即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

ミナミの貸金業者。即日融資、ブラックもOK?

キャッシングをしたはいいけれど、返済のことまで頭がまわらず、気が付いたら借金地獄・・・なんてことになっている人、大丈夫ですか?お金を借りるということは、返さないといけないなんて、誰でもわかってはいるでしょうが、カードを使ってATMからキャッシングしていると、つい自分のお金だと勘違いしてしまう人もいるようですね。

大変なことになった!と思っても後の祭りで、返済はしなきゃいけないのに手元にお金がない!なんて時、あなたならどうしますか?借金を返すためにまた借金を重ねますか?ちょっと待ってください。そんな時のためのちょっとしたアドバイスです。

たかがキャッシング、されどキャッシング

最近のキャッシングは、本当にお手軽で誰でも簡単に借りられるという利点がある反面、返済を滞る人も少なからずいるようですね。「たかがキャッシング」と、甘く考えていると「されどキャッシング」ということになりかねないので要注意ですよ。そう、キャッシングでお金を借りたのであれば返すのが道理だってことをお忘れなく。

ブラックに陥った人がまた即日融資を考えているようですが、そもそもブラックっていったい何のことなのでしょうか。また、ミナミにはブラックでも借りられるところがあるのでしょうか。順番にみていきましょう。

ブラックとは

巷でよく聞く、ブラックっていったい何のことなのでしょうか。どういう人のことをブラックと呼んでいるのか知っていますか。まずは、「ブラック」のことについて説明していきたいと思います。

  • ブラックというのは俗語
  • 何をすればブラック登録されるの
  • どこにブラックとして登録されているの
  • 自分は本当にブラックなの
  • ブラックかどうかの確認方法
  • ブラックになってしまったら
  • 自分を知って対策を練ろう

ブラックというのは俗語

世間一般で「ブラック」という言葉をよく聞きますよね。誰しもなんとなく意味はわかっていると思いますが、実はこれ正式な名称ではありません。いわゆる俗語みたいなものですね。正式には「金融事故」と呼ばれています。すなわち、お金を借りるという行為に関して事故をしてしまった人のことですね。

これらの人たちのことを総称して「ブラック」と呼んでいます。

何をすればブラック登録されるの

「返済をまったくしていない人」「返済が毎回遅れがち」「ウソの申請をした人」など、お金に関することで信頼してもらえなくなった人、もしくは貸す側から見れば、約束を守らない迷惑な人たちのことを指します。

ただし、「ブラック」には特にこれといった決まりがあるのではなく、各金融機関が独自に判断するので、同じ金融事故だとしてもブラックとして登録されている人もいれば、されていない人もいるということになります。白黒はっきりさせるのが難しいところでもあるということですね。

どこにブラックとして登録されているの

ブラックとしてどこに登録されているかというと、個々の金融機関だけではなく、金融機関すべてがひとつの信用情報機関に登録することになります。その信用情報機関に加盟している金融機関であれば誰でも閲覧可能ということです。すなわち、他社で金融事故を起こした人の情報も筒抜けということですね。

自分は本当にブラックなの

例えば、返済が遅れがちだった場合、「もしかして自分はブラックとして登録されている?」と、気になるところではありますよね。次の融資を受けようとしても、ブラックだったらNGだし・・・と、悩んでしまいがちですが、やみくもに不安になるより、まずは自分がブラックなのかどうか確認しましょう。信用情報機関にどのように登録されているのか確認することができるので、まずはここから始めましょう。

ブラックかどうかの確認方法

自分がブラックかどうか知りたい場合は、信用情報機関に開示請求をすることで確認することができます。開示請求は4種類あり、方法は以下の通りです。

インターネット開示請求(パソコンから開示請求する場合)
0570-021-717に電話して、受付番号を取得
電話をしてから1時間以内に取得した受付番号をパソコンから入力
開示報告書を確認する(開示報告書はPDFファイル)
インターネット開示請求(携帯電話から開示請求する場合)
0570-021-717に電話して、受付番号を取得
手元に利用可能なクレジットカードを準備しておく
電話をしてから1時間以内に取得した受付番号を携帯電話から入力
携帯電話の画面で開示報告書を確認する
郵送で開示請求
パソコンから必要書類をダウンロード
(印刷できない場合は、0570-666-414に電話をして取り寄せる)
ゆうちょ銀行の定額小為替証書(手数料1000円)を用意
必要書類と手数料を以下の宛先に送付
〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエスト15階
約10日後に開示報告書が到着
窓口で開示請求
必要書類を準備(本人確認のための運転免許書・パスポートなど)
最寄の「開示相談コーナー」へ行く
窓口でタッチパネルで申し込み後、本人確認
開示報告書の受け取り

ブラックになってしまったら

自分がブラックとして登録されていたならば、このブラック情報がクリアされることを考えましょう。自分でクリアすることは不可能なので、クリアされるまで時間を置くということですね。信用情報機関に登録された情報は、5年でクリアされるといわれています。ただし、これも金融機関によってまちまちなので5年後にもう一度開示請求をして確認することをおすすめします。

