即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

即日融資が必要!ブラックでも転居費用を捻出するには

転居するにはまずは物件探しからですね。どんな物件がいいのか考える時に予算が気になりますよね。転居する時には意外にお金はかかるモノ!

地域によっていくらお金が必要になるかは差が出てきますが目安としてはだいたい「家賃の6ヵ月分プラス火災保険代」と言われています。家賃5万円のところで探すと5万円×6ヵ月分=30万円となりますね。それに火災保険代が必要となります。

また、引越し先が近距離なら交通費などは微々たるもので済みますが、遠距離に引越しとなると交通費も必要になります。貯金がある場合は良いのですが、そうではない場合はこれらの引っ越し代をどうやって用意するか考える必要がありますね。

転居費用を捻出する方法

まずは、具体的にいくらの家賃以内に抑えるといった予算を立てましょう。漠然と転居費用はいくらかかるのか?なんて悩んでいても始まりません。まずは具体的にいくらの家賃でどの地域に転居するのか考えましょう。

家賃の目安は「月収の1/3」と言うのを聞いたことはありませんか?たとえば家賃20万円の人では約6万円が目安となりますね。もちろんこの家賃の中には管理費や共益費も込みで考えましょう。そうしないと生活費を圧迫してしまいますよ。

車を持っている人は駐車場代も込みで考えたいところですが、駐車場代込みで6万円となると選択肢が狭まってきますね。しかし、生活費を確保したり、敷金や礼金などの初期費用を安く抑えたいと思ったら家賃が低い方が引越しやすくなりますね。

では月収20万円の人が家賃6万円のところを探すことにしたら転居費用は家賃の6ヶ月分+火災保険となりますので、6万円×6ヶ月=36万円+火災保険代が必要となりますね。火災保険は物件によって異なりますが平均すると2万円前後。そのため38万円の借り入れで考えます。

まずはブラックかどうかの確認が必要

今までに借り入れをしたことがない人で安定した収入がある人は大手の消費者金融や銀行などでお金を借りることができるでしょう。しかし、今までに遅延や自己破産、債務整理などをしたことがあれば簡単にお金を借りれないことがあります。

まずはブラックであるのかが分かれ道!そのためブラックかもしれないという人は、借り入れ先が属している信用情報機関へ問い合わせをしてみましょう。

個人信用情報機関 アコム プロミス モビット
株式会社日本信用情報機構(JICC)
株式会社シー・アイ・シー(CIC)
全国銀行個人信用情報センター(KSC)
*○:消費者金融と提携する個人信用情報機関、△:同機関と提携する個人信用情報機関

つまり、アコムでの提携する個人信用情報機関はJICCとCICですが、その個人信用情報機関はKSCと提携しているので情報は3機関で共有しているというコトになります。

しかし、アコムで借り入れをしている、過去にアコムから借り入れをしていた、というケースではJICCとCICにの両機関に情報の開示を行ってみて、その結果「異動」と書かれていればブラックに該当しているというコトになります。

ブラックなら大手消費者金融や銀行カードローンより中堅消費者金融

ブラックであることが判明すると借入れにはブラックOKのところを検討しましょう。ブラックOKと言えば中堅消費者金融や中小規模な消費者金融での借入れとなりますね。

中堅消費者金融や中小規模な消費者金融でも口コミ情報は多数あります。中堅や中小規模ならどこでもブラックOKという訳ではありません。きちんと情報を集めてブラックOKなところを探しましょう。(こちらもご参考にどうぞ→ブラックの人にオススメの即日キャッシング記事

また、中堅消費者金融や中小規模な消費者金融では申込地域が限定されているところもあります。自分の住む地域で借り入れは可能なのかのチェックもしましょう。

  • ブラックなら中堅消費者金融や中小規模な消費者金融
  • ブラックOKと明記していあるところ
  • 申込める地域が限定されていないかチェック

ブラックでも借りれるところで即日融資を探す

転居費用のための借り入れというコトなので、資金が用意できるのかはできるだけ早く知っておきたいですよね。それによって転居の仕方も変わってきます。出来るだけ早く借りるには即日融資を希望する必要がありますね。

ブラックでも借入れできるところは中堅消費者金融や中小規模の消費者金融といいましたが、では具体的にはどんなところがあるでしょうか。

正規に登録してあるところで全国対応しているところ、そして中堅の中でも有名なところと言えば、フクホー、アロー、フタバなどが挙げられますね。

フクホーってどんなところ?

フクホーは大阪難波に店舗がある消費者金融になります。他社件数多くても可決だったり、債務整理中でも可決になった人がいるくらいブラックにも柔軟な審査をしています。ただし、現在他社への返済が遅れていれば否決となります。

いくらブラックOKなところでも、現在他社へ延滞している状況ではキチンと返済してもらえるのか信用しにくいですよね。中堅でも金利が低く、7.30%~20.00%となっています。20.00%は10万円未満の借入れの際に適用となる事があります。

初回は50万円の借り入れしかできませんが、それ以降は増額で200万円まで借入れができるようになります。気になる即日には対応しています。ただし、契約書類を受理した後の振込となるので即日融資を狙うなら来店契約でその場で借り入れできるケースに限られます。

  • 他社件数多くてもOK
  • 債務整理中でもOK
  • 現在、他社返済の延滞があればNG
  • 金利7.30%~20.00%
  • 初回借入れは50万円まで
  • 店頭で即日融資可能

アローってどんなところ?

ブラックに対応しており、他社に断られたけど可決だったなどの実績があり審査が柔軟です。最短45分審査で即日融資にも対応しています。金利は15.00%~19.94%。200万円まで借入れができるので転居費用は余裕で借りれますね。

  • 審査が柔軟でブラック対応
  • 金利15.00%~19.94%
  • 融資額は200万円まで
  • 最短45分審査で即日融資可能

フタバってどんなところ?

債務整理をしている方でも完済していれば問題ありません。返済中では状況を見て判断するので気になる場合は申し込んでみると良いでしょう。ただし、他社で借り入れをしている場合は4社以内の申し込みでないと可決にはなりません。

審査通過後に融資してもらえるので即日融資に対応しています。書類は後日に郵送することになります。金利は14.959%~17.950%。融資額は10万~50万円となっていますので、転居費用には足りますね。

  • 債務整理完済後ならブラックでも審査に問題なし
  • 金利14.959%~17.950%
  • 融資額は10万円~50万円
  • 審査通過後に融資で当日振込も可能

どの消費者金融を選ぶべきか

中堅消費者金融 フクホー アロー フタバ
ブラック 対応 対応 対応
即日融資 店頭のみ対応 対応 対応
金利 7.30%~20.00% 15.00%~19.94% 14.959%~17.950%
融資額 初回50万円まで 200万円まで 10万円~50万円
ブラックで転居費用38万円を用意するには即日融資でブラックにも対応しているフクホー、アロー、フタバなら可能となりますね。

ただし、フクホーは即日融資は店頭となっていますので、住んでいる地域によっては即日融資は不可能となりますね。

あとは口コミ情報などで他の情報を調べたり、自分の住む地域で利便性の良いところを選ぶと良いですね。転居後は借り入れ先に住所を届け出る必要があるので予め手続きの方法も調べておくとスムーズに住所変更ができますね。

【参考ページはこちら】
知ってる?即日融資のメリット・デメリット

閉じる
閉じる