即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

即日融資「利息にちがいはある?」知りたい人はこちらです!

即日融資は、どの金融機関でも取り扱っているといってもいいほど社会に浸透してきていますね。その即日融資は、会社によって利息に違いはあるのでしょうか?借りる会社によって、利息の高低差が大幅にあるのなら、よく吟味しなければなりません。

即日融資の利息は、会社によって若干の幅はありますが、大きな差ではありません。なぜなら、2010年6月18日に完全施行された改正賃金業法で、上限金利は20%と決められたからです。

改正前 改正後
29.2% 20.0%

この改正ができてからは、法外な利息で消費者が苦しむということがなくなり、上限金利を超えて貸し付けた金融機関は出資法違反に問われ行政処分の対象になります。つまり、違反すれば刑事罰が課せられるということです。

この時点で、私たち消費者は貸金業者によって利息の大きな不利幅がないというメリットを手に入れているのです。

しかし、小さい不利幅の中でも、即日融資を可能にしている貸金業者によってどのくらいの差があるかは是非知りたいところですよね!以下に人気の金融機関の利息と返済方法を紹介していますのでご覧ください。

そもそもカードローンって何?

カードローンは当初、消費者い金融がサラリーマンなど、個人に向けて融資をする目的の商品として人気があったものです。保証人も不要、担保も不要ということで仕事帰りに呑み代を借りる感覚で融資を受ける人も多かったようですね。

それから、小口融資という形をそのままに、会社員だけではなくパートやアルバイト、主婦にも融資をしてくれるということで誰もが便利に利用できる貸付けシステムとなったのです。今では銀行も小口融資の市場に参入してきており、金融機関のほとんどがカードローンを扱うようになりました。

中でも、「即日融資」は消費者のお財布代わりのように利用できることが人気で、上限金利も引き下げられたことから、ますますユーザーの数を増やしているカードローンなのです。

消費者金融のカードローン

消費者金融は貸金業法適用の金融機関です。貸金業法には、総量規制が関係してくるため、年収の3分の1までの借入という制限がかかります。これは、返済能力を超えた借入をしないための規制ですので、国に消費者が守られているということです。

この規制を守るために、消費者が気をつけるというより、総量規制を超えて貸し付けた業者が罰せられるため、消費者金融や銀行側が細やかに規制内の貸し付けであるかをチェックしてくれるというものです。消費者にとっては“おまかせ”しておける借入というわけです。

ですが、大人として、自分でも、あとどの程度の借入をしたら規制範囲を超えるか?くらいは把握しておきたいですね。“自己管理ができる“ことも貸金業者からの信頼を勝ち取るひとつの手段ですから。このような最低限の管理能力はゆくゆくの増額申請の時に役立つと思いますよ!

銀行のカードローン

銀行や信用金庫等は、銀行法の適用です。銀行法適用の金融機関には総量規制は適用されませんので、年収の3分の1を超えても貸付けてもらえます。多めに借入がしたい方にとっては、嬉しいばかりの総量規制「対象外」ということになります。

貸付ける側の銀行も返済能力を超えた融資はしませんが、消費者は、総量規制は適用されないことから、自分の収入と借入のバランスを考えながら利用しなければなりません。

とはいえ、銀行からの融資を受けられるということは、社会的にも信用があるとみなされるため、ステイタス的には充分といえるでしょう。まずは銀行のカードローンが利用できることを目標にしておくと、いざという時、いずれかの貸金業者で即日融資が受けられる確率が高くなります。

消費者金融と銀行で共通すること

消費者金融も銀行も、カードローンの即日融資を受ける場合、保証人も担保も不要です。もちろん即日融資ではない場合もカードローンなら同じです。(こちらもご参考にどうぞ→不動産を担保にして即日キャッシングはできる?