自分を知って対策を練ろう

信用情報機関に開示請求をおこなって、自分が金融事故者として登録されていたならば、新規で融資を申し込むことは控えたほうがいいでしょう。いわゆる「ブラック」の人に融資をしてくれるところはまずないと思ってください。新たに融資を申し込んだとしても、審査に通らない可能性があるだけではなく、新たな×が信用情報機関に記載されることになってしまいます。

ブラックになってしまったら当面はおとなしくしておくのが賢明ですよ。

ミナミとは

ミナミとは、旧大阪市南区のことを地元の人たちはそう呼んでいます。ただ、現在は南区というものは存在せず、ミナミは中央区になります。ひと昔前までは、東西南北の区が存在していたのですが、東区と南区が合併して中央区になったため、現在では南区がありません。南区という地名はなくなりましたが、地元の人たちからは変わらず「ミナミ」と呼ばれています。

ミナミといえば、漫画「ミナミの帝王」が有名ですよね。映画やドラマ化もされているほど人気があります。この影響でミナミであればお金を貸してくれるところがいくらでもあると思ったのかもしれませんね。多少事実もあるでしょうが、これはあくまでも架空の物語だということをお忘れなく。

ブラックでも融資OKなところ

ブラックの人に融資してくれるところがあるか、とよく聞かれますが、「絶対にない」わけではありません。むしろ「ブラックでも貸してくれるところはある」と、言ったほうがいいかもしれません。貸してくれるところはあるかもしれませんが、それにはさまざまな嬉しくない副産物がついてくると思ってください。健全な金融機関は貸してくれないと思っておきましょう。

  • ブラックでも貸してくれるところはあるの
  • ヤミ金ってなに
  • ヤミ金の恐ろしさ
  • ヤミ金は最後の砦なか
  • ヤミ金かどうかの見分け方

貸してくれるところはあるの

先にも書きましたが、ブラックでも貸してくれるところはあります。ありますが、正直おすすめはできません。貸してくれるところとは、いわゆるヤミ金です。目先のことだけ考えてヤミ金に手をだしてしまう人もいるでしょうが、ヤミ金に手をだすとどうなるか・・・間違いなく負のスパイラルにはまってしまうことでしょう。一度負のスパイラルにはまってしまったら抜け出すのは容易ではありません。

ヤミ金ってなに

巷でよく聞く「ヤミ金」っていったいどういうものを指すのでしょうか。通常、消費者金融といわれるところは、国が定めている「貸金業」への登録が義務付けられています。簡単にいうと、この「貸金業」への登録をおこなわずお金を貸すことを商売としているところを「ヤミ金」と呼んでいます。すなわち、不法な商売なので本来であれば「借りてはいけないところ」というのが正しいと思ってください。

すなわち「ヤミ金」は、法律を無視した金利で融資したり、人権を無視した暴力的な取り立てをするところが多いようです。特に借金で困っている人の弱みにつけこんで融資をしてくる傾向があるので要注意です。

ヤミ金の恐ろしさ

ヤミ金の恐ろしさっていったい何なのでしょうか。最初は、借金が膨らんで困っている人の足元を見て融資を持ちかけてきます。それはもう丁寧に優しく持ちかけてくるので、つい借りてしまう人が後を絶ちませんが、甘い言葉にのってはいけません。

一度借りてしまうと、高額な金利に返済できない人が続出するわけですが、そうなるとヤミ金の思うツボです。暴力的な取り立てをおこなってきます。家に押しかけてくるのはもちろんのこと、職場や関係のない家族や親せき、知人までありとあらゆる人を巻き込みます。

ヤミ金は最後の砦なの か

ヤミ金は最後の砦だと考えている人もいますが、はっきり言って最後の砦ではありません。地獄への入り口だと思っていいでしょう。ヤミ金から借りてしまって何とかなった人の話しはほとんど聞きません。落ちるところまで落ちるしかなくなるのが実情でしょう。

ヤミ金かどうかの見分け方

一番確実なのは、貸金業としてちゃんと国に届け出をしているかどうかを確認するのがいいでしょう。確認の仕方は、金融業者のホームページに記載されている「貸金業者登録番号」を元に簡単に調べることができます。「登録貸金業者情報検索入力ページ」で検索してもらえばOKです。

例えばアコムの場合、「関東財務局長(11)第00022号」と記載されています。この情報を貸金業者登録番号で入力します。画面の「登録番号」に「11」「00022」をそれぞれ入力して「検索開始」をクリックするだけで確認が可能です。

融資のための審査がなかったり、借金があるのにさらなる借金を進めてきたり、「なんか怪しいな」と思ったらまずは確認することです。確認できなかった業者は、ヤミ金だと思って間違いないでしょう。

ブラックの人に知ってもらいたいこと

これらのように、ブラックになったからといって安易にヤミ金に手をだしてはいけないということです。借金が膨らんでしまうと、焦りから「とにかくどこでもいいからお金を貸してくれるところを見つけないと」と、思いがちですが、こんな時こそ冷静な判断が必要となってきます。

