ネットで申し込み可能!即日融資もできるキャッシングカード

急にお友達からお誘いを受けてお金が必要、といったようにお金はいつ必要となるかわかりません。そんな人の中には貯金もなくどうしよう…と悩む人がいるかもしれませんが、そんな時はキャッシングやカードローンで融資を受けてみてはどうでしょうか。

ネットが普及している現在はネットからキャッシングやカードローンに申し込みをすることができるので申し込みもしやすく即日の融資も受けられます。今回はネットからの申し込みや即日融資について紹介していきたいと思います。

大手のキャッシングやカードローンはネットからの申し込みに対応

ネットからの申し込みを受け付けているところは結構存在していて、Webを使って「キャッシング ネット申し込み」や「カードローン ネット申し込み」といったワードで検索してみるとヒットします。大手の業者で即日融資してくれることが多く、同時にネットからも申し込みも可能となっているところが多いです。

大手の借入なら詐欺等に引っかかることもないので、安全に融資を受けることができるので、何か事情でもない限りは大手のところを利用してみるといいでしょう。上記のワードを使って、ネットからの申し込みを受け付けているところを検索してみました。

  • アコム
  • 新生銀行 レイク
  • YAHOO!カード
  • 三井住友銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン

知っている人が多そうなところを書いておきました。注意することなのですが、上記の書いたところはネットから申し込みすることはできますが、即日で融資ができないところもあるので注意してください。

即日でも借りられるところを探したいなら、上記のワードに「即日」等をつけると即日に対応してくれるキャッシングやカードローンを探すことができるでしょう。

スマホをネットに接続して申し込みすることも可能!

パソコンからインターネットを閲覧することはもちろん可能ですが、最近はスマートフォンやタブレットもあり、こういった端末からアクセスする人も多いのではないでしょうか。ネット申し込みを受け付けているキャッシングやカードローンは、スマホやタブレットからも申し込みをすることができます。

普段から連絡手段としてスマホを持っている人も多いかと思うので、空き時間・待ち時間に申し込むことができるので便利。時間がある空き時間にキャッシングやカードローンの情報を調べておいて、時間がある時に申し込みをするとスムーズに申し込みも可能です。

ネットだけではなく店頭や契約機などで申し込み方法することもできる

キャッシングやカードローンはネット申し込みだけではなく、ほかにもいくつか方法があるので一応紹介していきます。

  • 店頭窓口
  • 自動契約機
  • 電話
  • 郵送

ネット以外の上記の4種類の方法でも申し込むことができます。インターネットも便利なのですが、上記の方法もなかなか便利です。店頭窓口や電話、自動契約機は担当の人と相談しながら申し込みを行うこともできます。特に「自動契約機」はオペレーターの人はいますが、ほぼ無人で契約まで行えます。

借金やお金の借り入れは、「内緒にしたい」とか「人に会わずに借りたい」といったことを思う人も多いです。ネットでも誰にもばれずにお金を借りることはできますが、自動契約機はばれずにカードの発行までその場で行うことができます。カードはすぐに使うこともできるので、今すぐに現金が欲しいなら自動契約機を使ってみるのもいいでしょう。

自動契約機にも営業時間があるので、これには注意するようにしてください。時間外になると、申し込みはできませんので必ず営業時間中に自動契約機は利用しましょう。

即日融資したくて急いでいる時こそ申し込み時には注意したい!

即日融資をしたい時は急いでいる時だと思いますが、そんな時こそ申し込みする時に注意する必要があります。急いでいると申し込みする時に必要事項を入力する時に誤って入力してしまう可能性も高まってしまいます。

キャッシングやカードローンでは必要事項の誤入力で審査に落ちてしまうケースもあるようです。

審査基準を満たしていても誤入力で審査に落ちてしまってはとても勿体ないので即日融資で急いでいる人も必要事項の入力は誤りがないようによく確認しましょう。

また電話で申し込みする場合にも注意が必要で、電話ならではの「聞き取り間違い」が起こることもあります。電話で申し込みする場合も聞き取り間違いがないようによく相手の話を聞いておく必要があります。

同時に申し込み者も正確に情報が伝わるようにはっきりとした声で電話する必要があります。誤入力や聞き取り間違いといったちょっとしたミスで時間が無駄にならないようにしましょう。

キャッシングやカードローンはネットから申し込みすることもでき、即日融資を受けることもできます。スマホや携帯電話などからネットに接続して外出中でも申し込みできるので、お出かけ中に急に必要になったときに融資を受けることもできます。

即日融資を受けるなら、申し込み方法はネットか自動契約機のどちらかを選ぶようにしましょう。

即日融資は消費者金融が早い!ネットから申し込みしてその日に借入

キャッシングやカードローンにも消費者金融や銀行などいくつか分類があるかと思いますが、即日融資を受けるならどこを利用したらいいと思いますか?

即日融資を行っているところなら、どこでもその日に借りられる可能性がありますが、なかでも素早いのは「消費者金融」と言われています。

最短30分で審査が終わるとか、1時間で審査が終わるとかHPに書いてあるのを見かけることもあります。(こちらもご参考に→即日融資可能なサラ金を教えて!

経済的な面を考えると金利が低い銀行からお金を借りたほうがより効率的ですが、消費者金融は素早いし、審査にも通りやすいといわれていることも多いです。(こちらもご参考に→消費者金融は審査が甘いってホント?)確実に即日融資ができるというわけではありませんが、その日に借り入れを場合はするなら消費者金融のほうが向いているといえます。

また、審査に通りやすいといっても必ず融資ができるという訳ではなく、収入がなかったり勤続年数が短かったりすると審査に落ちてしまうこともあります。

通りやすいからと言って必ず融資できるわけではないので、軽く考えるのはよくありません。

  • アコム
  • 新生銀行カードローン レイク
  • SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
  • モビット

上記のところは、インターネットから申し込みを行うこともできます。「即時融資ができてネットから申し込みができる」といった条件で探しているのであれば、一度詳細を確認してみるといいでしょう。

また、必ずしも銀行のキャッシングやカードローンで即日融資ができないという訳ではありません。時間が掛かるといわれている銀行でも即日対応してくれることもあります。

銀行では即日融資ができないことも!急いでいるなら他へ

上記にも少し書きましたが、即日融資に向いていないのは銀行のローンです。金利が安かったり、手数料がかからなかったりさまざまなメリットがあり、より経済的なのが銀行です。その分、審査も厳しくなってくるし時間が掛かることがあります。

探してみると即日で融資を受けることができるところもありますが、即日で借りるならできるだけ銀行の利用は避けて消費者金融をしようするとよいでしょう。

申し込み方法によっては時間が掛かることもあるので注意!

キャッシングやカードローンはネット以外でも窓口や契約機、電話、郵送でも申し込みができますが、申し込み方法によっては即日融資ができないこともあります。

例えば郵送ですが、郵送でやりとりするので時間が掛かります。郵送で申し込みをした場合、郵送にかかる時間が掛かり即日で借り入れすることが難しくなるので、即日でお金が必要な場合は郵送での申し込みは控えましょう。

時間が掛からないのがやはりネットと自動契約機での申し込みとなります。どちらも素早く連絡も取りしやすいので即日でも借り入れができる可能性が高いです。自動契約機はその場でカードの受け取りもでき、カードを使って現金をその場で借り入れすることもできます。

即日融資を受けるなら申し込み方法はネットか自動契約機を使うようにしましょう。また即日融資はあくまでも最短になるので、ネットや自動契約機で申し込みした場合でも即日融資を受けられないこともあります。

事業用資金の融資を行っているローンでは即日融資は難しい

用途自由のキャッシングやカードローンは唯一、事業性資金として利用することができません。そんな時に利用できるのがビジネスローンとか事業者ローンで、このローンでは事業用資金のお金を調達することができます。

個人事業主の方や中小企業の法人で利用することができるので、事業用の資金調達をするならば用途自由のキャッシングではなく、こちらのビジネスローンや事業者ローンを利用しましょう。

このビジネスローンですが、即日融資できるローンもありますが審査に時間が掛かりその日に借入できないケースも多いです。ビジネスローンを利用するなら時間に余裕を持って申し込みを行うようにしましょう。

最近のキャッシングやカードローンは即日融資に対応してくれるところは多いですが、中でも早いのは消費者金融といわれています。すぐにでもお金を借りる必要があるという場合は消費者金融を探してみましょう。

ネットからならすぐに申し込みすることもできますが、審査や時刻によっては即日融資できないこともあることを覚えておきましょう。

即日融資を受けるには振込手続きが必要!時間には注意しよう

ネットで申し込みをして、即日融資を受けるにはやっておかなければいけないことがあります。まあこれは利用するキャッシングやカードローンによって変わってきます。その日にお金を借り入れする場合、審査に通って書類を提出して契約まで完了しておかないと、即日で融資できない場合もあるので注意してください。

14時までに書類を提出することや、振り込み手続きを終えておくことが即日でお金を借りるために必要になる場合もあります。

キャッシング・カードローン 即日融資の条件
アコム 14時までに書類を提出する
新生銀行カードローン レイク 4時までに申し込み・書類確認が完了
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) 4時までに契約完了する
モビット 14時50までに振込手続きをしておく

時間内に手続きをしておかないと即日融資は受けられないので、即日融資を受けるなら時間に余裕を持って申し込みをしておきましょう。

即日融資対応のキャッシングでもその日に借入できないこともある

即日融資に対応してくれるキャッシングやカードローンは必ずしもその日に借り入れができるという訳ではなく、融資してくれないことも考えられます。

例えば審査に落ちてしまったり時間が掛かったりするとその日に借り入れすることができなくなってしまいます。振り込み手続きがうまくいっていなくて実際に振り込みがされていないということも考えられます。振り込み手続きを行う場合はよく口座番号も確認して、誤りがないように注意しましょう。

よくキャッシングやカードローンでは「審査が最短30分」となっていますが、これは最短なので申し込み者によっては30分以上かかる場合もあるし、その日に審査が終わらないこともあります。

即日融資に対応してくれるからと言って必ずという訳ではないので、時間が掛かることも考えおく必要があります。お金が必要になり急きょ借り入れしなくてはいけないということは、いつ起こるかわかりませんが必ず即日融資ができるわけではないことは知っておきましょう。
即日融資を受ける場合は時間帯に注意する必要があり、申し込みをした時刻次第では翌日以降の融資となることもあります。即日融資をするなら、午前中には申し込みをしておきましょう。

ネットから申し込みをして、ネットから振り込み手続きもできるのですぐにでも必要ならネットから審査するとよいでしょう。

融資には書類の提出も必要!ネットから書類提出することもできる

少し前にも書きましたが、キャッシングやカードローンで契約まで完了させるには書類を提出する必要があります。必ず必要になる書類は本人確認書類ですが、運転免許証のほかにも以下のようなもので代用することが可能です。

  • 健康保険証
  • パスポート

書類の提出は、インターネットからもできるようになっていて、その場合はカメラで撮影してデータ化して提出することができます。データ化したものを、メールに添付してもいいしアプリを利用して提出することができます。アプリはスマホやタブレットといった端末のものになりますね。

もちろんスマホなどからも提出することもできるし、本人確認書類の撮影もスマホのカメラからでもOKです。書類を撮影するときは、両面撮影する必要があるので表と裏を忘れずに両面の撮影を行うようにしましょう。

インターネットから書類を提出する方法は、利用する業者によって少しずつ変わってきます。書類の提出のタイミングになると、案内が来ると思うのでそれに従って提出すれば間違えることもありません。案内をよく確認して間違えないように注意しましょう。

収入証明や住民票が必要になることも!条件も確認しておこう

本人確認書類の他にも必要になる書類がいくつかあります。これは必要になる場合もあるし、いらない場合もあります。借入額が多額になると収入を証明することができる書類を提出する必要があります。

  • 限度額が50万を超えるとき
  • 借りている額の合計が100万円を超える

この場合だと収入証明が必要になるので、50万円以上の借入を希望する人は事前に用意しておきましょう。収入を証明するためには源泉徴収票や給与明細書といった書類があれば問題ありません。

借りている額の合計が100万を超える、というのは例えば複数(2社とか3社)で借りている場合、その複数から借りているお金を合計して100万円を超える場合になります。
(⇒100万円を即日キャッシングすることはできる?

すでに融資を受けている人は、現在合計でどれくらい融資を受けているのか自分で把握しておくようにしましょう。

  • 公共料金の領収書
  • 住民票の写し

本人確認書類(運転免許証など)と現在住んでいる住所が違う場合にも書類が必要になることがあります。書類は撮影してデータ化することでインターネットから提出することができますが、撮影するときは注意が必要です。

きれいに撮影できればいいですが、ぼやけていたり小さすぎて何が書いてあるのかわからなかったりするようなものはダメです。書いてあることがわかるように、きれいに撮影するようにしましょう。

書類の内容が分からないと審査に落ちてしまうこともあるし、再提出しなければいけません。余計に時間が掛かることになるので、即日融資を希望するなら書類の提出も丁寧に行いましょう。

ネットからキャッシングやカードローンに申し込みをして融資を受けるには書類の提出が必須で、提出しないと融資は受けられません。即日融資するなら必要な書類をすぐに用意できるようにしておきすぐに融資を受けられるようにしておきましょう。

書類は最新のものが必要となるので、古いものではなく必ず最近の物を用意しておきましょう。

新規法人にも即日融資してくれるキャッシングサービスはある?

最近のキャッシングやローンは便利で即日融資を受けることもできるし、コンビニなどのATMを利用すれば24時間お金を借りられます。カードローンは用途が自由になっているので、利用目的が何であっても利用することも可能です。

ただ、用途自由のキャッシングやカードローンは事業資金としては使うことができません。事業でお金が必要となる場合は困ると思いますが、そんな時はビジネスローンで借りたお金なら事業性資金としても使うことができます。

今回は法人向けのビジネスローンについて紹介していきたいと思います。

ビジネスローンと事業者ローンは同じ!即日で融資を受けられることも

事業の資金を調達できるローン「ビジネスローン」と「事業者ローン」には違いがあるのでしょうか。

名前自体は違うものですが、どちらも似たような意味で、ビジネスローンを事業者ローンと呼んだり、事業者ローンをビジネスローンと呼んだりすることもあります。

キャッシングやカードローンは自営業の人は融資が厳しい申し込み自体ができない場合もありますが、ビジネスローンや事業者ローンなら申し込みをして審査を行ってもらえます。融資もできますし、申し込みした日に即日で融資を受けられる場合もあります。

審査を行ってもらえるというだけで、申し込みをした人が誰しもお金を貸してもらえるというわけではないので、審査に落ちる。ということも頭に入れておく必要があります。

このビジネスローン・事業者ローンは消費者金融で扱っている場合もあるし、銀行系のローンとして存在していることがあります。公式サイトを覗いてみると「法人向け」とか書いてあるところがあるので、そこからアクセスすると詳細を確認することが可能です。
もし利用したいところがすでに決まっているなら、アクセスして詳細を確認してみるといいでしょう。

窓口に行かなくてもOK!申し込みはインターネットからも可能!

ビジネスローンというと、窓口に行かなくては申し込みができないとお考えの人もいるかもしれませんが、そんなことはなくインターネットから申し込みすることもできます。ローンによっては、外出しなくても契約までできることもあるWEB完結申し込みというのもあります。

申し込みは電話でもできますが、電話の場合聞き間違いなどが起こることもあるので、電話で申し込みを行う場合は聞き間違いや聞き取り間違いには注意しなくてはいけません。インターネットでは聞き取り間違いなどは起こりませんが、申し込み時必要な情報をご入力してしまうこともあるので、こちらも注意が必要です。

必ず確認しておこう!ビジネスローンの申し込みに必要な条件や書類!

