Category archives: みんなが知りたい即日融資にまつわるQ&A特集

キャッシングなどでよく聞く即日融資とはどうゆう意味?

キャッシングやカードローンには、「即日融資」でお金を借りる方法があります。実際にお金に困っていて融資を受けたことがある、という人は即日融資について知っている人もいるかもしれませんが、まだ融資を受けたことがない人はわからないという人もいます。

即日融資とはどこのキャッシングやカードローンでも対応しているのか、即日でお金を借りるにはどうすればいいのか。まだ即日融資について知らないのであれば紹介していきますので、この機会に知っておきましょう。

申込をした日に即日融資するなら大手のキャッシング、カードローンで

「即日融資」をしてくれるサービスは複数あり、大手なら大抵どこでも扱っています。

即日融資とは、キャッシングやカードローンに申込をしたその日にお金を借りるということです。

初めて契約するという人でも申込をしたその日に契約することもできます。急きょお金が必要になったという時にも、即日融資をしてくれるキャッシングやカードローンを利用すればその日にお金を借りることができます。

大手なら闇金に引っかかることもないので安全にお金を借りることができるのです。初めてキャッシングを利用するのであれば、大手のところを利用するといいでしょう。
(⇒即日融資をしてくれるキャッシング会社を比較!

申し込みをしたその日にも対応してくれるキャッシングやカードローンサービスを、インターネットを使ってちょっと調べてみました。

  • モビット
  • アイフル
  • アコム
  • 新生銀行カードローン レイク
  • ノーローン
  • SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン

大体大手のところなので、名前を聞いたことがあるところもあるでしょう。もちろん調べてみると即日にも対応してくれるところはそのほかにも結構あります。もし、上記に名前のないところを利用する場合でも、公式HPを確認すれば即日融資を行っているのかわかります。

その日にお金を借りる場合には注意しなければいけないこともあるのでこちらも忘れてはいけません。

即日融資を受けるためには審査に通らなくてはいけない

即日融資に対応しているキャッシングやカードローンでも必ず融資を受けられるというわけではありません。申込をして審査に通らないと受けられないし、書類に不備があると即日に融資を受けられないこともあります。

また、よく「最短で○○分で審査完了」といったようなことも見かけると思いますが、これはあくまでも最短のことです。例えば「最短で30分で審査完了」といったキャッシングがあったとしても審査は1時間以上もしくはそれ以上の時間を要することも考えられます。

即日融資ができるキャッシングやカードローンでも必ずその日に融資を受けられるというわけではなく、受けられないということもあるので急いでいる人は時間に余裕を持って申込を行う必要があります。

急いでいる人はヤミ金には注意!申込はよく調べてから行うこと

キャッシングやカードローンの中には違法なものあり、違法な利息と取られたり違法な取り立てを行っていたりする業者もあります。例えば「審査なしで即日融資」といったような飛びつきたくなるような情報を見かけることがあるかもしれませんが、このような情報はヤミ金である可能性があります。

審査もなしで即日融資ができるとなると、お金を借りる側としてはかなり良い話ですが、見かけたらまずよく調べてから申込するようにしなくてはいけません。即日融資を望んでいるようなお金に困っている人は、すぐにでも申込をしたいと思うかもしれませんが注意しましょう。

キャッシングやカードローンは大手だけではなく中小の貸金業者や銀行でも扱っています。中小の貸金業者や銀行での融資を考える場合にも注意が必要で、正規の業者なのかよく調べる必要があります。インターネットで調べるとわかりますので、大手以外でお金の融資を受けるのであれば必ず調べてから利用するようにしましょう。

即日融資とはキャッシングやカードローンに申込みしたその日に融資を受けられる物で、今日お金が必要という時に役立ちます。即日融資といっても、あくまで最短でということなので融資が次の日になってしまうことも考えられます。

また即日融資と謳っているヤミ金もあるので、大手の消費者金融や銀行ローン以外で即日融資を受ける場合、必ず正規の業者なのか調べる必要があります。

即日融資を受けるには!申込をする時間帯には注意しよう

キャッシングサービスで融資を受けるには、申し込みをして審査に通ればいいのですが、即日で融資を受けたいのであれば注意しなくてはいけないことがあります。注意しておきたいことは、申し込みをする時間帯や契約が終わった時の時間帯です。場合によっては翌日以降の借り入れになってしまうこともあるので覚えておきましょう。

前に調べたことがあるのですが、即日で融資を受けるには条件があるのです。それはキャッシングの業者によってさまざまなのですが、似たような感じのものが多い。

  • 14時までに契約を完了する
  • 14時までに書類を提出する
  • 14時50までに振込み手続きを完了する

といったことが条件になる場合が多いです。見てもらえばわかると思いますが、14時までに手続きの完了や契約を終えていることが条件になっています。

即日融資を受けたいのであれば、14時までに契約を完了しておくこと・手続きを終えておくことを目安にするとその日にお金を借りることができるでしょう。

申し込み方法は複数!即日融資ならインターネットか自動契約機で

融資を受けるには、まずは申し込みをしないとはじまりません。利用したいところがきまったら申し込みをしてみましょう。一応即日融資をおこなっているのか、自分で確認することも忘れずに行っておいてください。

  • 店頭窓口
  • 電話
  • 自動契約機
  • インターネット
  • 郵送

大体この5つで申し込みができるようになっていて、自分で好きな方法を選ぶことが可能です。申込方法によっては即日融資ができないこともありますので、申込方法を選ぶときは注意しましょう。時間が掛かる方法としては郵送があり、この方法は書類で種類のやりとりをする関係上時間が掛かってしまいます。

即日融資を考えているのであれば郵送には時間が掛かるので避けましょう。即日で借りることができないこともあるので、急いでいるならそのほかの方法を選ぶようにしましょう。

インターネットでの申込みか自動契約機での申込みが素早く即日融資ができる可能性が高いので、即日融資を受けたいのであればこの2つのどちらかを選ぶようにしましょう。

契約するには書類も必要になる!本人確認書類を用意しよう

キャッシングで契約するには書類を提出する必要があります。即日で融資するときに「○○時までに書類を提出」ということが条件になることもあるので、申し込みをした日に借りたいなら用意しておきましょう。

必ず必要になる書類は「本人確認書類」なので、即日で受けたい場合は必ず用意してすぐに提出できるようにしておいたほうが、準備をしておくとより効率的です。

本人確認書類は以下のようなものがあればOKです。コピーが必要となるので、必ずコピーを取っておきましょう。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

利用するキャッシング業者や場合によっては本人確認書類の他にもいくつか書類が必要になることもあります。必ず必要になるというわけではありませんが、用意をしておけば必要になった時にすぐに対応でき困ることがありません。

  • 収入証明(源泉徴収票・確定申告書・所得証明・給与明細)
  • 公共料金の領収書・住民票の写し・印鑑の写し
  • 在留カード

公共料金の領収書や住民票の写しが必要になる場合は、本人確認書類の住所と現在住んでいるところの住所が違う場合に必要になってきます。収入証明は上記に書いた、いずれかがあればOKなので用意しておくといいでしょう。

在籍カードは外国籍の人がキャッシングやカードローンに申込みする時に必要になる場合があります。外国籍の方は用意しておきましょう。

本人確認書類はどこのキャッシング業者でも必ず必要になりますが、収入証明などは条件によって必要になってきます。収入証明は借入額が50万円を超える時や、キャッシングやカードローンでの借入合計が100万円を超える時に必要になります。

また、確定申告書は個人事業主の方が申し込む時に必要になるので個人事業主の方は用意しておく必要があります。

収入証明書が必要になる条件は消費者金融や銀行によって変わる場合もあるので、利用する業者の詳細をよく確認して、どのような書類が必要になるのかよく確認しておく必要があります。

即日融資を受ける場合、申込みした時間によって翌日以降の融資になってしまうこともあります。インターネットか自動契約機から申込を行うと即日融資を受けられる可能性は上がります。即日融資を受けるなら、14時までに契約を終わらせておかないとその日に融資を受けられない可能性が高いです。

申込するなら早い時間に行い、14時までに契約を完了させると目安にして覚えておきましょう。契約するためには書類が必要で、運転免許証のような本人確認書類は必ず必要になるので、用意しておきましょう。

消費者金融と銀行ローン、どちらも即日融資してくれる可能性大

キャッシングを行っている業者にもいくつか分類があります。「銀行のローン」とか「消費者金融」といった言葉をよく見かけることがあるでしょう。即日融資を受けたい場合は、銀行を利用したらいいのか?それとも消費者金融を利用したらいいのか?どちらを利用したらいいと思いますか?

審査が素早いとよくいわれているのは消費者金融で即日で借りられる可能性が高いです。ですが最近のキャッシングやカードローン即日融資に対応しているところは多く、銀行ローンでも大手ならば即日に対応してくれる可能性が高いです。

どちらも即日融資に対応してくれる可能性は高いので、選ぶのであれば中小の貸金業者や銀行は避け、大手の消費者金融か銀行ローンを選ぶようにしましょう。また、消費者金融と銀行ローンには違う点もあるのでここには注意しないといけません。

消費者金融と銀行ローンにはそれぞれ特徴が!自分に合ったほうを選ぶ

消費者金融と銀行ローンには違いがあり、一番大きな点は総量規制についてです。消費者金融はこの総量規制の対象になり、融資額に制限が掛かることが特徴です。年収の3分の1までしか融資ができないという制限が付きます。制限が掛かることは悪いことではなく、借金の遅延・延滞を防ぐことも考えられています。

銀行ローンは総量規制の対象にならないので、制限なしに融資を受けることができます。さらに、最大限度額や金利も消費者金融よりも低めの設定となっています。ただその分、審査が慎重なので時間が掛かることもあれば、審査に落ちてしまう可能性も高くなります。

消費者金融は銀行ローンに比べると審査は慎重ではなく、審査も素早く終わるといわれています。確かに銀行に比べると審査も慎重ではないかもしれませんが、審査に必ず通るというわけではありません。

消費者金融と銀行ローンにはそれぞれ特徴があるので、できるだけ素早く融資を受けたいのであれば消費者金融を、低金利で高額の融資を受けたいのであれば銀行ローンを選ぶと良いでしょう。

最近の大手の消費者金融と銀行ローンではほとんど即日融資に対応してくれます。即日融資を受けやすいのは消費者金融と言われており、銀行では審査に時間が掛かるともいわれています。

時間に差はあると思いますが、素早く即日融資するなら消費者金融で、低金利で高額の融資を考えているなら銀行ローンに申込みしてみましょう。

即日融資は来店しなくても可能!申込の時間帯には注意

キャッシングを利用するには、実際に窓口にいかないと即日融資ができないと思う人もいると思いますが、そうではありません。現在はインターネットを使ったり電話を使ったりして申し込みから契約までできるようになっています。

外出する必要がないから、だれにもばれずに融資することもでき、「ばれずにお金を借りたい」という人にはとても魅力的です。ただ、必ずばれないということではなく、ばれてしまうこともあるので申込を行う時は注意しましょう。

またインターネットなら24時間いつでも申し込みを受け付けてくれます。近くに窓口や契約機がなくても申し込みすることができるからとても便利です。インターネットで申し込みをして、即日で借りるなら時間帯に注意する必要があります。

すでに書いたと思いますが、14時までに契約を完了して振込手続きを行わないとその日に借りられないこともあります。来店しなくていいからといって、油断していると即日で借りられないので申し込みは早い時間に行うようにしましょう。

インターネットで申込をしてカードを自動契約機で受け取り

申し込み方法にはいくつかあったと思いますが、こんな方法をとることもできます。

インターネットで申し込みをして審査に通ることができたら、自動契約機に行って契約手続きまでしてカードを受け取る、といった方法をとることができます。

この方法は外出する必要がありますが、その日にカードの発行までしてもらうことができます。発行してもらったら、すぐに使うことももちろんできるからお金を「現金でほしい」という人には向いています。近くに自動契約機があるのであれば、試してみてはどうでしょうか。

自動契約機は各キャッシングやカードローン会社の公式サイトで探すことができます。また、自動契約機は24時間いつでも開いているというわけではありません。営業時間がありますので、即日融資を受けたい場合は営業時間内のできるだけ早い時間に使うようにしましょう。

カードは一度発行してもらうことができれば自由に使うことができます。決められた額までなら借りたり、返したりが自由に行えるのでとても便利です。便利だからと言って使いすぎて返済ができなくなってしまう人も多いので注意するのも忘れてはいけません。

融資を受けたままにして返済をしないと借入することができなくなってしまいます。よくキャッシング業者のHPなどで「計画的に」という言葉も見かけると思いますが、まさにその通りで計画的にお金の借り入れを行わないとあとあと困ったことになることも。

便利ですが、計画的に利用して返済までしっかり行うことを忘れないようにしましょう。

即日融資を受けるのであればインターネットか自動契約機で申込をしましょう。審査もあるので必ずというわけではありませんが、即日融資を受けられる可能性が高いです。自動契約機ならカードもすぐに手元に来ます。

カードから現金をすぐに借入することができるので、特に自動契約機は即日融資には心強いです。

即日融資のメリットとデメリット!即日融資と相性が良い人はこんな人

即日融資とは、即日で融資を受けることと思われていますが、即日融資にはデメリットも存在します。

即日で融資を受けられればメリットがあると言えますが、申し込みのタイミングによってはカードローン審査で1日を使うケースもあるからです。

今回はそんな即日融資の仕組みだけでなく、具体的にどのような人であれば相性が良いのか?についても案内していますので、カードローンに詳しくなりたい人は良ければ参考にしてください。

今では人気のローン!カードローン、キャッシングは利便性が高い

即日融資というと、即日で融資を受けられるので、その分だけデメリットが多いと思われていますが、そのようなことはなかったりします。

キャッシングの中では利便性が高いので利用される人も多いのですが、基本的に大きなメリットというと、やはり即日融資だけでなく誰でもサービスを受けられるところです。

即日融資は、一般的なカードローン、キャッシングと同じ審査基準を設けているので、それほど厳しい審査になることはありません。

  • 男女に関係なく審査を受けられる
  • パート、アルバイトも申し込み可能
  • 収入が安定している人であれば申し込み可能

デメリットもある!誰でもサービスを受けられることのデメリット

キャッシングは誰でもサービスを受けられるというメリットがあるのですが、この中にはデメリットも含まれているので注意をしなければいけません。(こちらもご参考に→キャッシングは未成年でもサービスを受けられる?

