即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

未成年でも収入があれば即日で融資を受けられる?

未成年でもお金って必要になりますよね。高校を卒業して進学せずに社会に出ると給料は少ない割には付き合いの飲み会が多くてお金が足りないことがありますよね。

高校を卒業して大学生になった場合でも服装が気になったり、オシャレに気を配ったり、飲み会に出かけたり、お金を使う機会が高校生に比べれば確実に増えますよね。

付き合いを良くしたり欲しいものを買ったりするためにもお金は必要!そこで大学生ならアルバイトを始める人も多いのではないでしょうか。しかし、就職して働いたりアルバイトをして働いてもお金が手に入るのは月に一度給料日だけ。

計画的にお金を使っていなければ急な飲み会に参加する時やバーゲン時期などの一時的にお金がたくさん必要な時にはお金が足りなくてどうしよう…なんて事も経験したのではないでしょうか。そんな時にカードローン、気になっていませんか?

未成年向けのカードローンの紹介

カードローンでお金を借りようと思ったら年齢制限を見たことはありませんか?たいていの消費者金融では20歳以上からとなっていますよね。だけど未成年でも収入があれば即日で融資を受けられるところってどこか無いのでしょうか。

未成年はお金を借りれない?

高校を卒業して進学した場合の学生でカードローンを利用しようと思ったら学生ローンというものがあります。これは学生証が必要になるローンです。大学生なら学生証を持っていますよね。これがお金を借りる時に重要な提出書類となります。

学生ローンは未成年なら誰でも借りることができるのか?

答えはNOです!

学生ローンには学生証が必要なことは言いましたが、実は学生ローンにも年齢制限もあります。一般的な消費者金融でお金を借りるのは年齢が20歳以上と言うのが基本ですが、学生ローンでも例外ではなく大抵のところは20歳以上となっています。

これは、20歳未満の未成年では契約が成立しないことになっているからです。いくら未成年本人と契約したところで、保護者が契約に気づき「契約を取り消します!」と言えば取り消すことが可能なのです。

未成年はまだ成人していないので支払い能力がないと見なされるし、責任能力もないと見なされるからですね。そのためいくら契約しても完済する前に契約を取り消されてしまったら消費者金融は大損ですよね!だから最初から未成年は契約できないようにしているのです。

けれど、中には「18歳以上の学生ならお金を貸します」といった学生ローンも存在するのです。ごく少数ですが、未成年でも学生なら借りれるところはあるのです。

では、学生ではなく高校を卒業して社会に出た未成年の場合はお金を借りれないのでしょうか。基本的には未成年は借りれませんが、例外もあります。

保護者の同意がある場合や、既婚者は未成年でもお金を借りることができるのです。既婚者は世帯を持っているので成人していると見なされるためですね。(こちらもご参考に→家族にバレずに即日融資を受けるためには

しかし、これも制度上ではこうなっていますが実際にお金を貸してくれるかどうかの判断は、それぞれの消費者金融が審査するので一概にどこでも借りれるという訳ではありません。

  • 基本的にお金が借りれるのは20歳以上から
  • 例外として保護者の同意があったり、既婚者だったりしたら借りれることもある
  • 学生ローンの中には18歳から借りれるところもある

学生ローンで借りるには

学生ローン イー・キャンパス アミーゴ アイシーローン 友林堂
年齢 20歳以上 20歳以上 18歳以上 20歳以上
融資額 50万円まで 50万円以内 1万~50万円 1万~30万円
金利 14.4%~16.8% 14.4%~16.8% 10.0%~20.0% 12.0%~18.0%
申し込み方法 ネット ネット、来店 ネット、来店、電話 ネット、来店
必要書類 学生証、免許証、健康保険証 学生証、免許証か健康保険証 学生証、免許証か健康保険証 学生証、免許証、キャッシュカード
*いずれの学生ローンでも即日融資OK!審査完了後に指定口座へ振り込み後に契約書類の郵送となり、必要事項を記入後に要返送

4ヶ所の学生ローンを例に挙げましたが、18歳から借りれるところはアイシーローンだけとなっています。他は20歳以上からなので学生ローンでも未成年が借入れできるところを探すのは難しいですね。

そのため未成年でも収入があれば即日で融資を受けられるのかと言えば、借入れ先を探すのが難しいと言えますね。

未成年がお金を借りるには

日本では20歳以上が成人となっていますね。つまり20歳未満は未成年、子どもなのです。未成年ではまだ社会経験が乏しいですよね。お金を使う経験も少ないので大金を使った経験もあまりないことでしょう。

そのためカードローンなどで大きなお金を急に持つと金銭感覚が未熟なため借り過ぎてしまう可能性が高いです。 大人でも大金を手に入れると気が大きくなってしまって使い過ぎてしまいますよね。

しかし借り過ぎてしまうとどんどん借金が増えてしまいます。そうなると返済のために他社から借りるという多重債務となってしまいます。

こうなると自分一人の力ではどうにもならなくなってしまいます。借金の返済の仕方が分からず親を頼ったり、弁護士などの法律専門家に相談したりといった事になります。若気の至りとも言いますが、若いころに無茶ができるのも経験が少ないからと言えるでしょうね。

まずは自分で稼いだ収入内でやりくりするという感覚を身につけましょう。収入内でやりくりできないのに不足分をカードローンで補うクセを付けてしまうと収入内でやりくりするという感覚を身につけることができなくなってしまいます。

この状態で借入れが出来ると借入れ金額が毎月増えていってしまい、手に負えなくなります。出来れば未成年の内に収入と収支のバランスを取れるようになる必要がありますね。いくらの収入があれば自由に使えるお金はいくらといった把握ができる力が必要ですね。

そうはいっても20歳の誕生日を過ぎると誰でも申し込み資格を得ることができます。そうなった時にすぐお金を借りたければ、未成年の内から仕事やアルバイトなどで収入を得ている必要があります。

親からの援助や仕送りがあるから自分で収入を得なくても平気!という人はまだまだ甘いです。お金を借りたいなら自分で収入を得る必要があります。借りる人本人の稼ぎがいくらなのかが借りれる金額に関わってきますよ。

未成年でお金を借りようと思ったら、まずは収入内でやりくりをするという金銭感覚を身につけること、成人した時に備えて収入源を確保しておくことが大切ですね。

  • 未成年は金銭感覚が未熟
  • 未成年の内から日常生活の出費は収入内でやりくりできるようにする
  • 成人した時に備えて仕事やアルバイトなどで収入源を確保

【参考ページはこちら】
どこが一番良い?即日融資可能な金融機関を比較

閉じる
閉じる