ビジネスローンにも申し込み条件はあり、満たしていないと申し込みができたとしても融資を受けることはできないので必ず確認しておく必要があります。確認しておきたいことは「年齢」と「業歴」です。

  • 20歳から65歳まで
  • 20歳から69歳まで
  • 業歴2年以上

すべてのビジネスローンで当てはまるわけではありませんが、このような条件になっていることが多いです。また必要な書類には本人確認書類と所得証明書が必要になります。書類は代表者本人のものが必要なので必ず法人の代表者の書類を用意しておきましょう。

  • 本人確認書類(運転免許証・パスポート・保険証)
  • 所得証明書(課税証明書・納税証明書・納税通知書)
  • 事業を証明する書類(登記薄謄本・決算書・事業計画書)

用意しておけば必要になったときにすぐに提出することができるので、必ずそれぞれの書類を用意しておくようにしましょう。

法人向けのビジネスローンの使い道は運転資金や給料に使える

ビジネスローンを探しているのであれば知っているかもしれませんが、使い道についても知っておきましょう。使い道にはいくつかありますが、運転資金や給料として使うことができますが他にもこんな使い道があります。

  • 下請けへの支払い
  • 資材や機械の購入費用

使い道はビジネスローンによって様々ですので、申し込みをする時にそのローンではどんな使い道があるのかよく確認しておく必要があります。できること、できないことがあるので必ず確認して、自分の用途とあっているローンに申込みするようにしましょう。

法人向けのビジネスローンは即日融資を受けられる場合もあり、企業の運転式や給料の支払いに使うことができます。申し込みは窓口にいかなくてもインターネットからでき、ネットだけで契約までできる場合もあります。

申し込みするのにも条件があるので、申し込みをする時はすべての条件を満たせていた場合のみ行うようにしましょう。

事業者ローンやビジネスローンは消費者金融や銀行で扱っている

事業者ローンやビジネスローンを扱っているところは多く、最近は消費者金融でも扱っている場合もあるのです。扱っているところをちょっと調べてみました。

  • アコム
  • 三菱東京UFJ銀行
  • ビジネクスト
  • オリックス
  • 三井住友銀行
  • アイフル
  • オリコ

上記以外でも法人向けのローンを扱っているとこは多くあるので、自分がよく利用している消費者金融や銀行に申し込みすることもできます。信用金庫でも法人向けローンを扱っている場合もあるので、一度自分がよく使う消費者金融や銀行で探してみましょう。

事業者ローンやビジネスローンを扱っているところは意外に多く銀行をはじめ消費者金融や信用金庫でも扱っている場合があります。ビジネスローンだけど法人だと利用できないといったローンもあるので、申し込み時はよく条件を確認しておきましょう。

即日融資もできるローン、できないローンがあるのでその日に借り入れをする場合は即日対応してくれる融資先を選ぶようにしましょう。

法人向けローンを利用する時に注意しておきたいこと

最近の消費者金融や銀行といった金融業者には、事業者ローンやビジネスローンといった事業者向けのローンを扱っているところも増えてきています。

申し込み条件も様々なので、実際に利用するときには申し込みする前に法人にも融資をしてくれるのか?確認する必要があるのです。

消費者金融にも法人向けの事業者ローンがあるといいましたが、これは基本的には個人事業主向けのローンになっていることが多いです。その場合、法人だと対象者にならず法人だと融資を受けられないということもあります。申し込みするときには対象者をよく確認する必要があり、法人でも融資OKなのか確認することが大切です。

法人向けローンに申し込みする前に業歴や税金を確認!

法人向けのローンを使うときには、申し込み条件を確認して、自分が対象になっているのかよく確認する必要があります。

ローンによっては「業歴が2年以上必要」ということが条件となっていることがあるので、そういうところでは新規の法人だと借入することは難しいこともあります。

事業者ローンを扱っているところは結構ありますが、申し込みができる条件なども合わせると利用できるところも限られてきますのでよく確認しましょう。業歴が必要なところは、申し込んだとしても融資をしてもらうことはできないので、新規法人でお金を借りたいなら、業歴が必要なところは避けるようにしましょう。

他にも税金の未納があると、申込み対象者から外れてしまう可能性があります。利用する業者やローンによってさまざまなのですが、税金の確認もしておく必要があります。ローンにはそれぞれ申し込みの対象者、というものがあるのでこれは最低限満たしておかないと申し込みをしても審査には通りません。

ビジネスローンに申し込みするのであれば業歴は十分か?税金の未納がないのか?申し込みを行う場合はよく確認して、問題がないようなら申し込みを行うようにしましょう。

携帯電話を分割払いで組んでいるとビジネスローンの審査に影響する

最近は携帯電話を持っている人が多いですが、「携帯電話の支払い」がビジネスローンの審査に影響を与えることもあります。対象は携帯電話本体を分割払いで購入している人で、支払いが遅れていたり支払いがされていなかったりすると、審査に通らないことがあります。

携帯電話の支払いの他にもテレビショッピングなどの分割払いや奨学金の支払いも同様にビジネスローンの審査に影響をあたえることがあります。

携帯電話の本体料金やテレビショッピング、奨学金の支払い状況は「信用情報機関」に登録されており、ビジネスローンや各種ローンに申し込み時、この個人情報を確認しています。支払いが遅れるとその情報が記録されて、「この人は返済をしてくれない人」と思われて審査に悪影響を与えます。

支払いが遅れることなく支払われていれば特に問題はなくローンは組むことができます。信用情報機関に支払い状況が記録される携帯電話やテレビショッピング、奨学金の支払いは必ず行っておきましょう。

法人向けのビジネスローンは申し込みするには業歴が必要で2年以上業歴がないと申し込み条件を満たせないことが多いです。他にも税金にも注意する必要があり、税金に未納がある人は融資が受けられない可能性が高くなってしまいます。

他にも携帯電話やショッピングでの分割払いをしていて、支払いが延滞していると融資は受けられません。即日融資を受けるためには、普段から借金の返済を遅れることなく行っておく必要があります。

法人向けビジネスローンは即日融資可能!事業資金の調達の際に

法人でも利用できるビジネスローンでは即日で融資も受けることができるので、急遽お金が必要になったときに利用することができます。

ただし、審査の状況によっては即日で融資できないこともあるし時間がかかることもあり、2~3日程時間がかかることもあれば週単位で時間がかかることもあります。即日融資可能なビジネスローンでも審査に時間がかかることも考え申し込みする必要があります。

ビジネスローンの中には個人事業主には融資を行っているけど、法人向けには融資を行っていないというローンもあります。ローンを選ぶときは法人向けにも融資を行っているのか確認する必要もあります。

業務歴が2年以上必要だとか年齢は20歳以上65歳以下といったような申し込み条件もビジネスローンのそれぞれに決められています。利用するローンを選んだらそのローンの申し込み条件もよく確認しておきましょう。

最近は銀行だけではなく大手の消費者金融でもビジネスローンを扱っている場合も多いです。自分が普段使っている銀行や消費者金融で法人向けローンを組むことができる可能性もあるので、ローンを決めかねているのであればまずは現在利用している銀行や消費者金融でビジネスローンを探してみましょう。

【参考ページはこちら】
即日融資が受けやすいキャッシング会社の見分け方

法人向けや個人事業者向けのローンは事業者ローンやビジネスローンと呼ばれていることがあります。法人で必要なお金を調達する場合でも、即日融資ができる場合もありますが時間が掛かることもあります。

よくご自分の事業の計画を練ってお金を融資をする必要があるのであれば時間に余裕を持って申し込みを行っておきましょう。

キャッシングなどでよく聞く即日融資とはどうゆう意味?

キャッシングやカードローンには、「即日融資」でお金を借りる方法があります。実際にお金に困っていて融資を受けたことがある、という人は即日融資について知っている人もいるかもしれませんが、まだ融資を受けたことがない人はわからないという人もいます。

即日融資とはどこのキャッシングやカードローンでも対応しているのか、即日でお金を借りるにはどうすればいいのか。まだ即日融資について知らないのであれば紹介していきますので、この機会に知っておきましょう。

申込をした日に即日融資するなら大手のキャッシング、カードローンで

「即日融資」をしてくれるサービスは複数あり、大手なら大抵どこでも扱っています。

即日融資とは、キャッシングやカードローンに申込をしたその日にお金を借りるということです。

初めて契約するという人でも申込をしたその日に契約することもできます。急きょお金が必要になったという時にも、即日融資をしてくれるキャッシングやカードローンを利用すればその日にお金を借りることができます。

大手なら闇金に引っかかることもないので安全にお金を借りることができるのです。初めてキャッシングを利用するのであれば、大手のところを利用するといいでしょう。
(⇒即日融資をしてくれるキャッシング会社を比較!

申し込みをしたその日にも対応してくれるキャッシングやカードローンサービスを、インターネットを使ってちょっと調べてみました。

  • モビット
  • アイフル
  • アコム
  • 新生銀行カードローン レイク
  • ノーローン
  • SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン

大体大手のところなので、名前を聞いたことがあるところもあるでしょう。もちろん調べてみると即日にも対応してくれるところはそのほかにも結構あります。もし、上記に名前のないところを利用する場合でも、公式HPを確認すれば即日融資を行っているのかわかります。

その日にお金を借りる場合には注意しなければいけないこともあるのでこちらも忘れてはいけません。

即日融資を受けるためには審査に通らなくてはいけない

即日融資に対応しているキャッシングやカードローンでも必ず融資を受けられるというわけではありません。申込をして審査に通らないと受けられないし、書類に不備があると即日に融資を受けられないこともあります。

また、よく「最短で○○分で審査完了」といったようなことも見かけると思いますが、これはあくまでも最短のことです。例えば「最短で30分で審査完了」といったキャッシングがあったとしても審査は1時間以上もしくはそれ以上の時間を要することも考えられます。

即日融資ができるキャッシングやカードローンでも必ずその日に融資を受けられるというわけではなく、受けられないということもあるので急いでいる人は時間に余裕を持って申込を行う必要があります。

急いでいる人はヤミ金には注意!申込はよく調べてから行うこと

キャッシングやカードローンの中には違法なものあり、違法な利息と取られたり違法な取り立てを行っていたりする業者もあります。例えば「審査なしで即日融資」といったような飛びつきたくなるような情報を見かけることがあるかもしれませんが、このような情報はヤミ金である可能性があります。

審査もなしで即日融資ができるとなると、お金を借りる側としてはかなり良い話ですが、見かけたらまずよく調べてから申込するようにしなくてはいけません。即日融資を望んでいるようなお金に困っている人は、すぐにでも申込をしたいと思うかもしれませんが注意しましょう。

キャッシングやカードローンは大手だけではなく中小の貸金業者や銀行でも扱っています。中小の貸金業者や銀行での融資を考える場合にも注意が必要で、正規の業者なのかよく調べる必要があります。インターネットで調べるとわかりますので、大手以外でお金の融資を受けるのであれば必ず調べてから利用するようにしましょう。

即日融資とはキャッシングやカードローンに申込みしたその日に融資を受けられる物で、今日お金が必要という時に役立ちます。即日融資といっても、あくまで最短でということなので融資が次の日になってしまうことも考えられます。

また即日融資と謳っているヤミ金もあるので、大手の消費者金融や銀行ローン以外で即日融資を受ける場合、必ず正規の業者なのか調べる必要があります。

即日融資を受けるには!申込をする時間帯には注意しよう

キャッシングサービスで融資を受けるには、申し込みをして審査に通ればいいのですが、即日で融資を受けたいのであれば注意しなくてはいけないことがあります。注意しておきたいことは、申し込みをする時間帯や契約が終わった時の時間帯です。場合によっては翌日以降の借り入れになってしまうこともあるので覚えておきましょう。

前に調べたことがあるのですが、即日で融資を受けるには条件があるのです。それはキャッシングの業者によってさまざまなのですが、似たような感じのものが多い。

  • 14時までに契約を完了する
  • 14時までに書類を提出する
  • 14時50までに振込み手続きを完了する

といったことが条件になる場合が多いです。見てもらえばわかると思いますが、14時までに手続きの完了や契約を終えていることが条件になっています。

即日融資を受けたいのであれば、14時までに契約を完了しておくこと・手続きを終えておくことを目安にするとその日にお金を借りることができるでしょう。

申し込み方法は複数!即日融資ならインターネットか自動契約機で

融資を受けるには、まずは申し込みをしないとはじまりません。利用したいところがきまったら申し込みをしてみましょう。一応即日融資をおこなっているのか、自分で確認することも忘れずに行っておいてください。

  • 店頭窓口
  • 電話
  • 自動契約機
  • インターネット
  • 郵送

大体この5つで申し込みができるようになっていて、自分で好きな方法を選ぶことが可能です。申込方法によっては即日融資ができないこともありますので、申込方法を選ぶときは注意しましょう。時間が掛かる方法としては郵送があり、この方法は書類で種類のやりとりをする関係上時間が掛かってしまいます。

即日融資を考えているのであれば郵送には時間が掛かるので避けましょう。即日で借りることができないこともあるので、急いでいるならそのほかの方法を選ぶようにしましょう。

インターネットでの申込みか自動契約機での申込みが素早く即日融資ができる可能性が高いので、即日融資を受けたいのであればこの2つのどちらかを選ぶようにしましょう。

契約するには書類も必要になる!本人確認書類を用意しよう

キャッシングで契約するには書類を提出する必要があります。即日で融資するときに「○○時までに書類を提出」ということが条件になることもあるので、申し込みをした日に借りたいなら用意しておきましょう。

必ず必要になる書類は「本人確認書類」なので、即日で受けたい場合は必ず用意してすぐに提出できるようにしておいたほうが、準備をしておくとより効率的です。

本人確認書類は以下のようなものがあればOKです。コピーが必要となるので、必ずコピーを取っておきましょう。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

利用するキャッシング業者や場合によっては本人確認書類の他にもいくつか書類が必要になることもあります。必ず必要になるというわけではありませんが、用意をしておけば必要になった時にすぐに対応でき困ることがありません。

  • 収入証明(源泉徴収票・確定申告書・所得証明・給与明細)
  • 公共料金の領収書・住民票の写し・印鑑の写し
  • 在留カード

公共料金の領収書や住民票の写しが必要になる場合は、本人確認書類の住所と現在住んでいるところの住所が違う場合に必要になってきます。収入証明は上記に書いた、いずれかがあればOKなので用意しておくといいでしょう。

在籍カードは外国籍の人がキャッシングやカードローンに申込みする時に必要になる場合があります。外国籍の方は用意しておきましょう。

本人確認書類はどこのキャッシング業者でも必ず必要になりますが、収入証明などは条件によって必要になってきます。収入証明は借入額が50万円を超える時や、キャッシングやカードローンでの借入合計が100万円を超える時に必要になります。

また、確定申告書は個人事業主の方が申し込む時に必要になるので個人事業主の方は用意しておく必要があります。

収入証明書が必要になる条件は消費者金融や銀行によって変わる場合もあるので、利用する業者の詳細をよく確認して、どのような書類が必要になるのかよく確認しておく必要があります。

即日融資を受ける場合、申込みした時間によって翌日以降の融資になってしまうこともあります。インターネットか自動契約機から申込を行うと即日融資を受けられる可能性は上がります。即日融資を受けるなら、14時までに契約を終わらせておかないとその日に融資を受けられない可能性が高いです。

申込するなら早い時間に行い、14時までに契約を完了させると目安にして覚えておきましょう。契約するためには書類が必要で、運転免許証のような本人確認書類は必ず必要になるので、用意しておきましょう。

消費者金融と銀行ローン、どちらも即日融資してくれる可能性大

キャッシングを行っている業者にもいくつか分類があります。「銀行のローン」とか「消費者金融」といった言葉をよく見かけることがあるでしょう。即日融資を受けたい場合は、銀行を利用したらいいのか?それとも消費者金融を利用したらいいのか?どちらを利用したらいいと思いますか?

