即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

国から即日融資ができる?知っておきたい国からお金を借りる方法

国からお金を借りる方法があるのを知っていますか?すぐにお金が必要だといった緊急事態に追い込まれた時には「生活福祉資金」という公的融資制度があります。

資金には種類がありまして、「総合支援資金」「福祉資金」「教育支援資金」「不動産担保型生活資金」とあります。緊急で一時的に生活が困窮している場合には「福祉資金」の中の小額貸付「緊急小口資金」を利用すると良いですよ。

緊急小口資金を借りるには

緊急で一時的に生活費が困窮している場合には利用できると書きましたが、この融資制度は税金を原資とする公的な貸付制度となっています。そのため、相談から貸付、償還完了まで民生委員を通してしっかり相談支援のサポートがあります。
(⇒緊急で即日融資を受ける時に慌てないためのポイント

緊急小口資金を利用できる人

この制度は資金を貸し付けたり、各市町村社会福祉協議会の職員や民生委員による必要な相談支援を行うことで、借入した世帯の生活が安定して経済的な自立を図ることを目的としています。

つまり、この制度では経済的な自立を図ることができないと思われるケースでは貸付は出来ません。具体的には恒常的に困窮しているケースなどが挙げられます。この場合では一時的に小口資金を受取っても経済的な自立にはつながりません。

こういったケースでは他の支援が必要というコトになりますね。

緊急小口資金を利用できる人と言えば、低所得世帯ということが条件になります。加えて下記の人が対象となります。

  • 医療費などの支払いによってお金が急に必要
  • 火災などの被災のため予想外にお金が必要
  • 給料の盗難または紛失によって一か月分のお金が必要
  • 就職・転職したてで給料日までの生活費が必要

といった事が挙げられます。もちろん、他にも利用対象となる人はいます。要するに今は一時的にお金が不足しているが、将来的に見ると償還する見込みがあるといったケースとなります。

反対に利用できない人と言えば

  • 必要な資金を他の法律や制度から受けることができる
  • 一時的ではなく常に生活が困窮している世帯
  • 生活の為ではなく借金返済の支払いに充てる
  • 他の公的貸付制度や生活福祉資金を借り入れて滞納している世帯

などが挙げられます。こちらも一例ですので他にも利用できない条件と言うものがあります。利用は各市町村社会福祉協議会によって異なるので、気になる方は自分の住んでいる地域の社会福祉協議会へ相談してみましょう。

緊急小口資金はどこで借りれる?申込窓口は?

申込窓口は各市町村社会福祉協議会となっています。申し込み方法は社会福祉協議会の相談窓口へ行くという地域もあれば、直接必要書類を入れて郵送で申し込みをするという地域もあるので、これも地域の社会福祉協議会へ問い合わせましょう。

さて、お金を借りるとなれば気になるのが金利や融資額ではないでしょうか。この緊急小口資金の金利は、無利子となっています。さすが公的な貸付といったところでしょうか。

しかし、融資額は名前からしても「緊急小口資金」となっていますので察しの通り上限10万円以内となっています。この制度は「生活福祉資金」の中の「福祉資金」の「緊急小口資金」であると言いましたが、同じ「福祉資金」の中には「福祉費」という項目があり、その中には冠婚葬祭に必要な経費という項目もあります。

そちらでは貸付上限が「50万円」となっています。こちらも連帯保証人が立てられれば無利子で借りれることが可能です。連帯保証人が立てられない場合では年1.5%の利子が付くことになります。

生活福祉資金 緊急小口資金 福祉費(冠婚葬祭)
貸付上限 10万円 50万円
利子(連帯保証人有り) 一(不要) 無利子
利子(連帯保証人無し) 無利子 1.5%

この「生活福祉資金」は低所得者・障害者・高齢者の世帯に対して、資金の貸付と必要な相談支援を行うコトによって、経済的自立や安定した生活を送れるようにすることを目的としています。

そのため他にも「総合支援資金」の中には「生活支援費」「住宅入居費」、「教育支援資金」の中には「就学するのに必要な経費」「入学に際して必要な経費」など細かく項目が分けられ、それぞれに上限金額が設定してあります。

低所得者や障害者、高齢者の世帯はまずは公的資金を検討してみるのも一つの手ですね。

ただし、公的資金となると国からの融資とも言えますが、国から即日融資になる可能性は低いです。なぜなら審査に時間がかかるからです。

申請書類の提出後に審査があり、借用書の提出、借用書の受領後に貸付となると最短でも貸付まで5日~1週間はかかります。

これも、各市町村社会福祉協議会によって具体的な手続きの順番は違うのですが、申込者の状況を詳しく見ていく必要があるので審査は慎重に行われます。そのため国から即日融資になる可能性は低いのです。

どうしても即日審査が必要なら

低所得なら無利子で借りることができるなら「生活福祉資金」の利用をしてみたいけど、今日明日にはお金が必要!と言う時にはやはり即日融資ができるところで借りたいですよね。

また、「生活福祉資金」に申し込んでみたけど審査に通らなかったという場合では他の民間の金融機関でお金を借りる必要がありますよね。

民間の金融機関で即日融資ができるところとなると大手の消費者金融や銀行カードローンが有名ですね。中には中堅の消費者金融でも即日融資に対応しているところもあるので探してみると良いでしょう。

民間の金融機関で借りる

民間の金融機関と言えばアコム、プロミス、アイフル、モビット…いろんなところがありますね。

即日融資 アコム プロミス アイフル モビット
審査時間 最短30分 最短30分 最短30分 最短30分
即日融資
*アイフルでは来店の場合、モビットではネット申込み後に電話連絡での審査時間となっています。

銀行カードローンで即日融資と言えばバンクイック、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローン…などがありますね。

即日融資 バンクイック 三井住友銀行 みずほ銀行
審査時間 最短30分 最短30分 当日
即日融資
*みずほ銀行カードローンでは口座を持っていることが条件となっています。口座が無い場合は即日審査までとなります。

中堅の消費者金融と言えば、アロー、スカイオフィス、アスカキャッシング…など様々なところがありますね。

即日融資 アロー スカイオフィス アスカキャッシング
審査時間 最短45分 最短30分 当日
即日融資

以上のように即日融資を探そうと思うと多数あります。その中から返済のことも考えて条件に合うところを探すと上手に借りることができますよ。

  • 金利
  • 融資額
  • 利便性

これらが借り入れする時に考えておきたいことですね。他にも消費者金融ではキャンペーンを行っていることがあります。キャンペーン期間を利用して無利息になる事もあるのでそういった情報を集めましょう。

何よりお金を借りる時には計画的な返済が必要になります。即日融資希望で慌てて申込をせず無理のない返済計画を立てて失敗しない借り入れをしましょうね。

【参考ページはこちら】
法人でも緊急の時はある!即日融資を受けるためのコツ

閉じる
閉じる