即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

知らないと大やけど!街金で即日融資を受けられるノウハウとコツ

予想外の出費が必要になってしまった…。などというどう考えても避けられない事態があります。いますぐに手を打たなければならない。だけど借金はなんだか気が引けるし、銀行ならまだしも……と、あれこれ考えてしまいますよね。そもそも人生にはいろいろな綾があるもの。どんな状況でも希望は捨てたくありません。いろいろ言われることもあるけど、街金を安全に利用して、即日融資を受けるためのノウハウとコツとをご紹介します。

街金と聞くと危険な香りがするのはどうして?

同じ借金でも住宅ローンはOKって?そんな理屈に根拠はあるのでしょうか。自動車は?などなどローンを組んで購入する方が圧倒的に有利なものも珍しくありません。

借金をしないとなると、儲けそのものが大きく制限を受けてしまうこともあります。実は現金のみに頼って生きている時代ではないのです。つまり現代生活は借金なくして成立しないという部分があるのです。だからこそ何のための借金なのかということ、またどこからの借金なのかということを考えておくことが必要なのです。借金ならなんでも同じことという考え方では思わぬ悲劇に見舞われるということもあり得ることになります。

例えば、銀行からの借金なら大丈夫という意見を聞くことがあります。大丈夫だとする根拠は銀行のイメージにあります。銀行が堅いイメージであって、借金を銀行が認めたと考えられることが、借金のイメージを正当化しているとも考えられるわけです。一方ノンバンク系からのローンということなどになれば、低いイメージを持つところからの借金になるほど、イメージが持つ正当性は損なわれていくのです。

一般的に人間は、自分の知らない物事に対して不安を抱きます。正体が不明というだけで、それを含む全体が何となく不安なものに思えてきたりして、怪しいという言葉で表現するようになります。銀行は子どもの頃から馴染みがあってよく知っているから安心なのです。そして馴染みが薄い街金ともなると、語られている物語が不安を感じさせて、しかも実際のところを知らないということでしょう。

街金というだけで危険な香りがするのはどうしてだろうか?という問いに対する答えはもはや明らかでしょう。私たちは街金という言葉に馴染みがないのです。そして街金と関わるなら、街金とは何かを知らなければリスクが大きくなります。この記事を読めば、街金が生活を応援している、私たちの味方であることがお分かりいただけるでしょう。

どうして街金がお薦めなのか?

ノンバンク系の金融業者の中、消費者金融の中でも特に「街金」と呼ばれる業者にスポットを当ててみましょう。街金に分類されている業者には有名大手と呼べる業者はなく、あまり馴染みのある業者とは言えないのが現状でしょう。しかし、街金という業者は必要に迫られた多くの人たちのニーズにしっかりと応えているということもまた事実なのです。

何より審査時間が短く、即日キャッシングに対応できるということが消費者金融業者たちの理念であって、事前に予測を許さないようなキャッシングの必要に迫られたときに頼りになるのです。ほとんどの場合、カードローンのように事前に契約をしておくのではなく、必要になってから申込みをすればキャッシングが間に合う可能性が高いことから利用者に信頼されているということができます。
(⇒即日キャッシングは必ず借りられる訳じゃないってホント?

大手の消費者金融より審査が柔軟になるという傾向があり、ある種の条件によっては大変助かります。対面審査と呼ばれる審査方式が一般的になっており、サラリーマンのような給与所得者でなくても、例えば自営業であっても対面審査であれば、様々な条件を相談しながらの申込みということになりますので、審査に通りやすくなっているようです。

あるいは金融ブラック経験者でも利用できたという報告があるのも街金ならではです。金融利用で事故を経験すると、以後のキャッシング審査は厳しい状況になります。利用履歴として共用データベースに記録されているからで、有名大手の消費者金融業者からのキャッシングは絶望的な結果に終ることが少なくありません。この点では街金を利用することでキャッシングができる可能性が出てきます。

さらには延滞・滞納中でもキャッシングの希望があるということにもなります。何らかの事情で延滞や滞納中などというあってはならない状況ですら、業者によってはキャッシングの相談に応じるということまであると言います。それは街金では状況を対面で判断するからに他ならないからです。どこまでも希望を持つことができるのが街金のメリットであるといえるでしょう。

しかし、このことを勘違いしてしまうと困ったことになります。どんな人にでもキャッシングしてくれるのが街金というわけではありません。実は街金を装った偽の業者が紛れているという危険も実はあったりするのです。このような業者を見分けて利用するのでなければ、ウワサの通りの悲惨な結果を招きかねないということも知っておく必要があるわけです。街金は頼りになりますが見間違えると予想外の結果になるということですね。

そもそも街金とは何なのか?