具体的には、簡単にサービス申込が可能になっているところが、デメリットに該当します。

簡単に申し込み出来るのであれば、気楽にキャッシングを組めると思ってしまいますが、場合によっては借り過ぎてしまうというデメリットがあるのです。

また、業者によっては注意をしてくれるようになっているわけでもありません。

なので、自分で借りている範囲を理解する必要があるのです。ただ、現代では1つのキャッシング業者のみで借りられるケースも少なくなっています。

利用者に優しくない!?まとめローンなどに対応していない即日融資

銀行、消費者金融で販売されているカードローン、キャッシングは即日融資に対応しているものばかりです。

ですが、以下のようなローンには対応していないので注意してください。

  • まとめローン
  • つなぎローン
  • 大型ローン
ローンの種類

ローンには、カードローンといった一般的なローンだけでなく、複数のローンを1件のローンとしてまとめられるまとめローン、借り換えに対応しているつなぎローン、100万円以上の大型ローンなども存在します。

つまり、利用者の要望に対して完全に対応しているのが即日融資というわけではありません。メリットの多い即日融資ですが、上手に利用したい場合は少額のローンとしてお金を借りられる、カードローンなどで即日融資のサービスを利用する必要があります。

即日融資には、メリットもあればデメリットもあります。

そのため、即日融資にはデメリットが多い・・・と思っている人が多いのです。しかし、収入をそれほど気にしないで良いローン手段でもあるため、近年ではパート、アルバイトも利用できるローンというメリットが評価されています。

大きなメリット!カードローン審査が早いのが即日融資のメリット

即日融資とは、即日で融資を受けられるサービスのことです。なので、メリットについても融資の早さとされています。

ですが、それだけでなく審査についてもキャッシングでは早いとなっているので、このこともメリットと言えるでしょう。ただし、ローン審査は業者によって審査スピードが違うので、そのことには注意したほうが良いです。

また、どれほどの時間で審査が完了するのかというと、大体ではありますが30分から1時間とされています。遅いように感じる人もおられますが、過去では1日間~1週間となっていたので、大幅なスピードアップとなっているのは確かです。

デメリットにも知っておく!審査の早さは人によってはデメリット?

キャッシング審査についてですが、早すぎることでデメリットになってしまうというケースもあります。

例えば、すでに多数からお金を借りてしまっている人が該当となるので、即日融資を利用する際は検討も必要となってくるのです。

どうしてデメリットになってしまうのかというと、借り過ぎてしまっている状況ではローン審査に通りづらいケースが目立つからです。

審査というのは、スピーディーに慣ればなるほど基本的には審査そのものが厳しくなりますし、審査落ちになるとローンの再申請をしても通らない傾向にあるのです。つまり、即日融資のキャッシングを受ける場合には、予め借入件数を減らしておくなどの努力が必要となります。
(⇒審査が緩いキャッシングを利用したい方にオススメ

即日融資は、カードローン、キャッシング共に素早いというメリットがあります。

ですが、即日融資のローン審査は他のローンと比較して甘いわけではありません。そのため、すでに借り過ぎている人では審査落ちしやすいというデメリットもあります。

知っておきたい豆知識!金融機関は新規契約者を募集している

昔と違って、今では小口であってもローン契約が組めるようになっています。例えば、5万円や10万円であっても、大半の人が審査を申し込めるようになっているのです。

これは、現代では若い女性や高齢者などもキャッシングを利用してくれるようになっているからです。

また、1万円単位で借りられるかどうかについては、借入限度額を確認するとわかるようになっています。

例えば、10~50万円となっていると最低は10万円なので1万円単位というのは無理ですが、1~50万円となっている場合には1万円単位でキャッシングをするのは可能です。

現代の賢いキャッシング手段!お金は少なく借りるほど損も少ない

キャッシングの場合、少なく借りていると何度も使ってしまう可能性があります。

ですが、現代の金融機関では1ヶ月の借入限度の設定というものができるので、設定をしておくだけで安全なキャッシングが可能です。

ネット対応となっているので、PCや携帯・スマートフォンがあるのであれば、自宅からでも設定が出来ますし、1度の借入の限度額についても設定が可能となっているので、こちらについてはデメリットがあるようでないような状況となっています。(こちらもご参考にどうぞ→インターネットで即日キャッシングしたい方はこちらもご参考に

即日融資のメリットは、少額のローンに対応しているところです。

そのため、1万円単位という借金も認められています。使い過ぎが怖い場合は、利用限度額の設定で使い過ぎを未然に防ぐことも可能なので、安全な利用方法も金融機関ごとに配慮されていることが多いです。

金利ってなに!?金利についても理解をしておかないといけない?

即日融資のキャッシングであれば、スピーディーに借入ができるようになっているので、その分だけ金利については厳しい場合もあります。

ただ、金利というのは4.0%~14.0%の範囲で定まっている場合が多いです。

なので、これを大幅に超えるような金利であれば利用をしないようにするだけでも、金利面のデメリットを味わないで済むようになる場合も多いです。

また、金利についてはそのまま金利として表示されているケースもあれば、実質年率という名称に置き換えられているケースもあります。

金利設定については、カードローン、キャッシングともに申し込み前に確認できるので、商品ページに掲載されている金利情報を参考にして、他の金融機関より金利がお得かチェックしてみるのも良いでしょう。

正確に借りて損のないキャッシングを!メリット、デメリットのまとめ

キャッシングは全体的にメリットのほうが多く、デメリットについては無知識から発生するものが多いと案内しました。

また、メリットとデメリットを正確に理解されたい場合は、以下のリストを使い理解を正確にしていただけると幸いです。

  • 即日融資と審査の早さが最大のメリット
  • 借りやすさがデメリットなので借入件数を抑えるように使う
  • 1万円単位でも借りられるメリットもある
  • 再審査をしても審査通過にならないデメリットも稀にある
  • 金利については4.0%~14.0%付近のものを選択する必要がある

【参考ページ】
免許証だけで即日キャッシングができるサービスをお探しの方はこちら

カードローン、キャッシングで利用できる即日融資のメリットは、なんといっても審査時間が短いことでしょう。

ただし、お金を借り過ぎている人では審査に落ちてしまうデメリットもあるので、返済途中では新しいローンを組まない・・・という考えも大事です。

それと、銀行でも即日融資のローンを販売しています。昔のように、銀行の窓口でローン申し込みを行う必要もないため、ネット、電話を通じてローン申し込みを行えるところも、即日融資のメリットと言えるかも知れません。

キャッシング初心者さんのための即日融資丸わかりガイド

普段は節約して生活しているつもりでも、急にお金が必要になってしまうことはあるものです。今晩にもお金が必要だ、という状況になってしまうこともあるかもしれません。そんなとき、キャッシングは本当に便利なものですが、初めての方には、不安も多いものでしょう。

当サイトでは、そんなキャッシング初心者さんのために、キャッシングと即日融資についてお伝えしていきます。

キャッシング基礎編1~計画的なご利用を~

キャッシングをする上で最も大切なことは、きちんと返済計画を立てて借りるということです。

返済計画なしで借りてしまうと、無理な借金をして、返済が滞ってしまうということも考えられます。また、毎月の返済額を指定額ギリギリにしてしまったために、払わなくて良いはずの利息を支払うことになってしまうというケースもあるでしょう。

計画的なキャッシングとは、借りた金額と利息を、どのような配分で返済していくか、という計画を含みます。ボーナスをもらえる月に多めに返すのか、毎月、最低限の金額を払っていくのか、これだけでも、かかる利息に差が出てしまいます。

また、月々の返済額に無理がないということも重要です。たとえば、月の手取り15万、家賃5万という方だとして、月々の返済額が1万だとすると、その1万を家賃のように、毎月かかってくる費用に計上する必要があります。収支バランスが大切なのです。

もし、15万の手取りなのに、家賃が8万くらいで、食費に5万、光熱費や雑費で2万を使ってしまう方がいたら、月1万の返済は、無理がありますよね。この場合、自分が今までしていた生活のレベルを落とす必要がありますが、人間、この程度の収入では、そう簡単に毎月1万円分も生活レベルを落とせるものではありません。

おわかりかと思いますが、手取り50万の1万円なら、簡単です。でも、手取り15万の1万は、結構、大きな金額になってしまうのです。

特に、返済期間中、その状態がずっと続くということを、しっかりと認識しておくべきです。1ヶ月、2ヶ月はなんとか耐えられたとしても、その反動がこないか、もし何かで急にまたお金が必要になってしまったらどうするのか、など、きちんと考えておくことが重要です。

キャッシング基礎編2~借りるときの利率が重要~

同じように気にしておきたいのが、キャッシングでは利率が非常に重要であるということです。かつて、消費者金融が今よりもずっとたくさんあった時期があるのですが、その頃の消費者金融は、だいたい、利率で29.2%前後から、ひどいところになると、街金レベルで40%近くの金利を取っていたと言います。

このような利率で100万円借りたとしましょう。1年経つころには、その金額は129万とか140万とかになってしまうわけですよね。こうなると、返済はかなり難しかったわけです。

近年は、闇金融でもない限り、このような異常な金利ということはありません。だいたい、高くても20%です。ただ、たとえ20%でも、100万借りて1年で120万になってしまう金利ですから、そんなに低い利率とは捉えないほうが良いでしょう。

利率が低いところで借りたいですよね?

同じ借金をするのでも、利率が10%と20%では、支払う金額に大きな影響が出ます。当然ですが、その影響は金額が大きくなればなるほど、大きいのですが、少ししか借りられないような収支状態の方に、大きな利率というのも、なかなか厳しいものがあると思います。

一般的に、消費者金融と比較すると、銀行のほうが利率が低いです。また、一部の信金・地方銀行の厳格審査ローンでは、大手銀行のカードローン以上に金利が低い商品もあります。近年では、店舗を持たないネット銀行のほうが、大手銀行よりも金利が低いケースがあります。(こちらもご参考に→低金利と即日融資にこだわったカードローン選び

もちろん、実際には、その金融会社による差がありますから、100%、そのとおりだということではありません。銀行でも最高金利が18%になるところもありますし、消費者金融であっても、最低金利が4.5%ほどのところもあるわけですから、借りる金額、あなたの属性などを考慮して選ぶことが重要です。

利率範囲がよくわからない方へ

そもそも、銀行や消費者金融の金利を見るときに、○%~○%というように、範囲で書いてあって、実際にどれくらいの金利がかかりそうなのかわからない!という方もいらっしゃるかと思います。

一般的に、最低金利(最も小さい利率)は、その金融会社の最高限度額を借りた場合の金利です。また、最高金利は、1000円~10万未満、あるいは消費者金融によって50万、100万未満までを借りた場合の金利です。最高金利が20%となっている消費者金融は、10万借りると金利が代わりますが、18%の消費者金融では、100万手前まで変わらないことがあります。

これは、法定金利が100万円以上になると、15%まで下がることに起因します。100万円以上借りて、金利が15%を超えるようなところでは、借りないようにしてください。

金利は、どこでも金額が大きくなると下がるものですが、増額した場合には、必ずしもこの限りではありません。また、中にはその金額ごとに金利範囲が決まっていて、あなたの属性、信用によって振り幅があるようなところもあります。

少額の借金をしたい場合は、金利は最低金利ではなく、最高金利で比較します。一方、大金を借りる必要がある場合には、最低金利で比較したほうが、実際の金利と近いイメージで検討できます。

即日融資を受けられる金融会社

金利が大事とはいっても、即日融資を受けられなかったら意味がない、ということもあるでしょう。特に、急いでいるときには、即日融資で、できるだけ審査の緩そうな消費者金融の審査を受けてしまいがちです。

ただ、個人的には、初めて借金をするのであれば、同じ即日融資を受けるのでも、銀行などの即日融資をオススメします。

銀行でも即日融資を受けられる!?