審査が素早いとよくいわれているのは消費者金融で即日で借りられる可能性が高いです。ですが最近のキャッシングやカードローン即日融資に対応しているところは多く、銀行ローンでも大手ならば即日に対応してくれる可能性が高いです。

どちらも即日融資に対応してくれる可能性は高いので、選ぶのであれば中小の貸金業者や銀行は避け、大手の消費者金融か銀行ローンを選ぶようにしましょう。また、消費者金融と銀行ローンには違う点もあるのでここには注意しないといけません。

消費者金融と銀行ローンにはそれぞれ特徴が!自分に合ったほうを選ぶ

消費者金融と銀行ローンには違いがあり、一番大きな点は総量規制についてです。消費者金融はこの総量規制の対象になり、融資額に制限が掛かることが特徴です。年収の3分の1までしか融資ができないという制限が付きます。制限が掛かることは悪いことではなく、借金の遅延・延滞を防ぐことも考えられています。

銀行ローンは総量規制の対象にならないので、制限なしに融資を受けることができます。さらに、最大限度額や金利も消費者金融よりも低めの設定となっています。ただその分、審査が慎重なので時間が掛かることもあれば、審査に落ちてしまう可能性も高くなります。

消費者金融は銀行ローンに比べると審査は慎重ではなく、審査も素早く終わるといわれています。確かに銀行に比べると審査も慎重ではないかもしれませんが、審査に必ず通るというわけではありません。

消費者金融と銀行ローンにはそれぞれ特徴があるので、できるだけ素早く融資を受けたいのであれば消費者金融を、低金利で高額の融資を受けたいのであれば銀行ローンを選ぶと良いでしょう。

最近の大手の消費者金融と銀行ローンではほとんど即日融資に対応してくれます。即日融資を受けやすいのは消費者金融と言われており、銀行では審査に時間が掛かるともいわれています。

時間に差はあると思いますが、素早く即日融資するなら消費者金融で、低金利で高額の融資を考えているなら銀行ローンに申込みしてみましょう。

即日融資は来店しなくても可能!申込の時間帯には注意

キャッシングを利用するには、実際に窓口にいかないと即日融資ができないと思う人もいると思いますが、そうではありません。現在はインターネットを使ったり電話を使ったりして申し込みから契約までできるようになっています。

外出する必要がないから、だれにもばれずに融資することもでき、「ばれずにお金を借りたい」という人にはとても魅力的です。ただ、必ずばれないということではなく、ばれてしまうこともあるので申込を行う時は注意しましょう。

またインターネットなら24時間いつでも申し込みを受け付けてくれます。近くに窓口や契約機がなくても申し込みすることができるからとても便利です。インターネットで申し込みをして、即日で借りるなら時間帯に注意する必要があります。

すでに書いたと思いますが、14時までに契約を完了して振込手続きを行わないとその日に借りられないこともあります。来店しなくていいからといって、油断していると即日で借りられないので申し込みは早い時間に行うようにしましょう。

インターネットで申込をしてカードを自動契約機で受け取り

申し込み方法にはいくつかあったと思いますが、こんな方法をとることもできます。

インターネットで申し込みをして審査に通ることができたら、自動契約機に行って契約手続きまでしてカードを受け取る、といった方法をとることができます。

この方法は外出する必要がありますが、その日にカードの発行までしてもらうことができます。発行してもらったら、すぐに使うことももちろんできるからお金を「現金でほしい」という人には向いています。近くに自動契約機があるのであれば、試してみてはどうでしょうか。

自動契約機は各キャッシングやカードローン会社の公式サイトで探すことができます。また、自動契約機は24時間いつでも開いているというわけではありません。営業時間がありますので、即日融資を受けたい場合は営業時間内のできるだけ早い時間に使うようにしましょう。

カードは一度発行してもらうことができれば自由に使うことができます。決められた額までなら借りたり、返したりが自由に行えるのでとても便利です。便利だからと言って使いすぎて返済ができなくなってしまう人も多いので注意するのも忘れてはいけません。

融資を受けたままにして返済をしないと借入することができなくなってしまいます。よくキャッシング業者のHPなどで「計画的に」という言葉も見かけると思いますが、まさにその通りで計画的にお金の借り入れを行わないとあとあと困ったことになることも。

便利ですが、計画的に利用して返済までしっかり行うことを忘れないようにしましょう。

即日融資を受けるのであればインターネットか自動契約機で申込をしましょう。審査もあるので必ずというわけではありませんが、即日融資を受けられる可能性が高いです。自動契約機ならカードもすぐに手元に来ます。

カードから現金をすぐに借入することができるので、特に自動契約機は即日融資には心強いです。

悪徳業者に注意!闇金や審査無しの即日融資はリスクが高いものが多い

闇金というと、悪徳業者の中でも金利がかなり厳しいことで有名です。ですが、即日融資を通じて利用してしまうケースがあるので注意してください。

今回は、そんな闇金の実態、利用してしまう人の特徴について案内しています。

闇金を上手に避ける方法、予め知っておいたほうが良いカードローン知識も掲載しているので、これらに興味がある人にとって役立つ情報が多く見つかるでしょう。

現代のローン知識!キャッシングの基本は知っておいたほうが安全

キャッシングの基本について案内していきますが、基本的にお金を借りるという行為は昔に比べて敷居が低くなっています。

なので、無担保・無保証といった状況であってもキャッシングやカードローンでは、多くの人が借金できるようになっているのです。言い方を変えると、この影響で借り過ぎてしまう人が出てくる問題も、昔に比べて起きやすくなっています。

ですが、銀行、消費者金融の大手、中堅などでは、それほど簡単にカードローン審査で通ることがありません。

つまり、簡単にカードローン審査で通れるような業者、もしくはそのような噂が簡単に見つかってしまう業者は、リスクの高い悪徳業者の可能性が出てくるのです。

ローン審査の基本!ローン契約は身分証なしでは審査に通らない

そもそも、キャッシングでもそうですが、ローン契約では身分証が必要となっています。

現代では、こちらについても多くの人が知っている当然の知識となっていますが、それでも、身分証なしのローン契約をされたいという人は数多くいるのです。

例えば、何らかの都合で以前まで利用していた身分証が使えなくなったなどのケースがそうです。このような相手に対して闇金は、「私どもの会社であれば、そのような人であっても即日融資を行えます」と誘惑します。

しかし、現実的にそのようなキャッシング業者は本当に存在するのか?というと存在しないとなっているのが現実です。

甘い誘惑に騙されないよう、このことにも注意して契約をされたほうが賢明でしょう。

こんな情報が闇金の見極めで役立つ!?消費者にとって役立つ情報源

消費者として闇金を利用するのは恐ろしい、だけど即日融資でお金を借りたいのも事実という場合ですが、以下のようなことに注意をして利用すると良いです。

  • ブラックOK は危険だと理解する
  • 口コミの多寡(多いか少ないか)で判断する
  • 漫画といったメディアも参考にする

警察でも悪徳業者の情報などをネット上で発信しています。ですが、過去の情報が多く見つかるので頼りにならないケースも多いです。

そのため、ウシジマ(漫画)のように実際にどのような手口で騙しているのかを、細かく描写している、解説している漫画などを読むと良いです。漫画?と思われるかも知れませんが、数多くのメディアで取り上げられるほど、世の中の関心、闇金の恐ろしさを伝えた漫画です。

描写されているものの中には、どのような流れで借りてしまうのかもわかりますので、漫画といえども馬鹿にできない内容になっているのは確かでしょう。

もしくは、最新の情報が多く掲載されている口コミを、口コミサイトで探すと良いでしょう。このように、安全を見知った上で闇金を回避する方法は数多く存在するのです。

闇金は即日融資の販売も行っていますが、金利が違法となっているので注意してください。

闇金の情報はネットだけでなく、漫画といったメディアなどでも得ることができます。安全を理解した上で、さらに闇金の利用を回避するようにしましょう。

なぜ利用者が減らない?闇金が利用者を増やすために行っていること

闇金というと、一般の人はどうあがいても知ることが出来ない、特殊な金融業者と思われているところがあります。

しかし、ちょっとだけ気を配ってみると、正常な金融機関に見えるが実は闇金というケースは、簡単に見つけられるようになっています。例えば、電柱などの広告であったり、借金(即日融資含む)関連のサイトの怪しいリンク先がそうです。

電柱などの広告では、すぐに借りたい人、多重債務で困っている人に対しての広告が目立つようになっているのですが、基本的に聞いたことのない業者名となっているのが特徴です。

借金関連のサイトの場合には、そのサイトの管理人が「ここなら安全に借りられました」といった体験談を添えて、聞いたことのない業者などを案内していたりします。

まとめると、知名度の高い金融機関などに闇金は存在しないということになるので、逆に知名度の低い金融機関は、口コミなどをチェックしてから申し込むと安全なのです。

どんな業者名が危ない?見かけることの多い闇金業者の業者名一覧

闇金業者についてですが、以下の様な名称で広告を出しているケースが多いです。

なので、以下の様な名称の業者を見つけた場合は、利用するのを控えたほうが賢明でしょう。

  • ~ファイナンス
  • ~金融
  • ~相談所
  • ~ローン
  • ~クレジット

~には業者名が入るのですが、一般的なキャッシング業者では上記のような名称については使われていない場合が多いです。

今では、消費者金融のアイフルのように固有名詞のみで構成された業者名が多いので、大手とそれ以外を区分する際にも上記の比較が通用します。

カードローン、キャッシングともに知名度の低い業者は闇金と疑ったほうが安全です。

また、固有名詞(アイフルなど)のように、業者名がシンプルでわかりやすいという特徴がない場合も、闇金の可能性が高いと判断したほうが、より安全にキャッシングといったローンを利用できるでしょう。

誰が主に使っている?一般の人はなぜ闇金を使ってしまうのか!?

闇金というと、「気を引き締めていれば絶対に使わない」と考えている人が多かったりもしますが、実際には次のようなケースで使ってしまう人が多いとされています。

有名なケースでは、闇金ではなくソフト闇金であれば安全だろうと思い、安心して使ってしまう人が近年では増えている状況です。

しかし、ソフト闇金など存在していないようなもの・・・なので、このような業者も利用しないほうが安全性を高めることにつながります。

もし、ソフト闇金を見つけられたとしても、法外な利息、もしくは危険な闇金とつながっている可能性があるため、最終的には闇金を使ってしまうケースに陥るかも知れません。

良く耳にするソフト闇金!ソフト闇金は闇金となにが違うのか?

ソフト闇金についてですが、実際のところは闇金と大きくは違わないとなっています。

というのも、ソフト闇金は金利が違法であるのは同じとなっているからです。また、なぜソフト闇金というものがあるのか?というと、それは借入について闇金業者側も余裕がある訳ではないからです。

実際に闇金業者の実態として知られるようになりましたが、新参がこのソフト闇金という業者を起こして活動しています。古参については、闇金業者として活動しているのです。

このように棲み分けがされているわけなので、ソフト闇金というハッキリとしないものまで存在しているのです。

そのため、闇金、ソフト闇金には境界線があるようで無い・・・というのが、ソフト闇金を見極める上では重要な事実と言えます。

闇金、ソフト闇金は分別せず同じものと思って問題ありません。

金利に関しては法外な利息をどちらも取っているので、ソフト闇金を利用することで、今までより安全にローン契約を組めるということもありませんし、なによりもソフト闇金自体が謎の存在・・・というケースも少なくないからです。

闇金を頼りやすい人!闇金をついつい利用してしまう人の特徴は?

闇金を利用してしまう人は、基本的に一般人と大差ないとされています。

ですが、次のような特徴のある人物については、最終的に闇金の魔力に引き寄せられてしまう傾向にあります。

なので、誰もが使ってしまうというより、限定的な利用を考えている人ほど闇金を利用してしまうのです。

  • 多重債務に苦しんでいて他から借りて返している人
  • 借金そのものをバレずに行いたいと考えている人
  • 闇金をネットなどで知った影響で安全だと思い込んでいる人
闇金に安全という概念はありません。なので、ネットで囁かれている安全性というのは、ほとんどが嘘の情報と思って良いでしょう。

闇金は長く借金している人ほど、闇金もついでで使ってしまうという特徴があります。借金は、なるべく早い段階で返せるように調整したほうが、将来的に闇金を利用してしまうトラブルを回避できるでしょう。

闇金の金利は?闇金の金利設定は分かりにくく金利も高い!?

闇金の金利というと、どこまでも果てしなく金利が高まっていくというイメージがありますが、実際はそうでもなかったりします。

闇金の金利でオーソドックスなものはトゴとなっていますし、さらに常連客になるとトサンになるようになっています。また、トイチというものもありますが、今ではトイチでは割に合わないとされているので、最低でもトサン以上となっているのが実態です。

トゴとは

10日で5割の利息、トサンというのは10日で3割の利息となっています。

ただし、これはあくまでも違法金利とされている金利設定なので、一般的な広告やネット上の広告や勧誘などで、このような金利であるのを堂々と明かしている闇金は少ないです。

このように細かい金利設定を用意しているのですが、金利の実態は利用するまで正確に分からないことが多いです。

契約書などを読ませずローン契約を組ませることもあるので、そのことも理解して利用を避けたほうが賢明でしょう。

【参考ページはこちら】
高利貸しが心配な方へ、安心・安全な即日融資を受ける方法

即日融資を希望していると、場合によっては闇金を利用してしまうことがあります。

ですが、闇金は勧誘を行っているだけなので、ノータッチであれば闇金からの勧誘も減ることが多いです。なので、そのことを理解してタッチしない(電話連絡などを一切行わない)ようにすると、安全なローンライフを送れるようになるでしょう。

闇金は誰にでも即日融資を行っているので、知名度の低い業者、勧誘の内容が甘すぎる業者に関しては、すべて闇金だと思ったほうが賢明です。

即日融資のメリットとデメリット!即日融資と相性が良い人はこんな人

即日融資とは、即日で融資を受けることと思われていますが、即日融資にはデメリットも存在します。

即日で融資を受けられればメリットがあると言えますが、申し込みのタイミングによってはカードローン審査で1日を使うケースもあるからです。

今回はそんな即日融資の仕組みだけでなく、具体的にどのような人であれば相性が良いのか?についても案内していますので、カードローンに詳しくなりたい人は良ければ参考にしてください。

今では人気のローン!カードローン、キャッシングは利便性が高い

即日融資というと、即日で融資を受けられるので、その分だけデメリットが多いと思われていますが、そのようなことはなかったりします。

キャッシングの中では利便性が高いので利用される人も多いのですが、基本的に大きなメリットというと、やはり即日融資だけでなく誰でもサービスを受けられるところです。

即日融資は、一般的なカードローン、キャッシングと同じ審査基準を設けているので、それほど厳しい審査になることはありません。

  • 男女に関係なく審査を受けられる
  • パート、アルバイトも申し込み可能
  • 収入が安定している人であれば申し込み可能

デメリットもある!誰でもサービスを受けられることのデメリット

キャッシングは誰でもサービスを受けられるというメリットがあるのですが、この中にはデメリットも含まれているので注意をしなければいけません。(こちらもご参考に→キャッシングは未成年でもサービスを受けられる?