頼りになる街金、でも中には偽りの街金も混じっているともなれば、街金とは何なのかということに戻って再確認をしておくべきですよね。この辺りをさっくりと整理してみましょう。

街金とは貸金業者です。貸金業者とは貸金業法に基づいて事業登録している業者を指します。いわゆるサラ金も貸金業者に含まれます。ですから貸金業者には街金とサラ金とがあるという分け方になるでしょう。このようなことから個人向けをサラ金と呼び、事業者向けを街金と呼び分けることもあるようです。確かにサラ金と街金のシステムは非常に良く似通っています。

どちらも、預金を集めて資金運用するのではないノンバンクという営業形態が共通しています。さらに街金はその他の貸金業者と区別することで何なのかということがはっきりしてくるでしょう。

小規模の貸金業を営んでいるのが街金です。辞書的な解釈では、「小口金融業者の中で、特定地域で小規模に営んでいる業者のこと」という定義をしていたりします。この意味では、地元密着型の消費者金融業者も街金の一種ということになり実際、厳密な区別はされていない部分を含んでいるようです。紹介サイトの中にはヤミ金と街金とを混同して紹介しているところもあって注意が必要です。

主に首都圏に事務所を構えていることも街金の特徴です。人気のある街金の登録は例えば、東京都知事の登録を受けており、東京都を中心に営業していることがわかります。インターネットでの申込みにも対応するようになってきているようですが、やはり対面での審査が基本であることには変わりありません。この辺りの事情は街金を含んで中小の消費者金融でも共通しているのです。

大手の消費者金融・商工ローン以外の消費者金融が街金です。この定義は一応当てはまるようです。結局のところ、中小の消費者金融と街金とは明確な区別がされないままに用いられている言葉だということになりそうです。そもそも消費者金融業者が提供するキャッシングローンでは使途目的が限定されていないことがほとんどであり、消費者対象の生活資金であるか、事業性資金であるかを区別しないことも要因だと考えられるでしょう。

つまりある業者を街金と呼んでいる場合、その業者がどのような業者であるかを自分でしっかりと理解する必要があるということになります。正規の街金であれば、安心してキャッシングを申込むことができるでしょうし、事業性資金の調達に応じてもらうことも可能になるでしょう。一般的に使われている街金という言葉は曖昧な部分がありますので、ここはひとつ、法律的にどうなっているのかを確認しておく方が賢明なようです。

悪徳な業者の罠に引っかからないためには、法律的な基礎項目は知っておくべきでしょう。法律的な基礎項目をしっかりと押さえておくことで、違法な業者か見分けることができ、また法外な利息を押し付けられてしまうといった事故を未然に避けることができるようになることが期待できるのです。

貸金業法は、貸金業が日本国の経済社会において果たす役割にかんがみ、消費者金融業者などの貸金業者の業務などについて定めている法律です。国会で可決・成立し、2010年に完全施行されました。すべての貸金業者はこの貸金業法によって営業が制限され金融庁の監督を受けることになります。従って、貸金業者を判断する場合の基準となる法律だということになります。

貸金業法登録

貸金業者は資金調達を預金などから行わず、銀行やその他の金融市場から行います。貸金事業は登録事業のひとつであって、内閣総理大臣か各都道府県知事への登録が貸金業法の3条で義務づけられています。複数の都道府県に営業所があれば、内閣総理大臣(金融庁長官に委託されている)への登録が、一つの都道府県内に営業所があるだけであれば、各都道府県知事への登録ということになります。ですから貸金業法登録を受けていない貸金業者は偽物の業者であり、違法営業をしていることになるのです。

