即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

即日融資を無職が受けるには?無職でもお金を借りる方法

無職だからと言って何も食べない訳にはいきません。もちろん一人暮らしなら食費以外にも家賃や光熱費といった出費が毎月必ずありますよね。

無職になってからもこの出費に耐えられるほどの貯金があれば良いのですが、なかなかそうはいきませんよね。そんな時にはお金を借りる方法が知りたいですよね。

無職でお金は借りれる?

お金を借りようと思ったら申込み条件に「安定した収入があること」と書いてあるのを見たことはありませんか?しかし、無職というコトは収入が無いというコトになりますよね。

それなら申込み条件にある「安定した収入」と言う条件を満たすことができません。条件を満たすことができなければ申し込みはできません。では、無職でお金を借りるにはどうしたら良いのか、その方法を考えてみましょう。

借入残高が50万円以下までは収入証明書不要

貸金業法の総量規制というのを知っていますか?有名なのが年収の三分の一までの借入れしかできないといった規定ですね。

その他にも規定がありまして、借入残高が50万円を超える貸し付け、あるいは他社と合わせて100万円を超える貸し付けの時には収入証明書が必要というコトになっています。つまり、一度に50万円を超える貸し付けや現在の借入残高を合計して100万円を超える貸し付けで無ければ収入証明書が不要というコトになります。

  • 一度に50万円までの貸付は収入証明書不要
  • 他社の借入れと合わせて100万円までの貸付は収入証明書不要

それなら10万円の借り入れなら収入証明書が必要ないというコトになります。収入証明書が必要ないというコトは、もしかして年収を偽ったり、勤務先を偽ったりすることができる?

そんな考えが浮かんできそうですが、残念ながら勤務先を偽ることはできません。なぜなら在籍確認があるからです。在籍確認とは勤務先に在籍しているのか確認するコトですね。在籍確認をした時に申請している勤務先に籍がないことが分かると一気に信用を失います。一度信用を失うと二度とその金融機関から借り入れすることは出来なくなります。

収入証明書が不要でも在籍確認があるので勤務先を偽ることはできません

無職の借入れで返済は出来るのか

無職でお金を借りようとするなら返済計画が重要になってきます。収入がないからお金を借りる。しかし、翌月から返済をしなければならないのに収入がなければ返済ができませんよね。

そのため無職でお金を借りることができない理由は納得できますよね。消費者金融は慈善事業ではないのでお金を返してくれる当てもない人にはお金を貸すことができないのです。

たまに、「誰にでもいつでもお金を貸します」といった甘い言葉を聞くことがありますが、こういったところでお金を借りることは得策ではありません。万一借りるのなら、どんな会社なのかしっかり下調べが必要ですね。
(⇒身分証明書なしで借り入れできるキャッシングに注意!

うっかり借りたところが闇金だったとなると、収拾がつかなくなってしまいますよ。けれど、稀に中小規模の消費者金融では借りれることもあるので、しっかり調べることがポイントとなります。

無職ではお金を借りた後の翌月からの返済が困難ですよね。貸し倒れを避けるためにも無職ではお金を借りれません。

どうしてもお金を借りたい!

無職ではお金を借りれないと言われても、お金がどうしても必要だという時にはどうしたら良いのでしょうか?

無職になる前がお金を借りれる最後のチャンス

無職になってしまうと収入が無いので、いざお金がない時に即日融資を無職が受けるにはどうしたら良いのか悩んでも、なかなか打開策は見つかりません。そこで、おススメなのが無職になる前にカードローンに申し込みをすることです。

無職になる前なら在籍確認をされても問題ありません。働いているので収入証明書も堂々と出せますし、在籍確認のために勤務先に電話がかかってきても平気ですよね。

そのため、退職することを決めた時点で、いざという時に備えてお金を借りれるようにしておくと無職の期間が長引いても金銭的な心配をしなくて済みます。

無職になる前 無職
在籍確認 不可

何の対策もなく無職になった後にお金が必要になったら

退職する前にお金を借りれるようにしておくのが理想的ですが、そうはならないのが現実です。退職前にそこまで考えが回らず、退職後にお金がなくなってから借りようと思う人もいるでしょう。では、どうやって申込むのか。

