即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

急に20万用意する必要が!そんな時に安心の即日融資とは?

お金の必要は待ってくれません。どなたにでも急に現金を用意しなくてはならない事態が起こる可能性はあります。そんな時に慌てないよう、ちょっとした知識を身につけておくことも大切ですよ。

最近は、身内や知人など身近な人からお金を借りようとする人が少なくなりました。お金という特殊な問題については、お互いに負担や心配をかけないよう、配慮するようになってきたことが一因かもしれません。

新聞やTVのニュースでも、お金にまつわる人間関係のトラブルが事件にすら発展することもあるのを見るにつけ、ことお金の事に関しては誰もが慎重になって当然でしょう。

このようなこともあって、自分がこの先急にお金が必要になった際にも、なるだけ業者を利用したいと考えている方は増えています。でもそんな人に限って、どこでどう借りればいいのか、全く知らないという人が殆どではないでしょうか?

そこで20万円を即日融資で借りることを前提に、申込み方から借入れまでを順を追って見ていくことにしましょう。(こちらもご参考に→50万円を超える場合・超えない場合でキャッシングはどう変わる?)例え緊急時でなくても、お金が借りれるまでにかかる時間は最短が望ましいものです。スムーズな借入のためには何が必要なのか、しっかりとチェックしてください。

業者選びが肝心!

お金を借りようと思ったら、真っ先にしなくてはならないのが業者選びです。借りる金額にもよりますが、20万円程度ならば無担保無保証人の手軽なカードローンがおススメです。カードローンは繰り返し利用ができるのが特徴ですが、1度きりしか使わないという人でも、申込みには全く問題はありませんよ。

もしも暫く持っていても利用する機会がなければ、いつでも好きな時に解約するのも自由です。このように非常に使い勝手のいいカードローンですが、これを扱う業者には幾つか種類があります。いずれを選んだ場合にも、お金を借りる上での使い心地や基本的ルールにはさほど大きな違いはないと考えて構いません。

  • 銀行
  • 消費者金融
  • クレジットカード・信販会社

銀行にも都市銀行、地方銀行、信用金庫と種類がありますが、消費者金融にも大手や中堅など、規模によっても幾つかに分類することができます。言うまでもなく、クレジットカードも非常に多様ですよね。お金を借りるとしたら、この数多くの中から選ぶことになります。

クレジットカードはショッピング以外にも多機能ですが、種類が多くてそれぞれ使い心地にはかなりの差があります。同じことならば自分にピッタリのものを選びたいですよね。クレジットカードを選ぶなら、同じことならば時間的余裕のある時に選ばないと勿体ないでしょう。

それに審査後、クレジットカードは自宅宛に郵送になりますので、どうしても借入ができるまでには時間がかかってしまいます。

また銀行は金利が低いのはいいのですが、審査結果が出るまでに数日以上を要することもあり、即日融資が難しいケースあります。(こちらもご参考にどうぞ→銀行の即日キャッシングは有り得る?)お金を借りるという目的で選ぶならば、やはり消費者金融がお勧めですよ。消費者金融ならば、条件次第でスピーディーな借入れが実現するでしょう。

申込みは365日24時間OK!

消費者金融で申込む場合は、インターネットからというのが一般的です。これならばパソコンやスマートフォン、携帯電話から、365日24時間いつでも申込み手続きを開始できますよ。審査自体は営業時間になってからなのですが、それまでに申込書を作成して送信しておくのが、即日融資のコツです。

申込書はネットからフォームに入力するのですが、初めての方がいきなりこの申込書を見ると、項目が多くて驚くかもしれません。お金を借りるのですから、そう簡単にいかないのは当然のことなのですが、中にはその場では正確に思い出せないような項目もあります。

自分自身の個人情報については、どなたもタイプミス以外はまず間違うことはないでしょうが、勤めている会社の情報になると、ソラでは書けないのが普通ではないでしょうか。

勤務先の情報は正確に!

社名のフルネームですら、前株や後株など意外と間違って覚えている方もいるかもしれません。ましてや住所や電話番号は、普段使わなければうろ覚えで普通ですよね。

会社情報をうろ覚えのまま適当に入力してしまうと、勤務先への確認が取れないなど、審査上で大きな支障が生じてしまいます。ここはちゃんと手元資料を見ながら入力するようにしたいものですね。

派遣の方は気をつけて!

また派遣の方の場合、登録している派遣会社と出向先の勤務先の両方を入力するようになっていることもあります。これは審査過程で勤務先に電話をする際に、登録元である派遣会社に電話をかけても在籍の確認がとれないからです。

派遣元の会社の情報のみを申告して、派遣先を申告しないでいると、この確認がとれず審査に落ちてしまうこともありますので注意しましょう。もしひとつしか記入先がない場合には、出向先である現実の勤務先の連絡先を優先します。

※派遣の方が申込書を記入する際の注意点
派遣会社よりも出向先を優先すること!