具体的には、簡単にサービス申込が可能になっているところが、デメリットに該当します。

簡単に申し込み出来るのであれば、気楽にキャッシングを組めると思ってしまいますが、場合によっては借り過ぎてしまうというデメリットがあるのです。

また、業者によっては注意をしてくれるようになっているわけでもありません。

なので、自分で借りている範囲を理解する必要があるのです。ただ、現代では1つのキャッシング業者のみで借りられるケースも少なくなっています。

利用者に優しくない!?まとめローンなどに対応していない即日融資

銀行、消費者金融で販売されているカードローン、キャッシングは即日融資に対応しているものばかりです。

ですが、以下のようなローンには対応していないので注意してください。

  • まとめローン
  • つなぎローン
  • 大型ローン
ローンの種類

ローンには、カードローンといった一般的なローンだけでなく、複数のローンを1件のローンとしてまとめられるまとめローン、借り換えに対応しているつなぎローン、100万円以上の大型ローンなども存在します。

つまり、利用者の要望に対して完全に対応しているのが即日融資というわけではありません。メリットの多い即日融資ですが、上手に利用したい場合は少額のローンとしてお金を借りられる、カードローンなどで即日融資のサービスを利用する必要があります。

即日融資には、メリットもあればデメリットもあります。

そのため、即日融資にはデメリットが多い・・・と思っている人が多いのです。しかし、収入をそれほど気にしないで良いローン手段でもあるため、近年ではパート、アルバイトも利用できるローンというメリットが評価されています。

大きなメリット!カードローン審査が早いのが即日融資のメリット

即日融資とは、即日で融資を受けられるサービスのことです。なので、メリットについても融資の早さとされています。

ですが、それだけでなく審査についてもキャッシングでは早いとなっているので、このこともメリットと言えるでしょう。ただし、ローン審査は業者によって審査スピードが違うので、そのことには注意したほうが良いです。

また、どれほどの時間で審査が完了するのかというと、大体ではありますが30分から1時間とされています。遅いように感じる人もおられますが、過去では1日間~1週間となっていたので、大幅なスピードアップとなっているのは確かです。

デメリットにも知っておく!審査の早さは人によってはデメリット?

キャッシング審査についてですが、早すぎることでデメリットになってしまうというケースもあります。

例えば、すでに多数からお金を借りてしまっている人が該当となるので、即日融資を利用する際は検討も必要となってくるのです。

どうしてデメリットになってしまうのかというと、借り過ぎてしまっている状況ではローン審査に通りづらいケースが目立つからです。

審査というのは、スピーディーに慣ればなるほど基本的には審査そのものが厳しくなりますし、審査落ちになるとローンの再申請をしても通らない傾向にあるのです。つまり、即日融資のキャッシングを受ける場合には、予め借入件数を減らしておくなどの努力が必要となります。
(⇒審査が緩いキャッシングを利用したい方にオススメ

即日融資は、カードローン、キャッシング共に素早いというメリットがあります。

ですが、即日融資のローン審査は他のローンと比較して甘いわけではありません。そのため、すでに借り過ぎている人では審査落ちしやすいというデメリットもあります。

知っておきたい豆知識!金融機関は新規契約者を募集している

昔と違って、今では小口であってもローン契約が組めるようになっています。例えば、5万円や10万円であっても、大半の人が審査を申し込めるようになっているのです。

これは、現代では若い女性や高齢者などもキャッシングを利用してくれるようになっているからです。

また、1万円単位で借りられるかどうかについては、借入限度額を確認するとわかるようになっています。

例えば、10~50万円となっていると最低は10万円なので1万円単位というのは無理ですが、1~50万円となっている場合には1万円単位でキャッシングをするのは可能です。

現代の賢いキャッシング手段!お金は少なく借りるほど損も少ない

キャッシングの場合、少なく借りていると何度も使ってしまう可能性があります。

ですが、現代の金融機関では1ヶ月の借入限度の設定というものができるので、設定をしておくだけで安全なキャッシングが可能です。

ネット対応となっているので、PCや携帯・スマートフォンがあるのであれば、自宅からでも設定が出来ますし、1度の借入の限度額についても設定が可能となっているので、こちらについてはデメリットがあるようでないような状況となっています。(こちらもご参考にどうぞ→インターネットで即日キャッシングしたい方はこちらもご参考に

即日融資のメリットは、少額のローンに対応しているところです。

そのため、1万円単位という借金も認められています。使い過ぎが怖い場合は、利用限度額の設定で使い過ぎを未然に防ぐことも可能なので、安全な利用方法も金融機関ごとに配慮されていることが多いです。

金利ってなに!?金利についても理解をしておかないといけない?

即日融資のキャッシングであれば、スピーディーに借入ができるようになっているので、その分だけ金利については厳しい場合もあります。

ただ、金利というのは4.0%~14.0%の範囲で定まっている場合が多いです。

なので、これを大幅に超えるような金利であれば利用をしないようにするだけでも、金利面のデメリットを味わないで済むようになる場合も多いです。

また、金利についてはそのまま金利として表示されているケースもあれば、実質年率という名称に置き換えられているケースもあります。

金利設定については、カードローン、キャッシングともに申し込み前に確認できるので、商品ページに掲載されている金利情報を参考にして、他の金融機関より金利がお得かチェックしてみるのも良いでしょう。

正確に借りて損のないキャッシングを!メリット、デメリットのまとめ

キャッシングは全体的にメリットのほうが多く、デメリットについては無知識から発生するものが多いと案内しました。

また、メリットとデメリットを正確に理解されたい場合は、以下のリストを使い理解を正確にしていただけると幸いです。

  • 即日融資と審査の早さが最大のメリット
  • 借りやすさがデメリットなので借入件数を抑えるように使う
  • 1万円単位でも借りられるメリットもある
  • 再審査をしても審査通過にならないデメリットも稀にある
  • 金利については4.0%~14.0%付近のものを選択する必要がある

【参考ページ】
免許証だけで即日キャッシングができるサービスをお探しの方はこちら

カードローン、キャッシングで利用できる即日融資のメリットは、なんといっても審査時間が短いことでしょう。

ただし、お金を借り過ぎている人では審査に落ちてしまうデメリットもあるので、返済途中では新しいローンを組まない・・・という考えも大事です。

それと、銀行でも即日融資のローンを販売しています。昔のように、銀行の窓口でローン申し込みを行う必要もないため、ネット、電話を通じてローン申し込みを行えるところも、即日融資のメリットと言えるかも知れません。

即日融資に必要な条件!条件を満たすだけで借入審査は楽に通過できる

今では、銀行、消費者金融でカードローンの販売、即日融資の対応を取っています。

ですが、銀行、消費者金融で違った審査条件を設けているケースは、年々で減ってきている状況です。カードローン審査は、キャッシングと同じで審査条件を満たせる人ほど、チャンスが多くなるという利点もあります。

今回は上手なローンの申し込み方として、具体的な内容で審査条件を誤らずに満たす方法を解説しているので、良ければこちらを参考にしてローン申し込みに詳しくなってください。
(こちらもご参考に→新生銀行「レイク」のカードローンで即日キャッシング

総量規制対象外はお得!?総量規制対象外で審査を申し込む方法

総量規制というものが、カードローン、キャッシングでかかってきます。

キャッシングであっても、知っていると知らないで成果は大きく違ってくるので、なるべく正確に学んでおく必要があるでしょう。

総量規制とは、借入金額の規制のことです。銀行などのカードローン、キャッシングでは総量規制がかからないようになっていますが、これを総量規制対象外と言います。

総量規制対象外が適用されるのは、金融機関の中でも銀行系と言われている金融機関のみです。消費者金融はノンバンク系と言われる金融機関のため、総量規制が適用となります。

消費者金融はお得!?総量規制がかかっている業者は実は多い?

総量規制がかかっているキャッシング業者についてですが、基本的には銀行系以外ではかかっていると思って問題ありません。

どうして総量規制のようなものがあるのか?というと、それは規制がかかっていなかった時代には、キャッシングで大きな借入が頻発していた時期があったからです。

これにより、借りていた側は返済が困難になってしまい、借入対応を行っていたキャッシング業者については回収が困難となりました。その後に、キャッシングにも規制がかかるようになり、それが総量規制となったのです。

消費者金融と何が違う?銀行ローンの即日融資と審査条件

消費者金融は銀行系ではないため、銀行ローンのような仕組みになっていません。

そのため、ローンカード発行が不要であったり、銀行振り込みなどを指定して融資を受けたりと、様々なサービスを受けられるようになっています。

ただし、銀行のような専業主婦カードローン審査が存在しません。女性向けカードローン、キャッシングは存在するのですが、以下のような審査条件を設けていることが多いため、特殊なカードローンなどには対応していないのです。

  • 安定継続した収入が必要
  • 勤続年数は半年程度で必要
  • 連絡手段が必要

銀行の場合、前述の専業主婦カードローン審査が存在するので、配偶者に収入があるようであれば、主婦は収入を問われないということがあります。

過去であれば、銀行も即日融資に対して厳しい審査条件を盛り込んでいました。ですが、今では消費者金融並みのサービスを行っている銀行が増えてきているのです。

即日融資であっても、銀行、消費者金融で審査条件が違っています。

なので、消費者金融ばかりがカードローン審査を柔軟に行っているわけではありません。近年では、銀行ローンも昔に比べて審査条件がずいぶんとマイルドになっています。

誰でも実践可能!ローン審査で即日融資の条件を満たす方法

即日融資というと、何かしらの条件付きのように思われているところがありますが、下記のような対応をするだけでも審査では通りやすくなります。

  • 予め借入を減らしておくようにする
  • 月末を狙って審査を受けにいくようにする
  • 大きな金額で借りないようにする
どうして、これらの条件を満たすと即日融資の審査で通りやすくなるのかというと、キャッシングやカードローンでは返済そのものに計画性があるかを見ているからです。つまり、計画性がある借り入れ状況であれば、カードローン審査などの審査条件に見合った申し込みとなりやすいのです。

返済が安定しているだけでも銀行、消費者金融は高い評価を行ってくれますので、小さな返済が滞っても問題ない・・・と思ってしまわないように注意してください。

現代では不要な場合が多い!担保や保証人は用意しておくと良い?

即日融資の条件を満たす方法では、担保や保証人があったほうが審査では通りやすいとなっています。(こちらもご参考にどうぞ→家を担保にして即日キャッシングすることもアリ?

キャッシングの場合には、担保や保証人が必要とされる場面があるだけなので、そこのところを勘違いをしないように注意しましょう。

というのも、別にこれらについてはなかったとしても、審査上では問題がないからです。

実際にキャッシングなどは、高額商品(自動車など)でローン契約をされない限りは、基本的にはキャッシング業者が保証人ありとするようにと命じてくることもありません。

担保や保証人は、ローン申し込み相手に信用が無い、収入が少ないと見られる場合のみ必要と言われるだけで、現代では即日融資であっても、審査条件上で必要となっているケースは減ってきている状況です。

即日融資の審査条件で見かけることもありますが、信用というのは高ければ高いほど高評価になります。

そのため、ローン返済がスムーズに済んでいるというだけで、従来より柔軟なローン審査を受けられることがあるのです。これは、銀行、消費者金融で大きな違いがありません。

信用情報にも影響する!審査では嘘をついてもバレるので要注意

キャッシング審査だけでなく、国内でのローン審査では嘘をついてもバレることが多いです。

というのも、現代では個人情報信用機関というものにアクセスをして、情報などに不備がないか嘘がないかをチェックしているからです。

時間にして10分以内にこれらのチェックについては完了するようになっています。

また、嘘を付いてしまうと嘘を付いて申し込みを行った人物と記録されます。このような情報が増えていくと、最終的には金融機関でお金を借りられなくなりますので注意してください。

このような信用情報をブラックとも言います。

ブラックとは

金融機関で登録、保管しているブラックリストというものに登録されることを、ブラックと言います。

ブラックになると、融資が禁止されるだけでなく、銀行などで利用できる各種ローン(住宅ローン、自動車ローンなど)も利用できなくなるため、ブラックになることは避けたほうが良いでしょう。

嘘をつくとどうなる!?具体的な嘘の申告と金融機関の対処

嘘をついてはいけない項目についてですが、以下の項目については嘘をついてもバレてしまうことが多いです。

  • 年収などの収入情報
  • 氏名・住所などの一般的な個人情報
  • 家族構成
  • 現在の勤め先情報
  • 現在の借入情報やローン件数

これらについては即時にバレるようになっています。

それだけでなくペナルティもあるのです。ペナルティでは、借入が出来なくなるだけでなく、他のキャッシング業者でも借入を拒否されるようになるケースもあるので、なるべく情報に不備がないかチェックしてから審査を受けるのが大事です。

もし、ペナルティを受けたくないという場合は、業者と相談をしながらカードローン、キャッシングの申し込みを進めていきましょう。

今では、アドバイザーを通じてローン申し込みを進められる時代なので、メール、電話を活用しながら、ローン審査について教えてもらうことも対応可能となっています。

即日融資の審査であっても、厳しい対応を取っているケースは多くあります。

嘘などをついてローン審査を申し込んでしまうと、場合によってはブラックという融資禁止の相手になってしまうので、安易に嘘の情報を織り込んで申し込みを進めないように注意しましょう。

どのように選ぶ?即日融資に対応している金融機関の選び方

即日融資に対応しているキャッシング業者については、選び方についても厳選されているので、次のような点に注意をして選ぶのが大事です。

まず、即日中に対応をしている業者であるかチェックしておきましょう。

業者によっては営業時間が他より短いケースもあります。もし、営業時間外に審査をされてしまうと、審査そのものが次の日になってしまうということも十二分にありえるので注意しなければなりません。

他にも、現在のところキャンペーンをされている業者かどうかもチェックしておいたほうがいいです。キャンペーンについては、ある程度で契約者を獲得できている場合に発生しやすくなっているので、人気が本当に高い業者であれば3ヶ月に1度くらいのペースで開催している場合が多いです。

現代でも意外と知られていない!即日融資は即日の融資ではない?

即日融資は、即日で融資を絶対に行うという意味ではなかったりするので注意しておきましょう。

どういう意味なのかというと、即日融資は決められた時間までに審査完了となった場合に、即日で融資を受けられるようになっているだけのサービスです。

つまり、審査の対応後に融資が即日で受けられないケースもあるのです。

近年では、午後2時までにキャッシング審査を受けている場合に、即日融資を受けられる場合が多いとなっています。

他にも、仮審査と言われる審査前の大まかな審査を終えていると、即日融資の審査条件が柔軟なものになり、結果的に融資時間が短くなることで、即日融資のローン契約を組めるという・・・、一般の人では分かりにくい即日融資も存在します。

即日融資に対応している優良な業者は、即日融資だけでなく、即日融資以外のサービスも行っています。

なので、審査条件が柔軟となっていることだけに注目するのではなく、他にもサービスを行っていないかチェックしたほうが良いのです。もしくは、即日融資を当日中に受けられるのか?といった、そのような疑問を解決できる業者を選ぶのも賢明です。

便利なWEB完結!WEB完結を利用すると身バレしないで済む?

