即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

事業資金も即日融資可能!事業主必見、緊急事態の味方はここだ!

自営業、個人事業主の人が切っても切り離せないのが事業資金。素人や一般の会社員には縁が無く、悩むこともないものですが、いざ自分で事業を興すと意外にも悩みの種になってしまうものです。しかしこのお金がなければ新規で事業を興すこともできなければ、会社の経営も難しいことになります。起業会社の経営も、予想以上にお金がかかると分かって青ざめた人も多いのではないでしょうか?

事業資金を調達するには、大きく分けて二つの方法があります。一つは起業前にしっかりと全額を自分で用意しておくこと。これは主にコツコツとした貯金が上げられるでしょう。しかし起業したい業種によっては、個人の貯金などでは賄いきれないこともあります。そんな時には第二の方法、融資を受けるという形になります。

融資を受ける、いわば借金ですが、個人の借金と違い、事業に利用したい場合は事業資金、事業性資金と呼ばれます。個人の借り入れとは違い、あくまで「事業のための」借り入れですので、個人的な借金とはならないという性質を持っています。

事業資金の融資は消費者金融も便利!

事業資金を必要とする人は主に以下の機関から融資を受けることがほとんどです。

  • 日本政策金融公庫
  • 銀行融資
  • 消費者金融のビジネスローン

どの金融機関も自営業なら一度は聞いたことがあるでしょう。これらの金融機関はどこも事業資金に関する融資を手がけています。日本の経済の歴史の中で様々な変革を遂げ、現在では以前に比べて使いやすく、相談の敷居もかなり下がっています。また、どの金融機関もそれぞれ違いがあります。並べてざっくりと比較してみましょう。

金融機関 メリット デメリット
日本政策金融公庫 実績がなくても融資を受けやすく、金利が低い。 細かい計画説明が必要。担保返済ができない。
銀行融資 金利が低く、返済期限を長く設定できる。 審査が厳しめで、担保などを必要とする。※例外あり。
消費者金融のビジネスローン 担保不要。審査が早く、最速で即日利用が可能。 他の金融機関に比べて金利が高めに設定される。

銀行の例外については後ほど改めて説明するとして、こうして比較するとそれぞれに特色があることが分かりますね。ここではあくまでざっくりとした比較ですが、どこの金融機関にしようと迷った時には参考のひとつになるかと思います。事業資金を調達する時、起業前、起業後というタイミングに分かれるかと思いますが、このタイミングもよく考えなければ選ぶ金融機関によって成功しない時があります。

借りたいタイミングによって利用先を考えよう!

このタイミングですが、起業前には特に問題ないことがほとんどだと考えられます。よほどの事情がなければ起業までには時間をたっぷり取るものですし、多少急ぐとしても資金調達には問題ない期間を設けるものでしょう。そもそも資金がないのに起業することは難しいわけですから、やはり資金調達が確定してからの起業になるはずです。

そうなると、タイミングを考えるべきは起業後となるでしょう。中小企業にはよくあることなのですが、「緊急にお金が必要になった」という状況が目の前に現れた場合が一番の困難となります。この時に資金を調達できなければ、例え先々の予定に大きな収入が見込める仕事が待っていたとしても、目の前の困難を乗り切れずに、最悪は廃業となってしまいかねないのです。

資金調達は起業の時に一度していますから方法は分かりますね。問題は「借りるまでの期間」でしょう。審査に時間がかかったり、厳しかったりする場合はこの状況の打開には適しているとは言えません。必然的に日本政策金融公庫、銀行に相談するという選択肢はなくなると思います。この二つの金融機関は、こういった時には「審査に時間がかかる」というデメリットが顕著になってしまいます。

昔はこの点で融資を受けることを諦めざるを得ず、せっかく起業した自分の城を手放さざるを得ない状況になる事業主も多い時代でした。今でも同じような悩みを持つ人が少なくありません。

消費者金融のビジネスローンは急ぎの時に絶対便利!