仕事についての項目には、勤務先の会社名、所在地、電話番号以外にも以下のようなものがあります。これは業者によっても異なるのですが、中には事前に資料を揃えておいた方がいいような項目もありますので、一例としてご参考になさってください。

《申込書の項目 本人に関すること》
勤務形態、収入形態、
仕事内容、所属部署名、役職
年収、給料日、入社年月
《申込書の項目 勤務先に関すること》
社員数
事業内容
資本金
健康保険証の種類

カードローンの申込書には、このように案外細かな項目がありますので、手元に資料も揃う自宅パソコンやスマホから、落ち着いてゆっくり申込作業をするのがおススメですよ。即日融資を希望するならば、申込みをする業者の営業時間までに送信を済ませておきましょう。もちろん前日の夜の間に送信しておいても構いません。

仮審査ってどんな審査なの?

さてこのようにして業者に届いた申込書は、担当者によって入力された項目を元に借り入れ可能かどうかをチェックされます。これが仮審査です。仮審査の段階で、信用情報についても主要な項目については確認されています。ここで信用情報についてご説明しておきましょう。

信用情報とは、お金の借り入れや返済、支払いなどについての個人情報が集約されたものです。カードローンだけでなく、自動車ローンなども毎回きちんと返済できていればいいのですが、長期延滞や債務整理など大きな問題のある人は、ここでチェックされてはねられてしまいます。 以下の経験のある人は、一定期間は殆どのところで審査に落ちてしまうのです。

  • 3ヶ月以上の延滞
  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産

信用情報機関は業種別に3種類ありますが、各機関ごとに孤立している訳ではありません。お互いに常に情報をやり取りしていますから、銀行での延滞も、クレジットカードの未払いも、消費者金融で審査を受ける際には全てばれてしまうのです。

業種が違う借り入れについてはばれないと思っている方もいますが、そんなことはありません。申込書に他からの借入状況を申告する欄がありますが、ばれないと思って借入額や件数を実際よりも少なく書いたりすると、後で問題になる場合もありますので気をつけてくださいね。

※他社からの借入がある人は要注意!
必ずばれるので嘘は書かないこと!

仮審査の時点で信用情報をどの程度チェックするかは、その都度異なるのでどこも毎回同じだとは言えません。担当者が調べる必要があると思えば、場合によっては更に詳細にチェックされる可能性もあります。長期延滞がなくても、短期間の延滞を繰り返す癖のある人は、この段階ではねられてしまうかもしれません。

仮審査が終ると、とりあえず仮審査結果が報告されます。この時に出る利用限度額と金利は、あくまで仮の審査結果なので、後で出る本審査結果とは違っていることも少なくありません。本審査の方が少なくなってしまう可能性もありますし、また最悪本審査で審査落ちということもあり得ますので、あまりぬか喜びはしない方がいいでしょう。

本審査では何をするの?

次の本審査こそがホンモノの審査です。これに受かってこそ、初めてお金を借りれるようになるんですね。本審査では、本人申告の裏付けをとることが中心になります。従って、もしも申込書で嘘の申告をしていたとしたら、ここでバレてしまって本審査には落ちてしまうことも考えられるんです。

本審査でバレてしまうよくある虚偽には、どんなものがあるのでしょうか?

  • 実際よりも多い年収額
  • 実際よりも多い勤続年数
  • 実際よりも少ない他社からの借入額

実はこのようなことは、慣れた担当者ならば仮審査の時点でほぼ見抜けると言われています。例えば年収を多く申告した場合も、勤務先の職種やその人の年齢から、それが不自然な金額だということはすぐにピンとくるんだそうですよ。もしも変だなと思われた場合には、確認のために年収証明書類の提出を求めらてしまうことがあります。

普通ならば消費者金融では、20万円の希望額ならば年収証明書の提示は必要ありません。消費者金融で年収証明書類の提出が必要となるのは、以下の場合です。

借入れ額 年収証明書類の提出
この業者で50万円を超える場合 必要
他と合わせて100万円を超える場合 必要

ただしこれには例外があって、担当者が必要だと認めれば、いつでも年収証明書類は提示しなくてはならないのです。 消費者金融業者は、申込書に何か不審な点を感じたら、いつでも年収証明書類の提示を要求できるのです。借入希望額が20万円ならば大丈夫だと慢心してはいられませんよ。

他社からの借入れ額や件数も、信用情報を詳しくチェックすればすぐに明らかになってしまうことですが、年収も借入額も、いずれも総量規制に関わる重大な要素です。これらについて虚偽の申告をすると、それだけで審査に落ちてしまうので、決して軽く考えないようにしなくてはなりません。

しかし場合によっては、虚偽の申告のまま審査にパスしてしまうということも考えられます。しかし借入中や返済中であっても、この嘘が発覚した時点で利用停止となり、一括返済を求められることもありますよ。くれぐれも虚偽の申告だけはしないようにしましょう。

嘘をつくより相談を!

ただし、ここで問題となるのは実際よりも借入に有利な嘘をついてしまったケースです。様々な事情から、自分にとってむしろ不利になる嘘をつかなくてはならない方も居られるかもしれませんが、その場合は厳しい措置をとられる可能性は低いと考えられます。

しかし虚偽の申告は、例え正当な理由があったとしても借入には決して好ましいものではありません。もしも何か事情があれば、事前に必ず相談をしておくことをお薦めします。年収についての不安や他社からの借入についても、心配があれば先ず相談が先決ですよ!