そして、返済予定日に返済できなかった場合は、遅延損害金がかかりその利息のパーセンテージは上限金利の20%か、それに近い高金利となっています。高金利といえども上限金利は20%と決まっているので、どんなに高くても先が見えているので安心です。

両社とも申し込み後に審査があり、審査に通過しなければ融資を受けることはできません。

消費者金融のメリット

審査時間が短い
審査の難易度が低め
即日融資の可能性が高い

銀行のメリット

総量規制の対象外
即日融資の可能性がある
社会的信用がある

総量規制は2010年6月に完全施行された改正賃金業法の中の規制です。借りすぎる消費者、貸しすぎる消費者金融のバランスをとるために制定されたものです。上限金利もこのときに決まり、消費者に一方的に有利といってもいい内容といえます。

借入に制限があることがメリットととるか、デメリットととるかは消費者次第ですが、借りすぎで返済ができず、夜逃げや自殺に追い込まれてきた消費者の過去を考えると、やはり私たち消費者が守られていると考えるのが良いでしょう。

即日融資の利息について

利息は、即日融資でも後日融資でも同じです。即日に融資をしてくれるからといって高金利になることもありませんし、同じ貸金業者内で融資日によって利息が変わるということは無いのです。借り入れた日数分だけ利息がかかります。

利息は各金融会社によって若干違うことが最初の表でお分かりいただけたと思います。ですが、消費者がさまざまな会社に散らばっている様子でもお分かりのように、利息のパーセンテージだけで損得を判断する事は難しいといえます。

利息の計算は、返済方法はもちろんですが、決められたパーセンテージを基本に、借入金額、借入日数、返済方法、完済日等によって違ってくるので、微妙な率の差なら、どこの会社が得だとは言い難いのが現実です。
(⇒即日融資キャッシングの利息についてもっと詳しく

結局のところ、借入の目的や一番優先したい事柄をはっきりさせて融資先を選ぶことが間違いないということなのです。個人によってどこで融資を受けるのが一番いいかはその人の優先順位によると言っても良いでしょう。

会社別返済方法一覧
会社名 利息 遅延損害金
アイフル 4.7~18.0% 20.0%
アコム 4.7~18.0% 20.0%
ノーローン 4.9~18.0% 20.0%
プロミス 4.5~17.8% 20.0%
モビット 3.0~18.0% 20.0%
レイク 4.5~18% 20.0%
会社名 返済方式名
アイフル 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
アコム 定率リボルビング方式
ノーローン 借入金額スライドリボルビング方式
プロミス 残高スライド元利定額返済方式
モビット 借入後残高スライド元利定額返済方式
レイク 残高スライドリボルビング・元利定額リボルビング

いろいろな返済方式の呼び名が会社によってありますが、カードローン返済の方式でよく利用されているのはリボルビング返済方式です。これには大きく分けて以下の3つあります。

  • 定額リボルビング方式
  • 定率リボルビング方式
  • 残高スライド方式

それぞれの返済方式について

リボルビング方式、通称「リボ払い」は、クレジットカード会社が積極的に取り入れてきた返済方式でしたが、同じリボ払いでも利息の扱い方が違う3種類のリボ返済があります。

定額リボルビング方式

定額リボルビング方式は、一番主流のリボルビング返済方式と言えるもので、さまざまなブランドが採用している返済方法です。たとえば、三菱東京UFJニコス、三井住友VISA、ニコス、ダイナース、セゾン、セディナ、楽天等です。

この返済方式は、毎月の返済をいくら利用しても、基本、一定額に決めており、利用残高に応じて決めているミニマムペイメント(最少支払金額)が基本なので、3万円利用しても、5万円利用しても、返済額は月々5千円という設定をしていれば、毎月5千円の返済をすれば良いというものですね。

しかし、一定額といっても、実際は同一金額のまま毎月返済する場合と、一定額に利息を乗せて返済する場合があります。ですから、定額リボルビング方式には細かくいえばここからまた「元利」定額と「元金」定額の2種類に分けられるのです。

「元利」定額リボルビング方式は、指定した一定額のみを月々返済する方式。その月々の一定額の中から、利息を差し引いた金額を元金の返済に充当するため、毎月の支払いが決まっていて、自己管理がしやすい特徴があります。

「元金」定額リボルビング方式は、設定した月々の一定の返済額に利息を乗せて返済します。毎月同じ金額を元金の支払に充てるので、完済日を早く迎えることができます。

「元利」と「元金」どう違う?

