即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

年金受給者でも即日融資可能!会社の紹介~手続きを一挙解説!

何だかんだ言われている制度ですが、結局は頼りになるのが年金制度。長い間掛け金を払い続けて来た皆様、年金生活はいかがですか?今まで頑張って来た結果ですから、楽しく利用できているといいなぁと思います。今はシニア世代の楽しみもたくさんありますし、有効活用して下さいね。ライフスタイルも大きく変わった頃でしょうか?

年金受給生活になると今までのライフスタイルががらりと変わる人がほとんどです。と言うのも、現役時代のような収入ではなく、いわば収入が少なくなるからなんですね。残念な現実ですが年金だけで生活をするのは中々難しいことです。もちろん逼迫するほどではなく、旅行なども楽しめますが、現役時代の貯蓄は必要とされています。

しかし現役時代の貯金も、もっともっと後の老後……それこそ人の手を借りて生活するホームに入る時のために取っておきたい、産まれる孫のために使いたい……という人は手をつけないものです。それでもたまには年金以外のお金が必要になる、そんなジレンマも。

年金受給者も即日融資が受けられる!第二の人生に潤いを!

年金は決して大金というわけではありません。国民年金、厚生年金を合わせても、今の時代では中々難しいという人もいるでしょう。不景気の煽りを受け、本来ならとうに独立している年齢のお子さんの面倒もまだまだ……という人も。しかしそれでも生活は待ってくれませんし、急な出費も存在します。

例えばある日、突然の不幸の知らせ……お通夜になったら?その時に手持ちにお金がなかったら?お香典くらいはいつも何とかなる金額を手元に置いておきたいものですが、そうもいかない時だってありますよね。そんな時にはどうしますか?

若い時、現役時代にはキャッシングをしていた人も多いのではないでしょうか?

キャッシングは返済計画さえしっかりしていれば大変便利なものです。現役時代には社会的に経費の一時立て替えなどのために、積極的に利用することもあったでしょう。業種によっては交通費なども大変かさむものですから。今の若い人よりも、年金世代の方が使い方にこなれているかもしれません。

しかしここで心配されるのは、「年金世代でもキャッシングができるのだろうか?」ということ。これはよく聞く不安・質問です。この質問をする人は、大抵の人はしっかりとキャッシングの仕組みや金融についての知識をお持ちの人ですので、安心してキャッシングを勧めることができます。

キャッシングを勧められるということは、そう、年金受給者でもキャッシングができるということです。キャッシングはそもそも、返済能力がある人にしか使えないものとされています。返済能力とは分かりやすく言うと安定収入、つまり安定した職業についているかどうかということが重視されます。

年金世代の方の多くの心配は、「自分は無職だからお金が借りられないのではないだろうか?」というもののようです。この心配は最もなのですが、先にも言った通り、年金受給者でもキャッシングに申し込み、審査に通りさえすれば、融資を受けることは可能なのです!

しかも人生には急ぎの時がつきもの。特にお金を借りたい、なんて時は切羽詰まっているのは当たり前です。明日にでも、むしろ今日の夕方までにでもお金が欲しい! そんな思いは年代関係なく抱くもの。日本のキャッシング社会は全ての年代のニーズに応えます。

即日融資は主に消費者金融の商品です!

急ぎの時に役に立つのが「即日融資」。今まで積極的にキャッシングを利用したことのない人にはあまりピンと来ない言葉かもしれませんが、最近のキャッシングはこの即日融資が大変人気を博し、今ではキャッシング愛好家にはなくてはならないシステムとなっています。

必要だと思った時に慌てず騒がずスマートに、必要なだけ「当日中に」お金を用立てられるという便利なシステムの即日融資。返済方法も実に多彩で、分かりやすいリボルビング払いを始めとして、利用者が選びやすいよう、各キャッシング会社で様々な配慮がなされています。

この即日融資、昔から主に消費者金融が扱っている商品ですが、今では銀行でも目玉商品として取り扱いをするところが多くなってきました。(こちらもご参考に→銀行カードローンでも即日融資は可能?)一時はダーティなイメージに付きまとわれた消費者金融は、今では大手銀行に負けないくらいの知名度と信頼性を勝ち取ることに成功しています。