緊急を要する融資はある日突然やって来ます。事業を興してからの日数は関係ありません。今このお金がないとヤバイ!と言う時、公庫や銀行へ駆け込んでも到底間に合わないでしょう。とにかく審査に時間を取られるからです。

どちらも審査に極端に時間がかかるというわけではありませんが、一瞬一秒でも時間が惜しい時には果てしない時間に感じられるでしょう。そしてとてもではありませんが、必要な期限に間に合うものではないのが現実です。明日までに必要なのに……!と言う時に、審査に最低でも数日かかります、なんて言われることも珍しくないのです。

そんな時に最適なのは消費者金融。とにかくスピーディな審査をしてくれます。先に挙げたデメリットに「金利が高い」と言う点がありますが、これは審査が早いことへの手数料だと割り切りましょう。また、金利は日割り計算になるため、返済を早めれば早めるほど結果的には利息が安くなっていきます。資金を調達して事業がまた波に乗れば、優先的に返していけますね。

消費者金融の最大のメリット、審査が早いという点。これは急ぎの事業者には絶対に無視できないメリットです。消費者金融で事業資金を借りようとする事業者は、ほとんどが急いでいる人でしょう。その要求を充分満たしてくれるスピードです。

即日融資も可能!それが消費者金融の強み!

消費者金融と言うと個人向けの融資を思い浮かべる人が多いでしょう。むしろ事業資金も扱っているということを知らない人の方が多いかもしれません。しかし最近は顧客のニーズに応え、手がける業務を充実させているのが消費者金融なのです。銀行と提携する会社も多く、今では公庫や銀行に引けを取らない、信用できる融資元としてじわじわと利用者が増えています。

それでは消費者金融では、申し込みから審査を経て融資を受けるまでどれくらいの時間が必要でしょうか?個人向けの融資の場合、よく「即日融資も可能!」というキャッチフレーズを見たことはありませんか?

事業資金も同様です。消費者金融なら個人向け融資と同様、事業資金も即日融資を受けることが可能なのです!

急ぐ事業主にとって、これは何よりも嬉しいメリット。大げさでなく人生に関わってくる時間になるでしょう。目の前に迫った期日に間に合うのならこれほど助かることはありません。

ただ、やはり全員が全員即日の融資を受けられるというわけではないようです。会社によってその審査基準は違いますが、即日とはいかない場合もあります。これは事前に要チェック項目でしょう。

また、即日融資を受ける基本的なことに、「正午までに申し込みを終えること」というものがあります。いくら審査が早いとはいえ、機械が審査を行うわけではありません。きちんとした人間、社員が申し込み内容をひとつひとつチェックしますので、どんなに急いでも数秒で終わらせるというわけにはいきませんね。

審査は申請順に行われます。遅くても正午までに申し込みを終えておけば、最速でその日の営業時間内に指定の口座に融資金が降り込まれることになるんです!

もちろんこれは審査に通過した人だけが経験できるスピードですが、公庫や銀行に比べ、比較的審査が厳しくないと言われるのが消費者金融です。いい加減な審査なのではなく、審査項目を厳選しているからではないかと言われています。

事業資金利用OKの消費者金融を探そう!狙い目はここだ!

消費者金融と言っても数多く、大手から中小までかなりの数の会社が存在します。ではその全てが事業資金を融資してくれるかと言うと、実はそういうわけでもありません。あくまで個人向けの融資しか行っていない会社もあります。むしろ事業資金融資をしている会社の方が少ないかもしれませんね。

しかし最近では大手をはじめ、様々な会社が事業資金融資を始めています。ホームページなどに商品案内が出ていますので、気になる消費者金融があったらチェックしてみましょう。即日融資を謳っている会社に狙いを定めるのも手ですね。

事業資金として利用できる代表的な消費者金融を挙げてみましょう。

  • アイフル:個人向け、法人向けの事業サポートコース有り
  • アコム:ビジネスサポートに特化したコース有り
  • プロミス:自営業者のためのコース有り
  • モビット:自営業者の利用歓迎、融資の資金使途は自由

どの消費者金融も有名な会社ですね。有名でありながら、事業資金融資を行っていることはあまり知られていないという不思議な事実もありますが、知った今からは利用しない手はないでしょう。

もちろん、ここで名前を挙げた以外の会社でも事業資金を扱っているところは幾つもあります。気になった消費者金融があれば調べてみると良いでしょう。大手にはない、中小ならではの小回りのきくサービスをしている会社もあるかもしれません。

消費者金融と言えば総量規制、しかし事業資金は無関係!

