即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

即日融資が可能なサラ金会社はここ!

「サラ金」という言葉、誰しも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。最近、あまり聞かなくなってきたとはいえ、なんとなく意味はわかりますよね。「お金を貸してくれるところ」ということはわかると思います。しかし、何となくわかってはいるけれど、きちんと答えられる人は少ないかもしれませんね。

サラ金とは

1950年頃、「お金を貸してくれるところ」として「高利貸」という呼び名で呼ばれることが一般的でしたが、顧客にサーリーマンが多いところから1955年頃から「サラ金」と呼ばれるようになったとされています。時代とともに「消費者金融」と呼ばれるようになり、最近では「サラ金=ヤミ金」と捉えている人も多いようですが、特に決まりがあるわけではありません。(こちらもご参考に→確実に即日キャッシングができるサラ金はどこ?

「サラ金」と聞くと、人によっては捉え方が違ってくるでしょうし、何の略なのかわからないという人もいるかもしれません。そんな声にお応えして、「サラ金」そのものをまとめてみました。

  • サラリーマン金融の略
  • 消費者金融という呼び名
  • サラ金と消費者金融は同意語
  • 存在位置

サラリーマン金融の略

「サラ金」とは、「サラリーマン金融」の略語です。1965年頃は、「お金を借りる人」といえばサラリーマンだったところからそう呼ばれるようになりました。ちなみに「サラリーマン」というのは「salary may」という和製英語で、「給料を稼ぐ人」のことですね。すなわち組織に所属している「会社員」などのことを指す言葉です。簡単に言うと、事業主の元で働いて賃金をもらっている人であれば、どんな職種であろうと「サラリーマン」ということになりますね。

消費者金融という呼び名

ひと昔前、「消費者金融」という言葉がまだなかったころ、お金を借りるところのことを「サラ金」という言葉で呼んでいましたが、時代が変わるにつれお金を借りる人がサラリーマンだけではなくなってきたことから、1965年頃から「消費者金融」という言葉が生まれました。サラリーマンだけではなく、一般消費者も利用できるようになったのもこの頃だといわれています。

サラ金と消費者金融は同意語

時代の移り変わりとともに呼び名が変わってきたというだけで、サラ金も消費者金融も「お金を借りるところ」という意味になります。すなわち、「サラ金」も「消費者金融」意味としては同じということですね。お年を召した人は「サラ金」、若い人は「消費者金融」と呼ぶのでしょう。

存在位置

元々サラ金というのは、一部の限られたエリートサラリーマンしか借りられなかったものですが、時代の流れとともに一般の消費者にも間口が拡げられていったのが「消費者金融」のはじまりでもあります。清潔な店舗があちらこちらにできるようになり、エリートサラリーマンでなくても気軽に借りられるようになったのが「消費者金融」だといってもいいでしょう。

即日融資について

まずは即日融資について考えてみましょう。やみくもに「とにかく即日融資」だけでは、借りられるものも借りられなくなる場合があります。さまざまな金融機関、さらにはさまざまな商品があります。自分にとってどの金融機関のどの商品が向いているのか、きちんと見分ける必要があるわけです。即日融資を受けるにあたって、以下の項目を明確にして金融機関を選ぶようにしてください。

  • なんのためにお金が必要なの
  • いつまでに準備すれば解決するの
  • 必要最低限の額はいくら
  • 即日融資のために必要なこと

なんのためにお金が必要なの

お金が必要になった人の理由は千差万別です。まずは自分が何のためにお金が必要なのかを考えましょう。たいていの場合は使途が自由な融資だと思いますが、きちんと目的がある場合は、その目的にあった融資を選ぶことで、金利の面などで優遇される場合があります。

例えば、「事業資金のため」「車を買うため」「住宅購入のため」「子供の教育費のため」「親の介護費用のため」などです。これらの場合は、もちろん審査時に、その目的を証明するための書類等が必要となりますが、審査に通れば通常の融資より金利が低いことがほとんどです。明確な目的がある場合は、目的に合わせた融資を選択することをおすすめします。