昭和の時代に大騒ぎになったような金融トラブルは、現在では(闇金でも利用しない限りは)全くないと言っても過言ではありません。その理由としてはひとえに法律が利用者を守るように整備されたことに加え、消費者金融の業界自体が自浄作用によってトラブルが起きないよう、社員教育や社風改革に力を入れたからなのです。

その努力の甲斐があって、現在の消費者金融は健全な金融機関として受け入れられ、場合によっては銀行よりも利用しやすい一面も人気を集め、現代社会になくてはならないものとなっています。

信用第一、スキャンダルを何より恐れる大手銀行も、その知名度やしっかりしたシステムに目を付け、提携商品を出すという、昔では考えられなかったことが起きています。つまり、それくらい消費者金融という存在は確固たる信頼を得る存在となったということです。

年金は立派な安定収入!安定収入があれば即日融資も可能!

即日融資は主に消費者金融が扱っているということは分かったけど、年金生活でも利用できるの?そういう疑問をお持ちになる人も多いかと思います。年金生活って、公的には「無職」と書かれることが多いからかもしれませんが、妙に「無職・無収入」と思ってしまう人が多いんですよね。

しかし考えてみて下さい。年金は「国家が保証した制度が一定の日に必ず支給するお金」です。これってつまりは「定期収入」ですよね。しかも支給するのはどんな会社よりも信頼のある日本国家!これ以上の「安定収入」がどこにありますか!

安定収入がある=返済能力がある、ということ。これなら融資を受ける最低限の条件はクリアしていますよね。年金受給者は実は最強のキャッシング有資格者です。即日融資のキャッシングやカードローンに申し込んでも、審査で不利になるということは絶対にありません。

年金受給者でも借りられる即日融資OKの会社はここだ!

実際に即日融資OK、年金受給者申し込みOKのキャッシング会社を探してみましょう。今時はWEBで検索すればすぐに出て来ますが、ここでは代表的なキャッシング会社を取り上げてみます。

会社 金利 融資可能年齢
アイフル 4.5%~18.0% 20~69歳
アコム 4.7%~18.0% 20~69歳
プロミス 4.5%~17.8% 20~69歳
モビット 4.5%~17.8% 20~65歳

こうやって並べてみると、どの会社も金利はほぼ一緒です。利息に関わる金利ですので、似たような数字だとしても、気になる人は細かくチェックしてみて下さい。

肝心の年齢に関してチェックしてみると、各社とも年金生活者でも利用ができる年齢設定になっているのが分かります。モビットだけは上限がやや低めに設定してありますが、満65歳であればまだ利用することができます。誕生日が来るまでは大丈夫と言うことですよね。

また、アコム、プロミスでは「借り入れから30日間金利がゼロ」というキャンペーンを行っています。キャンペーン中に利用するならお得な情報を見逃すわけにはいきませんね。ただ、他社にもそれぞれ良いところがありますので、気になる会社は片端から調べてみることをオススメします。

申し込み方法は簡単!今時はWEBで完結!

それでは実際に即日融資のキャッシング商品に申し込みをしてみる手順を考えましょう。年金世代の皆さんは、おそらく「申し込み」と言うものは、いちいち書類を取り寄せ、詳細を記入し、資料を揃えて一緒に送る……という手間を考えてうんざりしているかもしれませんね。

ところが今時の「申し込み」、実はそういった形態の方が珍しくなっている時代なんです。今はWEBから必要事項を記入し、送信すればそのまま申し込み完了。必要な身分証などもデジタル写真を撮影して添付すれば良いという会社も!逆に簡単すぎて不安になってしまうほどかも!?