キャッシングやカードローンというのは、男性だけでなく女性や高齢者であっても利用者が存在しています。

過去と比較すると気楽に利用できるようになったという理由で、これらの人達も利用されているのですが、その後押しになっているものにWEB完結と言われているサービスがあります。

WEB完結とは

WEBのみの利用で実店舗を訪れず、キャッシング、カードローンのローン契約が組めるサービスを、WEB完結と言います。

今では、パソコンだけでなくスマートフォンでも利用できるサービスです。

WEBの魅力!WEB対応は入出金もWEB対応となっている

即日融資の条件を満たした状態でキャッシング業者を選ぶ場合には、なるべくWEB対応をしているキャッシング業者を選ぶようにします。

その理由は、キャッシングの際に次のようなメリットがあるからです。

  • キャッシングの入出金に対応している
  • 借入限度額をネットのみで設定できる
  • 新しい情報をメールサービスで受け取れる
  • 契約加入・解除についてもネットだけで行える
  • 新規のローン契約も追加で申し込める

大きなメリットは、WEBだけで必要な対応が全部行えるところでしょう。他にも素晴らしいメリットが多く、近年ではキャンペーンもWEBのみで申し込みできるようになっています。

【参考ページはこちら】
ブラックでも即日融資を受けることは可能?

即日融資は、今では銀行、消費者金融で対応しているサービスとなりました。

ですが、審査条件を確認しておかないと後になって面倒になることもあります。というのも、消費者金融は即日でローン審査が終わりやすいのですが、銀行系はローン審査に長い時間がかかってしまうこともあるからです。

銀行の場合、収入といった審査条件も良く確認しましょう。銀行によっては、厳しい審査条件を設けていることが多いため、収入の審査条件をクリアできないと、即日融資のローン審査に移行しないこともあります。

今すぐお金を借りるにはやっておくこと、準備することがある!

キャッシングする理由は人それぞれ違ってくると思いますが、急に金が必要になって「即日で融資を受けたい」という人もいるのではないでしょうか。最近は申し込みをした日に貸してくれる、というサービスを扱っているところが増えてきています。

キャッシングを利用したことがない人は、今すぐお金を借りるにはどうすればいいかわからない、という人も多いはず。今回は急いでいる人がその日にお金を借りるにはどうすればいいのか、やっておくこと・準備しておくことを書いていきます。

キャッシングは多数ある!まずは融資先をどこにするか決めよう!

決める基準はいろいろあげられますが、今回は「即日融資」とのことなので即日でも対応しているところに決める必要があります。

現在残っているキャッシング・カードローンサービスを行っているところはだいたいどこでも当日で借りることが可能です。いわゆる大手と言われているところですが、知名度も高くて安全にお金を借りることができます。

大手の消費者金融と銀行カードローンだけで申し訳ないのですが、ちょっと調べてみて即日融資してくれるところは以下の通りです。

  • アコム
  • アイフル
  • SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
  • 三井住友銀行カードローン
  • モビット
  • 新生銀行カードローン レイク

今すぐお金を借りるには上記のように消費者金融や銀行ローンの即日に対応してくれるところを利用しましょう。(こちらもご参考に→銀行系の即日融資についてもっと詳しく)三井住友銀行カードローンと新生銀行カードローン レイクは銀行カードローンでそれ以外は消費者金融となります。

消費者金融と銀行カードローンの一番の違いは総量規制の対象になるのかという点です。消費者金融は総量規制の対象で銀行カードローンは対象となりません。対象になると年収の3分の1までしか融資を受けることができません。銀行では年収の3分の1以上の融資も受けられ高額の融資を受けることができます。

ただ必ず高額の融資を受けられるというわけではなく、審査によって融資額は変わってきます。審査により希望よりも減らされることも多々あるので注意しましょう。

即日対応してくれるといっても必ず即日で融資をしてくれるとは限りませんが、できるだけすぐに融資を受けたいのであれば即日対応してくれるキャッシング、カードローンを選びましょう。

中小貸金業者に申込みするなら、ヤミ金がどうか調べてから

お金の融資を行っているのはアコムやアイフルといった大手だけではありません。中には中小消費者金融やマイナーな企業もあり、地域限定で融資をしているところが多いです。あまり聞いたことがないかもしれませんが、中小消費者金融にはこんなことろ上がります。

  • アロー
  • フクホー
  • セントラル

これは一部なので探してみるともちろんもっと沢山の中小消費者金融があります。こういった中小消費者金融の場合、ヤミ金であることもあり申込を行う場合は十分注意する必要があります。ネットで探せば正式な貸金業者に登録されているのか、確認することができますので必ず確認しましょう。

今すぐお金を借りるにはすぐに申込が必要になりますが、トラブルが起こってからでは遅いので十分注意しましょう。

申込する前に一緒に限度額や返済プランを考えよう

お金を借りるということは同時に返済するということでもあるので、申込みと同時に返済プランを考える必要があります。限度額は自分の収入に見合っていないと、審査に落ちたり後で返済ができなくなってしまったりすることあります。審査に通るためには計画は重要なので、自分の無理のないプランを考えましょう。

借金の返済で悩んでいる人も実際に多いので、入念にプランを練っておきましょう。返済トラブルを起こしてしまうと、お金を借りることができなくなってしまいます。しかもたとえ借入先を変えたとしても借入できません。

今すぐにお金を借りるには今すぐにでも申込をすれば、融資を受けられるかもしれませんが、焦って何も考えず申込しても後々問題が出てくるので、急いでいても返済プランについてはよく考えるようにしましょう。
今すぐにお金を借りるには即日対応してくれるキャッシング、カードローンに申し込む必要があります。最近はほぼすべての消費者金融や銀行で即日融資に対応してくれるので、大手のところなら基本どこでも問題ありません。

それ以外の消費者金融で融資を受ける場合は、即日に対応してくれない可能性も高いしヤミ金であることもあります。融資先はよく選んで計画的に利用しないといけません。

申込方法は5種類ある!借入するための条件も確認しよう

キャッシングを利用したいなら、申し込みをして審査に通らないといけません。申し込みには条件があって対象になってないと、お金を貸してもらうことは難しいです。

  • 仕事をしているのか?
  • 安定した収入があるのか?
  • 年齢を満たしているか?

具体的に収入が○○円以上必要とか細かい情報が書かれていることは少ないですが、上記に書いてあることは最低限満たしていないといけません。年齢の制限は業者によって違っています。

申込みに必要な最低年齢はどこも20歳となっていますが、年齢の上限は60歳とか65歳などさまざまです。自分の年齢が対象年齢になっているのか確認も忘れずに行っておきましょう。

申し込み方法は複数あります

お金を借りるには、申し込みをして審査に通る必要があります。申し込み方法にはいくつかありますが以下のような方法を挙げることができる。

  • 実際に店舗に行く
  • インターネットを使う
  • 無人契約機を使う
  • 郵送
  • 電話

大手のところなら上記に書いた方法でだいたい申込みすることが可能です。方法によっては即日融資を受けることができない場合もあるので注意も必要です。

特に電話や郵送で申し込みを行う場合には書類の提出に時間が掛かるので注意してください。郵送はなにより時間がかかるので、急いでいて即日で融資を受けたいのであれば、この方法は避けて別の方法で申込をしましょう。

電話で行う場合は、電話だけで契約までできるというわけではなく電話を済ませたら実際に店舗や無人契約機に行って契約の続きをする必要があります。だったら最初から店舗にいくなり無人契約機、インターネットから申し込みを使ったほうがより効率的です。

中でも無人契約機はその場でカードの発行まで行ってくれるからとても素早いし便利。近くに契約機があるのであれば、利用してみるといいでしょう。設置場所は、公式サイトで検索することもできます。無人契約機には営業時間もあり、だいたい朝の9時ごろから20時とか21時まで営業しています。

今すぐにお金を借りるには申込みの時間帯に注意する!

申し込み方法にはいくつかあったと思いますが、どの方法を選ぶにしろ注意することがあります。注意することといっても時間帯だけなのですが。

遅い時間帯に申し込みをして契約が完了した時間が遅くなってしまうと、融資は翌日になってしまうこともあります。

急いでいるなら時間にも気を付けて、申し込みはできるだけ早い時間帯に余裕を持って素早く行うようにしましょう。大手の消費者金融の場合だと、どのくらいの時間帯に契約完了・申し込みしていれば即日で融資してもらうことができるのでしょうか。大手ならだいたい同じようなものですが、業者によって少し変わってきます。

消費者金融名・銀行カードローン 即日融資のための条件
アコム 14時までに書類を提出
アイフル 14時までに契約完了
SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス) 14時までに契約完了
三井住友銀行カードローン カード受け取り
モビット 14時50までに振込手続き完了
新生銀行カードローン レイク 14時までに申し込み・書類の確認完了

目安程度ですが大手のところだけ表にまとめてみたので、参考にしてみてください。三井住友銀行カードローンなのですが、即日で融資を受けるならカードを無人契約機で受け取る必要があります。

大体14時までに、書類を提出したり契約が完了していると即日に対応してくれるので、「14時までに契約を終わらせる」を目安にするといいでしょう。

即日で借りるための時間帯は、利用するキャッシングサービスの公式サイトにも載っていることがあります。申し込みをする前に、一応自分でも確認は行っておくようにしましょう。

契約機での申込みが一番素早く即日での融資も受けやすい

キャッシングやカードローンで今すぐお金を借りるには、インターネットから申込することでも可能ですが契約機を使うとより確実といえます。

自動契約機や無人契約機と呼ばれていることがあります。その自動契約機では申込から審査の結果までその場でわかり、早ければ10分程で結果がでます。審査に通ればその場でカードも発行してくれ、その場で現金を引き出すこともできます。

無人契約機は営業時間ならほぼ即日で融資ができ、その場で現金も手に入るのですぐにお金を借りるには自動契約機を使うのがより確実です。

土日の申込にも対応してくれるので、休みの日にいきなりお金が必要になった時も対処できます。ただ、土日でも在籍確認は必要になり、勤め先が休みの場合に在籍確認ができないということもあります。その場合は融資ができないこともありますが、制限付きで融資できる場合もあります。

より確実に即日で融資を受けたいのであれば無人契約機を使って申込を行いましょう。営業時間があるのでいつでも申込できるわけではないことには注意が必要です。設置場所が分からない人もいるかもしれませんが、それぞれのキャッシングまたはカードローンのWEBサイトで確認が可能です。

今すぐにお金を借りるには時間に気を付けて申込しなくてはいけません。即日対応といっても、14時以降に申込みをした場合、その日に融資を受けられない可能性が高いです。その日に融資したいのであれば、同じ日の午前中に余裕を持って申込をしておきましょう。

あまり時間を気にしなくてもいいのが無人契約機を使って申込することです。営業時間はありますが夜9時くらいまで営業していますし、土日でも即日融資できる可能性があります。審査があるので必ずというわけではありませんが、即日なら無人契約機を使うと良いでしょう。

契約を行うには書類が必要!今すぐお金を借りるには必ず用意

キャッシングで融資を受けるには、審査に通るだけではいけないのです。審査に通ることができたら、次に書類を提出する必要があります。

必ず必要になる書類は本人確認書類で、これは運転免許証や保険証といったものがあげられます。

今手元にあれば、それでいいですがまだ用意ができてないなら、用意しておきましょう。本人確認書類には自分の名前と生年月日が載っていて、住所が載っているということが条件になってきます。

有効期限が切れていないということも忘れずに確認しておきましょう。提出の仕方なのですが、インターネットで申し込みを行った場合にはちょっとした作業が必要になることもあります。

店舗や契約機に自分で行って提出することもできますが、本人確認書類を写真にとってメールなどで提出することが必要です。この場合だと、外出しなくてもいいので時間がない人にはとても便利。写真はデジカメを使ってもいいですが、スマートフォンといった端末のカメラから撮ったものでもOKです。

ただし、提出した時に記述してあることがわかるようにキレイに撮るようにしましょう。書類によっては裏面にも何か記述してある場合もありますが、この場合は両面を撮って提出する必要があるので、忘れずに両面の写真を撮ってください。

今すぐにお金を借りるには必ず1枚書類を提出するに必要があるので、コピーが取れるよう用意ていおきましょう。

本人確認書類以外にも必要になる書類!収入証明も場合によって必要

利用するキャッシング業者や借りる金額にもよりますが、収入証明が必要になる場合もあります。必要になる場合は以下の通りです。

  • 限度額が50万を超えるとき
  • 他から借りているお金も合わせて100万円を超えるとき

業者によって変わってきますが、どのサービスでも一定以上のお金を借りるときに収入証明が必要になることがあります。上記のような50万円以上や他社合わせて100万円以上で必要になることが多いです。上記の条件である場合必ず収入証明を提出する必要があります。

自分で借りたい額があると思いますが、その額だと収入証明書類が必要なのか?公式サイトにも載っているので確認しておくようにしましょう。もちろん必要でない場合もありますが、用意しておくと書類で困ることがありません、
(⇒キャッシング申し込みでは本人確認のタイムロスに注意!

必要になる書類はほかにもあります。これも場合によってなのですが、本人確認書類の住所と今住んでいる住所が違う場合に別の書類が必要になることがあるのです。この場合だと、公共料金の領収書や住民票の写しといった書類が必要になります。

住所関係で悩んでいて質問する人が多いのか、ある消費者金融の公式サイトではこれがQ&Aに書いてあるのを見かけました。利用するキャッシングサービスについてわからないことがあるならQ&Aを覗いてみると、悩みを解決できることもあります。なにか悩み事があるならアクセスして解決しておきましょう。

書類を提出したら契約完了!振り込み手続きを忘れずに!