「借金返済のために次の借金を申し込む」のではなく、なんとかお金を手に入れる方法を模索しましょう。仕事をしている人であれば、給料が入ったらとにかく返済に充てることを考えましょう。運悪く、仕事に就いていない人は、当日払いのアルバイトに狙いを定めてください。

最近の日払いアルバイトは、いわゆる日雇いとは違います。日雇いだと、工事現場などでの力作業というイメージがありますが、日払いのアルバイトは通販会社の箱詰め作業や、物の検品など、若者でもとっかかりやすい業務がほとんどです。1日だけでもOKだし、定期的にアルバイトすることも可能です。

当日払いなので、入ったお金はどんどん返済に充てていけば、膨らんだ借金も少しずつ減ってくるはずです。「新たに借りる」ことを考えるのではなく、「お金を得ること」を考えて行動に移してください。

健全な金融機関ってどういうところ

ヤミ金がどういうものか理解できたけど、逆に「健全な金融機関」とはどうやって見分ければいいのでしょうか。

健全な金融機関は、誰でも知っているような有名どころだと思っていいでしょう。CMで流れていたり、きちんとしたホームページを開設しているところですね。確実に確認するのであれば、ヤミ金を見極めるときと同じく、貸金業として登録されているかどうかの確認をすればOKです。

有名な金融機関によく似た名前を使っている悪徳業者がたくさんあるので、騙されないようにしてください。特にサイトから申し込むときは、間違いないかどうか念には念を入れて確認することをおすすめします。

以下に健全に金融機関を利用する場合の注意事項をまとめてみました。

  • 代表的なおススメ金融機関
  • 相談するのはタダ
  • 手当り次第に申し込まない
  • 返済が遅れる場合は必ず連絡を入れる
  • ブラックにならないために

代表的なおススメ金融機関

世の中にはたくさんの金融機関が存在しますが、誰もが知っていて間違いなのない代表的な金融機関と主な特徴は以下の通りです。

代表的かつ有名な金融機関
アコム 最短即日融資可能で、ネット・無人機・窓口などで申し込み可能
年収の1/3までで、1~500万円までの融資が可能
プロミス 30日以内の返済であれば無利息サービスあり
おまとめ・自営者・レディースなどの目的別ローンの充実
新生銀行レイク 総量規制の対象外なため年収の1/3を超えて融資可能
5万円までなら180日間、それ以上は30日間の無利息期間あり
アイフル 最短即日融資が可能で、ネット上から1秒診断という簡易審査あり
月々の返済負担を減らすための「かりかえMAX」など商品の充実
モビット Web完結型で最短即日、1~50万円までの融資が可能
フリーダイヤルで相談窓口あり

相談するのはタダ

これらの金融機関は、単にお金を借りるときだけに利用するものではありません。例えば、お金を借りるための相談や、返済方法などに悩んでどうしようもなくなったら、一人で考え込むのではなく、金融機関の窓口で相談してみましょう。

金融機関の担当者は「お金のプロ」です。自分が困っているとこを相談することで、何かしら良いアイデアをだしてくれるでしょう。相談するのはもちろんタダです。プロのアドバイスを受けてみるのもひとつの手ですよ。

手当り次第に申し込まない

お金に困ったとき、「もしかして借りられるかも」と、淡い期待を抱いて、「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式で次から次へと申し込む人がいますが、これはやってはいけません。融資を申し込んで審査に通らなかったとします。この情報も信用情報機関にちゃんと登録されてしまいます。

なぜ審査に通らなかったことも登録するの?と、思うかもしれませんが、「審査に通らない=通らない原因あり」と、みなされてしまいます。「他社で審査に通らなかった」ということは何かしら理由があるわけなので、次の金融機関も慎重になるということになります。

返済が遅れる場合は必ず連絡を入れる

消費者金融でも銀行でもどこででも言えることですが、返済が遅れそうな時は、必ず金融機関に連絡を入れるようにしましょう。金融機関は個人の「信頼」をとても大事にします。何の連絡もなく返済が遅れるより、ひと言連絡を入れてくれた人のほうが信頼は得られますよね。

ブラックにならないために

「何をすればブラックになる」という正確な定義はありません。各金融機関のものさしによって決まりますが、ブラックにならないためには、「金融機関からの信頼関係を裏切らない」ということに尽きるでしょう。

やってはいけない項目は以下の通りです。

  • ウソの申請をしない(勤務先など)
  • 他社からの借入れ状況は正直に
  • 必ず返済期日までに返済する
  • 返済が遅れる場合はひと言連絡しよう

最後に

ここまで読んでいただいたら、ブラックなのに新たに借りようとしていること自体、危険なことだとおわかりいただけたかと思います。健全な金融機関は貸してくれません。健全な金融機関が貸してくれないということは「自分に何かしらの問題がある」と考えて、今一度よく振り返ってみてください。

理由がわかれば、やるべきことはたったひとつです。理由となっている借金の返済に努めることを最優先課題としましょう。今踏んばれば、必ずクリアできるはずです。安易にヤミ金にだけは手をださないようにしてもらいたいものです。

閉じる
閉じる