いつまでに準備すれば解決するの

即日融資といっても、申し込んですぐにお金を手にできるわけではありません。通常の融資には「申し込み→審査→必要書類の提出→契約」という手順が必要となります。たいていの金融機関では「14時までに契約が完了していること」というのが即日融資の条件になります。

自分がいつまでにお金が必要なのかを考えて申し込む必要があるということですね。「即日融資」といってもこれはあくまで「最短で」ということを忘れないでください。融資してもらうためにはある程度の時間は必要なので、どうしてもその日に融資をしてもらいたければ、「朝いちばんで申し込む」くらいの意気込みが必要でしょう。

必要最低限の額はいくら

お金が必要になったとき「最低限いくらあればいいのか」をきちんと考えましょう。融資の広告でよく見かけるのが「最大融資500万円」などという表記ですよね。これはあくまでも「最大」なので、めいっぱい借りようとしてはいけません。あまりに高額な融資には時間がかかるものだし、最悪審査が通らないなんてことも考えられます。基本は「なるべく少額の融資からスタートする」ことです。

さらに、消費者金融では「年収の1/3までしか融資できない」という法律があるため、例えば500万円借りようとするには「年収が1500万円ないと不可能」ということになります。これを知らずに消費者金融で、年収の1/3以上に融資を申請してしまうと当たり前ですが審査に通らないということになりますよね。このあたりは注意したいところです。

即日融資のために必要なこと

即日融資を申し込むにあたって必要なことは、先に述べた「申し込む時間帯」も大事ですが、融資金額によって必要に書類が変わってくるので注意してください。金融機関によって違ってきますが、ある程度少額融資であれば「収入証明書不要」というところがほとんどです。ただし、ある程度の金額になってくると収入証明書が必要になる場合があるので、その場合はきちんと準備しておかなければいけません。

即日融資が可能なサラ金はどこ

ひとくちに「サラ金」といっても、消費者金融・銀行・信販会社などさまざまな金融機関があります。初めて融資を受ける場合、これらの金融機関の中からどこを選べばいいのか迷うところでもありますよね。それぞれの特徴と、即日融資が受けられる金融機関をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

  • 消費者金融
  • 銀行
  • 信販会社

消費者金融

消費者金融はひと昔前の「サラ金」にいちばん近い存在かもしれません。「お金を貸すのが商売」という貸金業のことですね。消費者金融のメリットは、とにかく融資までの時間がスピーディということでしょう。そして、「お金を貸すのが商売」というだけあって、対応の良さはピカイチと言っても過言ではありません。親切丁寧なのは当たり前で、顧客の悩みを一緒に考えてくれて、相談にのってくれると評判です。

ただし、貸金業である消費者金融は、年収の1/3までしか融資できないという法律があるので注意してください。年収の1/3以内であれば消費者金融がおすすめですが、それ以上の融資を求めているなら、消費者金融では借りられません。世の中にはいくつもの消費者金融が存在しますが、おすすめは以下の通りです。迷ったらぜひ参考にしてください。

銀行

銀行はひと昔前までは、貸金業というノウハウはありませんでした。しかし、最近では消費者金融を子会社化したりグループ傘下に吸収することで、貸金業そのものも得意となってきています。消費者金融に比べると、融資をするというノウハウはまだまだかもしれませんが、ここ最近では消費者金融に負けず劣らずの勢いで即日融資を実施してきています。

しかし、消費者金融に比べると銀行という大きな安心感と、金利が低めに設定されているのがメリットです。確実な即日融資だけでみると、消費者金融にはかなわないかもしれませんが、低金利を優先するならば銀行のほうがメリットはあるといえるでしょうね。

信販会社

信販会社といえばクレジットカードというイメージが強いのではないでしょうか。クレジットカードとは、誰もが知っての通り、購入者の代わりに信販会社が商品の代金を立て替えて、後日購入者から代金を徴収するという制度です。今やクレジットカードを持っていない人はいないといえるほど世の中に普及していますよね。

