即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

即日融資が可能!?信用の高い金融機関で会社が即日融資を受ける方法

即日融資というと、個人がカードローンを通じて受けているものだと思ってしまいますが、今では会社でも即日融資のカードローンを利用できます。

ただ、審査、取引の安定感を考慮に入れると、利用すべき金融機関は限定されるという特徴もあるので、そのことを踏まえて優良な金融機関の案内を行わせていただきます。

どうしても即日融資を利用したいという人の参考になれば幸いです。

総量規制に注意!即日融資でも総量規制の影響を受けてしまう

総量規制とは、賃金に関する法律によって実際の収益の3分の1までしか借りられないようになっている規制です。借り過ぎ防止の目的で施行されるようになっているのですが、会社であっても実際の収益に対して制限がかかる場合があります。

具体的なケースでは、キャッシングで融資を受けるケースがそうです。

カードローンなどを銀行で受ける場合には、総量規制対象外といった総量規制がかからないようになっているのですが、キャッシングの場合には個人や法人に関係なく制限がかかるようになっているのです。

また、キャッシングでもそうですが総量規制がかかるものは決まっています。

主に下記のような融資では規制がかかるようになっています。

  • 消費者金融のカードローン
  • クレジットカード利用により発生したローン
  • キャッシング契約により発生したローン

ブラックもOK!?銀行カードローンはブラックも利用できる?

在籍確認についてですが、会社であっても、即日融資のローン審査であっても金融機関を通してお金を借りる際は、必須となることを忘れてはいけません。

審査基準が緩いとされている銀行カードローンはネット上に多く存在します。ですが、ブラックOKという金融機関は存在しないので、以下のような情報も含めて、ローンに関する噂を信用しないほうが賢明です。

  • 100万円以上の融資OK
  • 無審査で借りられる
  • 借り過ぎの人も借りられる

金融機関では、会社に対しても即日融資の対応を行っておりますが、上記のような審査基準を設けていないことを確認してください。このような対応を行っているのは、金融機関の中でも闇金と言われている悪徳業者くらいです。

つまり、美味しい話で釣っておき、闇金でローン契約を組ませるという目的があるので、このような勧誘を行っているだけなのです。実際に利用してしまうと多額の利息が発生し、返済が苦しくなるという結果に陥ってしまいます。

カードローン、キャッシングでも会社がローンを組めないということはありません。

個人、会社に対してカードローンの販売が行われているので、事情を説明してカードローン審査を受けるだけで、審査通過後は一般的なローンと同じ内容で利用が可能となります。

書類をチェックしてから申込もう!即日融資の審査で必要となる書類

即日融資の審査を受ける際には、先に提出しなければいけない書類があります。

下記の書類のうちのどれか(もしくは全て)を提出する必要があるのですが、提出しない状態のままでは審査待ちから進行しないままとなりますのでご注意ください。
  • 決算書
  • 試算表
  • 資金繰り表
  • 借入申込書
  • 謄本
  • 借入状況を証明できるもの
  • 納税証明書
  • 印鑑証明

これらの書類については、銀行からアドバイスを頂きながらでも揃えることが出来るようになっています。

銀行員の融資対応の方が無料でアドバイスをしてくれるので、専門的な話について予め行っておきたい場合には、電話対応か店頭での相談で悩みを解決されるのも、企業が融資を受ける場合には大事である場合もあります。

また、これらの用意については慣れない作業なので苦労される場合もあるかと思います。

ですが、これらの書類の用意をいい加減に進めてしまうと、融資を受ける前に悪印象をもたれてしまうので手だけは抜かないように注意しないといけません。実際に即日融資に慣れていない場合には、最初のハードルとされていることも多いです。

どの書類が重要?ローン審査の書類で重要となるのは決算書

即日融資のローン審査で重要となる書類は決算書です。

多くの書類を提出するので、どれも大事という考えをもってしまいますが、実際は過去3期分の決算書を提出しないといけない決まりもあるのです。

決算書については、対応の精度を上げておく必要があるのです。

決算書を見て銀行は、企業側の進捗状況について把握してくれるようになっているので、審査上の評価を高めるためにも良い進捗状況であるのが、明確にわかるような決算書でないといけないわけです。

会社がローン審査を受ける場合、具体的な収益について説明をしなければなりません。

多額のローン契約を組むことが可能なため、このような対応を取る必要があるのです。ただし、決算書など重要とされる書類を素早く提出できるようであれば、審査が厳しくなるケースも少なくなります。

