即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

200万即日融資を受ける方法!知っておきたいポイント

即日融資だけなら、たくさんの記事がありますし、それほど情報に困ることはないかもしれません。ですが、即日融資で200万を借りたい場合はどうしたらいいのか、というご質問にマッチする情報は、即日融資を受けるための情報と比較して、明らかに少ないのが現状ですよね。

こちらでは、200万を即日で借りたい、という方のための情報を網羅することに重きを置いています。きっと、たくさん借りたいあなたが求めている情報が見つかるでしょう。

200万円を借りるための最低条件

ただ、そもそも200万というお金を借りられる人と、借りられない人がいます。200万という金額は、絶対的に見ると、そんなに安くありませんよね。ですから、金融会社も誰にでも貸すというわけにはいかないのです。

では、200万を借りるために、最低限必要な条件とは、どのようなものがあるでしょうか。その1つは、安定した職業に就いていて、少なくとも、年収で400万円以上を稼いでいるということです。これは本当に最低限で、総量規制のある消費者金融であれば、600万円以上の年収がなければ、借りられない金額です。

逆に借りられない例としては、専業主婦、学生、パート・アルバイトなどの不安定な職業で年収不足、などが挙げられます。

収入が年収にして400万を下回ってしまう方は、200万の融資を得ることは、ほぼできませんから、諦めていただくしかありません。何か別の方法でお金を得ることが必要でしょう。担保がある場合は、この限りではありません。

ちなみに、ブラックやホワイト(過去5年間、クレジットカード・借金・分割払い経験なしで、学生ではない方)など、融資の履歴に問題がある方は、200万円を借りるのは難しいと考えたほうが良いですね。

即日で借りる場合の条件はもっと厳しい!?

最低限の条件を挙げましたが、最初からこれだけの金額を借りるのは、かなり難しいと言わざるを得ません。たとえば、即日融資のある銀行で、年収400万の人がいきなり200万を借りようとしても、借入審査自体は通っても、限度額が下がってしまうのがオチです。

というのは、この最低限の基準というのは、増額して限度でここまで借りられるような金額だからです。

消費者金融にしても同様で、600万の年収があるからといって、最初からその金額が借りられることはあまりないわけです。

金融会社には、増枠・限度額の増額という概念があります。これは、その人が自社のカードローンなどを利用し、返済実績をしっかりつくった人に対して、あなたは信用して貸しますよ、と枠を増やすシステムです。

最初から、その人が借りられる目いっぱいまで貸してしまって、万が一、その人が裏切るようなことがあったら困りますよね。ですから、3ヶ月~半年程度は、少なめに融資して、様子を見るんです。

他社借入は含めて計算

そしてもう1つ、他社借入があると、その分を借金の金額として含んで計算することになりますから、単純な年収計算だけでは済みません。たとえば、クレジットカードのキャッシング枠などがあると、使っていなくても、借金の金額に含まれてしまいます。

さらに、他社借入の件数が多いことは、金額が多いことよりも印象が悪くなりますから、複数のカードで10万~数十万程度のキャッシングができる状態になっていると、それだけで貸付自体、断られてしまう場合もあるので、要注意です。

また、消費者金融の場合は、複数社でのお借入がある場合、すべて合わせて総量規制内で収める必要があるため、年収が600万すれすれだと、200万は借りられないことになります。

即日融資対応の金融会社

上記の借りるための条件をクリアしているのであれば、次は借りられる金融会社を知ることですね。即日融資対応の金融会社は、銀行と消費者金融と分けてご紹介します。

即日融資対応銀行

即日融資に対応している銀行は、銀行系・IT系、信販系も含めると、全国展開している銀行では、下記のようなところが挙がります。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 新生銀行
  • オリックス銀行
  • じぶん銀行
  • 楽天銀行

これらは銀行ローンになり、総量規制の対象外ですから、600万の年収がなくても、200万を借りられる可能性があります。

大手の銀行や、誰でも名前を聞いたことがあるようなIT会社の銀行が並びます。新生銀行は「レイク」という商品名のほうがピンと来る方もいらっしゃるでしょうか。ですが、レイクの消費者金融ではなく、新しいほうのレイクです。