そんなクレジットカードを使ってキャッシングが可能なのはご存じですか。クレジットカードの明細書を見ると、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」という記載があります。その「キャッシング枠」に記載されている金額が融資可能な限度枠です。たいていの場合は、クレジットカードを申し込むときにショッピング枠の限度額に応じてキャッシング枠の金額が決まりますが、必要のない人はキャッシング枠を0円に設定することも可能です。

気を付けないといけないのは、「ショッピング枠+キャッシング枠」ではなく、「ショッピング枠の内、キャッシング枠」という考えです。すなわち、「ショッピング枠が50万円、内キャッシング枠が20万円」の場合は、キャッシングで20万円借りたら、残りの30万円がショッピング枠になる、ということです。

クレジットカードを持っていて、キャッシング枠が付帯されている人であればいつでも融資可能ですが、消費者金融や銀行に比べて金利が高めに設定されているので、「金融機関に申し込んでいる暇はない、今すぐ必要」という人は、手持ちのクレジットカードで融資を受けるというのもひとつの手です。

おすすめの消費者金融

世の中にはいくつもの消費者金融が存在しますが、その中でも即日融資が可能で、信頼感があり、評判の良い消費者金融を以下にまとめてみました。

  • プロミス
  • アコム
  • モビット
  • アイフル
  • ノーローン

プロミス

プロミスそのものは消費者金融ですが、三井住友銀行グループなのでブランド力といい、安心感はまったくもって問題ないといえるでしょう。プロミスでの最短申し込みは、ネットもしくはフリーダイヤルで申し込んだ後に店頭へ足を運ぶのがいいでしょう。その際、身分証明書と融資額によっては収入証明書が必要となるので事前に準備しておくようにしてください。

・即日融資可能(14:50までに契約完了の場合)
・申し込みはネットから24時間受け付け
・30日間無利息サービス実施中
・融資額が50万円までなら収入証明書は不要
・3項目を入力するだけの借入れ診断あり
・正式審査は最短30分で完了
・お得な会員サービスあり

アコム

アコムは消費者金融ですが、三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下におり、安心感という点ではすぐれた金融機関といえるでしょう。まずはネットの「今すぐお申し込み」から申し込むか、フリーダイヤルに電話するのがいちばんの早道です。申し込んだあとに、近くの「むじんくん」に行くか、店舗窓口まで行って契約するのが最も早い方法です。

・即日融資可能(平日14:00までに契約完了の場合)
・申し込みはネットから24時間受け付け
・ネットで簡易審査(3秒で借入れ可能か判断)
・融資額が50万円までなら収入証明書は不要
・友達紹介サービスで10,000円のQUOカードプレゼント
・無利息のキャンペーンあり
・お得な会員サービスあり

モビット

モビットは三井住友銀行グループの会社なので、バックに銀行がついているため、消費者金融といえども安心感は得られるはずです。とにかく急いでいる場合は、ネットから申し込んだあとフリーダイヤルに電話しましょう。ネットで申し込んだだけでは、順番に処理していくため、込み合っているとやはり時間がかかってしまいます。フリーダイヤルで急いでいる旨を伝えると優先的に処理してくれるので、時間のロスがありません。

・即日融資可能(14:50までに契約完了の場合)
・申し込みはネットから24時間受け付け
・10秒簡易審査
・ローン申し込み機でカードの受け取りが可能
・ネットだけで申し込みから融資まで完結

アイフル

アイフルは誰もが知っている大手の消費者金融です。CMなどでも有名で、スピーディな対応がウリとなっています。急いで融資を受けたい場合は、申し込んだあとに自動契約機でカードを受け取るのが一番の近道といえるでしょう。自動契約機が不安な人でも、アイフルの担当者と電話で会話することができるので安心です。