在籍確認をクリアしよう!

本審査で重要なのが在籍確認です。在籍確認は、勤務先に電話をかけてその人が確実にそこに勤務していることを調べる調査のことを言います。在籍確認は、申込む人にとって非常に嫌われる手続きのひとつです。

会社や同僚にお金を借りることを知られたくない人は多く、家族にすら内緒にしている人もいるくらいですから、「在籍確認なんてとんでもない!」と思うのも無理はありませんよね。

しかし審査担当者に申込書の嘘が見抜けてしまうように、毎日外部からの電話を処理している社員にとっては、その電話が在籍確認であることはすぐに分かってしまうそうです。消費者金融はわざわざ個人名で電話をかけてきてくれますが、それでもピンと来るんだそうですよ。

つまりそのくらい在籍確認電話は職場に頻繁にかかってくるということでもあります。無理に隠すよりも自分から一言伝えておきさえすれば、電話もすぐに取り次いでもらえますから、これで審査の一段階がスムーズにクリアできることになります。 在籍確認を無闇に嫌がらないことも、即日融資には大切な条件だと言えるでしょう。

書類が必要になる場合も

しかし様々な職場がありますから、そこの状況によっては在籍確認がなかなかとれないということもあります。このような場合には、書類の提示によって在籍確認の代用とすることもあります。業者側にそのように判断された場合には、そこで新たに数種類の書類の提示を求められることになります。

ところが、これらがすぐに準備できなかったりすると、ここで予想外に時間を要してしまい、即日融資も無理ということになってしまいます。

※必要となる可能性のある書類(複数必要)

  • 国保以外の保険証(社会保険証など)
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)

このような事態が予想されるような時には、審査前に事前に相談しておくのがいいでしょう。消費者金融には申込みに関する相談を受け付けるコールセンターが設置してありますので、ここで相談に乗ってもらうのが早道です。在籍確認の代用となる書類も、その業者によって異なりますので、ここで詳しく聞いておけば、審査はよりスムーズになるでしょう。

さぁ、20万円を借りよう!

さて、ここまで来たらもう即日融資は目の前です!本審査の結果が出て、後は契約と借り入れが待っていますよ。本来ならば契約書の到着後に借入となるのが正式な順番なのですが、どの業者でも一刻も早い利用を実現するために、それより前にお金を借り始めることができるようになっています。

出金には2種類の方法があり、カードを使う方法と銀行振込みをしてもらう方法です。

  • ローン専用カード→ATMから直接出金
  • 銀行振込→振込後キャッシュカードで口座から出金

銀行振込ならば、本審査の結果が出たらすぐに申込むことができます。銀行口座番号の届出をしておけば、その日のうちに口座に入金してもらえるでしょう。

ただしローン専用カードを利用する場合は、郵送にしてもらうと数日以上待たねばなりませんから、即日融資は到底無理になってしまいます。しかし自動契約機を利用することで、カードの即日発行が可能になりますよ。

自動契約機は、申込みの最初の段階から使っても構わないのですが、申込書の作成や送信はネットから済ませ、カードは契約機から発行してもらうということもできるんですよ。お仕事の忙しい方など、申込みは自宅で済ませておき、仕事帰りに契約機からカードを受け取るということも可能です。

このように、先に借入方法をカードにするか振込にするかを決めておかないと、即日融資は実現しません。カードで借りる場合は最寄りの自動契約機の所在の確認が必要ですし、振込を希望するならば銀行口座番号の登録が必要になります。申込みの時点で、自分がカードか振込かどちらにするかを検討しておきましょう。

返済計画も忘れずに!

さて無事20万円を即日融資してもらえた場合にも、これで全て終りという訳ではありません。借りたら返さなくてはならないからです。できれば返済計画もきちんと立てておきたいものですよね。

返済方法には2種類あって、銀行口座から自動振替してもらう方法と、自分でATMから入金する方法です。いずれの場合も、月々の最低額だけを返済するよりは、追加でも返済する方が、返済も早く済むし利息の総額も少なくなります。

低額の約定返済に慣れてしまえば、返済額を増やすと苦しいと感じますが、最初から多い目に返しているとやがてそれが普通になってしまうものです。返済計画には、その業者サイトの返済シュミレーションを使うのがおススメです!

返済額は自分で決めよう!

20万円を何ヶ月で返済するか、先ず決めてしまいましょう。もしも12ヶ月で完済するとしたら、年利18%では毎月の返済額は18,335円になります。どうでしょう?これくらいなら何とかなりそうですか?

20万円を借りた場合の規定の約定返済の最低額は8000円ですから、それよりは約1万円多い追加返済だということになりますね。これならばより早く返済でき、利息はより少なくて済みますよ。

これが苦しいのならば、12ヶ月よりもう少し返済期間を長くとるなどして、自分なりの無理のない範囲の追加返済額を決めてしまいましょう。これが手軽に立てれる返済計画としておススメの方法です。

【参考ページはこちら】
審査が甘くて即日融資が可能なキャッシングを教えて!

閉じる
閉じる