すぐに借りたいけれど、銀行で即日融資は受けられない、という思い込みをしていませんか?それは、ただの思い込みです。銀行でも、即日融資を受けられるところがあります。

たとえば、有名なところで言うと、三菱東京UFJ銀行のバンクイックや、三井住友銀行カードローン、新生銀行レイクです。

バンクイックは大手銀行の割に審査に通りやすいと言われていますし、三井住友銀行のカードローンは少額融資の金利が低めで、最高限度額が高いカードローンです。新生銀行のレイクは利率が消費者金融並みですが、無利息期間があり、短期間ならお得に利用できます。

消費者金融の審査を受ける前に、初めてなら特に、こうした銀行ローンの審査を受けてみることをオススメします。

これら以外でも、その日中に審査をしてくれる銀行もありますが、審査が終わっても実際に借りられるまでに時間がかかってしまうケースというのが、多くあります。即日審査・即日回答と書いてあるのか、即日融資と書いてあるのかでは違いますので、ホームページなどを調べる際は、そこまで意識しておくと良いですね。

消費者金融で即日融資は当たり前

一方、銀行と異なり、消費者金融の場合、即日融資が当たり前です。最近の大手消費者金融で、即日融資ができないというところは、聞いたことがありません。

本当に初めての方は銀行で借りるのが良いと思いますが、実は既に1社、2社借りているんです、という方もいらっしゃるかもしれません。また、実は仕事がアルバイトなんです、という方もいらっしゃるでしょう。そういう方が銀行で審査を受けて通ることもありますが、心配かもしれませんね。

銀行と併せて消費者金融を受けておくというのも、保険として使える方法です。同じ日に2社、3社程度までであれば、申込んでも問題ありませんから、銀行に申込むのと同時に、別の系列の消費者金融に申込んでおくというのも、良いですね。

ただ、その場合、銀行の保証会社になっている消費者金融ではなく、別の消費者金融を選んだほうが、どちらかが審査に通る可能性は高くなります。それは、同じ系列の会社では、多少、基準に差があるものの、同じような審査をしていることが多いからです。

即日融資を受けるために必要なこと

そして、もう1つ重要なのが、即日融資を受けるためには、借りる側の要素も欠かせないということです。たとえば、書類の準備が必要です。準備と言っても、一般的な会社員や公務員で、運転免許証をお持ちの方であれば、それほど心配する必要はありません。少額であれば、運転免許証だけで借りられるからです。

ただ、状況によっては、必ずしも即日融資が受けられるとは限りません。運転免許証がない方は、バンクイックで即日融資を受けることは難しいでしょう。また、事業主の方などは、書類準備に手間取ってしまうと、即日融資が受けづらいこともあります。

即日融資には申込む時間帯も重要

即日融資を受けるためには、申込む時間帯も重要です。これは、誰が想像してもわかると思いますが、23時30分に申込んで、最短30分で融資と書いてあるところであれば、即日融資が不可能であることはわかりますよね。

ただ、金融会社にはそれぞれ、営業時間というものがあります。特に金融業界というのは、銀行に見る通り、終了時刻が早い傾向がありますよね。ですから、かなり早い時間帯に申込を済ませないと、即日融資は受けられないんです!

その時刻は、金融会社によって、少し差があります。14時ごろには締め切ってしまう金融会社もありますし、14時50分までに手続きを済ませれば良い金融会社もあります。ただ、それより遅くなってしまうと、即日融資を受けられるところはなくなってきてしまいます。

ただ、いくつかの金融会社はその時刻を明記していません。三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などは、時間帯によっては翌日以降の回答になる旨を書いてあるだけで、実際に何時何分まで即日融資できるのか、わからない状態です。

レイクは平日14時までに手続き完了で、即日振込ができます。アイフルでは、平日14時10分までに振込依頼をすると、即日振込が可能と書かれています。モビットは、平日14時50分までに手続きを完了すれば、即日融資可能となっています。また、アコムなら平日14時までに必要書類を提出すれば、即日融資を受けられます。

なぜ、銀行ローンで曖昧な表現が多いか、ということですが、その日の申込人数による差があるなど、消費者金融と比較して早く申込まないと、人気がある分、審査待ちがあることが、背景としてありそうです。

土日、祝日になると、消費者金融でも即日融資が難しくなるので、普段から土日にお金が必要になる方は、キャッシング機能つきのクレジットカードを1枚、持っておくと良いですね。

2、3社同時申込が安心

即日融資を受けたいということは、そもそも、急いでいるということですよね。そんなときに、審査に落ちたから借りられません、は通用しない場合もあるでしょう。多くの人が、急ぎだと銀行を避けて消費者金融に行ってしまう理由もそこにあります。

ですが、2、3社同時に申込んで問題ありません。同じ日に申込む分には、数社程度なら、申込ブラックと呼ばれる、申込みすぎて審査に通らないという状態には、ならないからです。

逆に、同時に5社も6社も受けてしまったり、日にちをずらしてしまったりすると、一気に申込ブラックになってしまいますので、ご注意ください。

【参考ページ】
審査が甘い・ゆるいキャッシング会社をお探しの方はこちらへ

即日融資ってなに?比較してみよう!他融資より便利な点が一杯!

キャッシングをする人なら聞いたことがあるに違いないのが即日融資。キャッシングの経験がなくても、広告やクチコミで知っている人もいるかもしれませんね。でも、実はその「即日融資」の意味を正確に知っている人はどれくらいいるのでしょうか?

即日融資について詳しく考えてみるのと、他の形態のキャッシングと比べてどんな利点があるのか比較してみましょう。これからキャッシングを考えている人も、既に利用している人も、改めて意識してみるとまたお得な利用法が見つかるかもしれませんよ。

困った時の救世主!即日融資はとにかく速い!

即日融資とは、文字の通り「申し込んだその日のうちに融資を受けることができる」という意味だと捉えて間違いありません。キャッシングができるカードを既に持っている人なら別ですが、そうでない人は契約をするところから始まりますよね。

普通はその契約、申し込みから手元にお金が手に入るまで、短くて数日、長ければ数週間かかることがあります。これでは急ぎの時にはとても間に合いません。この不自由を埋めてくれるのが即日融資です。

即日融資はその日のうちに必要なお金を都合することができるので、急なキャッシングを必要とする人にはとてもありがたい便利な存在です。他のキャッシングにはない利便性にリピーターも多く、今ではどこの消費者金融も目玉商品にしていることが多いようです。

便利な点はたくさん!思い立ったらすぐに使える!

即日融資の人気の理由には、メリットがたくさんあるということが挙げられます。メリットそのものは人によって感じ方が違うかもしれませんが、即日融資が人気を博す理由をいくつか挙げてみましょう。

  • 申し込みから融資までがとにかく速い
  • 少しだけ審査が緩い(と言われています)
  • 手続きが他のキャッシングと比べてかなり簡単

こういった点を挙げただけでも人気を集める理由が分かるような気がしませんか?今までのキャッシングにはなかった点、不便だと思われていた点を全て埋めてくれていると言っても過言ではありませんよね。

昼までに申し込めば遅くても夕方までには融資完了!

申し込みをしてから実際の融資を受けるまで、借りる側としては短ければ短いほどありがたいですよね。そもそも急いでいるからこそ即日融資というものを利用するわけですから、「速い」は何よりも嬉しい特徴です。

即日融資を謳っているとは言え、審査はきちんと行われます。ということは、お金のやり取りを銀行のシステムを使って行うと考えると、システムが閉まるギリギリの時間に申し込むことは得策とは言えませんよね。

システムが閉まればお金のやり取りは直接の手渡し以外にできませんし、今は直接のやり取りは消費者金融の無人契約機くらいでしか利用できないでしょう。こちらも消費者金融の審査が終わっていなければ利用することはできず、結局即日融資は難しいということになります。

審査やお金の流通のシステム、そういったことを踏まえて考えると、申し込みに最適な時間帯は午前中、お昼まででしょう。これなら充分に時間が取れますし、夕方までには審査が終わり、審査に通過していればお金が指定口座に振り込まれることになります。

今はインターネットも発達し、申し込みがWEB上から手軽にできるようになっています。急ぎでお金を用意しなくてはいけないという瞬間に、手元のスマホをちょっと操作するだけで申し込めるのはとても便利ですね。

審査がそこまで厳しくないという風潮も……ただし記入ミスは注意!

消費者金融にしろ銀行にしろ、お金を借りる時には審査があります。この審査が曲者なんだ、と溜息をつく人も多いでしょう。きちんとした収入があるのに自営業だから審査に通らなかった、他社借り入れがあっただけでお断りされた……そんな声をよく聞きます。

お金に関連する審査は、闇金でもない限りきちんと行うものです。これは金融機関側の利益を保護するというだけではなく、利用者が返済に困らないようにという方針もあるからです。しかしこの方針が時として利用者の利便性を阻んでしまうのも確かです。

即日融資の審査は決して雑だったり、適当だったりするわけではありません。基本的なことはきちんと審査します。信用のない人に融資したところでトラブルになる可能性が高いわけですから、そこは甘くはないでしょう。(こちらもご参考にどうぞ→激甘審査で即日キャッシングができる所ってある?

しかしスピーディな審査を必要とするのもまた確かですから、即日融資に価するということを判断できるよう、各社で独自の審査方法を用いているのではないかと言われてます。審査が速いことは即日融資希望者には嬉しいことですよね。

この審査の段階で通過出来ず、いわば審査に落ちてしまった人というによくある話なのですが、原因が「申込書、申し込み画面の記入ミス」であることが大変多いようです。審査はこれだけで落ちてしまいますから、提出前には何度もしっかり見直すようにしましょう。

煩雑な手続き無し!他のキャッシングにはない簡単さ!

一般的にキャッシングの申し込みは提出書類や記入書類が多く、面倒だと言われていました。しかし今時の即日融資キャッシングはそういったことがまず有り得ません。手続きを最低限まで簡略化してあることがほとんどです。申込書、身分証明書があれば充分だと言われるくらいですよ。

身分証明書は様々なものがありますが、審査で確実に有効に扱われるのが自動車の免許証。原付でも問題ありません。公的な機関が公的に発行している身分証明書ですので、日本国内では最強ではないでしょうか。

他にも健康法検証が有効です。こちらも偽造することは難しいですね。日本国家そのものが発行しているものなので、運転免許証同様、スムーズに認められるものとされています。

人によってはそのどちらもすぐに準備できない場合があるでしょう。そんな時には公共料金の領収書を二枚以上用意すれば問題ありません。水道がオススメです。もちろん自分の名義であることが大前提ですので、そこは気をつけて下さいね。

どれも無理!用意できない!と言う人は、即日融資には間に合わないかもしれませんが、役所へ行って住基カードを発行してもらうようにしましょう。これはどんな時でも有効な身分証ですので、キャッシング以外の局面でも使えることが多く、持っていても損はありませんよ。

たまに「身分証がなくても貸します!」などという怪しげな業者の宣伝を(主にネットで)見るかもしれません。が、ほぼ10割の確率で闇金、違法業者ですので、決して手を出さないようにしましょう。身分証一枚ないだけで、人生の地獄を味わうことになりますよ。

即日融資のデメリットは?理解していればほとんどありません!

ここまでは即日融資のメリットを挙げてきましたが、平等にデメリットも見てみることにしましょう。良い点だけを羅列したところで比較にはなりませんし、参考にもなりませんよね。

便利で大変オススメしたい即日融資キャッシング、確かにデメリットと思われそうな点があります。キャッシングの時にはつきものの金利。即日融資はこの金利が一般的なキャッシング商品と比較して高めに設定されている、と言われています。

しかしよく考えてみて下さい。例え金利が高いとしても、これは他のキャッシングにはないサービスに対する手数料のようなものではないでしょうか。金融機関側は顧客の要望に応えるためにかなり短時間で作業をしますし、それなりの手間がかかることも確かです。

でもその金利のせいで返済が……と悩んでしまう人もいるのかもしれませんが、そこは計画的に利用していくために自分を戒めるきっかけにならないでしょうか。普段は他の低金利のキャッシングを使い、いざと言う時は即日融資。そんな使い分けも大切ですよね。

融資も色々…即日融資や借り換え融資について知っておきたいこと

お金の借り方にも色々な種類があり、その種類によって法律による制限などが設けられていることもあるのは、皆さんもご存知のことでしょう。今回のお話は、そのお金の借り方や種類にはどのようなものがあり、どのような規制がかけられるのかについてです。

専門用語に慣れよう!