元利定額リボルビング方式は、毎月一定額を返済するので、収入から自分の決めた金額が「引き落とされる」と簡単に理解できますが、元金がなかなか減らないために完済までに日数がかかることがあります。

一方、元金定額リボルビング方式は、毎月一定の返済額の上に、利息がプラスされるので、毎月返済額に若干の差が出てくるため、収入を目いっぱい使って生活している人は「今月はいくら落ちるかな?」と考えなければなりません。

しかし、最初のころは利息の負担額が大きめですが、返済が元利定額より後ろにズレないため、完済日も元利リボより早めで、返済総額も少なく済む可能性があります。

借入金の返済は、早ければ早いほど無駄な利息を支払わなくていいのですから、若干お得なのは元金定額の方で、計算が簡単なのは元利定額ということです。

ですが、注意点があります。元金定額の方が総額が少ないと思って選んでいても、返済日に返済しなかったり、引き落とし金額が不足していたりすると、どちらも翌日から遅延損害金がかかりますから、微妙な損得は台無しになる可能性があります。返済日は忘れないようにしてくださいね。

定率リボルビング方式

定率リボルビング返済方式は、月々のミニマムペイメント(最低支払金額)が利用額などの一定率によって決まるリボ払いのことです。ミニマムペイメントが一定額の方式をとる定額リボルビングとの違いがおわかりでしょう。

この定率リボルビング返済方式にも、やはり二種類あり「元利」と「元金」です。

元利定率リボルビング方式は、毎月の締め日に借入残高を確定して、その残高に利息を加えた額に指定した定率で返済する方法です。

一方、元金定率リボルビング返済方式は、毎月の締め日に借入残高を確定して、その残高に指定した定率で返済する方法で、借入残高に定率を乗せて利息を払う方法です。

「元利」と「元金」どう違う?

元利定率リボの計算式は「(借入残高+利息)×0%」となり、毎月の支払額が一定で収入と支出の計算がしやすいのですが、元金への充当が少ないため返済期間が長くなる可能性が高いものです。

元利定率リボの計算式は「借入残高×0%+利息」となり、毎月の支払額が変動し、返済初期は負担が大きいのですが、元利定率に比べて元金への充当が多いため、収入ギリギリで生活している人にとっては収入と支出の計算はしにくいのですが、短期間で完済する事ができます。

定額リボも定率リボも、「元利」と「元金」の考え方は同じですね。

残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング返済方式は、借入金額に応じて毎回(毎月)最少返済金額が決まる返済方式のことです。最少返済額以上ならいくらの設定でもOKで、たとえば借入金額が10万円以下の場合は3千円、20万円以下の場合は4千円といったものです。これにも「定額」と「定率」の2種類の残高スライドリボルビング方式があります。

残高スライド「定額」リボルビング方式は、月々指定した一定額を返済する方式。残高によって元金への充当額が毎回見直されます。支払う金額に変更はありませんが、元金への充当と利息の割合は変化するというもの。

残高スライド「定率」リボルビング方式は、毎月の返済額が変わる方式。支払い残高によって毎回、利用残高や利息に乗せる定率が見直されます。これも元利と元金によって2種類あり、たとえば「(借入残高+利息)×0%」か「借入残高×0%+利息」が適用されるというものです。

「定額」と「定率」どう違う?

定額は、利息ばかり返済して元金が全然減らない!ということを回避でき、定率は、パーセンテージが変動するため計算はしにくいのですが、月々の負担と完済までの期間のバランスが取りやすいというメリットがあります。

これらの返済方法には、基本的に同じでも呼び方がいろいろあり、これらを含めたものが各会社の返済方式と呼ばれている

  • 借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
  • 定率リボルビング方式
  • 借人金額スライドリボルビング方式
  • 残高スライド元利定額返済方式
  • 借入後残高スライド元利定額返済方式
  • 残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式

にあたるということです。

即日融資&利息で気をつけたい事

冒頭にも申し上げましたが、利息を計算して「一番得なところで借りよう!」と思っても、借入期間中にうっかり返済し忘れたり、返済できない月があったりすると遅延損害金がかかり、結局別の会社の方が良かったということも少なくなりません。

利息は、借入金額や借入日数、利息のパーセンテージ、計算方法等々によって変わってくるので、どの会社が得だとは言えないものです。たぶん、全貸金業者の利息計算方法を把握して、損得を考える時間のある方はいないでしょう。