審査に通過することができ書類の提出を完了させれば契約完了となります。

契約完了すればすぐに融資を受けることができますが、その日にお金を借りるなら振込手続きをしなくてはいけません。手続きをしないとお金を借りることはできないので必ず行いましょう。インターネットでの申込みはカードが後日郵送で届きますが、届く前でも振り込みでの借入は可能です。

無人契約機の場合はその場でカードの発行も行ってくれるので、カードを使って現金を借りることができます。契約機にも営業時間があるので即日融資を受けるには時間帯に注意しましょう。

今すぐにお金を借りるには書類も用意しておかなくてはいけません。必須になるのは運転免許証のような本人確認書類で融資額によっては収入証明が必要となります。古いものだと書類の不備により審査落ちもありえるので、必ず最近のもので有効な書類を用意しましょう。

即日キャッシングでやっておきたいこと、準備しておきたいこと

キャッシングで即日融資するためには、やって起きたいこと・準備しておきたいことがあります。即日にも対応しているのか、申込み基準はどうなっているのか確認するのも忘れてはいけませんが、必要な書類を確認して用意しておくことも大切です。

書類が用意できていないと、書類の提出が必要になった時に時間を無駄にすることになります。即日融資を受けるには契約完了の時間帯が重要なので、できるだけ時間は無駄にしたくありません。詳細を公式サイトなどで事前によく詳細を調べて、契約まで素早く行えるように準備しておきましょう。

  • 店の窓口
  • インターネット
  • 自動契約機
  • 郵送
  • 電話

申込み方法には上記の5つの方法があり、選択によっては即日で借りることができないので注意が必要です。また窓口がないことも多いので注意しましょう。今すぐお金を借りるには自動契約機かインターネットを選択するとより確実です。

  • 本人確認書類
  • 収入証明(場合により)
  • 住民票の写し(場合により)
  • 公共料金の領収書(場合により)

融資するためには書類が必ず必要になります。特に本人確認書類は融資額に関係なく必要になるので必ず用意しておく必要があります。コピーを提出することになると思うので即日で融資をしたいのであれば必ず事前に用意しておきましょう。

今すぐにお金を借りるにはできるだけすぐに申込を行う必要があります。申込を行う時間帯によっては、契約がその日に完了しないことがあるので即日での融資ができません。多くのキャッシングやカードローンでは14時までとなっているので、目安にしましょう。

申込前にキャッシングの審査が心配なら仮審査を受けよう

キャッシングでは必ず審査を受ける必要があり、初めて申し込みを行う人は審査で不安になる人も多いです。

そういう人は「仮審査」や「仮診断」「簡易審査」というものがあるので、申込みする前にこれを利用してみるといいでしょう。

インターネット上の公式サイトで行えるのですが、これを利用すればあなたが今お金を借りることができる状況なのか。簡単に診断してもらうことができます。

ただ、この結果が必ずしも審査の結果につながるということではありません。仮審査に通った人でも申込をして本審査を受けたら落ちてしまうということも少なくなりません。絶対ではありませんので、勘違いはしないようにしましょう。ただこの仮審査はお金を取られることもないし、特に使用回数制限というのもありません。

ちょっとした情報を入力するだけで利用することができるので便利です。何回か受けてみて自分だとどれくらいの条件で借入することができるのか審査してもらいましょう。入力する場合は、ウソをつかないで正しい情報を入力しないと正確な診断ができないから注意しましょう。

【参考ページはこちら】
200万円即日融資を受けるためのポイントとは

キャッシングやカードローンで今すぐにお金を借りるには準備が必要です。融資先を探す必要もあれば書類を用意する必要もあります。また年齢は20歳以上で毎年安定した収入がないと審査には通りません。審査は不安になると思うので仮審査を受けておきましょう。

仮審査に受かったからと言って本審査に通るわけではありませんが、仮審査に通らないようでは本審査には通りません。即日融資をしたい人は急いでいるかもしれませんが、一度は必ず受けてみてください。

即日融資が可能!?信用の高い金融機関で会社が即日融資を受ける方法

即日融資というと、個人がカードローンを通じて受けているものだと思ってしまいますが、今では会社でも即日融資のカードローンを利用できます。

ただ、審査、取引の安定感を考慮に入れると、利用すべき金融機関は限定されるという特徴もあるので、そのことを踏まえて優良な金融機関の案内を行わせていただきます。

どうしても即日融資を利用したいという人の参考になれば幸いです。

総量規制に注意!即日融資でも総量規制の影響を受けてしまう

総量規制とは、賃金に関する法律によって実際の収益の3分の1までしか借りられないようになっている規制です。借り過ぎ防止の目的で施行されるようになっているのですが、会社であっても実際の収益に対して制限がかかる場合があります。

具体的なケースでは、キャッシングで融資を受けるケースがそうです。

カードローンなどを銀行で受ける場合には、総量規制対象外といった総量規制がかからないようになっているのですが、キャッシングの場合には個人や法人に関係なく制限がかかるようになっているのです。

また、キャッシングでもそうですが総量規制がかかるものは決まっています。

主に下記のような融資では規制がかかるようになっています。

  • 消費者金融のカードローン
  • クレジットカード利用により発生したローン
  • キャッシング契約により発生したローン

ブラックもOK!?銀行カードローンはブラックも利用できる?

在籍確認についてですが、会社であっても、即日融資のローン審査であっても金融機関を通してお金を借りる際は、必須となることを忘れてはいけません。

審査基準が緩いとされている銀行カードローンはネット上に多く存在します。ですが、ブラックOKという金融機関は存在しないので、以下のような情報も含めて、ローンに関する噂を信用しないほうが賢明です。

  • 100万円以上の融資OK
  • 無審査で借りられる
  • 借り過ぎの人も借りられる

金融機関では、会社に対しても即日融資の対応を行っておりますが、上記のような審査基準を設けていないことを確認してください。このような対応を行っているのは、金融機関の中でも闇金と言われている悪徳業者くらいです。

つまり、美味しい話で釣っておき、闇金でローン契約を組ませるという目的があるので、このような勧誘を行っているだけなのです。実際に利用してしまうと多額の利息が発生し、返済が苦しくなるという結果に陥ってしまいます。

カードローン、キャッシングでも会社がローンを組めないということはありません。

個人、会社に対してカードローンの販売が行われているので、事情を説明してカードローン審査を受けるだけで、審査通過後は一般的なローンと同じ内容で利用が可能となります。

書類をチェックしてから申込もう!即日融資の審査で必要となる書類

即日融資の審査を受ける際には、先に提出しなければいけない書類があります。

下記の書類のうちのどれか(もしくは全て)を提出する必要があるのですが、提出しない状態のままでは審査待ちから進行しないままとなりますのでご注意ください。
  • 決算書
  • 試算表
  • 資金繰り表
  • 借入申込書
  • 謄本
  • 借入状況を証明できるもの
  • 納税証明書
  • 印鑑証明

これらの書類については、銀行からアドバイスを頂きながらでも揃えることが出来るようになっています。

銀行員の融資対応の方が無料でアドバイスをしてくれるので、専門的な話について予め行っておきたい場合には、電話対応か店頭での相談で悩みを解決されるのも、企業が融資を受ける場合には大事である場合もあります。

また、これらの用意については慣れない作業なので苦労される場合もあるかと思います。

ですが、これらの書類の用意をいい加減に進めてしまうと、融資を受ける前に悪印象をもたれてしまうので手だけは抜かないように注意しないといけません。実際に即日融資に慣れていない場合には、最初のハードルとされていることも多いです。

どの書類が重要?ローン審査の書類で重要となるのは決算書

即日融資のローン審査で重要となる書類は決算書です。

多くの書類を提出するので、どれも大事という考えをもってしまいますが、実際は過去3期分の決算書を提出しないといけない決まりもあるのです。

決算書については、対応の精度を上げておく必要があるのです。

決算書を見て銀行は、企業側の進捗状況について把握してくれるようになっているので、審査上の評価を高めるためにも良い進捗状況であるのが、明確にわかるような決算書でないといけないわけです。

会社がローン審査を受ける場合、具体的な収益について説明をしなければなりません。

多額のローン契約を組むことが可能なため、このような対応を取る必要があるのです。ただし、決算書など重要とされる書類を素早く提出できるようであれば、審査が厳しくなるケースも少なくなります。

即日融資で知っておきたいこと!会社の借り入れ方法とその特徴

企業が受けられる融資はどれも同じではありません。

借り入れ方法を正しく理解し審査を受けるだけでも、審査時間や融資額が大きく違ってきます。

何度も審査に落ちてしまっていると、審査時間分だけ融資に大きく時間を割いている格好になりますので、精神的にもあまり好ましい状態ではありません。

また、銀行の融資にも限界は存在します。

月によってはあまり借りられない月もあるので、長い期間で審査を続けていると場合によっては、借入が難しい月に突入し何度も審査を受ける羽目になります。

そうならないように、スッキリと一度目の審査で審査を終わらせることも、審査では重要なことであったりもするのです。

借入方法 内容
証書貸付 ・金銭消費貸借契約書を銀行に提出
・提出後、審査を受けられるようになっている
・長期の返済期間で借入を希望している場合に向いている
手形貸付 ・借入用の手形を銀行に提出する
・提出後、審査を受けられるようになっている
・短期の返済期間で借入を希望している場合に向いている
当座貸越 ・融資の極度額を設定できる借り入れ方法
・設定されている極度額まで自由に融資が受けられる
・時期によって融資額が違うという特徴がある
即日融資であっても、提出する書類によって借り入れの安定感が違ってきます。

ただ、書類を用意するだけで審査が進むようになっているため、少しでも金融機関と良い関係になりたいという場合は、用意をしておき素早く提出するようにしたほうが良いです。

優良な銀行はどうやって探す?実践しやすい優良な銀行の見極め方

現代では、個人情報や名簿などの売買がインターネットでは行われています。なので、曖昧な状態のままで審査を受け続けるというのはよくありません。

融資の為に審査をされている場合については、他の銀行などで安易に融資を受けないようにしておくのも大事です。

前述した情報については、基本的に金融業者であっても情報を売買している可能性があるからです。

ただ、大手銀行の場合にはトラブルなども少ない状態で、個人や法人(会社)であっても同じケースが目立ちます。

つまり、銀行をとりあえずで決める場合であっても、安易にネットなどで、「誰でも融資OK」となっているような怪しい金融機関を利用しないで良いというわけです。

具体的に、どのような方法でアプローチしてくる業者が危険なのか?というと、下記のような手法が今では定番となっています。

今も同じ手口が多い!?会社を騙す悪徳業者の手口を理解する

個人や法人を騙す手口については、それほど多く存在しているわけではないというふうになっています。

具体的にどのようにして情報を盗んだり騙したりするのかというと、一般的とされているものではダイレクトメールがあります。

ダイレクトメールというのは、無差別にアドレスに登録されている相手に対してメールを行うというものです。多くの人は、このようなメールを見て実際にサイトなどに訪問を行い、審査を受けるかどうか判断するとなっています。

ですが、実際にサイトを訪問する際にはURLに問題がないかをチェックしてみましょう。

その理由ですが、偽の企業名か、もしくは実在する金融業者のふりをしているケースが存在するからです。また、URLについては登録制となっているので、同じURLを登録を行った人(管理している人)以外が勝手に使用することはできないようになっています。

なので、URLそのものに誤りがあったりしますので、よく見ると有名な業者のURLではなかったりするのです。

チラシも危険!悪徳業者からのお誘いというケースが多い!

悪徳業者などと関係をもたないために注意しておかなければいけないことは、ポスティングチラシはすぐに捨てるようにするということです。

ポスティングチラシとは、ポストに投函されるチラシのことです。

チラシそのものは、聞いたこともないような業者からの借金をしませんか?という内容になっています。このようなチラシで似たようなものは存在するのですが、悪徳業者のものは「○○様なら○○万円までお貸し出来ます」といった内容になっています。

これについては、悪徳業者であっても企業として貸付業をされているわけなので、ローン利用者の借入状況を調べられるようになっているために行えているケースが多いです。

実際に貸すわけではなく、例えば「200万円借りたい」と思っている相手に対しては、「300万円で貸付が可能です」という内容にして都合の良い借金に見せかけているだけです。

最終的に審査には通るのですが、データ更新料など聞いたこともない料金を徴収されるだけで、その後は業者との連絡も音沙汰がない状況が続き、そこで初めて騙されたと気付く人が多いのです。

会社を騙す際も、「有名な業者のふりをしてなりすましメール」を送ってくるケースが多いので注意してください。このようなケースであっても、実際にURLをチェックすれば怪しいかどうかがわかるようになっています。

【参考ページはこちら】
審査が激甘な即日キャッシングなんてあるの?

カードローン、キャッシング共に今では即日融資が珍しくありません。なので、即日融資の対応を取っている銀行は増え続けています。

これは会社であっても同じなのです。会社用にビジネスローンを用意している銀行も存在しますが、事情を説明することでカードローンを利用することも可能となっています。

また、個人、銀行に対してダイレクトメールなどで勧誘を行っている業者も存在します。ですが、こちらは悪徳業者と言われる迷惑な業者なので、メールなどが届いたとしても放置し、相手にしないようにしていると、自動的にダイレクトメールなどの数が減っていきます。

青森県内で便利な即日融資先をご紹介!

青森県の皆さんも、これから青森に引っ越すけど即日融資があるか心配…、という方も大丈夫です!青森県内で便利な即日融資の金融機関をご紹介します。

カードローンは私たちの生活の中で当たり前に便利なものとなっていますが、さらに即日融資も当然のように浸透し始めています。さまざまな金融機関が取り入れているサービスですから、消費者にとってはとても助かる社会となってきているのが嬉しいですね。

青森の寒い冬も、熱く短い夏も、便利な即日融資をしてくれる金融機関やATMはどこにどのくらいあるのでしょうか?さあ、一緒に見ていきましょう。

青森県内、即日融資可能会社一覧

  • アイフル
  • アコム
  • プロミス
  • モビット
  • ノーローン
  • レイク

銀行や中小の消費者金融も多数ありますが、今回は利用可能なATMの数も多く、かつ即日融資の確率が高いカードローン会社を集めてみました。全国的に有名な大手消費者金融も青森県内で利用できるので、都会も地方も変わりなく同じサービスが受けられるのです!

さらに、インターネットで申し込みを済ませておくと、ATMでのカード受け取りや即日融資が確実になります。たとえば、ATMに出向いて、その場で申し込みから始まる場合、当日に融資を受けることが厳しい時間帯だとします。

そんな時でも、インターネットで申し込みだけ済ませておくと即日融資が可能になる!なんて利点があるので利用してみて下さいね。インターネットでの申し込みは、パソコンからはもちろん、携帯やスマートフォンからもOKです!

アイフル
インターネット申込 最短審査時間 金利 最高融資額
アリ 30分 4.7%~18.0% 500万円

アイフルの特徴は、ネットで契約の全てを完了させることができますから、忙しい方にはもってこいです。さらに、1,000円からの借入が可能ですので同僚と約束していたランチ代が無い!というときや、急にお祝い事の集金が職場内である時も恥ずかしい思いをしなくて済みます。

そして、アイフルの融資申込をインターネットでした場合、カードを郵送でも受け取ることができます。その場合は、配達時間を午前中、12時~14時、14時~16時、16時~18時、18時~20時、19時~21時の6種類から選べるようになっています。

家族に内緒にしたい方や、忙しくてあまり家に居られない方などにとって、とても便利なサービスです。さらに、ネットで全てを終わらせたい場合は、24時間申込OKで契約書の郵送も来店も不要です。

アイフルのATM情報

  • 五所川原ロード店
  • 弘前102号バイパス店
  • 弘前7号バイパス店
  • 十和田バイパス店
  • 青森観光通り店
  • 青森西バイパス店
  • 八戸45号石堂店
  • 八戸45号類家店

ご紹介しているのは、テレビCMでもおなじみのカードローンを取り扱う金融機関ばかりです。インターネット回線があれば、日本全国どこにいても都会と同じ環境でカードローンが利用できるのですからネット社会は私たち消費者に平等をもたらしてくれたといえます。

アコム
インターネット申込 最短審査時間 金利 最高融資額
アリ 30分 4.7%~18.0% 500万円

アコムの最大の売りは、何と言っても「初めての方限定、金利0キャンペーン!」です。(期間中かどうかをご確認ください)アコムは今までに金利0キャンペーンを数回行っており、その都度期間を設けているので、申込時に確認して下さいね。

このサービスは最大30日間です。契約日の翌日からカウントが始まるので、即日融資&0金利はダブルの幸せが舞い込むカードローンということです!