とはいえ、やはりデジタルやWEBで完結してしまうより、手元にアナログの書類が残った方が良いな……という方も多い世代。もちろん昔ながらの郵送による申し込みだってOKです。

ただ、書類送付では即日融資はできません。書類が相手側に到着する日数を考えると現実的ではありませんよね。そんな時には店頭に直接行って申し込むことが可能です。

アナログで書類を送付する、または店頭で直接申し込む場合、必要なものを見てみましょう。

  • 申込書
  • 身分証明書
  • 収入証明書(一定額以上を借りる人のみ)

銀行ではもう少し様々な書類を要求される可能性はありますが、即日融資を主力商品とする消費者金融ですと、大抵はこれくらいの準備で充分です。店頭まで出向く場合は申込書を店頭で書けば良いでしょう。

身分証明書は様々なものがありますが、以下のものがよく利用され、かつ、信頼性が高いとされます。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 住基カード
  • 公共料金支払い証明書(2枚)

公共料金支払い証明書は最後の手段と考えておいた方が良いかもしれません。運転免許証、健康保険証が最も現実的でしょう。どちらも世間体に良く知られた証明書ですし、完全に公的機関が発行しているものですので、その信頼度は最大級です。

どちらも事情があって手元にない時は、お住まいの最寄りの役所へ行って住基カードを発行してもらえば事足ります。他のシーンでも使える公的な身分証明書ですので、これを機に入手しておいても良いかもしれませんね。手数料は自治体によって違いますのでご注意を。とはいえ数百円程度です。

申込書の誤記入に注意!それだけで審査に落ちる!

身分証明書さえ準備できてしまえば後は簡単です。申込書の記入事項に間違いがないかをチェックし、窓口に提出するか、郵送で送付するかのどちらかです。ここで気をつけて欲しいのが「記入事項の間違い」という、大変初歩的なもの。

意外なことかもしれませんが、審査に落ちる理由の上位として、「申込書の必要事項の記入に誤りがあった」という、何とも情けないうっかりミスがランクインしているのです。たかが申込書、されど申込書。正式な書類として取り扱われるのですから、誤記入のないよう、何度もチェックするようにしましょう。

誤記入による審査の不通過は、他の理由に比べると(他社に多額の借り入れが現在進行形で存在する、過去にお金関連でトラブルを起こしている等)、何となく軽い理由のように思えるかもしれませんが、その意識は絶対に会うとです。

申込書の誤記入であっても審査に落ちたという事実は変わりません。理由の如何を問わず、信用情報機関に「審査不通過」という記録が残されてしまいます。返済トラブルと違って長い期間記録されるわけではなく、半年程度で消去されますが、やはり気持ちの良いものではありませんよね。

申込書の提出が完了すれば審査へ…あとは連絡待ち

WEBから手軽に申し込んだ人も、店頭や書類送付のアナログ作業で申し込んだ人も、これで申し込みそのものが完了しました。後は審査結果を待つだけです。ここまで簡単に済んだので驚いている人もいるかもしれませんが、本当に利用者が必要なのはこれだけです。

利用者が年金受給者であっても、年金は安定収入とみなされます。多くの消費者金融、銀行ではキャッシングの申し込み・利用が可能になっていることや申し込み方法はご理解頂けたでしょうか?

一度審査に通過してしまえば、後は便利なキャッシングライフを楽しむことができます。急にお金が入り用になった時、即日融資が受けられるということはとても心強いものです。

第二の人生とはいえ、いつどこで何が起きるか分からないもの。お守り代わりに即日融資可能なキャッシングカードを一枚持っておきたいものですよね。中には年金の支給日に合わせて、上手に返済計画を立てる人もいますよ。ぜひ参考にしてみて下さいね。

年金生活者でも即日融資可能なキャッシング会社はたくさん!

今回は有名な大手の消費者金融を紹介しましたが、もちろん即日融資可能のキャッシング会社はこれだけではありません。大手だけではなく、中小のキャッシング会社も独自の路線を打ち出し、大手消費者金融に遜色のないサービスを展開しています。

また、数は少ないですが、銀行でも即日融資(年金生活者利用可能!)な商品を提供しています。こちらは銀行ならではのきめ細やかなサービスが期待できますね。

このように多くの商品がありますが、同じように見えて、実は少しずつ違っています。ご自分のライフスタイルに適した消費者金融、あるいは銀行を選べることが最も良い結果に繋がることでしょう。

【参考ページはこちら】
審査なしで即日キャッシングできるってホント?

閉じる
閉じる