どころから借りるのは大変難しいと言っても過言ではありません。

ところが現代はキャッシング、カードローンというものに対して様様なニーズが産まれていることも確かであり、金融機関としてもそれを無視できない状況になっています。というのも、現代は無職にも様々なパターンがあるからです。

場合によっては即日融資も可能です。特にWEB申し込みでは職場への在籍確認などの前に審査に通過してしまう場合が多かったり、在籍確認そのものをしない場合もありますので、無職でも即日融資のチャンスはあると言えるでしょう。

無職も種類は様々…中には返済能力を期待できるものも

無職と言うとどうしても、明日をも知れぬかつかつの暮らしというものを想像してしまいがちですが、最近はそれだけではありません。ステップアップ転職のための待機期間や失業給付金を利用する人もいるのです。

ステップアップ転職をご存知でしょうか。今までの立場よりももっと自分の実力に相応しい立場へ転職し、おおむね収入や社会的地位の上昇が見込まれる転職のことです。

この転職はキャッシングやカードローンの審査で重視される「返済能力」に対し、大変強い成分を持つことになります。今までよりも大きな金額の融資を希望されたとしても、返済能力から考えれば融資したくなるような条件の良さなんです。

例え無職の期間であっても、このステップアップ転職が確約されていれば、銀行や消費者金融も融資をするのはやぶさかではないという態度を見せることがあります。ここから先は交渉次第でどうにでもできますよね。

返済能力だけで見れば、ステップアップ転職の準備期間以外で無職の状況にある人でも審査で考慮される場合がないわけではありません。意外なことですが、もし「無職になる直前」に融資を受けたいのなら可能である場合があります。

無職になる前に働いていた職場には社会保険がありましたか?もし社会保険のある職場だったのなら、退職にあたって失業保険が給付されるはずです。その失業保険を利用して返済するという手もありますね。

本来、失業保険はそういったことに利用することが目的で給付されるわけではないのですが、生活に困ればそれもアリです。全力で次の仕事を探すのであれば問題ないでしょう。

無職でも借りられる会社の探し方は?

無職でも借りられる会社はそれほど多いわけではありませんが、全くないわけでもありません。上記の条件を考慮する会社が狙い目です。大きい金融機関よりも中小で借りられることが多いようです。(こちらもご参考にどうぞ→審査が甘いキャッシングなら誰でも借りられる?

大手の金融機関はそもそもの顧客分母数が大きいため、やはりどうしても返済にリスクを背負いがちな無職の人にお金を融資する必要がないんですね。安定した取引ができる、職のある人と取引をしたいと思うのは仕方ありません。

しかし中小は大手ほどの過剰なサービスはできないものの、中小ならではの小回りのききやすさ、フットワークの軽さ、現場の柔軟性で手広く融資を行うことが可能だと言えます。

こういった金融機関は大手の派手な宣伝に隠されがちですが、地道な経営を続け、中には大手よりも長い歴史を持つ融資会社も存在します。全く宣伝を出しておらず、クチコミや地元の人だけを相手に商売をしているところもあります。

探し方としては看板をチェックしたり、今ではネットでのクチコミを見てみるのもありでしょう。利用者がダイレクトな意見を書くのがネットの良いところですから、信憑性は高いですよね。

中小に紛れ込む悪質な闇金業者に注意!

中小の業者を探していると、知らないうちに悪質な業者に行き当たっている可能性があるかもしれません。いわゆる闇金ですが、彼らは大変巧妙に中小業者に紛れ込んでいます。この見分け方を知らないと大変なことになるかもしれません。

闇金のタチの悪さは折り紙つきです。分かりやすい例としては有名なキャッシング会社の名前とそっくりの社名を名乗って顧客を安心させるという、大変迷惑な手口を使うこともあります。

それに騙されて契約してしまった顧客は法外な金利と取り立てに悩むことになります。もしこんなことになってしまったら、何を置いても警察に相談しましょう。同時に弁護士さんにも相談することをオススメします。

弁護士さんの中には金融トラブル(闇金トラブル)を専門にしている人もいるほどです。こういう弁護士さんであればすぐに解決してくれますので、相談は一刻も早い方が良いでしょう。格安で相談に乗ってくれますよ。

どうしても無理なら公的支援を使おう!

お金が必要な理由は人それぞれです。買い物をしたいからという人もいるし、中には明日の食べ物もない……と言うような深刻すぎる人もいるかもしれません。食費だけではなく家賃なども大事なことです。

もしもあなたに再就職の意思があるものの、現在は無職で収入がなく、低所得と判断される立場であるのなら、公的な資金を融資してもらえるかもしれません。これは社会的に制約がつきがちな生活保護とは違い、あくまで融資です。

失業者を対象とした公的支援、名前を総合支援資金と言います。自治体の窓口で相談ができますので、お住まいの(住所が登録してある)地域の最寄りの役所へ行って相談しましょう。

公的支援と言うとどうしても「返済義務のない支援」と考えてしまいがちですが、この総合支援資金には返済義務があります。また、融資を受けるにはいくつかの条件が必須となります。

  • 住民税が非課税かどうか
  • 年収が35万円以下かどうか
  • 住所登録をしてあるかどうか
  • 返済の意思・見込みはあるか
  • ハローワークへの登録しているかどうか

税金の件はやはり困窮している人に公金を使うという性質上、どうしても申告が必要です。中には知られたくない人もいるかもしれませんが、役所の人も仕事ですので深くは追究しません。安心して申請しましょう。

また、あくまで再就職の意思がある人に向けた支援ですので、ハローワークへの登録は必須となっています。これも最寄りのハローワークへ行けばすぐにクリアされる条件ですので、早いうちに済ませてしまいましょう。

肝心の金額や利子ですが、一回につき上限20万、最長で一年間の給付を受けることができます。金利は年利1.5%で計算されます。基本的に保証人は不要ですが、保証人がいれば利息がつかないという一面があります。

この制度はどうしても生活が苦しい人へ向けての支援制度ですので、ショッピングや贅沢のために利用するべきではありません。最後のライフラインのひとつとして覚えておくと良いでしょう。

また、この制度は性質上、どうしても「即日融資OK」ということにはなりません。時間のある時にゆっくりと手続きができる時に利用するようにするべきです。とはいえ、こういった制度を利用するよりは、やはりキャッシングやカードローンの方が気も楽ですし、利用もしやすいですよね。状況に応じて選択するようにしましょう。

【参考ページはこちら】
いざという時に便利!即日融資が受けられるキャッシング会社の特徴

閉じる
閉じる