サラ金・消費者金融・ノンバンク・カードローン・フリーローン・即日融資・借り換え・おまとめ・ビジネスローン…お金を借りる世界でも、多くの用語が使われています。しかし、それらの多くは専門用語ではなく、俗称あるいは商品名であることが多くなっています。

サラ金・消費者金融・ノンバンクの正式名称

個人向け融資で有名な「サラ金」「消費者金融」「ノンバンク」。これらは全て正式名称ではありません。世間でいつの間にか、誰かによって作られ広まった俗称なんです。「サラ金と消費者金融は別の物」と思っている方はいませんか?これら俗称は法律には一言一句登場してきません。

サラリーマンに向けた融資をしている会社だから「サラリーマン金融」と呼ばれ、それを縮めたのが「サラ金」。サラ金が一般消費者へ広く融資を行なうようになったので、「消費者金融」と呼ぶようになったので、「サラ金=消費者金融」なんです。しかし、どちらも正式名称ではありません。
(⇒確実に即日融資が可能なサラ金はどこ?

「ノンバンク」も銀行ではない、融資を行なってくれる会社全体を指す言葉として使われています。消費者金融だけでなく、信販会社や事業者ローン専門会社、リース会社で資金融資も行なっている会社などの業界を広くノンバンクと呼んでいるんですね。しかし、これも正式名称ではありません。

サラ金・消費者金融・ノンバンク業界に属する会社すべての正式名称は、「貸金業登録業者」あるいは「貸金業者」と言います。単純にお金を貸す業者だから貸金業者。そして、この正式名称で営業しているすべての会社は、「貸金業法」という法律によって規制や管理がされています。

貸金業者を規制する「貸金業法」とは?

ここからは、消費者金融とかノンバンクという言葉は使わず、正式名称の「貸金業者」という言葉を使います。初めは違和感もあると思いますが、これを機会に正式名称に慣れてくださいね。

貸金業者は「貸金業法」によって、様々な取り決めをされています。その取り決めは営業登録から融資の方法、やってはいけない行為と幅広く、かなり細かい部分にまで踏み込んだ内容もあります。「貸金業法」の主な内容は…

  • 営業登録や廃業の仕方、貸金業者になれない人の指定
  • 貸付や利息に関する決まり
  • 広告や取立てに関する制限
  • 行政による管理・監督
  • 「貸金業務取扱主任制度」の決まり
  • 貸金業協会や信用情報機関について
  • 紛争の解決について
  • その他諸々の決まり

となっています。ここまでで既にウンザリしてしまっている方もいらっしゃるでしょう。でも大丈夫です。書いてる私も少しウンザリしていますから(笑)。なので、この先は貸金業者による融資のお話に絞っていくことにします。

貸金業者が制限を受ける融資と受けない融資

「総量規制」という言葉は聞いたことがあるでしょうか。個人の年収に対して3分の1以上の貸付をしてはいけないというもので、貸金業者からの限度額の総額が対象になる規制です。これも、貸金業法によって設けられた規制のひとつなんです。

「貸金業法の規制」なので、銀行などの金融機関で借りるカードローンやフリーローンは対象外になります。簡単な例で説明すると…

年収300万の人が貸金業者A・Bの2社で50万ずつ借りていると、総量規制の上限100万円になっている。
年収300万の人が貸金業者A・銀行Cの2社で50万ずつ借りていると、総量規制の対象はA社で借りている50万円のみ。
年収300万の人が銀行C・信用金庫Dの2社で50万ずつ借りていると、総量規制の対象は0円。

同じカードローンやフリーローンでも、金融機関から借りるのと貸金業者から借りるのとでは、このような違いが生じるんですね。

総量規制の対象にならない融資

では、貸金業者から借りると全てが総量規制の対象になるのか?というと、それがそうではないんです。例えば…

  • 住宅の建築・改修を目的としたローン
  • 自動車の購入費用を目的とし、車の所有権を貸金業者が持つ場合のローン
  • 各種保険法に基づく高額療養費のためのローン
  • 個人顧客の利益の保護に支障が出ないローン
  • その他

上3つは簡単ですよね。いわゆる「住宅ローン」「自動車ローン」そして、利用目的が入院手術などの高額医療費支払いのための貸付は総量規制の対象外ですよ、ということです。また、「その他」の中には事業用の貸付、いわゆる「ビジネスローン」が該当します。

厄介なのが、下から2つ目の「個人顧客の利益の保護に支障が出ないローン」。この一文を読んだだけでは、「なんのこっちゃ」ですよね。これがいわゆる「借り換えローン」や「おまとめローン」と言われているローンなんです。

即日融資は総量規制の対象になる?

さて、それではさらに噛み砕いて説明をしていきましょう。もう疲れたという方、ここからは簡単に説明していきますので、もう少し頑張ってください!(本当は今までの部分もかなり噛み砕いてるんですけどね…)

通常のカードローンやフリーローンは総量規制の対象

先にも書いたように、銀行などの金融機関から借りるものには総量規制は一切かかりません。「銀行は貸金業者ではないので、総量規制を定めた貸金業法の影響は受けない」からです。問題は、貸金業者から即日融資を受ける時にどうなのかということ。

通常のカードローンやフリーローンは、総量規制の対象になります。それは、「総量規制よりも借り過ぎると、個人の利益の保護ができなくなる恐れがあるから」。単純に言うと、「借り過ぎちゃったら生活ができなくなっちゃうといけないでしょ?だから規制しますよ」ということですね。

即日融資で気をつけたいこと

即日融資を希望するということは、それだけ時間的な余裕がない状況にあるということです。それだけに「借りれるところならどこでもいい」という選定基準になってしまいがちですが、やはり最低限の条件と自分の借り入れ状況くらいは考えたいものです。(こちらもご参考に→即日融資のメリットとデメリット)総量規制の上限に達しないか、金利はこれでいいのかなど、一旦立ち止まって考えましょう。
(⇒即日融資キャッシングの仕組みについてもっと詳しく

借り換えやおまとめの仕組み

今利用しているローンをより好条件なローンに借り換える、あるいは複数社のローンを一番有利な金利でおまとめをする。これらの見直しは返済総額を減らす上でも非常に有益なものとなります。貸金業者からの融資でも総量規制の対象外になる、借り換えやおまとめローンについても理解を深めましょう。

なぜ借り換えやおまとめは対象外なの?

貸金業者各社にある主力ローン以外に「借り換えローン」や「おまとめローン」と名付けられたものがありますよね?大手だけでなく、中小規模の貸金業者でも取り扱っているこれらのローンは、多くが総量規制の対象外になります。

普通のカードローンやフリーローンと何が違うのか、よくわからないぞ!という方もいらっしゃるでしょう。では、先に書いた「個人顧客の利益の保護に支障が出ないローン」について、理解を進めていきましょう。

通常のカードローンやフリーローンが「借り過ぎちゃったら困るでしょ?だから規制かけます」というのに対し、借り換えやおまとめは「そうすることでお得(利益)になるんだから、規制はかけませんよ」ということです。

借り換えをする目的、おまとめをする目的は、「今の借り入れよりも有利な条件にするため」ですよね?金利が下がるとか、月々の返済額が減って家計にゆとりができるとか。つまり、利用者の利益になるローンだから、規制する必要はないんですね。

利用することで利益になるローン!?

借り換えやおまとめは、最終的に返済総額が少なくなることで「利益が出た」と言えるローンです。金利が下がるのは無条件で有利になることですが、返済額が減ったからといって喜んでいてはいけません。1回の返済額が減るということは、最終的に前より多くの利息を支払う可能性があることに気づいていますか?

「毎月の生活が楽になるから、返済額が多くなっても構わないよ」とお考えであれば、それもまたひとつの生活術としてアリなのでしょうが、できることなら返済総額をよくシミュレーションして、月々の返済も支払い総額も減らせる計画を立ててみてはいかがでしょうか。せっかく借り換えるんですから、徹底的にお得なものを選びましょう!

【参考ページはこちら】
即日融資キャッシングの審査に通るための条件とは

ここまで便利にお金を借りられる!人気の即日融資とは?

最近は、本当に様々な形態でお金を借りることが出来るようになっていますよね。今までお金を借りるとすればやはり住宅ローンや車のローンなど、大きな金額を借りて何年もかけて返済する…そんなイメージのものが殆どでした。

しかし、今はよりわたしたちにとってお金を借りることは身近になっています。クレジットカードを使ったショッピングや、キャッシュカードを利用したデビッドカードは既に生活の中で一部として根付いているといっても過言ではありません。そしてキャッシングやカードローンなどの少額の借り入れは昔とくらべてとても近くに感じられるようになったのではないでしょうか?

これらでもキャッシング、カードローンについては非常に目覚ましい発展といいますか、よりわたしたちの生活へ近づいているように感じられます。昔はサラリーマン金融やヤミ金などのマイナスイメージが強く、非常に敬遠されているものでしたが、最近は大手の銀行なども個人向けの少額融資を積極的に行うようになり、お金を借りることがおかしいことではない、といった雰囲気さえ感じられるようになりました。

その発展にともなって、キャッシングやカードローンはより利用者にとって使いやすいサービスをどんどん打ち出しているように思えます。その中で最近アツいのは「即日融資」ですね。

ただこの即日融資、最近急に地位を獲得したといいますか、表に出てきた印象がありますので、即日融資に対してこのような印象を持っている方も結構いるのではないでしょうか?

  • なんとなく言葉から意味はわかるけど、実際即日融資というのはどういうことを言うの?
  • 即日融資を受けるには何か特別なことをしなければならないの?
  • どうして短時間で審査が出来るの?
  • 即日融資を受けるメリットって何かあるの?
  • 逆に即日融資にはデメリットは存在するの?

このような、即日融資って何?から実際使う際のアドバイスまで、今回の記事では段階を踏んで解説させていただきます!

そもそも即日融資ってどんなことを言うの?

単語の並びからだいたいの想像はつくかとは思うのですが、即日融資とは「申し込んだその日にお金を貸してくれる(融資してくれる)」という意味です。最近まではお金を借りるにはどうしても審査に1日~1週間ほどかかってしまい、お金がすぐに必要な時に間に合わない…なんてこともありました。

しかし、今では申し込んだその日にお金を借りることが出来ますので、急な出費にも対応しやすくなったというわけですね。もちろん即日融資をしてもらうにはある程度条件やタイミングは必要になってきますが、「この先お金が必要になるかもしれないからカードローンを契約しておこう…」と思いつつ、「実際お金が必要になるかわかんないからいいや」と思って契約するのを先延ばしにしていた、ちょっとモノグサな方にとっては非常にありがたい話ではないでしょうか!

しかもその利用方法もより便利になっています。昔はその日のうちにお金を借りようと思ったら店舗にいって契約するか、無人コーナーなどで契約するしかありませんでした。わざわざ足を運ぶ必要があるので、近くに店舗や契約機がないという方や人にお金を借りるところを見られたくないという方は利用できない手段でした。しかし今はインターネットが非常に発達していますから、家でゆっくりとホームページを通じて申し込んだり、スマートフォンからも申し込めるので出先からでも簡単に即日融資が可能になりました。

即日融資を利用するために、何か特別な方法が必要?

その日にお金を借りることが出来る「即日融資」。非常に魅力的に感じた方もいるのではないでしょうか。では、実際即日融資を利用するためには何か特別な申し込み方法や条件が必要なのか?という点が疑問として上がってくるかもしれません。

その点につきましては大丈夫!基本的に「即日融資」に対応しているカードローンなどの商品は特別な申し込みをしなくても審査が早い商品になっています。ですのでわざわざ「今日中に借りたいのですが」と断りを入れる必要はありません。場合によっては申し込みをした1時間後にはもうお金を借りられる状態になっていた…なんてこともあるみたいですよ。

カードローン会社によってはすべての商品が「即日融資OK」なところもありますので、特に即日を希望していなくてもその日のうちにお金が借りられるようになります。個人的な好みかもしれませんが、できるだけ早く事が済むというのは利用者としてはとってもありがたいですよね。

でも、どうしてそんなに早く審査が完了するの?