総量規制

街金を含めて消費者金融業者を利用する場合に直接利用者に関係してくる貸金業法上の法的要件に「総量規制」という条項があります。キャッシング利用の全体額が年収の3分の1を超えてはならないという規制があります。このことから申込み金額が50万円以上になる場合や、他社からのキャッシングを含めた総額が100万円を超えるキャッシングの審査では慎重な審査が必要になるという具体的対応が取られています。

利息制限法

貸金業も利息制限法によって上限金利が定められており、この利息制限法を超えた利率を設定することは禁じられています。このことは正規の登録をしている貸金業者であれば準じているはずのことなのです。自称貸金業者でありながら、この制限を超えた金利を設定する業者がいわゆる高利貸しと呼ばれる業者ですが、このような業者の場合、貸金業登録をしておらず従って違法業者だということになります。

消費者金融業者からキャッシングを受ける際、契約毎に金利を設定することになるはずです。この時にどれだけ低い金利を設定してもらえるかが関心を集めるのですが、逆に最大どれくらいの金利が設定されているのかを押さえておく必要があります。利息の制限は3段階になっており、以下の通りです。

元本の額 上限金利
10万円未満 20%
10万円以上100万円未満 18%
100万円以上 15%

この利息制限法が適用されるのは貸金業者のみではありません。とにかくこの金利を超える金利設定は違法なのです。

金利が一体どのように支払に影響するのか計算できなければ計画的なキャッシングは不可能でしょう。一般にキャッシングローンはリボ払いによって支払われることが多いのです。リボ払いは返済の便宜を優先させて返済期間を長くとっていることが特徴です。なのでできるだけ早く返済することで、リボ払いの負担を軽減することができるようになるでしょう。

金利から利息を計算するには、次の計算式を用います。
利息(円)=元本(円)×年利率(%)÷365(日)×利用日数(日)
キャッシングをしてある日の支払利息を実際に計算してみましょう。

  • 10万円を年利18%でキャッシングした場合の30日後の支払利息の計算例。
  • 計算式: 100,000(円)×18(%)÷365(日)×30(日)
  • 支払利息:1,479円

キャッシング契約でたとえ明確に金利を表示していなくても、この計算式を使って利率を計算すれば、高利貸しに手を出してしまうような危険は回避できるでしょう。

類似貸金業者を見分ける

ここでは、貸金業のイメージに悪影響を与えている様々な違法営業の中から代表的なものを挙げてみることにします。これらの業者はいずれも悪徳金融業者に分類されるもので、貸金業者ではありません。このことは理解しておかなくてはなりません。

クレジットカードのショッピング枠の現金化と呼ばれる手法を用いてキャッシングを行う業者。彼らは自分の手元資金を使用することなく、クレジットカードに付帯しているショッピング枠を利用することで、商品を買い取る形式や、キャッシュバックという方法によってキャッシングをします。原理はどちらも同じことで、ショッピング枠を利用して物品を購入して、業者に物品を買い取ってもらうという内容です。

商品の購入代金から業者の引き取り価格を引けば、それが業者の取り分ということになり、また支払利息ということになります。ほとんどの場合、これを計算すれば高利になってしまうものです。商品券の買い取り価格などが95%となっていれば、たった5%かと思うでしょう。しかし、クレジットカードの支払期日が30日後だとします。これを年率を計算すれば、なんと年利60.9%でキャッシングをしていたということになってしまいます。

法定金利以上の金利設定をしてキャッシングに応じる業者を高利貸しと呼びます。これらの業者は明らかに違法業者です。中には年利換算で3000%を超える金利になっていることもあります。年率表示を避けることでゴマ化そうという魂胆が透けて見えるような業者も存在しています。彼らはむしろどうどうと自分たちが高利貸しであると名乗り、ヤミ金だけど悪徳ではないという詭弁を弄していることもあるので注意しましょう。

