即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

銀行の即日融資はあり得る!?借りたい人の為のノウハウ

突発的にお金が必要となった時、自分自身に貯金など余力がある時は良いですが、手持ちがない時は一体どうしたら良いでしょうか。それも出来るだけ早いうちにお金が必要となったら焦りますよね。両親や友達にお金が必要になったから、貸してくれと頼み込むか、消費者金融などでお金を借りるしか方法はなさそうです。

ただ、初めて消費者金融を利用するとなればちょっとした勇気も必要となります。そんな時はやはり、身近でよく利用している金融機関である銀行にお金を借りたいと思う人も少なくないでしょう。特に自分が一番良く利用していて、口座を持っている銀行ならば安心感がまったく違ってきますよね。
(⇒キャッシング初心者さんのための丸分かりガイドはこちら

でも銀行でお金を借りるということは結構審査も厳しいんですよね。銀行からは絶対にお金を借りる事が出来ないという予測が立つ人は初めから銀行に申し込まず、消費者金融に融資の申し込みをする人が多いです。ではどんな人ならば銀行から融資を受けることが出来るのか、即日融資は可能なのか、そのあたりの事をちょっと探ってみたいと思います。

銀行の審査はそんなに厳しい?!

銀行系のキャッシングやカードローンサービス、今の時代はとても充実はしているのですが、利用したくても如何せん、審査が厳しいというのが大前提としてあります。その分金利が低いのですが、審査が厳しければ借りることが出来ないので、申し込んでも意味がありません。

お金に困って申し込むのですから、出来るだけ審査に可決しやすいような金融機関を選びたいのでずが、銀行の金利の方が安いというのは非常に魅力的です。正直、金利というものは絶対に馬鹿には出来ません。金利が高いせいで月々の返済額が膨らみ、返済することが出来ず、自己破産や任意整理などする人が多いんです。

したがって、月々の返済は出来るだけ安い方が良いんです。しかし銀行の審査は昔から厳しいことで有名で、あまり他に借金も無く、きちんと働いていても審査に通らない人というのは結構いるようです。銀行のカードローンというのは消費者金融に比べて契約をすると比較的、利用限度額が高めに設定されていることが多くあります。

限度額が高めに設定されるということは、それだけたくさん利用出来るということにも繋がりますので、返済をきちんとしてもらえる可能性が高い人でないと審査可決の可能性は低くなります。返済に事欠かない人を選ぶには、その人の年収がとても大切となってきます。

年収が多いからこそ、たくさんお金を貸しても返済してもらえるアテがあるのです。年収が低めの人に限度額の高いカードローンなどを提供するわけにはいきませんよね。そのあたりをじっくりと審査している筈ですので、銀行側が定めた年収より低目の人達はなかなか審査に可決しないのです。

また借入希望額などが自分の年収に見合わない場合も審査否決となる場合が圧倒的です。そういった理由から銀行のカードローン等は金利を安く提供する代わりに、しっかりとした年収があり、返済が滞らないであろうという人しか審査可決に繋がらないわけですね。

銀行の即日融資というものは、まずありえない?!

お金を借りたい人というのは状況的に切羽詰まっている状態の人が圧倒的です。一刻も早くお金を借りたいと思うでしょうが、ちょっと待ってください!即日融資を希望するのならば銀行に申し込むのではなく消費者金融に申し込んだ方が無難だと言えます。

どの銀行にも言えることなのですが、まず即日融資ということに関して行っていない銀行が圧倒的なんです。じっくりと審査に時間をかける銀行が即日融資を行うことはこれからも恐らく無いに等しいと思っていてください。ただし銀行系カードローン、即ち、モビットやバンクイックなどの消費者金融と銀行の間のようなカードローンに関しては即日融資が可能です。

しかし、これも銀行と契約するような低金利での貸付は行っていません。銀行の窓口などで契約するカードローン等に比べて金利が若干高めですし、審査は緩めだと解釈して良いでしょう。

即日融資が得意な金融会社ってどんな会社になるの?