さて、過去に個人で消費者金融を利用したことがある人なら知っているかもしれません。消費者金融利用者の間では溜息をつく原因にもなっている、かの貸金業法を基とした「総量規制」。消費者金融で年収の三分の一以上を借り入れることができない、というあの法律です。

これは決して悪い法律ではありませんし、むしろ消費者が借りすぎないようにするための保護策なのですが、緊急を要する時には稀に枷となってしまうこともまた確かなのです。

しかし事業資金の借り入れとなると話は変わってきます。事業資金の場合は総量規制が適用されないため、年収の三分の一以上を超える借り入れも法律上可能となっているんです!

審査によって借り入れができるかどうかが分かりますが、急に大きな金額が必要になった時も安心して申し込めますね。これで当面の危機を乗り越える目処がつく自営業者さんが多いはずですよ!

銀行でも即日融資の例外アリ!ここは要チェック!

さて、ここまでは消費者金融で事業資金を調達する方法を紹介してきました。ここからは消費者金融以外で、スピーディに資金調達できる金融機関を紹介しましょう。スピーディな融資は消費者金融の最大の魅力ですが、実は消費者金融以外にも即日融資可能な事業資金融資が存在するんです。

  • 新生銀行カードローン レイク:即日融資可能、資金使途に制限なし!

何と「銀行」と名のついたカードローンです。そう、これは消費者金融ではなく、れっきとした銀行の商品であるのに、即日融資が可能という驚くべきカードローンなんです!

「レイク」と言うと消費者金融に詳しい人は「ん?」と思うかもしれません。そう、実は昔、大手消費者金融として名をはせたあのレイクです。ではこの融資は結局消費者金融では?と思われてしまいそうですが、いいえ、実は全く違います。

2011年、レイクは新生銀行のカードローン商品となっています。会社そのものが合併などをしたわけではなく、今はカードローン商品そのものとしてレイクが残っているのです。

しかしあくまでレイクという商品を所有し、提供しているのは新生銀行となりますので、消費者金融のように即日融資が可能であったり、銀行のカードローンにありがちな「事業資金としての利用は駄目です!」という断り書きが書いていないとしても、れっきとした銀行の商品なんです。もちろん総量規制なんて関係ありません。だって銀行の商品ですから。

消費者金融よりも銀行のカードローンが良い、という人なら、こちらで資金の融資を受けるのも良いでしょう。また、レイクのメリットは、銀行カードローンでありながらも担保を必要としない点です。金利は通常の銀行カードローンと比較するとやや高めの設定となっていますが、利便性を考えると納得せざるを得ない設定かもしれませんね。

最後は返済。利用前にしっかり返済計画を!

どんなに急ぎであっても、融資を受けた以上は必ず返済をしなければいけません。事業資金も個人融資もそれは同じこと。消費者金融に融資を受けても、銀行やそれ以外の金融機関からであっても、返済日は必ずやってきます。

事業を継続する上で最も重要なのは信頼です。返済をうっかり一度でも忘れれば、個人も会社も関係なく、その信頼は即座に傷ついてしまうことでしょう。

そんなことにならないように、融資を受けるにしても計画的に、金融機関に提出を求められないとしても、どんなに急ぎの時あってもせめて頭の中ではしっかり返済計画を立てておくようにしましょう。

【参考ページはこちら】
初心者にぴったり!即日融資キャッシング丸分かりガイド

閉じる
閉じる