現実的に利用しやすい場所やATMがある等の理由で決めるのが一番良かったということもあります。それは、スーパーの特売を追いかけて10円安いものを追いかけてガソリン代を使って隣町にまで買い物に行くようなもの。ということもあるからです。

返済は基本中の基本

利息が明らかに違うのは最初の申込みでお分かりだと思います。0.1%でも低金利で借入をしたいと思うのは当然ですよね。ですから、返済日は必ず守ることが重要です。返済日が1日でも過ぎると、遅延損害金がかかるのでうっかり半月も忘れてしまっていたら、何のために低金利を探したのか?!ということになります。

そのような事態を避けるためには、自動引き落としの返済がオススメです。もちろん引き落とし残高が不足していたのでは「滞納」になってしまいますので注意して下さいね。

さらに、無保証・無担保で現金を貸してくれるというカードローンです。この流れに慣れてしまっている私たち消費者ですが、本当なら、あり得ないシステムだということを忘れて欲しくないのです。

契約として正々堂々と現金が借りられるありがたいシステムなのですから、借りたら返すという基本を常に忘れないようにしたいですよね。基本に忠実であれば、「融資が受けられない」などという危機は訪れません。

返済に関して注意する事

  • 返済日を忘れない
  • 万が一うっかり忘れをしてしまったら、即、自分から連絡
  • できるだけ自動引き落としにする

返済日にうっかり忘れをしてしまった場合は、「あ~、忘れちゃった。」でそのままにしておかず、一刻も早くこちらから貸金業者に連絡する事が大切です。もしもあなたがお金を友人に貸していたら『貸した側』のあなたは、「今日返すって言ってたのにどうしたんだろう?」と思いますよね?それと同じです。

どうしたんだろう?と思わせる前にこちらから連絡をするのは、とても好印象です。貸した側も「うっかり忘れたんだな」と理解してくれます。同じことが何度も続くのは絶対ダメですが、誠意を見せることは信頼を失わない第一歩です。

滞納をすると…

  • 信用情報に滞納情報が残る
  • 次の審査に通過しにくくなる
  • 増額の希望がかなえられなくなる可能性が出る
  • 社会的信用をなくす

いずれは返済しなければならないものです。余計な利息もプラスされないうちに返済するのが一番です。遅延しても消費者には何の得もありません。上記のように、遅延損害金がかかるだけではなく、むしろ社会的信用をなくしたり信用情報にデータが残る方が問題です。

もしも増額をしてもらいたいと思っても、滞納の経験があれば増額審査には落ちる可能性が高まるでしょう。しかも、増額希望を申し出ると、初回申込時と同じような審査があります。その時に、唯一その会社が直接確認できる返済実績に汚点があっては増額審査に通過するどころか、減額や取引停止という事態もあるのです。

信用情報とは

信用情報とは、一般的に言われている通称ブラックリストです。正式にそのように呼ばれるものは存在しませんが、たび重なる滞納や未完済、破産や任意整理、個人再生等々、金銭にまつわる個人の情報が全て報告がいく場所です。

しかも、金融機関はその全ての情報を共有しているので、別の会社で融資を受けようとどの金融機関にもわかるのです。1社で借入して、2社目で借入して、3社目でも返済用の現金を借入してと、自転車操業のような借入と返済を繰り返しても各金融機関にはすぐわかります。

そうなると、一斉に融資が止まるのも時間の問題ですね。カードローンやクレジットカードに申し込んだだけでも情報は流れるので、一度に複数社のカードローンに申し込むのも危険です。これは「申込ブラック」と言われ、貸金業者からすると、そんなにお金に困っているのか?そんなことで返済はできるのか?という疑問を抱かせることになります。

一度審査に落ちると、次の審査までしばらく待つことが必要となるので、かえって融資をうけるまでの遠回りをすることにもなります。私たちが思う以上に私たちの情報は企業は掴んでいるのですから、どこを切っても誠実な生き方が必要なのだと思います。

借入時に気になる利息のパーセンテージや計算方法も大事ですが、一番心がけてほしいのは返済期日を守ることです。お財布代わりに利用できる便利な即日融資をいつまでも利用するためにも、基本的なルールは守っていきたいですね。

閉じる
閉じる