即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

即日融資を受けたいけどブラックリスト…諦めないで借りる方法!

キャッシングやカードローンを利用する人なら、一度は聞いたことがあるはずの「即日融資」。今では大手の消費者金融や他の金融機関が大々的に宣伝していることもあり、利用しない人でも耳に残っているかもしれませんね。

この即日融資、大変便利なものです。例えば気になる女性を冗談半分で誘ったら、今日の夜なら空いているよ、と言われた時に財布の中身が寂しかったら……という、中々実現しそうもない仮定より、もっとリアリティのある仮定をするべきですか。

突然決まった、しかしお金がないという理由で欠席することは許されない仕事の飲み会。給料日前だったら青ざめる人も多いでしょう。先輩に借りるにも言いにくい時がありますし、そんな時に役に立つのが即日融資です。

即日融資は主に消費者金融で提供されているサービスです。契約も利用も驚くほど簡単で、申し込んだその日の午後、遅くても夕方には必要なお金が手に入ります。

ブラックリストでも条件次第で即日融資は受けられる!

しかしどうしても、即日融資を受けられない、つまり審査に通過できない人というのは存在してしまいます。過去にお金を借りて返済でトラブルを起こしたり、自己破産などをしている場合、まず通過することは難しいと言われていますね。

過去に問題を起こしてしまった人は、分かりやすい通称として「ブラック」「ブラックリスト」という呼ばれ方をします。債務整理、自己破産、度重なる返済遅延で信用実績に傷を付けてしまった人がカテゴライズされていますね。

他にも違う理由でブラックリストになる人もいます。あまりにも乱暴な態度だったり、いい加減だったり……。金融機関側が「もうお付き合いしたくない」と思ってしまうような態度を取る人もブラックリストになる可能性はあるようです。社会人として普通の対応ができれば問題ないはずですが。

自分でも「ブラックリストになった」ということは分かるものです。ある日、新しい融資を断られたり、中には直接電話などで「もう取引はできません」と通告されたり、場合によっては法的な通知が来たことがある人もいるのではないでしょうか。

こうなってしまうと、自分はもうお金が借りられない、これから一生現金主義で生活しなければ……とがっかりすることでしょう。残念ですが一度ブラックリストになってしまうと、当面のキャッシングやカードローンは期待できなくなります。

でも知っていますか?ブラックリストでも、実は融資をしてくれる会社があるのです。また、条件さえ満たせばブラックリストという不便な肩書きが消えてしまうという事実もあるんですよ!
(⇒ブラックリストでも借り入れできる中小キャッシング会社

本当にブラックリスト?まずは確実な個人情報をチェック!

ブラックリストになってしまうと生活が一気に不便になる人が多いでしょう。特にキャッシングやカードローンに慣れていたわけですから、現金だけでの生活は思った以上に不自由を感じるものです。原因が自己破産の人であればもっと不便かもしれません。

自己破産が理由でのブラックリストになると、お金が借りられないというだけではなく、社会的にも思わぬところで制約がかかります。あまり知られていませんが、会社で出世しても経営に直接携わることができなくなるとうことも法律で決められているのです。

お金と社会的地位は連結しているのがつきものとはいえ、まさかそこまでとは……と驚く人もいうかもしれませんが、ブラックリストとは思った以上に厄介なものということですね。望んでなる人はいませんが、ならないように気をつける必要があります。

しかしここで案外多い勘違いをひとつ。「あなたは本当にブラックリストですか?」ということ。そりゃそうだよ、当たり前だよ、分かってるよ、と皆さんが言うでしょうが、ちょっと待って下さい。それを自分で確認しましたか?

本当はブラックリストじゃない人も!もう一度確認しよう!

実は自分がブラックリストだと思っている人の中には、単なる本人の思い込みにすぎず、本来はブラックリストではないという人も一定数存在するのが事実なのです。

どういうこと?と思った人は考えてみましょう。自分が「ブラックリストであるということを自分の目で確認しましたか?」。単に返済を遅延してしまったから、と、勝手に思い込んでいる人がいるのではないでしょうか。

もちろん、本来は一度でも返済に遅れればブラックリストになっても文句は言えません。厳しい金融機関ならそうするでしょう。しかし一回ではブラックリストにならなかったり、本来はブラックリスト入りでもその後の返済状況が良ければ解消されるということもあるのです。

もちろん、これは特殊な例です。しかし「本当に自分がブラックリストかどうか」ということは、先に確かめておく価値があるのではないでしょうか。もしも「どうせ自分はブラックだから……」と諦めているのなら、大変な損をしている可能性がありますよ。

ブラックリストになってから何年?時間経過も重要!