一般に紹介屋とも呼ばれる業者。こうなるともはや貸金業を営んでいるとは言えません。したがって貸金業登録をしていませんが、自分たちが違法業者であることは認めないでしょう。彼らは自分たちがキャッシング提供する代わりに、業者を紹介することでマージン、手数料を稼ぐのです。このような業者に引っかかってしまうと、支払わされる手数料はキャッシング額の5割にもなることがあるそうです。

金融業者を紹介することを事業にしている業者がサラ金とは別に存在していることを知らないと、この業者の餌食になってしまうことが多いようです。申込みを終えると「融資できない」という結果が伝えられ、その後はアレコレ言って他の貸金業者を紹介するという手順を踏むようですので、「融資できない」という結果を受けたならきっぱりとこの業者を見切るべきなのです。

現在では影を潜めるようになった感があるハードなヤミ金。かつてはヤミ金と言えばこのハードタイプのヤミ金を指しました。法外に高い金利、厳しい支払条件、さらに希望金額のキャッシングはしてもらえず、その後には暴力的な取り立てと四拍子が揃った業者です。彼らが暗躍したことによって、貸金業が持っている現在のダークなイメージが形づくられたと言っても過言ではないでしょう。

最近はソフト・ヤミ金などと呼ばれる業者が出現しているそうです。ハードヤミ金とは違ってこちらであれば、店舗に出向いても比較的紳士的な態度で接してもらえるようですぐにはヤミ金であるということすらわからないと言います。またちゃんとキャッシングを実行してくれることも多いようであり、ただ少し法定金利よりも高い金利が設定されている程度……。

これらの業者は対応がソフトであることからソフト・ヤミ金などと呼称されているのですが、大手の消費者金融業者が総量規制などの厳しい適用から利用できなくなった人たちの必要に応じているとも言われます。このような人たちがソフト・ヤミ金の餌食となる可能性が高いことになりますが、いくら対応がソフトであってもヤミ金であることは間違いありません。

それでも、街金の上手な利用方法

キャッシングはお金にまつわることですから、必然的に様々なリスクが伴います。しかし正しい知識を持って計画的に利用すれば決して危険はありません。むしろ健全な利用が可能で、キャッシングで得られる利益は非常に大きいのです。

必要でないキャッシングは厳禁。言うまでもないことですが、キャッシングはコストが必要になります。キャッシングのコストとは、申込みに必要な書類を用意するための労力から始まり、審査に応答することも手間の一つです。また、キャッシングのローン返済をする際に支払わなければならない利息、それに返済にかかる手間と手数料。このように挙げてみれば意外なほどコストが必要だということがわかるはずです。

でも、コストが同じなら一度のキャッシングでできるだけ多く借りた方が得、などと考えるのは大きな間違い。そうではなく、長く利用できる関係を大切にするべきなのです。貸金業でのキャッシングを利用する場合、信用の構築を心がけて利用することが大前提になってきます。目先のキャッシング利用だけではない、もっと長期的な目標をしっかりと持ちたいものですね。
(⇒緊急の借り入れで慌てない!即日キャッシングの仕組み

それではどのようにキャッシングを利用することが信用を高められることができるか。それは完済するまで別のキャッシングをしないということは大切なお約束です。もちろん、他社に掛け合ったり、もう一度追加融資の申込みをしたりすることは可能です。同時に他社からのキャッシングを利用することは容易に多重債務につながる危険があります。

基本的過ぎる原則ですが期日を守って返済するコトを忘れてはいけません。返済は返済約定日という支払期日ごとにすることになっています。ですからこの期日をきっちりと守ることが大前提。場合によっては以降のキャッシング申込みができなくなってしまうような事態にもなりかねないのが期日を守らないという失敗。期日に遅れてしまうと大切な信用をなくす上、手数料などが別途加算されることになるので注意しましょう。

一旦キャッシングをすると返済するだけ、と考えてしまうと消極的な態度から息切れしてしまうこともあるといいます。ここで少しでも返済を楽にできるコツをあげましょう。できるだけ早い時期に多く返済するということ。キャッシング直後に沢山返済することは確かに負担になるということも考えられます。しかし、利息の計算が期間計算であることを思い出して下さい。

このことを簡単な例で説明します。金利15%で100万円をキャッシングして30日後に1回で返済を完了すれば、支払利息は12,328円になります。この100万円を2回に分けて返済した場合の支払利息は18,492円になります。単純に分割回数を増やすだけで支払利息の総額は増えます。つまりできるだけ早く返済するように計画することがキャッシング利用のコツなのです。

無理して返済することは生活の疲弊につながりますが、毎回の返済で余裕があるのに少しずつ返済するのは、余分に利息を支払うことにつながるわけです。なのでできるだけ最初のうちに、できるだけ多く返済に努めて、利息を計算する元金を減らす努力が報われるということになります。

街金のキャッシング、安心の利用法まとめ?