即日融資で知っておきたいこと!会社の借り入れ方法とその特徴

企業が受けられる融資はどれも同じではありません。

借り入れ方法を正しく理解し審査を受けるだけでも、審査時間や融資額が大きく違ってきます。

何度も審査に落ちてしまっていると、審査時間分だけ融資に大きく時間を割いている格好になりますので、精神的にもあまり好ましい状態ではありません。

また、銀行の融資にも限界は存在します。

月によってはあまり借りられない月もあるので、長い期間で審査を続けていると場合によっては、借入が難しい月に突入し何度も審査を受ける羽目になります。

そうならないように、スッキリと一度目の審査で審査を終わらせることも、審査では重要なことであったりもするのです。

借入方法 内容
証書貸付 ・金銭消費貸借契約書を銀行に提出
・提出後、審査を受けられるようになっている
・長期の返済期間で借入を希望している場合に向いている
手形貸付 ・借入用の手形を銀行に提出する
・提出後、審査を受けられるようになっている
・短期の返済期間で借入を希望している場合に向いている
当座貸越 ・融資の極度額を設定できる借り入れ方法
・設定されている極度額まで自由に融資が受けられる
・時期によって融資額が違うという特徴がある
即日融資であっても、提出する書類によって借り入れの安定感が違ってきます。

ただ、書類を用意するだけで審査が進むようになっているため、少しでも金融機関と良い関係になりたいという場合は、用意をしておき素早く提出するようにしたほうが良いです。

優良な銀行はどうやって探す?実践しやすい優良な銀行の見極め方

現代では、個人情報や名簿などの売買がインターネットでは行われています。なので、曖昧な状態のままで審査を受け続けるというのはよくありません。

融資の為に審査をされている場合については、他の銀行などで安易に融資を受けないようにしておくのも大事です。

前述した情報については、基本的に金融業者であっても情報を売買している可能性があるからです。

ただ、大手銀行の場合にはトラブルなども少ない状態で、個人や法人(会社)であっても同じケースが目立ちます。

つまり、銀行をとりあえずで決める場合であっても、安易にネットなどで、「誰でも融資OK」となっているような怪しい金融機関を利用しないで良いというわけです。

具体的に、どのような方法でアプローチしてくる業者が危険なのか?というと、下記のような手法が今では定番となっています。

今も同じ手口が多い!?会社を騙す悪徳業者の手口を理解する

個人や法人を騙す手口については、それほど多く存在しているわけではないというふうになっています。

具体的にどのようにして情報を盗んだり騙したりするのかというと、一般的とされているものではダイレクトメールがあります。

ダイレクトメールというのは、無差別にアドレスに登録されている相手に対してメールを行うというものです。多くの人は、このようなメールを見て実際にサイトなどに訪問を行い、審査を受けるかどうか判断するとなっています。

ですが、実際にサイトを訪問する際にはURLに問題がないかをチェックしてみましょう。

その理由ですが、偽の企業名か、もしくは実在する金融業者のふりをしているケースが存在するからです。また、URLについては登録制となっているので、同じURLを登録を行った人(管理している人)以外が勝手に使用することはできないようになっています。

なので、URLそのものに誤りがあったりしますので、よく見ると有名な業者のURLではなかったりするのです。

チラシも危険!悪徳業者からのお誘いというケースが多い!

悪徳業者などと関係をもたないために注意しておかなければいけないことは、ポスティングチラシはすぐに捨てるようにするということです。

ポスティングチラシとは、ポストに投函されるチラシのことです。

チラシそのものは、聞いたこともないような業者からの借金をしませんか?という内容になっています。このようなチラシで似たようなものは存在するのですが、悪徳業者のものは「○○様なら○○万円までお貸し出来ます」といった内容になっています。

これについては、悪徳業者であっても企業として貸付業をされているわけなので、ローン利用者の借入状況を調べられるようになっているために行えているケースが多いです。

実際に貸すわけではなく、例えば「200万円借りたい」と思っている相手に対しては、「300万円で貸付が可能です」という内容にして都合の良い借金に見せかけているだけです。

最終的に審査には通るのですが、データ更新料など聞いたこともない料金を徴収されるだけで、その後は業者との連絡も音沙汰がない状況が続き、そこで初めて騙されたと気付く人が多いのです。

会社を騙す際も、「有名な業者のふりをしてなりすましメール」を送ってくるケースが多いので注意してください。このようなケースであっても、実際にURLをチェックすれば怪しいかどうかがわかるようになっています。

【参考ページはこちら】
審査が激甘な即日キャッシングなんてあるの?

カードローン、キャッシング共に今では即日融資が珍しくありません。なので、即日融資の対応を取っている銀行は増え続けています。

これは会社であっても同じなのです。会社用にビジネスローンを用意している銀行も存在しますが、事情を説明することでカードローンを利用することも可能となっています。

また、個人、銀行に対してダイレクトメールなどで勧誘を行っている業者も存在します。ですが、こちらは悪徳業者と言われる迷惑な業者なので、メールなどが届いたとしても放置し、相手にしないようにしていると、自動的にダイレクトメールなどの数が減っていきます。

閉じる
閉じる