たとえば、お給料日前にまとまったお金が必要になったとして、翌月がボーナス月だったとすれば、1円も金利を支払わず、現金が借入出来るということです。お給料で返済できる額ならそれも同じですね。

0金利期間が終了して、借入残高がある場合は、残高に対して通常金利がかかります。0金利期間が終了してからの金利計算ですから、30日間は親に借りたようなものですね。初めてアコムを利用される方は、特に嬉しいサービスとなっています。

2回目以降のご利用の方は、インターネットでの借入申込が可能ですので、別の便利さが味わえます!夜、借入申込をすれば翌日には現金が指定口座に振り込まれているのですから、自分のお金をキャッシュカードを使って引き出すのと同じです。

あまりにも自然すぎて、返済を忘れないようにしましょうね!

    アコムのATM情報

  • 青森西バイパスむじんくんコーナー
  • 青森東バイパスむじんくんコーナー
  • 五所川原エルムむじんくんコーナー
  • 弘前城東むじんくんコーナー
  • 102号弘前むじんくんコーナー
  • 十和田バイパスむじんくんコーナー
  • むつ中央町むじんくんコーナー
  • 三沢むじんくんコーナー
  • 下長むじんくんコーナー
  • 八戸類家むじんくんコーナー

自動契約機を完備している消費者金融や銀行は、誰にも会わずに、ネット環境のない人でもカードローンが利用できるのがメリットです。しかし、パソコンは使えなくても携帯を持っていない人は探してもなかなか見つからないほど浸透しています。携帯電話があれば、インターネットでの即日融資の申込みは可能なので、確実に当日融資を受けるためにも、是非チャレンジしてみて下さいね!

プロミス
インターネット申込 最短審査時間 金利 最高融資額
アリ 30分 4.5%~17.8% 500万円

プロミスの特徴は、WEB契約なら即日融資が可能!ネットでの契約は消費者にとってもかなり便利な上に、そのネット契約なら「即日融資可能」なのですから、願ったり叶ったりのカードローンです。

そして、初回申込の方限定でプロミスのポイントサービスに申し込んだ場合、「30日間無金利サービス」を行っています。プロミスのポイントサービスとは、プロミスのインターネット利用でポイントが貯まるというシステム。

プロミスでの申込や借入でポイントが貯まり、貯まったポイントは無利息サービスなどに利用できるというものです。ですから、ポイントサービスを利用すれば、初回の無金利が利用でき、さらにポイントをためて再び無金利サービスが受け入れられるという夢のサービスと言っても良いでしょう!

どうせ借入をするのなら、ポイントサービスに申し込むのが賢いプロミスの利用方法と言えるでしょう。ただ借入を利用しているだけでポイントが貯まります。たとえば、ポイントサービスに申し込むだけで100ポイントを獲得する事ができます。

プロミスインターネット会員になり、サービスにログインすると、それだけで10ポイント獲得、インターネット会員サービスの「プロミスからのお知らせ」を確認すると5~20ポイント獲得、収入証明書類の提出で160ポイント獲得等、パソコンまたは携帯による書面の受け取りで1ポイント獲得などがあるところなどを考えると、消費者にとってネット取引はかなり便利なのですが、プロミス側もネット上での取引を推奨している感が伝わってきますね。

プロミスのATM情報

  • むつ中央自動契約コーナー
  • エルムの街自動契約コーナー
  • 7号線城東自動契約コーナー
  • 102号線弘前高田自動契約コーナー
  • 102号線黒石バイパス自動契約コーナー
  • 三沢サンマル通り自動契約コーナー
  • 十和田バイパス自動契約コーナー
  • 十和田西二番町自動契約コーナー
  • 下田ジャスコ前自動契約コーナー
  • 西バイパス自動契約コーナー
  • 4号線東バイパス自動契約コーナー
  • 八甲田大橋自動契約コーナー
  • 45号線類家自動契約コーナー
  • 根城バイパス自動契約コーナー
  • 石堂バイパス自動契約コーナー
モビット

モビットの特徴は、今やだれもが知っている「WEB完結」です。WEB完結の老舗ですモビットのWEB完結は完全なる“完結”なのご存知でしたか?なぜなら、勤務先への電話連絡なしです。

モビットがWEB完結を商品化した時は、斬新すぎる手法で驚きましたが、今や大人気の商品となりましたね。やはり、「借入」はなるべくひっそり済ませたいものなのかもしれません。給料だけでは足りなくなったとき、どうしても借入が必要になります。その繰り返しで収入の範囲内でやりくりするということを学ぶのですよね。

モビットでは郵便物もありませんから、本当にネットだけで全てが終わります。借入も返済も銀行口座での利用ができますからまるで「何もなかった」ような借入です。モビットのカード発行もありませんので、お財布をチェックされても何も出てこないという完璧さです!

インターネット申込 最短審査時間 金利 最高融資額
アリ 10秒簡易審査 3.0%~18.0% 800万円
モビットは青森県内に自動契約機を設置していません。青森からの申し込みは全てWEBで大丈夫なのです!さらに!青森県内のプロミスATMでモビットの借入、返済が可能なのですから安心ですね。

青森県内のプロミスのATMはプロミスの欄をご覧ください。

青森県内にATMの設置がないモビットですが、WEB完結が得意な消費者金融ですので、全国どこに居ても安心のカードローン会社といえます。

モビットのインターネットでの申し込みは、モビットホームページ内の「申し込みボタンをクリック」し、必要事項を入力します。必要書類も画像で送付できるため、店舗がなくても全く問題はありません。審査結果の連絡は、メールもしくは電話で連絡があります。

審査に通り、契約が終了したら、カード受け取り方法も選択ができ、来店か郵送の二種類から申込者の都合に合わせてどちらでも応じてくれます。

審査後の借入方法も、振込キャッシングと提携ATMキャッシングどちらかを選べるようになっており、モビットからの振込キャッシングを選べば平日9:00~14:50までの振込手続き完了で当日振込み可能となっていますから、とても便利です。

当日振込みを希望される方は、あらかじめ指定口座の登録が必要です。登録さえ済ませていれば、当日現金が手にできるのですから前準備をお忘れなく!

モビット提携ATMキャッシングでのカード受け取りを選んだ場合、最寄りのプロミスローン申込機からカード発行されますので心配無用です!

※審査結果により融資不可の場合がありますのでご注意ください。

ノーローン

ノーローンの特徴といえば、借入から最初の1週間は無利息で融資をしてくれることです。さらに!1ヶ月に1度なら、何度でも毎月1回、1週間無利息なんです!もちろんネットからの申込みが即日融資のカギですし、24時間リアルタイムに利用可能なので多忙な方にも便利ですよ。

インターネット申込 最短審査時間 金利 最高融資額
アリ 20分 4.9%~18.0% 300万円

ノーローンは新生銀行レイクの自動契約コーナーで契約ができます。ノーローンは消費者金融ですが、レイクは銀行ですから銀行のATMが利用できるということです。家族や同僚に内緒の借入だったとしても銀行ATMの利用なら安心ですね。

青森県内でノーローンの即日融資を希望される方は、新生銀行レイクのATM欄をご覧ください。

ノーローンは、なぜ新生銀行レイクのATMが利用できるのでしょう

それは、ノーローンの社名はシンキ株式会社です。シンキ株式会社は新生銀行の子会社だからです。2002年に両社が提携をして実現したものです。歴史は浅い方ですがこの時代には銀行と消費者金融との提携や吸収合併などが頻繁に行われていた時でしたね。

他社と一線を画すノーローンは、利息計算が8日後から行われるという消費者にとってはとてもありがたいサービスを取り入れています。ですから、一週間以内に全額を返金すれば、利息はかからないというものです。

『初回無利息』に関していえば、日数はいろいろですが、レイクもアイフルもキャンペーンなどで取り扱っています。しかし、どちらも「初回」に限定されています。シンキ株式会社のノーローンは、完済日の翌月以降の利用の場合なら、2回目以降でもこのシステムは利用できますので、毎月一度と考えれば、何回でも利用できるので、まさに消費者の味方なのです。

たとえば、お給料日を一週間後に控えて借入をしたとします。一週間後の給料日に全額返済します。無利息で借入・返済ができていますよね、翌月も給料日前のピンチを借入で乗り切り、同じように一週間以内で返済できれば、ずっと利息を支払わずに借入ができるということです。

ちょっと便利すぎ?というくらい便利ですよね!このプチ情報けっこう重要ですから、是非利用してみて下さい。

ノーローンが利用できる新生銀行レイクのATMは、全て夜間営業もありますので、思い立った時にすぐ利用できるのがとても便利です。お近くのコンビニのチェックもしておくと、両方利用できてさらに安心ですね。
レイク
インターネット申込 最短審査時間 金利 最高融資額
アリ 即応 4.5%~18.0% 500万円

レイクの特徴は、初めて利用される方限定で30日間無利息か、5万円分に対して180日間無利息のサービスがあることです。特にキャンペーンなどではありませんので、常に初回申込の方は、どちらかを選べる特典があります。

30日間無利息の方は、借入金の全額が30日間無利息となり、180日間無利息の方は、5万円が無利息です。ですが、借入は5万円以上借入ができます。たとえば、10万円を初回申込で借入をしたとして、5万円分は180日間無利息。残りの5万円は通常金利がかかるということですね。

レイクのATM情報

  • 青森西バイパスコーナー
  • 4号青森東バイパスコーナー
  • むつ中央コーナー
  • エルム五所川原店
  • 弘前駅前店
  • 102号黒石店
  • 十和田バイパス店
  • 八戸類家バイパス店
  • 確実に即日融資を受けるために

    即日融資を受けるためには、即日融資をしている会社を選ぶことももちろんですが、申込者の前準備も大切です。万全の態勢で申し込むに越したことはありません。

    よくありませんか?小さな文字で注意書きがあり、「え~!そんなはずじゃなかった!」というようなこと。もしくは、事前に○○が必要です。と最後に明記してあるということ。そんなこんなも全部ひっくるめて注意してもらいたいことをお教えします。
    (⇒確実に借りるために即日融資のメリット・デメリットもチェック!

    即日融資に必要なもの

    即日融資を確実に受けるために必要なものは、各会社共通の「身分証明証」です。身分証明証は、運転免許証が一番いいでしょう。運転免許証を所持していらっしゃらない方は、パスポートや保険証になりますが、運転をしないから免許証は自宅に置いてあるという方なら、運転免許証を身分証明証にすることをお勧めします。

    その理由は、一番メジャーなので審査に時間がかからないだろうという保険のようなものです。カードローン会社も大勢が利用するものが一番チェック慣れもしていますし、このような審査の場合は、「大勢と一緒」が安全なのです。

    即日融資のための準備

    銀行振込を希望されている方は、指定口座の登録を済ませておく必要があります。申し込みから契約までがギリギリの時間になったとします。さあ振込!というところで、口座の登録がなければ後日になることは目に見えていますね。

    申し込みの時点で、会社側から銀行登録の話がなければ、こちらから「振込キャッシング希望なのですが、指定口座の登録は必要ですか?」と確認しておきましょう。

    融資を受ける金額や本人の状況によって、提出書類が増える場合があります。身分証明証と収入証明書が必要になった場合は、何が必要かも確認しておくとその時慌てなくてもすみますね。

    収入が証明できる書類には以下のようなものがあります。

    • 最新の源泉徴収票
    • 最新の確定申告書
    • 最新の収入証明書
    • 最新の納税証明書
    • 直近の2ヶ月程度の給与明細書および最新の賞与明細書

    これらは、在籍確認ができないときも提出を要求される場合があるので、心の準備だけでもしておくといいですね。

    どの会社も一番早く融資を受けるためには、、早い時間の契約が大切になります。しかも、事前にパソコンや携帯、スマートフォンのインターネットからの申し込みをしておき、契約だけを自動契約機や店舗、郵送等をすると、早めの処理が可能になります。
    郵送になると「即日融資」とはいきませんので、身分証明証などを画像送付をするか、FAXで提出するかが理想です。契約完了時間を14時くらいまでに完了させることを目安に行動しましょう。

    青森県内で即日融資が可能な上記で紹介した業者は、どこもネットでの申し込みを勧めています。即日融資を希望している消費者の希望をできる限り聞くためには、事前申し込みが処理時間を短縮するからなのです。

    自分チェックも忘れずに!

    即日融資の前に、カードローンは、自分が信用されるべきポジションにいなければ審査に通ることができません。審査に通らなければ即日融資どころから融資をしてもらえないのですから気をつけたいものです。

    自分チェックは、仕事をしているか、勤続年数は少なくとも半年以上経っているか、転職は多くないか、他社での借入はあるか、その金額は多くないか、複数社での借入をしていないか、他社借入を滞納していないか、過去に未完済の借入がないか、過去に破産など信用情報に心配がないかなどです。

    どこかに心配のある人は、事前の仮審査を受けてみると良いでしょう。それぞれの会社はホームページ上から確認できる○秒審査や、事前審査等のサービスをしています。個人情報以外の情報を正直に入力すると、借入が可能かどうかがその場でわかります。

    これはあくまでも「仮」ですから、仮審査に通過したからといって本審査に通るとは限りませんが、少し心配が減ったり、安心できたり、目安になるのではないでしょうか。ただし、正直に入力する事が大前提です!

    金銭にまつわる個人の歴史は、信用情報で各会社間共有していますから、嘘をついても意味がありませんし、かえって信頼を失墜するだけです。

    即日融資に思うこと

    人は、慣れてくるとそれが当然と思いこむ癖があります。そして、どのようなサービスでも、それが商売として成り立っている以上、こちらがお客様だ!と思いこんでしまう人も多いもの。できれば、いざという時に現金を貸してくれるありがたいシステムだと思えると返済も着実にできて、お互いのためになるかもしれませんね。

    この便利な即日融資(カードローン)システムを長く利用できる方は、返済を滞らせない人です。借入を続けていると、借入限度額を増やしたいと思う方もたくさんいらっしゃいます。そのとき、自分の考える増額の希望を叶えるためには、それだけの信頼を自分自身が勝ち取っているか?ということが大切になってきます。

    勝ち取るというと、何かとても頑張っているような感じですが、ただ粛々と返済を続けるだけです。「借りた」ものを「返す」だけの作業で自分への信頼度が増し、増額の希望もかなえられる可能性が高まるのですから、当たり前のことを当たり前にする消費者が将来も安心して融資を受けられるというわけです。

    少し先の自分のことを考えることは、金融機関にも迷惑をかけることなく気持ちの良い取引ができ、引いては自分のためになることです。私たち消費者は、今の誠実さを大切にできると未来も明るくなりますね。

    【参考ページはこちら】
    知っておくと便利!即日キャッシングを受けるためのポイント

即日融資「利息にちがいはある?」知りたい人はこちらです!

即日融資は、どの金融機関でも取り扱っているといってもいいほど社会に浸透してきていますね。その即日融資は、会社によって利息に違いはあるのでしょうか?借りる会社によって、利息の高低差が大幅にあるのなら、よく吟味しなければなりません。

即日融資の利息は、会社によって若干の幅はありますが、大きな差ではありません。なぜなら、2010年6月18日に完全施行された改正賃金業法で、上限金利は20%と決められたからです。

改正前 改正後
29.2% 20.0%

この改正ができてからは、法外な利息で消費者が苦しむということがなくなり、上限金利を超えて貸し付けた金融機関は出資法違反に問われ行政処分の対象になります。つまり、違反すれば刑事罰が課せられるということです。

この時点で、私たち消費者は貸金業者によって利息の大きな不利幅がないというメリットを手に入れているのです。

しかし、小さい不利幅の中でも、即日融資を可能にしている貸金業者によってどのくらいの差があるかは是非知りたいところですよね!以下に人気の金融機関の利息と返済方法を紹介していますのでご覧ください。

そもそもカードローンって何?

