即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

50万円は大きな分岐点!即日融資で気をつけることも変わります

皆さんにとって、50万円は大金でしょうか?それとも少額でしょうか?これからお話しする借り入れについては、この「50万円」が大きな意味を持つ事になります。50万円の融資を受けたい場合、さらには即日で融資を受けたい場合について、それぞれ考えてみましょう。

テーマ1:「50万円」の重さを申込書類から考える
テーマ2:どこに申し込むかで注意点も変わる

テーマ1:「50万円」の重さを申込書類から考える

個人にお金を貸してくれる会社と言えば、消費者金融をイメージしない人はいないでしょう。最近では銀行などの金融機関でも身近になってきてはいますが、それでも消費者金融が果たしている役割はまだまだ大きいんです。(こちらもご参考に→法人向けでも安心・安全な消費者金融はどこ?

その消費者金融は、融資の際に審査を必ず行っています。いえ、行なわなければいけない事になっています。なので、「無審査で」とか「誰にでも」は絶対にない業界だという事を覚えておきましょう。
(⇒審査なしで即日キャッシングができる金融機関はある?

50万円を境目にした、金額の重み

さて、その審査は身分証明だとか勤続年数などの他に、「収入はいくらで他社からいくら借りているのか」も重要な項目としてチェックされます。そのチェックが50万円を境目として、提出書類に変化が起きるんです。まずは下の囲みを見てください。

【貸金業法第13条第3項第1号のイ】
貸付の契約が50万円を超える場合、源泉徴収票またはその他の収入などを証明できる書類を提出しなければならない。

本当の条文はもっと複雑に書かれています。上の囲みはかなり簡潔にまとめたものです。要するに、申込み額が50万円を超えれば、源泉徴収票なり給与明細書なりの収入証明書を提出させなさいと、法律が決めているわけです。

念のためですが、「50万円を超える」に50万円は含まれません。言い換えれば、50万円までは「少額融資」と言ってもいいのかな?と考える事もできますね。もちろんお金の価値観は人それぞれなんですけどね。

他社から既に50万円を超えて借りている場合

もうひとつ、50万円の融資が重く感じることに、「他社からの借り入れと今回の申込み額の合計」があります。また、法律を簡単にしてみますので、下の囲みを見てください。

【貸金業法第13条第3項第2号のロ】
申込みをした貸金業者への金額と、他の貸金業者の貸付残高との合計が100万円を超える場合、源泉徴収票またはその他の収入などを証明できる書類を提出しなければならない。

今度は既に他の消費者金融から借り入れがあって、その残高と今回の50万円の合計額が100万円を超える(100万円ジャストは含まない)場合は、収入証明の書類を提出しなければいけないというもの。例えば他社から80万借りていたとしたら、今回申し込む50万で合計130万。他社との合計が100万円を超えるので、収入証明が必要になるわけです。
(⇒200万円を超える金額を即日キャッシングすることはできる?

銀行は「貸金業者」ではない

上の2つの法律は、「貸金業者」に適用されます。「貸金業者」とは、金融機関(銀行・信用金庫・労働金庫・協同組合など)以外で、『貸金業登録でお金を貸す商売をしている会社』全てを言います。消費者金融や信販会社が代表格です。クレジットカードのキャッシング枠も含まれるので注意しましょう。

そして、銀行などの金融機関からの借り入れは、他社借入額としてはカウントされませんし、1つ目の50万円を超える決まりにも該当しません。どこの銀行でもいいですが、カードローンの案内を見てみると、「希望額200万円までは収入証明不要!」なんて宣伝を見つける事ができますが、それは金融機関だからできるんです。

ここまでのまとめ

文章だけではちょっとややこしいので、テーマ1のまとめとして、収入証明の提出が必要なケースをリストにしてみましょう。ご自分は当てはまるかチェックしてみてくださいね。