それまでの審査では即日というイメージはあまりなく、1日や2日くらい審査に時間がかかるイメージがありました。しかし今では即日が当たり前というくらい、様々な会社が即日融資を可能としています。一体どうしてそんなに審査が早くなったのか、ちょっと疑問に思うところですよね。

カードローン会社はそれぞれ独自の審査基準を持っていたり、借入金額が大きい場合などはまた勝手が違いますので確実にこうなんだ!といえる部分ではありませんが、どうして審査が早くなったのか予測することは可能です。

考えてみますと「貸し出す金額が少額である」ことがポイントになります。こと住宅ローンの場合はどうしても借り入れの金額は1000万円を超えることがほとんどですよね。仮に2000万円を貸し出すとして、これを殆ど審査をしない状態で「貸しますよ」と貸した場合、どれだけの人が返済できるか読むことは出来ません。10人に貸したとして、半分返済が滞ってしまったとすれば、単純計算して1億円の損になっていまいます。これは大きな損額になりますよね。

そうならないためにも大きな金額を貸す場合は非常に慎重に調査や審査を行います。お金を借りる方も土地の権利書など非常に沢山の種類の書類を提出する必要がありますし、審査の結果が出るまで1ヶ月近くかかることも珍しくありません。それだけ審査をしっかりとしていると言えます。

対してカードローンの場合、ほとんどの人の借り入れ金額は50万円未満です。分母がその分多いですが、返済できないほどの金額か?と言われればそうではありませんよね(それでも返済できない方というのは一部いらっしゃいますが)。ですのである程度ざっくりとした審査でも問題ないということなんです。

もちろんそれでもザルのような審査は行いません。きっちり年齢や年収をチェックし、他の会社から借り入れはしていないか、これまでに何かトラブルを起こしたりしていないかはきちんと確認をします。多くの会社で使われるのは「スコアリング」という形式で、その人の属性などを見て点数をつけていき、基準の点数を上回ったら貸し出しOK、とするものです。このあたりはシステム化すればスムーズに審査を行うことが出来ますので、審査スピードの向上に大きく貢献していると思われます。

まとめると、1口が少ない金額なので審査基準がそんなに厳しくないこと、審査がスコアリングでスムーズに行うことができること…それが審査スピードが早くなった要因になると予測できます。

☆ちなみに…「属性」とは?☆

上記の文章で「属性」という単語が出てきましたが、この「属性」とは、その人のプロフィールや環境などを含めたことを言います。例えば「男性、未婚、25歳、会社員、年収300万円、勤続3年、持ち家なし」といったプロフィールが「属性」になるわけです。「男性、既婚、45歳、会社員(部長職)、年収540万円、勤続23年、持ち家有り、固定電話有り」という属性を持つ人は、前者の25歳の男性より「属性がいい人」となり、よりいい条件でお金を借りることが出来たり低めの金利で借りられる可能性があります。

即日融資を利用するメリット!手軽で便利なのが大きな魅力

それでは、次に即日融資を利用するメリットをざっと挙げてみましょう。それぞれ細かくまた解説していきますよ。

  • 借りたいと思ったその日にお金が手に入る気軽さ!
  • 待ち時間が無くストレスフリーでお金が借りられる
  • 大手の会社でも即日融資OKなので安心感◎

借りたいと思ったその日にお金が手に入る気軽さ!

やはり一番のメリットはこれでしょう。昔は急にお金が必要になったとしても、クレジットカードのキャッシング枠を利用してキャッシングするか、銀行で自分の預金口座からお金を引き出す、友達や親からお金を借りる…くらいしかその日にお金をなんとかする手段はありませんでした。

しかし、即日融資が出来るカードローンを利用すれば、お金が必要になったその日にお金を借りることが出来ます!一定の金額(50万円)以下であれば運転免許証などの身分証明証さえあればすぐにお金を借りることが出来ますので、出先で急にお金が必要になってもすぐに借りられる点も嬉しいポイントですよね。

即日融資に限らずカードローン全体に言えることではありますが、友達や知人からお金を借りるとなるとなかなか言い出しにくいですし、最悪その友情や縁にヒビが入ってしまう可能性もあります。でもカードローンであればそのようなしがらみがなく、自分の借りたい分だけのお金を借りられるところも魅力ですね。

☆ちょっと注意☆

消費者金融系カードローンで1社から51万円以上、他社との借り入れと合わせた合計が101万円以上になる場合は、別に収入を証明する書類を提出しないとお金を借りることが出来ないから注意してくださいね!

待ち時間が無くストレスフリーでお金が借りられる

結果が出るのを待つという行為はどうしてもそわそわして気持ちがそちらにいってしまうもの。通販を利用した時なんかも「いつ来るのかな」なんて思わず荷物が届くまで考えてしまうこと…ありませんか?

通販の場合はほぼ確実に品物が手元に届くからまだいいですが、カードローンの場合は審査に落ちてしまうとまた次のことを考えなければいけませんし、急いでいるときほど最悪否決でもいいから早く結果が出てほしいと思ってしまいますよね。

即日融資の商品であれば、最短で20分~30分で審査結果が出ますので、仮に否決してしまったとしても次の手を考える時間は十分に取れますし、可決したのであればほっと一息。ソワソワする時間が短いのはストレスの軽減にもつながります。

大手の会社でも即日融資OKなので安心感◎

お金を借りる上で大切なものはたくさんありますが、その中でも「安心感、信頼感」は外せません。やはりお金に関することですから、ただでさえトラブルになりやすいもの。できるだけそんなことはないように安心感を持てるところでお金を借りたいですよね。

即日融資に関して、「安心出来るところで借りたい」と思っている方には朗報です。

大手のカードローン会社や銀行でも最近では即日融資OKなところがかなり増えてきているんです。お金を借りる条件として「大手である」というところを外したくないという方も多いはず。その条件をバッチリクリアしながらもお金をすぐ借りることが出来るようになりました。

しかも大手1社や2社だけではなく、大手であればあるほど即日融資が可能になってきていますので、セレクトする楽しみも増えました。「即日融資だからここしか選べない」ということがありませんのでより自分のニーズに合ったカードローン会社を選ぶことが出来ます!

即日融資を利用する際のデメリットは?注意点は?

ここまで即日融資はどのようなものか、即日融資にはどのようなメリットがあるのかをざっと説明させていただきました。それでは逆に即日融資を利用する際のデメリットや注意点はどのようなものなのか?こちらについてもしっかりと説明させていただきます。

まず最大の注意点としましては「必ず即日融資が行われるわけではない」、これを念頭に置いて考える必要があるところです。どのような場合即日融資が出来ない(出来ない可能性がある)のかを並べてみますと

  • 借り入れ金額が大きい時
  • 申し込みの際に書類不備があったり在籍確認が行えない時
  • 即日融資ができる時間を過ぎてしまった時
  • 繁忙期など申し込みが多い時

このような場合はその日のうちに融資してもらえない可能性があります。簡単ですがひとつずつ説明していきましょう。

借り入れ金額が大きい時

消費者金融のカードローンであれば50万円を超える、他社との借り入れと合わせて100万円を超える場合、銀行のカードローンであれば銀行が定めた金額を超える額を借り入れる場合は収入を証明する書類が必要になります。それだけカードローン会社側にとっては審査に慎重になる案件になるとも言い換えることが出来ます。そのため審査を少額の借り入れを希望する方と比べるとしっかりと行う可能性がありますので審査時間が長くなり、その日のうちに借りられなくなってしまう可能性も考えられます。

申し込みの際に書類不備があったり在籍確認が行えない時

こちらは即日融資に限ったものではありませんが、申し込みの際に書類に不備があった場合や、在籍確認が行えなかった場合は審査を行う、もしくは審査を完了させることが出来ません。

審査が完了できないと、その分審査結果が出るのが後ろにずれ込んでしまいますのでその日のうちにお金を借りることが出来なくなってしまいます。スムーズにお金を借りるためにもきちんと見直しを行う、勤務先が在籍確認出来る状態にある(休みではない)日をセレクトしましょう。

即日融資ができる時間を過ぎてしまった時

即日融資を受ける際に一番気をつけてほしいのはこちらです。「その日のうちに申し込んで契約をしておけばいつでもお金を借りることが出来る」と思ってしまいがちですが、インターネット上などで契約(※申し込みではありません!)をした場合、銀行の口座に振り込んでもらう方法でしかお金を借りることが出来ません。(こちらもご参考にどうぞ→インターネットで確実に即日融資を受ける方法)ATMなどでお金を借りたい場合は「ローンカード」が必要になるからです。

銀行の口座に振り込んでもらうには、銀行が動いている時間に「お金を○○円振り込んでください」とお願いしないといけないのですが、その時間は「15時より前」に終了することがほとんどです。

ですから、仮に15時に契約した場合、銀行振り込みはもうその日には出来ない…ということになってしまうんです。せっかくその日のうちに契約が出来ても振込が出来ないと即日融資とは言えませんよね。

もちろんこちらも会社によっては19時まで振込OKとしているところなど会社によって様々ですので調べてみるのもよいでしょう。
(⇒即日融資や借り換え融資について知っておきたいこと

☆その日のうちにATMでお金を借りるには?☆

ATMやキャッシュディスペンサーからお金を借りるには「ローンカード」が必要になります。ローンカードをその日のうちに発行してほしいのであれば契約を「店舗」もしくは「自動契約機・契約コーナー」のどちらかで行いましょう。その場でローンカードを発行してくれますのでATMの営業時間中なら借り入れが可能です。自動契約機なら夜の9時くらいまで営業していることが多いので仕事帰りでもOK!

繁忙期など申し込みが多い時

多くの人がお金が必要となる時期はある程度決まっています。3月~5月くらいの環境が大きく変わる時期や長期休みの時期、年末年始などです。1日に処理できる件数の限界を超えてしまうと、審査自体が翌日以降になってしまう可能性もありますから、可能であればこのあたりは避けて申し込んだ方がいいでしょう。

即日融資に向いている人、向かない人

ここまでざっとですが即日融資はどのようなものか、どのように便利なのか、またどの点に注意して利用しなければならないのかを書いてきました。

それらを踏まえて、即日融資を利用するのに向いている人、逆に即日融資を利用するのに向いていない人はどのようなタイプの人なのか、個人的な意見も踏まえてリストにしてみました。

即日融資に向いている人

  • スピーディーに物事を進めたい人
  • 急にお金が必要になった人
  • 多少フットワークを軽く出来る人
  • お金を借りることができればある程度の金利でも問題ない人

基本的にどなたでも即日融資は利用して損はないと思っていますが、あえてリストアップするならこのような形になるでしょうか?

ゆったりとした流れよりもスピーディーな流れで物事を進めたい、ちょっとせっかちな方にもおすすめです。即日でローンカードで利用したいのであれば契約機もしくは店舗にいく必要がありますので、フットワークの軽い方のほうが向いているとも言えます。

即日融資に向いていない人

  • 慎重に利用するカードローン会社を選びたい人
  • 何かあった時のために事前にカードローンを契約しておきたい人
  • 家から一歩も出ずに契約を終わらせたい、契約機などにいくのは面倒という人
  • 金利は0.1%でもこだわって低くしたい人

スピード感が重視される即日融資ですが、それと逆を求めている方はやはり即日融資のカードローンに向いているか?と聞かれると強く推薦するまではいきません。「いろいろじっくり見てみたほうがいいよ」とアドバイスすることになるでしょう。

じっくりと時間をかけて会社を選びたい場合、その日にお金が必要になってもその日のうちにお金を借りることが出来なくなってしまう可能性もありますし、契約機などにはいきたくない、ネット上だけで終わらせたいという場合は振込時間までに契約を終わらせて、入金をお願いする必要がありますので多少時間の制約が生まれてしまいます。そういった時間の制約が煩わしいと思う方も一定層でいると思いますので、そのような方には即日融資はおすすめ出来ない点だと思います。

また、金利が低い商品は即日融資が出来ないことも多く、すこしでも金利を低くしたい場合は即日融資の商品は避けたほうがいいかもしれません。(中には即日融資でも金利が低めに設定されている商品もあります。基本的には平均的な金利といえるラインが多いです)より支払う利息を少なくしたいという方は、幅広くカードローン商品を検討する方がおすすめです。

お金が必要!どうしたらいい?即日融資の基礎知識を教えます

お金が必要な時にどんなところで借りたいですか?どうせ借りるなら簡単に、すぐに借りられるところがいいですよね。「すぐに借りる」と言えば即日融資です!しかし、即日融資は誰でも、どこでも、いつでも借りられるわけではありません。きちんと基礎知識を身につけて急な時でも慌てず申し込めるようにしておきましょう。

即日融資ってどんなこと?