銀行での即日融資がなかなか難しいということになれば、消費者金融か銀行系カードローンに申し込みするしかなさそうですよね。消費者金融と銀行のカードローンの大きな違いは、審査が早いか早くないかこれに尽きると思います。消費者金融に関しては特に急いでいる人の大きな味方となることは間違いありません。

特にすぐにでもお金が欲しく、即日融資を期待している人にとっては消費者金融の早い審査というのは本当に有り難いはずです。その分金利は高いのですが、即日融資を希望する程急いでいる人にとっては、背に腹は変えられないといったところでしょうか。

そして消費者金融にどうしても抵抗がある人は、消費者金融と銀行の間のようなカードローン、つまりは銀行系カードローンに申し込むと良いかもしれません。一応銀行系カードローンは、消費者金融ということになっているのですが、母体は大手銀行の場合が多いですので幾分、安心して利用出来るのではないでしょうか。

ただし、銀行系のカードローンとなりますので銀行の窓口ローンみたいな審査の厳しさはありませんが、消費者金融の審査より、若干厳し目と言われています。ただし、銀行系カードローンは即日融資にも対応していますので、その日のうちにお金を工面したい人にはとても良いのではないかと思います。

またコンビニのATMなどでも利用可能ですので、とても便利に使うことが出来るはずです。そのあたりの利便性については、インターネットなどで検索するといろいろな金融会社が出てきますので、自分の状況に応じた金融会社をセレクトすると良いでしょう。

金銭的な余裕を冷静に判断の上、利用しやすい方に申し込もう!

さてお金を借りる際、冷静な判断を欠いてしまうことがあります。特に即日融資を希望している場合はすぐにお金を借りられるところならどこでも良いという判断になりがちです。そもそも審査されることもあまり気持ちの良いものではありませんので、出来れば早く審査結果が出た方が精神的に安心するのもわかります。

ただ、金利は安いけれど銀行に申し込むと審査が厳しく時間がかかり、審査は早く緩めだけれども消費者金融に申し込むと金利が高い…結局の所、銀行にローンを申し込むのも、消費者金融にローンを申し込むのもどちらにしても一長一短があるということを忘れてはいけません。

しかし、返済をしていかなくてはならないということを常に肝に銘じておかなくてはなりませんので、どうしてもこの先お金が必要になると冷静に判断出来た時、早めにそれらを分析をすることによって、銀行にローンを申し込む方が得になる可能性が高くなります。審査に通れば、金利が安くて借入することが可能です。しかし、審査の結果が出るのに若干時間がかかるのならば、時間の余裕が必要となります。

だから前もって冷静な判断が必要となるのです。お金が絶対必要になるその日までには現金を揃えておきたい筈です。審査に時間がかかることを承知で申し込むのですから、やはり時間の余裕をみて、早めに申し込むことで失敗は少なくなるはずです。

銀行の即日融資対応はまずありませんので、銀行でどうしても融資を受けたい場合は、審査に時間がかかることを考慮しつつ、あらかじめいろいろと準備をしておくことが大切なんです。逆に消費者金融などのカードローンを利用する場合は、急ぐ必要もありません。即日融資をしてくれる会社が殆どですので、前の日か午前中までに申し込みを済ませればその日のうちに借りることが可能です。

ただ、金利は高め設定ですので返済金額などをしっかり計算の上、これでやっていけるという確信を持てた場合のみ、申し込むようにしましょう。但し、銀行に申し込む時も消費者金融に申し込む時も審査に落とされてしまったら自分の信用情報にその旨が記載されることになります。

どうしても審査が厳し目の銀行のローンでは審査が通らないかもしれないという可能性が確実に高いのならば、金利が低く魅力的であっても、敢えて銀行のローンを選択しない方が無難です。

  • 年収が明らかに低め
  • 他社にローンがある
  • 借入希望金額が多め
  • 勤続年数が短め
  • 不安定な職種

これらに上記に当てはまる可能性が高い人は、銀行ローンは避けた方が無難でしょう。出来ることならば自分の信用情報に審査に落とされたその旨の記載がない方が後々良いですので、落とされる可能性が高いのならば、比較的審査に受かりやすい消費者金融一拓で申し込むことをお勧めしたいと思います。

どちらも一長一短ありますのでなかなか選択するのが難しかったりしますが、出来るならば自分の信用情報を汚さず、一発で借り入れ出来る金融会社を選びたいものですね。

【参考ページはこちら】
即日融資可能な所は多い?まずは金融機関を比較

閉じる
閉じる