自己破産などでしっかり法的機関から宣告を受けた人は、調べるまでもなくブラックリストに入っていることを自覚していることでしょう。自己破産や債務整理は必ず行政を挟むので、手元に書類が残っている人も多いかと思います。

こういった人たちは「調べても無駄だ」と思っているはずですが、実はひとつ、調べて欲しいことがあります。「ブラックリストになってから何年経過していますか?」ということです。実はこれ、融資に大変関係のあることなのです。

ブラックリストなどの情報を保管している信用情報機関を知っていますか?金融機関が利用することができる、金融に関する個人情報が保管されている機関です。本人情報に限ってであれば一般の人も閲覧することができます。

ブラックリストとしての情報の保管は、およそ7年と言われています。自己破産、債務整理、そして返済トラブルでブラックリストになったという確実な自覚がある人は、7年以上経過していれば既にブラックリストとしての記録が消えている可能性が高いのです!

記録が消えていれば、個人情報としては「全く問題のない個人」として扱われることが義務付けられています。確認したい人は信用情報機関に問い合わせて、自分の記録を調べてみてはいかがでしょうか?

金融機関によって利用する信用情報機関が違うので、かつて取引のあった会社が利用している信用情報機関を探すことから始めなければいけませんが、問い合わせをすればすぐに教えてくれます。

機関名 利用金融機関種別
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 銀行、信金、農協、信組
株式会社 シー・アイ・シー(CIC) 信販会社
株式会社日本信用情報機構 消費者金融系

ここで自分の記録を調べて、本当にブラックリストかどうかを把握しましょう。案外とっくに禊ぎの機関は終わっていた、なんてこともあるかもしれませんよ。もしそうなら、昔のようにキャッシングやカードローンの申し込みをすることができるようになります。

もっとも、信用情報機関によって情報の保管期限は違うようです。6年で消える所もあれば10年の所もあると言われています。問い合わせをした時に「もう7年経っているのにブラックリストのままだった」とがっかりしないで、間を空けてまた問い合わせてみましょう。

どちらにせよ、いつまでもブラックリストの記録が残っていることはありません。一定の期間が過ぎたという自信がある人は、一度問い合わせをしてみる価値があると思いますよ。

禊ぎが済んだら即日融資!しかし業者によってはいつでもOKな時も!

見事ブラックリストから解放された人は、昔のように金融機関でキャッシングやカードローンを契約することができるようになります。今度はブラックリストにならないよう、計画的に利用して下さいね。

さて、綺麗な身になったからには早速契約をしたいという人もいることでしょう。過去にお世話になった即日融資や無利息ローンを利用することができるようになりました。

ここまでは「ブラックリストの期間を我慢して過ごした人たち」に向けた説明ですが、実は多少の手数料が必要にはなりますが、ブラックリストから早い時期に解放される方法があることをご存知でしょうか?

多少の手数料とは、分かりやすく言うと弁護士さんへの依頼料になります。弁護士さんによって金額は違いますし、確実に請け負ってくれるとは限らないのですが、やってみる価値はある方法です。いつまでもブラックリストなんて嫌だ!という人は行動しましょう。

弁護士に相談!ブラックリスト情報を消去できるかも!

弁護士さんに依頼する内容はとても簡単です。「信用情報機関からブラックリストの情報を消してもらうように交渉して下さい」。自分で交渉しても良いのですが、まず相手にされません。こんな時には法律のプロに頼むのが一番。

本当にこんなことで記録が消えるの?と思う人もいるかもしれませんが、実際に過去に記録の消去依頼に応じたケースが確認されています。やってみる価値は充分にある方法なのです。

しかしここで絶対に忘れてはいけないことが。弁護士さんに依頼する前に確認しましょう。これを忘れていては恥をかくどころか、逆に弁護士さんに笑われることになりかねません。

何を確認するのか?――「既に債務整理は完全に完了していますか?返済すべき最低限のものは返済し終えていますか?」ということです。自己破産、債務整理をしたからと言って一切返済しなくて良いわけではありませんよね。

その最低限の返済を完全に終えていれば、弁護士さんに依頼して、、記録の消去について交渉してもらうことが可能になるのです。もしも返済を完全に終えているのなら、弁護士さんに依頼してみる価値はあると言える方法でしょう。

ブラックリスト期間中でも貸してくれる業者も!諦めるな!

ブラックリスト期間中はどこも融資をしてくれない、キャッシングやカードローンなど夢のまた夢……と思ってしまいますが、実際はそこまでではありません。大手の金融機関では無理ですが、中小の金融機関では相談次第で融資をしてくれることがあります。

ただ、こちらの場合は融資額が低めに設定されたりすることが多く、以前よりは不便を感じることになるかもしれません。それでも困った時にはどうしても必要なこともありますし、割り切って利用するようにしましょう。

こういった業者はあまり表立って宣伝はしていませんが、クチコミや地元密着型の経営をしていて、評判はしっかりしていることが多いようです。まずは話をしてみるのも良いでしょう。交渉次第では即日融資も可能ですから、諦めないで下さいね。

【参考ページはこちら】
審査なしのキャッシング会社ならブラックでも借りられる?

閉じる
閉じる