お金を借りようと思ったら即日融資って言葉を耳にしたコトありますよね。そう、言葉の通り「即日=申し込んだ当日」に「融資=お金を借りる」コトですね。つまり、すぐにでもお金が必要ってときには即日融資を利用するとお金がすぐに手に入るのです。銀行、消費者金融、どちらで借りようと思っても即日融資をしているところはあるので、すぐにお金が必要な時にはまずは即日融資に対応している所なのか必ずチェックしましょう。

即日融資の申込み方

即日融資と聞けば、Webで申し込むことが主流です。すぐに申し込めて相手にもすぐ届くのでお互いのコミュニケーションを取るのにWebだと時間がかかりません。郵送となると、どうしても郵送時間がかかるので即日融資は不可能ですね。Web上で申し込みから契約までして銀行振り込みで自分の口座に入金してもらうという方法ですね。他にも申し込みだけWebで行い、その後無人契約機で手続きをしてカードを受取ってATMから借り入れするという方法もあります。

中には電話から申し込みをしてFAXでやり取りをして自分の口座に振り込んでもらうという方法もあります。コンビニでもFAX書類を受取れるので家にFAXが無いからムリというコトはありません。もちろん電話で申し込みをして、その後に無人契約機に行くという方法もあります。パソコンやスマホの操作が苦手と言う方にはオススメですね。

  • Web契約一指定口座に振込み
  • Web契約一無人契約機一ATMから借り入れ
  • 電話一FAX一指定口座に振込み
  • 電話一無人契約機一ATMから借り入れ

間違えやすい「即日審査」

即日融資を利用しようと思って、「即日」の言葉があればどこでもその日のうちに借りられると思っていませんか?「即日」の中には「即日審査」という言葉もあります。「即日融資」と「即日審査」似ていますが全然違います。即日審査では「審査はすぐにしますけど、融資がすぐにできるかは別です」と言うもの。つまり、即日審査=即日融資ではないのです。審査結果は即日で出たけど、その後に手続きで1週間かかるというところもあります。そうなると、その日のうちに借りることはできませんよね。

即日融資では銀行振込みですぐに自分の口座へ入金してもらう方法が一般的です。しかし、銀行振り込みに対応していない所やATMから借り入れをしたい場合にはカードが必要になります。カードをATMに挿入して借り入れをするという方法ですね。そうなるとカードが手元に届かないとお金を借りることができないというコトになります。そのカードを受取る方法に郵送しかない場合では、どうしても日数がかかってしまうのです。郵送以外の受け取り方法があるかどうかがチェックポイントとなります。

即日融資 プロミス レイク アコム
Web
電話
無人契約機
郵送 × × ×

表からも分かるように、郵送では即日融資は絶対にできません。書類やカードなどを郵送の必要がある時には即日融資はできないことになります。すぐにお金を借りたい時には、即日融資なのか、即日審査なのか、郵送の必要はないのか十分に確認する必要があります。
(⇒即日融資はメリットがいっぱいあるサービス?

  • 「即日融資」とハッキリ書いてある

借りたい当日の午前中に申し込み

どこで借りようか悩んでいたら結局借りないといけない日になってしまった!「ヤバい!今日中に借りられる?」なんて事になってしまっても即日融資があるところなら大丈夫です。慌てずにすぐ申し込みをしましょう。借りたい日の当日でも午前中の申し込みなら間に合います。

なぜ午前中の申し込みなら間に合うのか

金融機関の窓口が開いているのは15時までですよね。そのため、消費者金融や銀行でお金を借りようと思ったら当日の14時までに申し込み、審査、手続きまでが完了している場合には即日融資ができるようになっています。細かく見ると消費者金融や銀行によっては手続き完了の時間が14:50までだったり12:00までだったりするので、気になる金融機関の情報をしっかりチェックしましょう。また審査や手続きに時間がかかる可能性もあるので午前中に申し込みをするのが安心です。

パソコンやスマホなどのインターネットで申し込みをするなら24時間申し込みを受け付けしているところが多いので、真夜中でも思い立った時に申し込みをしておくと安心ですね。

審査は最短30分と書いてある所もありますが、申し込む人が殺到する時期や、時間帯によっては審査時間が長くなります。そのため、少しでも早く申し込むのが即日融資のコツですよ。また、手続きで本人確認書類は必ず必要となります。そのため、運転免許証などの本人確認書類をあらかじめ手元に置いてから申し込みをすると探す手間も省けますね。

申し込みには本人確認書類が必要

基本的には本人確認書類は運転免許証があれば大丈夫です。ただし、中には免許を持っていないという人もいますよね。そういった人は健康保険証やパスポートで代用できます。それから、引越したばかりでまだ免許証の住所変更をしていないという人でも大丈夫です。万一、本人確認書類と現住所が違うのなら以下のいずれかの書類を一緒に提出しましょう。

  • 公共料金の領収書(電力会社・水道局・ガス会社・NHKなど)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

他にも各金融機関によって

  • 国税・地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 印鑑証明書

などの書類があげられています。いずれにしても発行日から6ヶ月以内のものとなっていますので発行日にも気をつけましょう。

Web契約の場合では、こういった書類の提出は携帯電話のカメラ機能を使って画像化して、指定のメールアドレスへ送付したり、スマホのアプリを利用して送付したり、といった方法で簡単に送ることができます。コピーする手間も省けるのでラクですね。

借りたい日の午後になってしまったら…

14時までの手続き完了が間に合わなかった…もう今日中に借りれないの?

万一、14時までに手続きが間に合わなかった時でも諦めるのはまだ早い!無人契約機の利用があります。無人契約機では営業時間内ならその場でカードが発行でき、ATMから借入れができます。

受付時間 プロミス レイク アコム
平日・土曜 9:00~21:00 8:45~24:00 9:00~2::00
日曜・祝日 9:00~21:00 8:45~22:00 9:00~21:00

*レイクでは初めてのお客さまへの当日融資は8:45~21:00までの受付となっているので注意が必要です。また第3日曜日は8:45~19:00までとなっています。

もちろん他の金融機関にも無人契約機や自動契約機がありますので、他社で借りたい時には受付時間を調べてから行くと無駄足がなく安心ですよ。

無人契約機の場合では自分の行動範囲に無人契約機があるのかどうかが問題になってきます。各社ホームページには無人契約機の設置場所が載っているので、「確かあそこにあったハズ…」といった、あいまいな記憶で行動せずに時間がない時ほど慎重に調べて行動しましょう。「あったと思ったのに、行ってみたら無かった…」では笑えま”せんよ!無人契約機で申し込む時には本人確認書類を忘れずに持っていきましょう。

  • 「即日融資」とハッキリ書いてある
  • 当日午前中までの申込み
  • 当日午後なら無人契約機を利用

入力情報は正確に!

急いで借りようと思うと、どうしても慌てがちになってしまいますよね。慌てると入力ミスや誤字・脱字にも気づかないことがあります。これでは、審査をする側が読みにくいだけではなく審査に通らない原因ともなってしまいます。慌てて申込みをする時には、すぐに入力内容を送信するのではなく、最低一回は読み直しましょう。自分は大丈夫だと思っている人ほど気を付けたいものです。

入力ミスは情報が怪しくなる

では、なぜ入力ミスや誤字・脱字がいけないのか?

カードローンやキャッシングでお金を借りようと思ったら担保や保証人は不要となっていますよね。これがカードローンやキャッシングの借りやすいメリットなのですが、担保や保証人なしでなぜ借りられるのか考えたことはありますか?

これは、申込みした人を信用してお金を貸してくれるのです。では、どうやって申込みした人を信用するのかと言えば、申込内容を見て収入面から返済できるのかどうかを判断して、返済意思があるのかどうか、更には人柄まで判断します。そのため、申込み内容の情報は重要なのです。入力ミスや誤字・脱字があると真剣に借りたいのかどうかに疑問が生じますよね。また、誠実な人といった判断ができませんよね。そうなると、申込み内容に記載してあることは本当のことなのかといった事にも疑問が生じることになるのです。

本気ですぐに借りたい時には何度か見直しをしてから申し込みをしましょう。

  • 「即日融資」とハッキリ書いてある
  • 当日午前中までの申込み
  • 当日午後なら無人契約機を利用
  • 入力情報は正確に

以上のことが即日融資を希望するなら知っておきたい基礎知識です。これらのことを踏まえて急な時でも慌てずキャッシングに申し込んでくださいね!

即日融資に落とし穴?絶対今日借りたい人が知るべきポイントとは

どうしても今すぐお金が借りたい!急いでいるあなたにとって、即日融資が受けられるカードローンはとても心強い存在です。そこですぐに申し込んで、ほっと一安心。間に合ったと思ったのに、なぜかその日のうちにお金が借りられなかった!?そんなこともあるのです。

なぜそんなことになるの?実は、即日融資という言葉には落とし穴があるんです。正確に言えば、条件を満たしていれば即日融資が受けられますよということなんですよね。では、その条件って何?知っていれば即日融資の落とし穴に嵌まらずにその日のうちに借りられる、そんなポイントをQ&A形式でお伝えします!

Q&Aで確認する、絶対に即日融資を受けるためのポイント

それでは、即日融資についての疑問を持った人から寄せられた質問とそれに対する回答を元に、即日融資を受けるために気をつけるべきポイントを確認したいと思います。

どのカードローンでもいいの?

Q.即日融資を受けたい時は、どのカードローンに申し込んでも大丈夫ですか?

A. 即日融資が受けたい場合は、即日融資対応のカードローンに申し込む必要があります。

同じカードローンでも、スピードを重視のところもあればそうでないところもあります。一般的には消費者金融のカードローンの方がスピーディーだと言われますが、銀行でも即日融資ができるところもあります。(こちらもご参考に→銀行で即日融資をする際の注意点)それでは、大手の消費者金融系・銀行系のカードローンで、即日融資に対応しているものを見てみましょう(50音順)。

消費者金融系

  • アイフル
  • アコム
  • ノーローン
  • プロミス
  • モビット

銀行系

  • 新生銀行カードローンレイク
  • みずほ銀行カードローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック

ここで一つ注意点があります。それは、ホームページ上には即日融資と書いてあっても、実際どのような手続きをすればいいのかわかりにくいカードローンもあるということです。中には、即日審査回答はできても融資はできないところあります。即日融資を受けたいということは急ぎの借り入れですよね。それなのに、案内がわかりにくかったら思わぬ時間を取られてしまいます。

そこで、即日融資を受けるためには、お金を受け取るところまでその日のうちにできる申し込み方法がわかりやすく示されていることを確認してから利用しましょう。

申込み方法が関係あるの?

Q.カードローンの申し込み方法っていろいろありますが、どの方法で申し込んでも即日融資は受けられますか?

A. 即日融資に対応している申し込み方法とそうでない方法があります。申し込み方法によっては即日融資が受けられないことがあるので要注意です。

大手のカードローンなら、インターネット経由・電話・ファックス・自動で契約ができる機械(会社によって呼び方が変わるため以下契約機と表記します)・郵送などの方法から利用したい方法を選んで申し込みができるものです。

しかし、郵送で申し込んだら書類が到着するまでに時間がかかるのは誰が考えてもわかりますが、そのようにはっきりわかる方法以外でも、カードローンによっては即日融資に対応しているのはこの方法と決まっているものもあります。それを知らずに別の方法で申し込むと、せっかく即日融資に対応しているカードローンに申し込んだのにその日のうちにお金が借りられなくなります。

いつ申し込んでもいいの?

Q.夕方になって、急にお金が必要なことがわかりました。即日融資ができるカードローンならいつ申し込んでも大丈夫でしょうか。

A. 即日融資を受けるためには、決められた時間内に手続きを済ませる必要がありますので、申し込む時間によっては即日融資を受けることはできません。

カードローンによって違いはありますが、どのカードローンでもこの時間までに手続きをしなければ即日融資ができないという決まりがあります。また、同じ商品でも手続き方法によって指定時間が変わってきますので、よく確認してから申し込みましょう。

契約機を利用した場合、窓口やインターネット経由での審査可能時間よりも遅くまで受け付けをしていますので、遅い時間にお金が必要だと思った場合、契約機を利用すると間に合うことがあります。

ここで注意が必要なのが、時間内に申し込んでも、手続きが全て終わらなければ即日融資を受けられないということです。指定の時間ギリギリになってから行くと、手続き完了までに指定時間が過ぎてしまうことがありますので、気をつけましょう。

また、インターネット経由なら申し込みが24時間できるため、お金を借りることもできるだろうと思われがちなのですが、審査結果の連絡は何時から何時までと決められていますので、申し込み時間と勘違いしないようにしましょう。

何か必要なものはありますか?

Q.急いでお金を借りたいのですが、手元にないものが必要だったら困るので教えて下さい。カードローンの申し込みに必要なものはありますか?

A. 本人確認書類は必ず提出を求められます。借り入れ希望金額が高い場合は、収入証明書も必要です。

それぞれの書類としてどのようなものが有効かはカードローンによって違いますので、事前の確認が必要です。本人確認の書類としては運転免許証、健康保険証、パスポートなどが利用されます。また、収入証明書としては、源泉徴収票、給与明細書などが求められます。

Q&Aから知る、即日融資を受けるためのポイントまとめ

以上のQ&Aからわかった、即日融資を受けるために確認するべきポイントをまとめます。

  • 即日融資に対応したカードローンですか?
  • 即日融資が受けられる方法で申し込んでいますか?
  • 即日融資を受けるためのリミットとなる時間を守れますか?
  • 必要な書類は手元にありますか?

これらを守った上で、申込みをしてください!