カードローンは当初、消費者い金融がサラリーマンなど、個人に向けて融資をする目的の商品として人気があったものです。保証人も不要、担保も不要ということで仕事帰りに呑み代を借りる感覚で融資を受ける人も多かったようですね。

それから、小口融資という形をそのままに、会社員だけではなくパートやアルバイト、主婦にも融資をしてくれるということで誰もが便利に利用できる貸付けシステムとなったのです。今では銀行も小口融資の市場に参入してきており、金融機関のほとんどがカードローンを扱うようになりました。

中でも、「即日融資」は消費者のお財布代わりのように利用できることが人気で、上限金利も引き下げられたことから、ますますユーザーの数を増やしているカードローンなのです。

消費者金融のカードローン

消費者金融は貸金業法適用の金融機関です。貸金業法には、総量規制が関係してくるため、年収の3分の1までの借入という制限がかかります。これは、返済能力を超えた借入をしないための規制ですので、国に消費者が守られているということです。

この規制を守るために、消費者が気をつけるというより、総量規制を超えて貸し付けた業者が罰せられるため、消費者金融や銀行側が細やかに規制内の貸し付けであるかをチェックしてくれるというものです。消費者にとっては“おまかせ”しておける借入というわけです。

ですが、大人として、自分でも、あとどの程度の借入をしたら規制範囲を超えるか?くらいは把握しておきたいですね。“自己管理ができる“ことも貸金業者からの信頼を勝ち取るひとつの手段ですから。このような最低限の管理能力はゆくゆくの増額申請の時に役立つと思いますよ!

銀行のカードローン

銀行や信用金庫等は、銀行法の適用です。銀行法適用の金融機関には総量規制は適用されませんので、年収の3分の1を超えても貸付けてもらえます。多めに借入がしたい方にとっては、嬉しいばかりの総量規制「対象外」ということになります。

貸付ける側の銀行も返済能力を超えた融資はしませんが、消費者は、総量規制は適用されないことから、自分の収入と借入のバランスを考えながら利用しなければなりません。

とはいえ、銀行からの融資を受けられるということは、社会的にも信用があるとみなされるため、ステイタス的には充分といえるでしょう。まずは銀行のカードローンが利用できることを目標にしておくと、いざという時、いずれかの貸金業者で即日融資が受けられる確率が高くなります。

消費者金融と銀行で共通すること

消費者金融も銀行も、カードローンの即日融資を受ける場合、保証人も担保も不要です。もちろん即日融資ではない場合もカードローンなら同じです。(こちらもご参考にどうぞ→不動産を担保にして即日キャッシングはできる?

そして、返済予定日に返済できなかった場合は、遅延損害金がかかりその利息のパーセンテージは上限金利の20%か、それに近い高金利となっています。高金利といえども上限金利は20%と決まっているので、どんなに高くても先が見えているので安心です。

両社とも申し込み後に審査があり、審査に通過しなければ融資を受けることはできません。

消費者金融のメリット

審査時間が短い
審査の難易度が低め
即日融資の可能性が高い

銀行のメリット

総量規制の対象外
即日融資の可能性がある
社会的信用がある

総量規制は2010年6月に完全施行された改正賃金業法の中の規制です。借りすぎる消費者、貸しすぎる消費者金融のバランスをとるために制定されたものです。上限金利もこのときに決まり、消費者に一方的に有利といってもいい内容といえます。

借入に制限があることがメリットととるか、デメリットととるかは消費者次第ですが、借りすぎで返済ができず、夜逃げや自殺に追い込まれてきた消費者の過去を考えると、やはり私たち消費者が守られていると考えるのが良いでしょう。

即日融資の利息について

利息は、即日融資でも後日融資でも同じです。即日に融資をしてくれるからといって高金利になることもありませんし、同じ貸金業者内で融資日によって利息が変わるということは無いのです。借り入れた日数分だけ利息がかかります。

利息は各金融会社によって若干違うことが最初の表でお分かりいただけたと思います。ですが、消費者がさまざまな会社に散らばっている様子でもお分かりのように、利息のパーセンテージだけで損得を判断する事は難しいといえます。

利息の計算は、返済方法はもちろんですが、決められたパーセンテージを基本に、借入金額、借入日数、返済方法、完済日等によって違ってくるので、微妙な率の差なら、どこの会社が得だとは言い難いのが現実です。
(⇒即日融資キャッシングの利息についてもっと詳しく

結局のところ、借入の目的や一番優先したい事柄をはっきりさせて融資先を選ぶことが間違いないということなのです。個人によってどこで融資を受けるのが一番いいかはその人の優先順位によると言っても良いでしょう。

会社別返済方法一覧
会社名 利息 遅延損害金
アイフル 4.7~18.0% 20.0%
アコム 4.7~18.0% 20.0%
ノーローン 4.9~18.0% 20.0%
プロミス 4.5~17.8% 20.0%
モビット 3.0~18.0% 20.0%
レイク 4.5~18% 20.0%
会社名 返済方式名
アイフル 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
アコム 定率リボルビング方式
ノーローン 借入金額スライドリボルビング方式
プロミス 残高スライド元利定額返済方式
モビット 借入後残高スライド元利定額返済方式
レイク 残高スライドリボルビング・元利定額リボルビング

いろいろな返済方式の呼び名が会社によってありますが、カードローン返済の方式でよく利用されているのはリボルビング返済方式です。これには大きく分けて以下の3つあります。

  • 定額リボルビング方式
  • 定率リボルビング方式
  • 残高スライド方式

それぞれの返済方式について

リボルビング方式、通称「リボ払い」は、クレジットカード会社が積極的に取り入れてきた返済方式でしたが、同じリボ払いでも利息の扱い方が違う3種類のリボ返済があります。

定額リボルビング方式

定額リボルビング方式は、一番主流のリボルビング返済方式と言えるもので、さまざまなブランドが採用している返済方法です。たとえば、三菱東京UFJニコス、三井住友VISA、ニコス、ダイナース、セゾン、セディナ、楽天等です。

この返済方式は、毎月の返済をいくら利用しても、基本、一定額に決めており、利用残高に応じて決めているミニマムペイメント(最少支払金額)が基本なので、3万円利用しても、5万円利用しても、返済額は月々5千円という設定をしていれば、毎月5千円の返済をすれば良いというものですね。

しかし、一定額といっても、実際は同一金額のまま毎月返済する場合と、一定額に利息を乗せて返済する場合があります。ですから、定額リボルビング方式には細かくいえばここからまた「元利」定額と「元金」定額の2種類に分けられるのです。

「元利」定額リボルビング方式は、指定した一定額のみを月々返済する方式。その月々の一定額の中から、利息を差し引いた金額を元金の返済に充当するため、毎月の支払いが決まっていて、自己管理がしやすい特徴があります。

「元金」定額リボルビング方式は、設定した月々の一定の返済額に利息を乗せて返済します。毎月同じ金額を元金の支払に充てるので、完済日を早く迎えることができます。

「元利」と「元金」どう違う?

元利定額リボルビング方式は、毎月一定額を返済するので、収入から自分の決めた金額が「引き落とされる」と簡単に理解できますが、元金がなかなか減らないために完済までに日数がかかることがあります。

一方、元金定額リボルビング方式は、毎月一定の返済額の上に、利息がプラスされるので、毎月返済額に若干の差が出てくるため、収入を目いっぱい使って生活している人は「今月はいくら落ちるかな?」と考えなければなりません。

しかし、最初のころは利息の負担額が大きめですが、返済が元利定額より後ろにズレないため、完済日も元利リボより早めで、返済総額も少なく済む可能性があります。

借入金の返済は、早ければ早いほど無駄な利息を支払わなくていいのですから、若干お得なのは元金定額の方で、計算が簡単なのは元利定額ということです。

ですが、注意点があります。元金定額の方が総額が少ないと思って選んでいても、返済日に返済しなかったり、引き落とし金額が不足していたりすると、どちらも翌日から遅延損害金がかかりますから、微妙な損得は台無しになる可能性があります。返済日は忘れないようにしてくださいね。

定率リボルビング方式

定率リボルビング返済方式は、月々のミニマムペイメント(最低支払金額)が利用額などの一定率によって決まるリボ払いのことです。ミニマムペイメントが一定額の方式をとる定額リボルビングとの違いがおわかりでしょう。

この定率リボルビング返済方式にも、やはり二種類あり「元利」と「元金」です。

元利定率リボルビング方式は、毎月の締め日に借入残高を確定して、その残高に利息を加えた額に指定した定率で返済する方法です。

一方、元金定率リボルビング返済方式は、毎月の締め日に借入残高を確定して、その残高に指定した定率で返済する方法で、借入残高に定率を乗せて利息を払う方法です。

「元利」と「元金」どう違う?

元利定率リボの計算式は「(借入残高+利息)×0%」となり、毎月の支払額が一定で収入と支出の計算がしやすいのですが、元金への充当が少ないため返済期間が長くなる可能性が高いものです。

元利定率リボの計算式は「借入残高×0%+利息」となり、毎月の支払額が変動し、返済初期は負担が大きいのですが、元利定率に比べて元金への充当が多いため、収入ギリギリで生活している人にとっては収入と支出の計算はしにくいのですが、短期間で完済する事ができます。

定額リボも定率リボも、「元利」と「元金」の考え方は同じですね。

残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング返済方式は、借入金額に応じて毎回(毎月)最少返済金額が決まる返済方式のことです。最少返済額以上ならいくらの設定でもOKで、たとえば借入金額が10万円以下の場合は3千円、20万円以下の場合は4千円といったものです。これにも「定額」と「定率」の2種類の残高スライドリボルビング方式があります。

残高スライド「定額」リボルビング方式は、月々指定した一定額を返済する方式。残高によって元金への充当額が毎回見直されます。支払う金額に変更はありませんが、元金への充当と利息の割合は変化するというもの。

残高スライド「定率」リボルビング方式は、毎月の返済額が変わる方式。支払い残高によって毎回、利用残高や利息に乗せる定率が見直されます。これも元利と元金によって2種類あり、たとえば「(借入残高+利息)×0%」か「借入残高×0%+利息」が適用されるというものです。

「定額」と「定率」どう違う?

定額は、利息ばかり返済して元金が全然減らない!ということを回避でき、定率は、パーセンテージが変動するため計算はしにくいのですが、月々の負担と完済までの期間のバランスが取りやすいというメリットがあります。

これらの返済方法には、基本的に同じでも呼び方がいろいろあり、これらを含めたものが各会社の返済方式と呼ばれている

  • 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
  • 定率リボルビング方式
  • 借人金額スライドリボルビング方式
  • 残高スライド元利定額返済方式
  • 借入後残高スライド元利定額返済方式
  • 残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式

にあたるということです。

即日融資&利息で気をつけたい事

冒頭にも申し上げましたが、利息を計算して「一番得なところで借りよう!」と思っても、借入期間中にうっかり返済し忘れたり、返済できない月があったりすると遅延損害金がかかり、結局別の会社の方が良かったということも少なくなりません。

利息は、借入金額や借入日数、利息のパーセンテージ、計算方法等々によって変わってくるので、どの会社が得だとは言えないものです。たぶん、全貸金業者の利息計算方法を把握して、損得を考える時間のある方はいないでしょう。

現実的に利用しやすい場所やATMがある等の理由で決めるのが一番良かったということもあります。それは、スーパーの特売を追いかけて10円安いものを追いかけてガソリン代を使って隣町にまで買い物に行くようなもの。ということもあるからです。

返済は基本中の基本

利息が明らかに違うのは最初の申込みでお分かりだと思います。0.1%でも低金利で借入をしたいと思うのは当然ですよね。ですから、返済日は必ず守ることが重要です。返済日が1日でも過ぎると、遅延損害金がかかるのでうっかり半月も忘れてしまっていたら、何のために低金利を探したのか?!ということになります。

そのような事態を避けるためには、自動引き落としの返済がオススメです。もちろん引き落とし残高が不足していたのでは「滞納」になってしまいますので注意して下さいね。

さらに、無保証・無担保で現金を貸してくれるというカードローンです。この流れに慣れてしまっている私たち消費者ですが、本当なら、あり得ないシステムだということを忘れて欲しくないのです。

契約として正々堂々と現金が借りられるありがたいシステムなのですから、借りたら返すという基本を常に忘れないようにしたいですよね。基本に忠実であれば、「融資が受けられない」などという危機は訪れません。

返済に関して注意する事

  • 返済日を忘れない
  • 万が一うっかり忘れをしてしまったら、即、自分から連絡
  • できるだけ自動引き落としにする

返済日にうっかり忘れをしてしまった場合は、「あ~、忘れちゃった。」でそのままにしておかず、一刻も早くこちらから貸金業者に連絡する事が大切です。もしもあなたがお金を友人に貸していたら『貸した側』のあなたは、「今日返すって言ってたのにどうしたんだろう?」と思いますよね?それと同じです。

どうしたんだろう?と思わせる前にこちらから連絡をするのは、とても好印象です。貸した側も「うっかり忘れたんだな」と理解してくれます。同じことが何度も続くのは絶対ダメですが、誠意を見せることは信頼を失わない第一歩です。

滞納をすると…

  • 信用情報に滞納情報が残る
  • 次の審査に通過しにくくなる
  • 増額の希望がかなえられなくなる可能性が出る
  • 社会的信用をなくす

いずれは返済しなければならないものです。余計な利息もプラスされないうちに返済するのが一番です。遅延しても消費者には何の得もありません。上記のように、遅延損害金がかかるだけではなく、むしろ社会的信用をなくしたり信用情報にデータが残る方が問題です。

もしも増額をしてもらいたいと思っても、滞納の経験があれば増額審査には落ちる可能性が高まるでしょう。しかも、増額希望を申し出ると、初回申込時と同じような審査があります。その時に、唯一その会社が直接確認できる返済実績に汚点があっては増額審査に通過するどころか、減額や取引停止という事態もあるのです。

信用情報とは

信用情報とは、一般的に言われている通称ブラックリストです。正式にそのように呼ばれるものは存在しませんが、たび重なる滞納や未完済、破産や任意整理、個人再生等々、金銭にまつわる個人の情報が全て報告がいく場所です。

しかも、金融機関はその全ての情報を共有しているので、別の会社で融資を受けようとどの金融機関にもわかるのです。1社で借入して、2社目で借入して、3社目でも返済用の現金を借入してと、自転車操業のような借入と返済を繰り返しても各金融機関にはすぐわかります。

そうなると、一斉に融資が止まるのも時間の問題ですね。カードローンやクレジットカードに申し込んだだけでも情報は流れるので、一度に複数社のカードローンに申し込むのも危険です。これは「申込ブラック」と言われ、貸金業者からすると、そんなにお金に困っているのか?そんなことで返済はできるのか?という疑問を抱かせることになります。

一度審査に落ちると、次の審査までしばらく待つことが必要となるので、かえって融資をうけるまでの遠回りをすることにもなります。私たちが思う以上に私たちの情報は企業は掴んでいるのですから、どこを切っても誠実な生き方が必要なのだと思います。

借入時に気になる利息のパーセンテージや計算方法も大事ですが、一番心がけてほしいのは返済期日を守ることです。お財布代わりに利用できる便利な即日融資をいつまでも利用するためにも、基本的なルールは守っていきたいですね。