  • 派遣会社に登録する
  • パートを始める
  • アルバイトを始める

以上のような選択肢があります。一番簡単な方法は派遣会社に登録することでしょう。派遣会社の登録は面接に行くと出来ます。特に働く必要もなく在籍することが可能になります。

在籍さえできれば、在籍確認の電話があっても不安になる事はありません。ただし、登録してすぐは収入も無いので収入証明書を提出しなくても良い50万円以下での申し込みにしましょう。

もちろん、パートやアルバイトを始めるといった選択肢もあります。この場合は確実に働くことになるので翌月からは収入があるので返済計画が立てやすくなりますね。

派遣 パート アルバイト
登録 簡単 不採用がある 不採用がある
収入 登録だけでは発生しない 労働に応じてあり 労働に応じてあり
在籍確認 対応 対応 対応

専業主婦なら無職でも借りれる!

専業主婦も本人が収入を得ていないという点で考えると無職です。しかし、専業主婦の場合は唯一お金を借りることができる無職となります。なぜなら、配偶者がいるからです。

専業主婦なら銀行カードローンが借りやすい

専業主婦は無職でも借りれるといっても、貸金業法が適用される消費者金融での借り入れは困難です。そのため、専業主婦でお金を借りようと思ったら銀行カードローンが借りやすいです。

配偶者の同意も必要ないので配偶者に内緒で借入れをしたいという時には銀行カードローンしかありません。しかし収入が無いので30万円~50万円が借入限度額となっているところが多いです。

けれど今月不足している家計の足しにしたい、急な出費を賄いたい、そういった時の用立てには十分な金額ですよね。

総量規制で専業主婦は消費者金融で借りれない?

貸金業法が適用されている消費者金融では総量規制があります。

総量規制では本人の年収の三分の一まで借入れができるコトになっています。そのため収入のない専業主婦は借り入れができないことになってしまいます。

しかし、例外がありまして配偶者の同意と婚姻を証明できる書類が提出できるのなら配偶者の年収の三分の一まで借りることができます。これを配偶者貸付と言います。

銀行との大きな違いは配偶者の同意がいるというコトと、配偶者の年収が関係してくるというコトですね。

そして、配偶者貸付は取り扱っている消費者金融と、取り扱っていない消費者金融があるのでどこにでも申し込んだら借りれるという訳ではありません。

具体的にはアコムやプロミスなどの大手の消費者金融では配偶者貸付は取り扱っていません。ユニーファイナンスなどの中堅規模の消費者金融では配偶者貸付を取り扱っているので、狙い目は中堅規模の消費者金融となりますね。

専業主婦の借入れ先 大手消費者金融 中堅消費者金融 銀行
申込み ×
配偶者の同意 必要 不要
*中堅消費者金融の申し込みができるのは配偶者貸付を行っている所のみとなります。

無職でも即日融資!

無職がお金を借りるにはどうしたら良いのかといった事を見てきましたが、実際に借りるにはどのくらいの審査期間が必要となるのか。お金が借りたくて申し込みをするのなら、なるべく早くお金を借りたいですよね。

最近では銀行でも大手消費者金融でも中堅の消費者金融でも即日融資と言うのが増えてきました。特にアコムやプロミスといった大手消費者金融ではほとんどのところが即日融資となっています。(こちらもご参考にどうぞ→プロミスの即日キャッシングを賢く活用!

銀行や中堅の消費者金融でも即日融資に対応しているところは増えてきているので、即日融資を無職が受けるには以下のことに取り組んでみましょう。

  • 在職中にカードローンに申し込みをしておく
  • 退職後なら一時的でも良いので職に就く
  • 無職OKな中堅消費者金融を探す
  • 専業主婦なら配偶者貸付を利用する
  • 専業主婦なら銀行カードローンを利用する

もちろん即日融資希望なら、上記のチェック項目に加えて「即日融資」と書いてあるところに申し込みましょう!

閉じる
閉じる