即日融資を受けるためには、それぞれ、申込方法などの条件があります。

三菱東京UFJのバンクイックであれば、最初にインターネットで申込後、電話をかけます。審査後、テレビ窓口でカードを受け取ります。三井住友銀行カードローンなら、メールや電話から申込み、審査後、ローン契約機でカードを受け取ります。

新生銀行のレイクは、申込方法は自由で、審査結果確認後、振込依頼をします。14時までに完了してください。オリックス銀行カードローンは、パソコンから案内に従って審査を受け、審査後、振込依頼をします。

じぶん銀行カードローンは、ネットで申込み、審査後、振込依頼をします。楽天銀行も同様の手順になりますが、書類はアプリで送ります。ネット以外からは申込めません。

お申込の時間帯によっては、翌日以降になってしまうので、できるだけ早く申込むことが大切です。

即日融資対応消費者金融

続いて消費者金融ですが、こちらは大手ならどこでも即日融資が可能です。ただ、先ほども書きましたが、年収にして600万円以上はないと、200万円を借りることはできません。初めてのご利用であれば、銀行ローンをオススメします。

大手以外の消費者金融については、200万の即日融資そのものが難しいところが多数あります。特に、ブラックOK中小消費者金融などは、初回申込限度額が50万、などが一般的な基準ですので、中小消費者金融で200万円を借りられるという期待は持たないほうが良いでしょう。

200万即日融資を受けるために必要なもの

200万円を即日で借りる場合、金融会社によっては、本人確認書類以外にも、必要になってくる書類があります。つまり、収入証明書類です。これは、消費者金融であれば、50万円を超えた時点で確実に必要になりますが、銀行では、その銀行ごとに、いくらから慎重審査に入るかという基準が違います。

上記で紹介した銀行では?

上記紹介銀行の多くは、300万円超まで、収入証明書類が必要ではないとしています。但し、三菱東京UFJ銀行バンクイック、新生銀行レイクについては、100万を超える場合は収入証明書類の提出が必要になります。

具体的には、源泉徴収表、住民税決定通知書、確定申告書、納税証明書などから1種類を提出すれば、たいていはそれ以上、求められません。

オリックス銀行は、原則として300万円超で確認ということになっていますが、審査によっては、それ以下でも必要になることがあるようです。

申込む時間帯に注意

即日融資を受けたいなら、申込む時間帯にも気をつけないといけません。早いところでは、14時までに手続きを完了しないと融資が受けられませんので、遅くとも、お昼過ぎには申込んでおいたほうが良いでしょう。

ただ、銀行は時間を明記していないため、込みそうな時期に注意してください。不安がある場合は、お申込みの際に、即日融資可能かどうかを確認してから、申込むほうが良いでしょう。

年収以外の審査について

当然ですが、審査は年収だけが考慮されるわけではありません。最初に書いたようなブラック、ホワイトは問題外としても、審査に影響が出る状況は他にもあります。

審査でチェックされるポイントをいくつか、お伝えしましょう。まず、年齢ですが、これは20歳以上で若い方のほうが有利です。職業なら、公務員、会社員の順に有利で、不利な条件がアルバイト、自営業などです。自営業(法人)の高所得者はともかく、低収入のアルバイトや無職では200万円は借りられません。

さらに、家族がいるほうが有利ですが、子どもがいる場合は、マイナスになります。また、住居は持ち家が良く、賃貸であるとか、1年未満の居住年数は不利になります。少しだけ借りるのであれば、アルバイト学生の家族同居は好条件ですが、200万ともなると、本人年収が少ないため、お借入は難しいですね。

そして、重要なのが連絡先です。電話番号がないのは致命的で、携帯しかないという条件は、審査の上ではかなり不利になります。固定電話か、固定電話と携帯電話の両方があると、より審査に通りやすくなります。

在籍確認

審査で重視されやすいものの1つに、在籍確認があります。即日融資を受けたい場合、在籍確認が取れることが条件となっているケースがありますので、特に銀行で融資を受ける場合には、いつ電話があっても良いようにしておいてください。

特に、職場が休みなどの場合には、一部の金融会社では融資が受けられないことになってしまいます。三菱東京UFJバンクイック、アコム、モビットなどであれば、事前連絡やWeb完結申込で、これに対応できる可能性があります。

【参考ページはこちら】
無職でも即日キャッシングすることはできる?

閉じる
閉じる