・即日融資可能(平日14:00までに契約完了の場合)
・ネットで簡易審査が1秒で判断可能
・カードを届ける時間指定が可能
・本人限定配達なので家族にバレない
・口座への振込が個人名で指定できる
・自動契約機を利用すると最短30分でカードの受け取りが可能

ノーローン

ノーローンは、新生銀行グループ系のシンキ株式会社が運営している消費者金融です。知名度が高く、信頼できる消費者金融のひとつです。即日融資を希望している場合は、まずネットかスマートフォンから申し込んでください。その後、審査結果と融資可能額を電話かメールで知らせてくれますが、どうしても急いでいる場合は、申し込んだあとに直接電話をするのがおおすめです。

・即日融資可能(楽天銀行の口座を持っており12:30までに審査が終了した場合)
・申し込みはネットから24時間受け付け
・ネットのお試し診断で即簡易審査の結果がわかる
・1週間無利息期間あり(翌月になるとまた無利息期間が利用できる)
・楽天ポイントなど利用に応じてポイントがたまる
・ネットだけで申し込みから融資まで完結

おすすめの銀行

最近はネット銀行などの普及や、消費者金融を吸収することにより、消費者金融並みのスピードで融資をしてくれる銀行が増えてきました。消費者金融との大きな違いは、総量規制の対象外ということです。融資額が年収の1/3までという制限がないため、比較的高額な融資を希望している人にとってはまさにおすすめの金融機関といえるでしょう。

即日融資が可能な銀行をまとめてみましたので、ぜひ参考になさってください。

  • 新生銀行カードローンレイク
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行
  • 三井住友銀行カードローン
  • イオン銀行カードローン

新生銀行カードローンレイク

レイクといえば消費者金融だと思っている人は多いでしょうが、新生銀行の子会社となり、今は「新生銀行カードローンのレイク」という商品で融資をおこなっています。元々消費者金融だったため、貸金業のノウハウはそのままで新生銀行という強みを持っているので、かなりおすすめの金融機関といえるでしょう。

急ぎの場合は、ネットで申し込んだあとに電話で依頼するか、最初から電話での申し込みがおすすめです。即日融資が希望だと担当者に伝えることで、丁寧にアドバイスしてくれます。

・即日融資可能(平日14:00までに契約が完了した場合)
・申し込みはネットから24時間受け付け
・融資額が5万円以内なら180日間、それ以上は30日間利息0円
・利息の50%キャッシュバックキャンペーンなど期間限定で実施
・融資可能かネットで借入れ診断あり
・自分にあった借入れ診断がネットで可能

みずほ銀行

誰もが知っている大手銀行といえばみずほ銀行でしょう。みずほ銀行で借りるという安心感もさることながら、消費者金融並みのスピードで融資してくれるところなど、銀行でありながら大きなメリットがあるといえるでしょう。さらに、銀行特有の低金利がウリであるみずほのカードローンは使わない手はないでしょう。

・最短即日利用可能
・来店や郵送は不要
・融資額最大200万円までは収入証明書不要(最大1,000万円)
・4.0%~14.0%の低金利
・目的別ローンの種類が多彩
・みずほ銀行のキャッシュカードでキャッシングが可能
・ローンの申し込みによりプレゼントキャンペーンあり

楽天銀行

楽天銀行(旧イーバンク銀行)は、店舗を持たない、国内で2番目に開業した日本最大級のインターネット専用銀行です。ネット専用銀行なので、カードローンの申し込みをする再は、あらかじめ楽天銀行の口座を開設しておくことをおすすめします。口座を開設しておくことにより、スピーディな融資が受けられます。

・最短即日利用可能
・楽天会員ランクに応じて審査優遇制度あり
・カードローン申し込みで楽天ポイント1,000ポイントプレゼント
・利用に応じて最大30,000ポイントプレゼント
・融資額が300万円まで収入証明書不要(最大融資額は500万円)
・新規入会で金利半額キャンペーン実施中
・驚きの2.45%~7.25%低金利
・パート・アルバイト金利半額など多彩なキャンペーンあり
・おまとめローンにも最適