即日融資を受ける際のその他の注意点

即日融資を受けたい場合、これまで見てきた条件に加え、他にも注意すべき点があります。それは、これまでの条件を守っていても、次のような点で不備があれば融資が受けられないこともあるからです。そこで、その他の注意点について確認しておきます。

情報が正確に伝わるようにしよう

カードローンの審査は、書類に記入された内容を元に行われます。そのため、書類に不備があるとそれを確認する手間が発生して必要以上に時間がかかることになります。

それから、書類に不備が多いと場合によっては審査に落ちることもあります。正確な審査ができなくなることもありますし、ミスが多いことで信用面を疑問視されるため、審査に通らない可能性が出てくるのです。急いでいる時ほどミスしがちなので、慎重に正確に申込書に記入することがポイントです。

提出を求められた書類は、きちんと提出しよう

本人確認の書類は、他の人が不正に申し込むのを防ぐために大切なものですし、書類に記載されたことに間違いがないかどうかを確かめる意味合いもあるものです。そこで、求められた書類はきちんと提出しなければいけません。

直接書類を提出する時に間違ったものを出さないことはもちろんですが、インターネット経由で書類を提出する際には、書類そのものを見せる時とは違って注意しなければいけない点があります。それは、読み取れない画像を送らないということです。

インターネットを通して書類を送る場合は、画像を通して見ても相手がきちんと読み取れることが必要です。そのため、ぶれた画像や一部が欠けた画像、文字が読めない画像などは再提出が必要となります。そうなると、審査に時間が掛かってしまいます。

必要な金額だけ借りるようにしよう

借入希望金額が高い場合、必要書類が増えることからもわかるように、審査がより慎重になり時間がかります。それを避けるためにも、本当に必要な金額だけを借りるようにしましょう。

実際に即日融資を受けるために、カードローンごとの申し込み方法を見てみよう

それでは、実際に申し込みをしたいと思った時にどうすればいいのか、具体的に確認したいと思います。上記で紹介したカードローンについて、即日融資が受けられる申し込み方法を見てみましょう。

消費者金融アイフル

店舗営業時間 契約機名称・営業時間 収入証明が必要な金額
店舗での契約無し 契約ルーム(9:00~21:00) 50万円超

即日融資ができる申し込み方法

  • インターネット経由
  • 電話(女性専用ダイアル有り)
  • 契約ルーム

アイフルは店舗を持っていますが、原則店頭での融資は行っていません。不動産担保ローンの時のみ例外的に店舗で融資が行われます。

インターネット経由の場合、最短30分での審査結果連絡後インターネット上で契約し、口座への振り込み予約をする方法(平日14:10までに手続き気が必要)と、契約ルームで契約し、発行されたカードを利用して借り入れする方法が選べます。

電話申し込みの場合、振り込み予約(平日14:10までに手続き気が必要)によって当日中に融資を受けることができます。

契約ルームの場合、その場で申し込みからカードの発行まで行え、最短30分でカードの発行ができます。

消費者金融アコム

店舗営業時間 契約機名称・営業時間 収入証明が必要な金額
9:30~18:00 むじんくん(9:00~21:00) 50万円超

即日融資ができる申し込み方法

  • インターネット経由
  • 電話
  • 店頭
  • むじんくん

インターネット経由で申し込むと、審査結果連絡後(審査結果連絡時間は9:00~21:00)インターネット上で契約し即日振込によって借り入れをすることができます。契約は店頭窓口とむじんくんで行うこともできます。スマホや携帯は、機種によって手続ができないことがあるので注意が必要です。

電話申し込みの場合、審査結果がその場で聞けます。その後、店頭窓口またはむじんくんで契約します。パソコンもしくはコンビニで契約書類を取り出すことによるファックスでの契約も可能となっていますが、その場合は14:00までに契約書類を提出することが即日融資を受けるための条件です。

店頭窓口もしくはむじんくんの場合、その場で全ての手続きをすることができます。インターネットであらかじめ申し込んでおくことによって、契約までの時間を短縮することができます。

最短で契約したい場合、インターネットか電話で先に申し込んでおいて、店頭窓口・むじんくんで契約するか、ファックスで14:00までに契約書を送信するかの方法がお勧めです。

消費者金融ノーローン

店舗営業時間 契約機名称・営業時間 収入証明が必要な金額
店舗での契約無し レイク自動契約を利用(8:45~21:00) 50万円超

即日融資ができる申し込み方法

  • インターネット経由
  • 電話
  • レイクの自動契約機

インターネットで申込みをすると、審査結果(審査回答時間9:00~20:30)の連絡がメールであります。電話で申し込みをした場合、審査結果の連絡が電話であり、希望の金額や口座の情報などが聞かれます。その後手続きを済ませて即日振り込みを受けることになります。ただし、手続の完了が12:30(楽天銀行の口座を持っている場合は17:00)以降になると即日振り込みを受けることができませんので、早目の申し込みが必要です。また、即日振り込みを希望する場合、事前に本人確認書類の提出が必要です。申込み後、レイクの自動契約コーナーを利用しての契約も可能です。

申し込みにレイクの自動契約コーナーを利用することもできます。即日キャッシングを希望する場合は、20:30までに来店することが必要です。

消費者金融プロミス

店舗営業時間 契約機名称・営業時間 収入証明が必要な金額
10:00~18:00 自動契約機(9:00~21:00) 50万円超

即日融資ができる申し込み方法

  • インターネット経由
  • 電話
  • 自動契約機(SMBCローン契約機の利用も可能)
  • 店頭での申込み

インターネット申込み(自動審査可能時間9:00~20:00)の場合、Web契約・自動契約機または店頭での契約のどちらかで契約を済ませます。Web契約の場合は振り込み(平日14:50までに手続きを済ませた場合のみ当日振り込み)、来店の場合はカード発行後カードを利用しての借り入れとなります。電話での申し込み(受付時間9:00~21:00)の場合、その後自動契約機か店頭で契約をします。申し込みに自動契約機や店頭を利用した場合、その場で契約からカードの発行まで可能です。

消費者金融モビット

店舗営業時間 契約機名称・営業時間 収入証明が必要な金額
店舗なし ローン申込機(8:00~21:00) モビットから求められた場合

即日融資ができる申し込み方法

  • インターネット経由
  • ローン申込機
  • Web完結(条件を満たす人のみ)

モビットで即日融資を受けたい場合、インターネット経由で申し込みをしておいて、その後フリーダイアル(営業時間9:00~21:00)に電話する方法がお勧めです。その場で会員登録ができ、指定の金融口座への振り込み(14:50までに手続き完了が必要)かローン申込機でのカードの受け取りかを選ぶことができます。

Web完結申し込みは、下記の条件を満たしている人しか利用できません。

  • 三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座がある
  • その口座を貸し付け・返済に利用することを承諾する
  • 運転免許証・パスポートどちらかの写しを提出する
  • 収入証明のための書類(源泉徴収票など)の写しを提出する
  • 勤務先確認のための書類の写し(健康保険証など)を提出する

これらを満たしていれば、電話連絡・郵送物無しで、インターネット上の手続きのみで利用できます。ホームページ上の申し込み画面を利用し、口座に振り込んでもらいます。即日融資を受けるためには、手続きを平日9:00~14:50までに完結させる必要があります。

新生銀行カードローンレイク

店舗営業時間 契約機名称・営業時間 収入証明が必要な金額
店舗受付無し 自動契約機(8:45~21:00) 100万円超

即日融資ができる申し込み方法

  • インターネット経由
  • 電話(女性専用ダイアル有り)
  • 自動契約機

インターネット(審査回答時間8:10~21:50、第三日曜のみ8:10~19:00)・電話(審査回答時間9:00~21:00、第三日曜のみ9:00~19:00)で申し込みをした場合、インターネット上での契約と自動契約機での契約が選べます。インターネットの場合は即日振り込み、自動契約機の場合はカードを利用してATMからの借り入れとなります。平日の14:00までに手続きを完了させれば、即日融資が受けられます。

申し込みに自動契約機を利用する場合、最短であれば40分でカードの受け取りまでを終わらせることができます。初回の申込みで即日融資が受けられるのは、8:45~21:00の間となります。初回でなければ22:00まで利用できます。

みずほ銀行カードローン※口座を持っている人のみ即日融資可能

店舗営業時間 契約機名称・営業時間 収入証明が必要な金額
店舗受付無し 契約機での受付なし 200万円超

即日融資ができる申し込み方法

  • Web完結申込み

みずほ銀行では、みずほ銀行に口座を持っている人のみ即日利用可能です。口座を持っていない場合は、審査回答のみ即日聞ける形になっています。即時利用するための申込み方法はインターネット経由(モバイル端末不可)で、手持ちのキャッシュカードにカードローンの機能をセットするという利用方法での利用となります。カードローン専用のカードを希望する場合は即日融資は受けられません。

即日振り込みが受けられる申込み時間が何時まで課は明記されていませんが、店舗営業時間が9:00~15:00までとなっているため、早目の申し込みが必要です。

三井住友銀行カードローン

店舗営業時間 契約機名称・営業時間 収入証明が必要な金額
9:00~15:00 ローン契約機(9:00~21:00) 100万円超

即日融資ができる申し込み方法

  • インターネット経由
  • 電話
  • ローン契約機
  • 窓口

インターネット(審査回答時間9:00~21:00)・電話(受付時間9:00~21:00)・窓口(受付時間9:00~15:00)で申し込みをした場合、審査結果は最短30分で出ます。その後、ローンカードを受け取って借り入れをするのですが、カード受け取り方法をローン契約機に指定することを忘れないようにしましょう。郵送では即日融資に対応できません。ローン契約機で申し込みをした場合、その場でカードの受け取りまでできます。

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック

店舗営業時間 契約機名称・営業時間 収入証明が必要な金額
即日融資は不可 テレビ窓口(9:00~21:00) 100万円超

即日融資ができる申し込み方法

  • インターネット経由
  • テレビ窓口

インターネット(審査回答時間9:00~21:00、土日・祝日は9:00~17:00)で申し込みをした場合、審査結果が最短30分でわかります。即日融資を希望する場合は、テレビ窓口でカードの受け取りをしましょう。※運転免許証を持っていない人は、テレビ窓口でのカード受け取りができません。

テレビ窓口で申し込みをした場合、その場で最短40分でカードの受け取りまでできます。受付時間は平日9:00~20:00、土曜日と祝日10:00~18:00、日曜日10:00~17:00です。ホームページ上に申込受付シートがありますので、それに記入して持って行くとさらにスピーディーに手続きをすることが可能です。この場合もカード受け取りができるのは運転免許証を持っている場合のみです。バンクイックではテレビ窓口を利用する方法が一番早く借り入れができると案内していますので、急ぐ場合はこの方法がお勧めです。

最終的にどの方法を使うのが一番早い?

ここまで、大手の消費者金融や銀行のカードローンで即日融資を受ける方法について見てきました。それによって、守るべき内容があることがお分かりいただけたかと思います。その中から、どの方法を使うのが一番早いのかと言うと、自宅の近くに店舗や契約機があるのなら、それらを利用すればその場で全てできるので、借り入れまでが一番早いです。

しかし、店舗や契約機が近くにない場合、インターネット経由で振り込みをしてもらう形しか選べませんので、その場合には振り込みによる即日融資ができるカードローンを選ぶべきです。ただし、その方法を取る場合、即日融資をしてもらうためには平日のかなり早い時間までに全ての手続きを終わらせておく必要がありますので、注意が必要です。その点でも店舗や契約機を利用する方が便利なんですよね。

自分の住んでいる地域ではどのカードローンが利用できるのか、店舗や契約機があるのはどこかをあらかじめ調べておきましょう。そうすれば、いざ即日融資が受けたい!という時に焦らずに済みますよ。

事前に雰囲気を知りたい方へ

事前に雰囲気を知りたい方は、こちらを参考にしてみて下さい。ここではアコムを取り上げていますが、多くのカードローンで似たような形になっています。

【参考ページはこちら】
即日融資で100万円を一気に借りることはできる?

即日融資の意味を知りたい人の為に即日融資を徹底分解してみた

カードローンを探していると必ず目にするのが即日融資という文字です。なんとなく意味は解りますよね。それはその日のうちにお金を借りる事が出来るという事です。でも、細かい所で、こんな時にはどうするのって、突っ込みどころ満載なのが、この即日融資です。そこで、今回は、直ぐにでも借りたいという人が、即日融資で失敗しない為に項目別に、徹底分解して即日融資を完全サポートします。

まずは即日融資可能な会社一覧

 

会社名 金利 利用限度額
アイフル 年4.5%~18.0% 500万円
モビット 年4.8%~18.0% 500万円
みずほ銀行 年4.0%~14.0% 1,000万円
三井住友銀行 年4.0%~14.5% 800万円
アコム 年4.7%~18.0% 500万円
プロミス 年4.5%~17.8% 500万円
オリックス銀行 年3.0%~17.8% 800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 年4.6%~14.6% 500万円
申込み方法によっては出来ないの?

その通りです。カードローン会社によっても細かくは違いますが申し込みの方法によっては、即日融資がダメな場合があります。それは次のような場合です。

  • 郵送による申し込みの場合、即日融資が出来ない会社があります。
  • 固定電話(自宅など)からの申し込みの場合、出来ない会社があります。

※ 会社によっては事前に必要書類を送付しておくと申し込んだ日に即日融資して貰えるところがありますが、基本的に固定電話・郵送による申し込みの場合は、今すぐ借りたいという即日融資の申し込み方法としては不適です。

本当に即日融資して貰えるの?