悪徳金融業者の魔の手をかいくぐって、正規に登録している街金に辿り着いたとしましょう。いよいよ街金でキャッシングを申込み、即日キャッシングを実現させることになります。そのための心得えを以下にまとめました。

どれくらいの金額が借りれるか?ということが最初に押さえておきたい原則だといえるでしょう。大手の消費者金融は営業に使用できる資金が豊富です。しかし街金の場合は小規模の営業であることが多く、基本的に運転資金が潤沢にあるとは言えないわけです。そしてキャッシングを申込む金額は街金の規模以外にも条件を見落としてはいけませんね。

即日融資できなければ、あまりメリットはないでしょう。後の千金という言葉がありますが、資金調達に必要な日数はそのままキャッシング・コストであると考えることができます。ということは、必要書類が少なければ少ないほどよいのです。書類等の受け渡しが必要になりますので、店舗に出向く時間が短いということも配慮しなければならない条件になります。

審査時間を短くする工夫が求められるのは言うまでもないことでしょう。ましてや貸金業法の総量規制に基づいて慎重審査の対象になってしまったら、即日融資は絶望的になります。街金では最低限の提出書類として押さえておくべきものは、申込書と本人確認書類だけということになります。本人確認書類としては運転免許証、健康保険証などが使用できますので、これだけであれば必要な時にすぐに用意できるはずです。

即日融資を前提に小規模経営の街金を利用するのであれば小口融資が基本ということになります。貸金業法で問題になる融資金額50万円を申込み限度として考えるべきなのはいうまでもありません。さらに初めての利用申込みの場合であれば、さらに小さい金額で申込むことが望ましいのです。対面審査ということになりますので、少しでも取引の実績があり、取引の成績が良ければしっかりと審査してもらえることが期待できるのです。

街金を含めて、消費者金融は小口の融資が基本です。それは気軽なキャッシング利用による恩恵がサービス内容の中心になっているからです。また、予定外に差し迫る必要に対処するということを中心に考えれば決して大きな金額が必要になるということも想像し難いということもあります。これらのことから判断すれば、初めての街金利用で即日融資を実現できるのは、上限で10万円程度だと考えている方が良さそうですね。

実際に街金を利用する場合、地元で営業している業者を探すことになります。見つけた業者が偽りない貸金業登録番号を持っているということを確認しましょう。そして申込みの電話などで予約を入れ、店舗に出向きます。この時に店員の対応などしっかり様子を観察することが大切です。まだキャッシングの契約をしている分けではありませんので、少しでも変な挙動が見られれば別の業者を探しましょう。

問題がなければ申込みをして審査を受けます。審査に通れば契約内容が提示されますので内容を確認します。確認しなければならない項目は、金額はもちろんですが、金利が法定の範囲内かを忘れずにチェックします。そして返済条件を見落とさないようにしましょう。これらの確認を経て契約することになります。そしてキャッシングを実行してもらうのですが、契約書の写しを忘れずに、しっかりと保存しましょう。

このようにすれば、街金を利用して即日融資してもらうことは十分に可能でしょう。そしてヤミ金などのトラップの犠牲になるリスクは最小限に抑えられるのです。ここまで付き合って読んで下さった読者なら、どのようにすれば安心して、街金で即日融資に応じてもらえるのかについての基本的なノウハウとコツは押さえることができたのではないでしょうか。

【参考ページはこちら】
国から即日融資?国からお金を借りる方法とはく元金が減れば、以降の利息も節約できることになります。

閉じる
閉じる