  • 今回の申込額が50万円を超える場合
  • 今回の申込みは50万円以下だが、他の貸金業者からの借り入れと合わせると100万円を超える場合

ビックリなことに、リストにすればこれだけの事なんです!しかし、50万円という金額が審査に与える影響はお解りいただけたのではないでしょうか。

テーマ2:どこに申し込むかで注意点も変わる

では、どこに申し込めば即日融資で50万円をGETできるのでしょう?ここでは大きく3つに分けて、その特徴をご紹介します。

銀行などの金融機関

金利面で最も有利な点とテーマ1で書いた収入証明の提出が不要になる場合が多い点では、一番お勧めできる申込先です。ただし、即日融資にはいくつかの条件がかかってきます。

  • 即日融資対応のローンである
  • 契約手続きまでの締め切り時間が午前中か午後一番が多い
  • その金融機関の口座を持っている条件のものもある

銀行の中には、自動契約機を設置している所も僅かながら存在しますし、その銀行の口座を持っていなくてもOKなものもあります。ただし、全ての銀行を基本とした場合、即日融資に関しては、上のような条件が一般的であると考えて行動するのが無難です。

また、銀行の即日融資は「振込が基本」になります。ローン用のカードは後から郵送になる事が多いのがその理由です。振込になるため、上の条件で「午前中か午後一番」という締め切り時間が設けられているんですね。

大手消費者金融

金利は金融機関に一歩譲るとしても、即日融資について非常に便利なのが大手の消費者金融会社です。カードローン契約なら、近くにある自動契約機で手続きをする事で、その日のうちに契約も済みますし、カードもGETする事ができます。そのカードで現金を引き出す事ができますから、手続き上の借りやすさなら、断然お勧めです。

とは言っても、やはりいくつかの条件はあります。テーマ1で挙げた収入証明書の提出が必要になるケースがあったり、「年収の3分の1までしか貸してはいけない」という総量規制の対象にひかからない事が求められます。

中小の消費者金融(街金融)

お住まいの地域にある中小の消費者金融でも、即日融資を受けることは可能です。ホームページを開設していない所でも、電話帳などで調べることはできますし、アポなしで突撃する前に電話で相談や予約をする事もできます。

ただ、どうしても金利面で不利なことと、カードローン形式の融資ではなく、証書式の融資になってしまうのは覚悟しなければいけません。また、大手の所で書いた総量規制の対象にもなることに注意が必要です。さらに、少額融資をベースにしている会社もあるので、50万円は不可能とされる可能性もあります。

即日融資で50万円を希望するときのまとめ

最後に今回のメインテーマである「即日融資で50万円借りるには?」という点でまとめをしておきましょう。

収入の数字は正確に申告すること!

テーマ1で書いた50万円の申込みによって、収入証明書類が必要になるかならないかを理解する事。必要な場合は絶対に収入証明書の金額と申込書で記入する金額に違いを生じさせない事。この金額の違いによって、最悪審査落ちする可能性も出てきますから、ここは正確に申告する事を心がけてください。

お勧めは金融機関→大手消費者金融→中小消費者金融

50万の借り入れとなれば、それだけ利息も多くなります。少しでも利息を抑えるには、金利の低いローンを利用するか、早く返済を終わらせるかしか方法はありません。業界の平均的な金利を見て、最初にお勧めしたいのは銀行などの金融機関です。

もし、お住まいのエリアに即日融資対応の金融機関がなければ、次は誰もが知っている大手消費者金融のうち、自動契約機が近くにある会社を選ぶといいでしょう。先にもお話しましたが、振込融資にはタイムリミットがありますから、自動契約機で手続きできると時間的な余裕も生まれます。

既に大手からは借りてしまっている方は、中小の消費者金融も考えてみましょう。50万の融資を取り扱っているかは電話で確認してみるといいでしょう。一般的に金利が高く、返済方法も店頭持参か口座振込(手数料も負担)になるため、順番としては最後の方になってしまいます。

ご自分の収入や借り入れ状況に合わせた申込先選びは非常に大切です。どんなに急いでいても地元の銀行は即日融資をしているか。振込融資は間に合いそうもない場合、自動契約機のある大手消費者金融はどこなのか位は調べる余裕が欲しいですね。

【参考ページはこちら】
即日融資ができるところでも確実に借りられるとは限らない?

閉じる
閉じる