実は正確に言うと即日融資は可能です。というのが正しいんです。それはどうしてかと言いいますとの場合は次のような場合はどこの会社でも即日融資が受けられません。

  • 勤め先が休業日で在籍確認が取れなかった。
  • 銀行振り込みによる融資を希望していて平日の14:00までに契約を終了出来なかった。

※ 審査時間の標準は最短で約30分間です。なお上記の各項目については、例えば在籍確認などは、申し込み方法・あるいは会社によっては、対応してくれる会社があります。ですから利用方法としては上記の項目に沿って申し込もうとするカードローン会社のサービスと照らし合わせてチェック項目としてご活用下さい。

即日融資を受ける為の申し込み方法

即日融資を受けるには、次の申し込み方法の何れかの方法が方法がベストです。また隔日に即日融資を希望される場合は、基本的には平日の申し込みが必要です。なお審査に落ちるというのは融資そのものがダメですから省略しています。

  • インターネットで申し込む
  • 自動契約機による申し込み
  • 店舗での申込み

※ 単純ミスで即日融資を受けられない理由で一番多いのが必要書類の提出ミスです。どうしても今日中に融資を受けたいと思う時に、間に合う必要書類を準備する必要があります。必要な書類は、二種類で本人確認書類と収入証明書類の二つだけです。特に収入証明書類は利用限度額によっては必要ない場合がありますが、即日融資を希望する場合は準備しておきましょう。その理由は審査の状況によっては、提出を認められる場合がある為です。

必要書類は会社によって違います。

これも当たり前ですが、必要書類は会社によって違います。本人確認書類としての運転免許証、収入証明書類としての源泉徴収票はどこのカードローン会社もほぼ共通ですが、特に代用書類は会社毎に違う場合が多いです。即日融資を受ける場合は、この事を頭にしっかりと置いておきましょう。
(⇒即日融資で有名なプロミスのキャッシングを賢く利用する方法

なざなら申込もうとするカードローン会社を途中で変更したら必要書類が変わる場合があります。だから気持ちが焦るばかりに、申し込もうとする会社を変更したのに必要書類がそのままだと、不備事項が発生します。申込もうとする会社を変更したら必要書類は変わるという事を覚えておいてください。発行までに時間の掛かる書類しか準備できない場合は、特にそうです。いざという時に間に合いませんからくれぐれもご注意ください。

利用出来る必要書類の確認

本人確認書類 ※運転免許証以外は、会社によっては利用できない場合があります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 年金手帳・年金証書
  • 外国人登録証明書(在留カード・特別永住者証明書含む)
  • 住民基本台帳カード(顔写真つき)
  • 上記以外に可能なものがある場合もあります。

収入証明書類

  • 源泉徴収票
  • 給与証明書(直近1カ月分)
  • 市民税・県民税決定通知書
  • 課税証明書(または通知書)
  • 所得証明書(または通知書)

本人確認書類の住所が現住所と異なる場合
現住所が記載された以下のいずれかの書類もあわせて必要になります。

(1) 公共料金の「領収書」(電気、都市ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つ)
※ 携帯電話の領収書は不可
(2) 社会保険料の「領収書」
(3) 国税、地方税の「領収書」
(4) 「納税証明書」
※ ただし、確認時に領収日付または発行年月日から6ヵ月以内のものに限ります。なお上記の書類も細部は会社によって、異なる場合があります。

申込む前に確認しておく5つのポイント
  • (1) 即日融資可能な申し込み方法かどうか?
  • (2) 必要書類(本人確認書類)は不備はないか?
  • (3) 必要書類(収入証明書類)に不備はないか?
  • (4) 在籍確認されても大丈夫な日かどうか?
  • (5) 振込融資を希望する場合、銀行営業日かどうか?

注(2) 本人確認書類に記載されている住所と現住所が違っている場合、余分に書類が必要になります。
注(3) 収入証明書類は、提出不用となっていても準備しておきましょう。また準備に日数が掛かるのであれば、直ぐに間に合う書類の中から代用出来る書類を準備しておきましょう。

即日融資を受ける為の必要書類の提出方法のいろいろ

※ 会社によって利用できない方法があります。即日融資を受けるのに一番早くできる方法を選択してください。

  • パソコンに画像として保存しておいた必要書類をアップロードする。
  • 携帯で撮影して写メールでカードローン会社に送付する。
  • 自動契約に持って行く。(コピーは自動契約機で出来ます。)
  • カードローン会社の店舗に持参する。
  • FAXで送信する。
終わりに

長々と書きましたが、まとめるとポイントは少しです。まず即日融資可能な申し込み方法かどうかをチェックしましょう。次に出来れば平日の午前中に申し込みましょう。そして次に準備する書類ですが、本人確認書類の住所と現住所の確認そして収入証明書類は念の為に準備しておく事です。今直ぐ借りたい、即日融資ですから、借りられないと貴方の生活設計に支障があるかもしれません。でも準備をちゃんとしていれば、基本的に即日融資を受ける事は出来ますのでご安心ください。

【参考ページはこちら】
いざという時すぐに借り入れ!即日融資が可能な会社の特徴

即日融資はなぜ可能か?Q&Aでカンタン理解!

「カードローン」と「即日融資」は、セットになっているイメージです。それほどカードローンは早く借りられるという情報が浸透しています。スピーディな借入は、急にお金が必要になった人にとって、とても助かるもの。だけど、初めてカードローンを利用する人には、本当に今日中に融資が受けられるの?お金を借りるのに、なぜそんなに早く手続きができるの?と思われる方も多いはず。

何か落とし穴があるのでは?融資までの時間が早い分、リスクがある?など、心配になるかもしれません。でも、即日融資はリスクがあるという話は聞いたことがありませんね。(こちらもご参考にどうぞ→即日融資にはメリットだけじゃなくてデメリットもある?)では、即日融資が可能なのはどうしてなのでしょう?

即日融資は、消費者にとってとてもありがたい融資システムです。急な冠婚葬祭にも、急な飲み会の誘いにも対応できるからです。そしてこの即日融資は、消費者金融にとってもメリットなのです。それはすぐお金が必要な人に、即日融資をすることで多くの顧客を取り込めるからです。だから、審査が素早く終わるシステムを構築して、即日融資が可能になる努力をしてきたのですね。人が、今お金が必要だと思った時に素早く融資をすることは、社会にお金も流れるため、経済の活性化にもつながるので、景気の上昇にも貢献できるということかもしれません。

さらに、融資に時間がかかっていると、人は「さほど必要でもなかったか…」とか「来月でいっか」「今日は我慢しよう」など、慎重になりがちです。そこを深く考える時間を与えないことが消費者金融を利用してもらう事に繋がるともいえるんですよね。

即日融資を確実にものにするために!

  • 身分証明証と印鑑の準備
  • 午前中の申し込み
  • 審査に通過する自分

この3つがあれば、即日融資はあなたのものです!即日融資は、カードローン会社に任せきりではいけません。即日融資を可能にするためには、自分に非が無いようにしておくことも大切なのです。

それは、難しい事ではありません!借金をせず、仕事をして、誰の保証人にもなっていなければ、あとは身分証明書と午前中の申し込みで即日融資が可能になります!問題のない生活をしていれば自分で借金を繰り返すことはありません。ですから、難しい事ではないのです。

ただし!これは消費者金融に当てはまることで、銀行カードローンには当てはまるところと、当てはまらないところがありますので注意して下さいね。銀行のカードローンは、消費者金融の即日融資より、少々慎重です。銀行のカードローンはどちらかといえば即日融資「も」可能。や、「即応」という表現で、必ずしもその日のうちに融資ができるとは限らないよ。という表現です。そこは銀行の堅実な良いところで、何事も慎重にということなのでしょう。しかし昔の銀行に比べたら、劇的に素早い融資までの時間になっています。

消費者金融と銀行の違い

消費者金融は貸金業法の適用がされている金融機関なので、“貸金”事業の中心で、預金を扱うことはできません。ですから、小口融資に関するプロフェッショナルです。私たち消費者を属性に分け、返済可能率を独自の判断で分析しているため、結果、融資が早い方が双方にとってのメリットが大きいと判断しています。

一方銀行は、銀行法適用の預金業務ができる金融機関です。貸金のほかにも様々な顧客へのサービス商品があり、融資だけが仕事ではありませんね。カードローンに申し込んできた消費者が、もともとその銀行の顧客なら、信頼もあるため即日融資が可能な場合が増えます。カードローンを申し込んだ銀行口座をすでに持っているとか、その銀行で住宅ローンを利用している等です。

とはいえ、銀行も口座を開かなくてもカードローンの利用は可能にしているところがたくさんあります。ですから、そのような顧客が消費者金融の顧客と同じ即日融資を求めると、消費者金融よりは少し時間がかかりがちになるということです。では、銀行カードローンのメリットとは何でしょうか。それは、

借入を慎重に考えことができ
今必要なお金か?を考える時間があり
総量規制の対象にはならない

 

ということです。自分には銀行が向いてるかな?と思われる方は、銀行カードローンを検討してみて下さいね。

「いいえ!確実な即日融資を希望しています!」という方は、実際にどのような会社が即日融資を可能にしているのかを見てみましょう。

実際に即日融資を可能にしている消費者金融

消費者金融 即日可能 条件
アコム 平日14時前の申込なら最適
アイフル 申込時間帯により、翌日以降になる場合有
プロミス 平日14時までにWEB契約完了

上記は、即日融資に関する条件を明記している消費者金融の情報です。このほかにも、即日融資を可能にしている消費者金融はたくさんあります。大手の消費者金融だけではなく、中小の消費者金融でも審査に通りやすく、即日融資を可能にしてくれている会社はたくさんあるので、消費者は選択の余地があることが嬉しいところです。

即日融資も可能なその他の消費者金融

大手に入る消費者金融も以下にご紹介!

  • ノーローン
  • モビット
  • オリコクレスト

消費者金融にも申込み方法などがいろいろあり、特に即日融資も可能で消費者に絶大な人気を誇るモビットは、WEB完結が人気で、申込から融資まで24時間体制で稼働していますが、21:00~翌9:00までは申込受付のみとなっているため、即日融資の概念に当てはまるかどうかは消費者によって、受け取り方が違うことも鑑み、即日融資も可能という表記になっています。

このように、消費者金融は一律の営業手段をとっておらず、会社独自のシステムを作り上げているので、比べにくいということもあります。しかし、大勢の消費者のニーズに応えられる消費者金融であり続けるためには、やはり1日を24時間目一杯使っての独自システムがあることが私たち消費者にとっては重要だという事ですね。

あなたが即日融資を利用した時のことを教えて下さい!

急な合コンの誘いでした。その日は暇だったし、仕事も一段落したところだったので、今日会う人は運命の人かもしれないと思って参加OKの返事をしましたが、財布には2千円しかなくて、ちょっとこれでは恥ずかしいと思ったので、急いで昼休みに大手消費者金融の無人契約機に飛び込みました。そしたら数十分で審査通過の連絡が入り、仕事終わりで速効カードを受け取りにふたたび無人契約機へ。そのまま現金を借入する事ができました。

即日融資が受けられなかったときのことを教えて下さい

翌日、結婚した同級生に会って、お祝いを渡す予定だったんです。消費者金融なら即日融資が当然だと思い込んでて、仕事が終わってから夕方6時くらいだったと思います、ネットから申込みました。審査結果の連絡をすると言われていたのですが、同僚と食事に行っていて消費者金融からの連絡に気がつかなかったんです。もちろん携帯に連絡してくれるんですけど、気がついた時は夜の9時ごろだったと思います。慌てて自分から折り返し電話をして、審査通過の連絡をもらう事ができたんですけど、振込は翌日の午前中になると言われて焦りました。でも、会うのはお互いの仕事が終わる夕方からだったので、間に合いましたけどね。24時間営業の24時間いつでも同じサービスがあると思い込んでた自分が甘かったなと思いましたね。

即日融資はどんなところが便利ですか?

それはもちろん、ヤバい!と思ったその日に融資してもらえるところですよ!それに、何日後にお金が必要だとわかってても、早めに借りると金利がかかるでしょ?通常のカードローンのカードを発行してもらって、利用は好きな時にというのはいいんですけど、アコムや新生銀行レイクなんかがやってる無金利キャンペーンに乗っかろうと思うと、あれって契約日の翌日からというパターンが多いから、お金が必要な日より早めに契約すると日数がだんだん減っちゃって損するんですよ。だから、契約から即借入可能な方が30日間の無金利なら、丸々30日間を無金利で借入出来るから便利なんです!
(⇒新生銀行レイクで一番速くお金を借りる方法

即日融資と通常融資の違い

即日融資は、その日のうちに融資をしてくれる、通常融資はその日には限らず手続きが終われば融資をしてくれる。それだけのことです。通常融資でも、タイミングが合えばその日のうちに融資をしてくれることもあるので、即日じゃなくてもいいけど、早めに融資を受けたい!という方にはやはりカードローンはオススメです。