即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

即日融資可能な金融機関は多い!比較してベストなところを探そう

融資を希望する場合、そのほとんどが急ぎの状況に追い込まれているのでは?そんなときに便利なのが即日融資を行ってくれる金融機関の存在です。

即日融資を行ってくれる消費者金融もありますが、やはり安心感でいうと金融機関の融資が勝りますし人気も高くなっています。ただ、金融機関といっても即日対応を可能としているところは多くありますから、それらを比較して自分がベストだと思うところを決める必要があります。

大手3社金融機関の即日融資比較

すべての金融機関を比較するのは数が多くなってしまいますから、大手の金融機関を比較していきましょう。

金融機関名 融資限度額 金利 即日対応申込方法 備考
三井住友銀行 最大800万円 4.0~14.5% ローン契約機 ATM利用手数料無料
三菱東京UFJ銀行 最大500万円 4.6~14.6% 毎月の返済金額2000円から テレビ窓口
みずほ銀行カードローン 最大1000万円 4.0~14.0% インターネット 住宅ローン利用で金利△0.5%

基本的にはインターネット、電話、モバイル、郵送、無人契約機で申し込むことが可能となっていますが、即日融資を受けるとなると最初から無人契約機で申し込む方がスムーズだと言えそうです。
(⇒ここまで便利に使える!人気の即日融資キャッシング

インターネットや電話での申し込みをした後で、最終的に無人契約機で必要書類の提出、ローンカード受け取りになりますね。みずほ銀行は口座を持っていることですぐにキャッシュカードでの融資実行が可能となっています。

金利を見てみると多少差がありますが、大きな違いはありません。ただし、利用限度額に応じて設定される金利が異なりますからそこまでチェックしておくと自分が利用するときにどこが得かを考える目安になってきます。

金融機関名 利用限度額 金利
三井住友銀行 100万円以下 12.0~14.5%
三菱東京UFJ銀行 50万円~100万円以下 12.6%
みずほ銀行カードローン 100万円未満 14.0%

このように、同じような金利幅でも設定限度額に応じた金利設定がありますので細かく見ていくと良いですね。

金融機関のカードローンは総量規制対象外ですから年収の3分の1を超える限度額設定も理論上は可能です。あとは自身の信用がどのくらいあるか、ということになります。

融資を受けるために
何が必要なのか
どような条件を満たせばよいのか

これらを知っておくこともとても重要です。

即日融資を可能にする条件

まず知っておかなければいけないのは、即日融資可能な金融機関に申し込んでも即日融資を受けることができない場合があるということです。

申し込めば必ず即日融資を受けられるということではなく、それを実現させるためには

  • 審査に通ること
  • 申し込み時間が午前中で終わっていること
  • 申し込み日が金融機関と自身の勤務先の営業日であること
  • 必要書類を準備できていること
  • 申し込む金融機関の普通口座を持っていること

これら最低5つの条件を満たさなければいけません。

審査に通ること

融資を受けるためには審査に通らなければいけない、これは確かです。審査に通るためには、現在はもちろん過去を含めても時運の信用情報に問題があってはいけません。特に審査が厳しいといわれている金融機関の融資を受けようとしているわけですから、審査に通るために今の自分に不安要素がないかどうかを把握しておきたいですね。

  • 現在他に借金、ローンがあってその返済中である
  • 過去5年の間で自己破産や債務整理を行ったことがある
  • 収入が不安定である
  • 勤続年数が1年未満である
  • ここ6か月以内に複数のカードローン申し込みをした

いずれかが当てはまるようであれば、金融機関の審査に対して不安があるということになります。

申し込み時間が午前中で終わっていること

融資の申し込みは、申し込み方法にもよりますが24時間対応しているものもあります。インターネットや郵送、FAXで申し込む場合がそれにあたるでしょう。これらの申し込み方法は24時間対応可能な点が魅力ですが、即日融資を受けるのであれば最低でも午前中に申し込みをしておく必要があります。

申し込みから融資実行までは

申し込み→審査→契約→融資実行

このような段階を踏んでいく必要があります。これらを申し込んだ当日に行わなければいけないので、時間的な猶予を見ても最低午前中に申し込みを終えておかな得れば融資実行までたどり着かないということになるのです。

申し込み日が営業日であること

申し込み後審査を行うのは営業日の営業時間ということになりますから、まずは申し込み先の金融機関の営業日に申し込みをしないと即日融資を受けることは出来ないということになります。これは無人契約機も同様ですね。無人契約機の営業時間であっても審査を行う担当者の勤務時間、勤務日でなければ審査と契約を行うことはできません。

また、自身の勤務先の営業日、営業時間にも注意が必要です。それは審査を行う際に在籍確認をするためですね。本当にその勤務先で働いているのかどうかをチェックする在籍確認は審査の1つでもありますから、これを行うことができなければ審査を完了することはできません。

必要書類を準備できていること
申し込み後、契約をする際には提出しなければいけない必要書類というものがあります。
利用希望金額にもよりますが、多くの金融機関では身分証明書と収入証明書の提出は必須となっていますので、この2つは準備しておくようにしましょう。

身分証明書は顔写真入りの運転免許証やパスポート、もしくは健康保険証や住基カードが認められるようですね。収入証明書は源泉徴収票、確定申告書、課税証明書などですので、あらかじめ取得しておかなければいけません。

申し込みをする金融機関の口座を持っていること

即日融資の条件として、申し込みを希望する金融機関の口座を持っているということも重要です。口座を持っていればその口座に必要金額を振り込むという形での融資が可能となりますし、現在持っているキャッシュカードをそのままローンカードとして利用できる場合も多いですからカード発行の時間も必要ありません。

口座を新たに解説しなければいけないとなれば、どうしても支店窓口まで行って手続きをする必要が出てきますし即日融資には間に合わないこともあります。口座を持っていればスムーズに即日融資を受けることができますから、自分が口座を持っている金融機関に申し込みをするか、あらかじめ口座を作っておくようにしたいですね。

【参考ページはこちら】
無職でも即日融資を受けることは可能?

閉じる
閉じる