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行といえば誰もが知る大手銀行のひとつです。その三井住友銀行のカードローンは銀行でありながら即日融資が可能となっています。審査が最短30分など、スピーディな対応も評価されています。

・最短即日利用可能
・最短30分で審査終了
・300万円までの融資は収入証明書不要(最大融資額は800万円)
・金利は4.5%~14.5%
・SMBCポイントでさまざまな特典あり
・申し込みから契約までネットで可能
・借入れや返済にコンビニATMの利用が可能

イオン銀行カードローン

イオンといえば大型スーパーを思い浮かべる人も多いでしょうが、銀行経営にも乗り出しており、即日融資をしてくれるところとしても有名です。店舗の中にATMが設置されているため、近くにイオンがある人はおすすめといえるでしょう。審査に関しては通りやすいと評判なので、不安のある人にはいいかもしれません。

・最短即日利用可能(イオン銀行の口座を持っている人)
・さまざまなローンの種類あり
・100万円までの融資は収入証明書不要(最大融資額は800万円)
・本人に収入がなくても50万円まで融資可能
・金利は3.8%~13.8%
・店舗に行かなくてもネットですべて完結

自分は即日融資してもらえるのか考えてみよう

ここまでで、即日融資してもらえるところは見つかりましたか?自分の目的や融資額によって選択する金融機関が絞り込めることと思います。金融機関が決まったら、即日融資をしてもらえるかどうかを考えてみましょう。お金が必要になったときというのは、融資してもらうことだけを考えがちですが、自分は借りられるのか、また返済できるのかをここで考えてみたいと思います。

  • 安定した収入がありますか
  • 返済できるかどうか考えてみる
  • 他社からの借入れ状況をまとめてみる
  • ブラックになっていないか

安定した収入がありますか

融資を受けるときに大事な条件のひとつとなるのが「安定した収入」です。これは正社員でなくても構いません。パートやアルバイトでもいいので、継続して安定した収入があることが条件となります。安定した収入がないと融資を受けることそのものが難しくなるので、無職の人はとにかく働き出すことが最も重要といえるでしょう。

返済できるかどうか考えてみる

次に安定した収入があったとしても、その中から返済にまわせるだけの余裕があるかどうかを考えましょう。少しずつでもいいので、返済費として捻出できるのであれば融資を受けても問題ありませんが、収入の中から返済に充てる余裕がない場合は要注意です。融資してもらったはいいけど、返済をしなければどうなるかはわかりますよね。

他社からの借入れ状況をまとめてみる

金融機関から融資を受ける際、重要視される項目のひとつが「他社からの借入れ状況」です。他社からの借入れが多い人は審査に通らない可能性が高いと思ってください。特に消費者金融では総量規制という法律があるので、他社からの借入れ総額が年収の1/3になっていれば、それ以上は融資することができません。1社で年収の1/3というわけではないので注意してください。

ブラックになっていないか

ブラックとして登録されている人は、残念ながら融資を受けられる可能性は低いと思ってください。ブラックというのは「金融事故」といって、返済をしていないなど、何かしら金融機関に対して事故を起こした人のことをいいます。言ってみれば「お金にルーズな人」「約束を守らない人」ということになるので、どこの金融機関も融資はしたくないというのが本音でしょう。

自分がブラックなのかどうかは「指定信用情報機関」というところで開示請求ができるので、少しでも不安のある人はまず確認しておいたほうがいいでしょう。
(⇒ブラックでも即日借り入れできるキャッシングはある?

即日融資のまとめ

以上のように探せば消費者金融・銀行などさまざまな金融機関で即日融資を受けることができます。即日融資を実施している中から、自分に合ったところで申し込むことをおすすめします。実際、即日融資と言えども、やはり時間には余裕を持って申し込むようにしてくださいね。

【参考ページはこちら】
即日借り入れするならここ!一番オススメのカードローン

閉じる
閉じる