即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

油断禁物!即日融資は必ず借りられると言う意味では無い

普段の生活では頻繁に有る事ではありませんが、何十年と生活していればその日のうちにお金が必要になる事態に直面することが有ります。充分な蓄えが有ればよいのですが、お金が用意できず困ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで注目されているのがカードローンのようなキャッシングと呼ばれるもので、今では即日融資と銘打って利用者数を延ばしています。最近では大手銀行や大手消費者金融でも即日融資を行っている所が有り、利用者の方も使い易くなってきています。

しかしこの即日融資を誰でも利用できるものと誤解している人がいるのも事実で、結局借りられずに途方に暮れてしまう人もいるのです。即日融資でなぜ借りられないのかと不思議に思う人もいるかもしれませんが、即日融資と言う事と、金融機関の貸す貸さないと言う判断の間には関係性は有りません。

以下では、即日融資を実施している金融機関を示したうえで、即日融資でも注意しておきたい金融機関の選び方や、即日融資で見逃しやすい落し穴を挙げ、少ない時間を有効に利用して、出来るだけ使いやすく安全な即日融資の利用をしていただきたいと考えています。

即日融資に対応する金融機関

即日融資を希望する場合、まずはそれに対応している金融機関でなければなりません。増えて来ていると言っても、即日融資に対応している金融機関はまだまだ少数派です。そこでカードローンで即日融資を行なっている大手金融機関を知るところから始めましょう。
(⇒銀行のカードローンでも即日融資はできるの?

即日融資に対応する主な金融機関の一覧

現在即日融資に対応している金融機関を表に示しておきます。3件目までが銀行、それ以下が大手消費者金融です。

表 即日融資に対応する金融機関

金融機関名 最短審査時間 金利 貸出限度額
三菱東京UFJ銀行 30分 4.6~14.6% 500万円
三井住友銀行 30分 4.0~14.5% 800万円
新生銀行(レイク) カード発行まで40分 4.5~18.0% 500万円
アコム 30分 4.7~18.0% 500万円
プロミス 30分 4.5~17.8% 500万円
モビット 30分 4.8~18.0% 500万円
アイフル 30分 4.5~18.0% 500万円
ノーローン 30分 4.9~18.0% 300万円
オリックス(VIPローンカード) 60分 3.0~16.8% 800万円

表を見れば分かりますが、大手消費者金融はほぼ即日融資に対応していますが、大手銀行は対応が分かれているようです。またこの他にも地方銀行などでも対応しているところも有りますが、注意が必要なのは早い対応を謳っていても即日ではない場合も有ることです。

即日融資を希望する時の申込手順の例

次に申込みから融資までの手順を見ていきます。これがすべてうまく運べば即日融資が行われますが、後に述べるように色々と落し穴が有るので、まずは手順をよく理解して下さい。

申し込み

申込方法は金融機関毎に違いが有るため申込みを行う金融機関が決まったら、パンフレットやホームページで確認しておいて下さい。

最も基本となるのは店舗の窓口での申込みですが、カードローンでは後発組の銀行などでは窓口では扱わない事も有ったり省力化で店舗に行っても自動契約機を勧められる事の方が多くなりました。ただ何かあれば係員に教わったり場合によっては相談も出来ますから、即日必要と言うような場合には店舗に行って自動契約機で契約する方法がお勧めです。

また即日借りられるかは微妙ですが、人気なのがインターネット経由での申込みです。パソコン、スマートフォン、携帯電話から情報を送り申込むことが出来ます。またその他の申し込み方法としては、電話、FAX、郵送などが有ります。これらは即日では無理なことも有りますから注意してください。

申込みに必要な書類は自動契約機の場合、申込書、本人の確認書類、希望する融資額によっては収入の証明書類が必要です。このあたりも金融機関によって違いますから事前の確認が必要です。申込書は店舗に行けば用意されていますし、インターネット経由の場合には、申込書への記入ではなくて、ホームページの申込フォームなどからの情報入力で行います。いずれの申込み方法を利用する場合でも事前に必要書類を用意してください。

審査

申し込みが行われると金融機関は審査を行います。表にある審査時間は最短の場合で、誰もがこの時間で終わる訳ではありません。インターネット経由では審査が終わると連絡してくれますが、どの様な方法で連絡が来るのかは事前に確認しておきましょう。

契約

無事審査が通っても、契約を交わさなければ融資を受けることはできません。店舗に居る場合にはその場で、インターネット経由の場合は再度インターネットを利用して契約を交わすことになります。

利用方法

融資の利用方法は大きく分けて2通りあり、一つ目はATMから利用する方法で発行されるカードを使ってキャッシュカードと同じ要領で融資を引き出すことが出来ます。二つ目は金融機関に自分の口座への振込を依頼する方法で電話あるいはインターネット経由で行うのが普通です。

金融機関はどう選ぶか

即日融資を利用する場合2種類の人がいるはずです。第一は融資の利用は一度限りと言う場合です。このタイプは普段はキャッシングなどは利用しようとも思っていないが何らかの事情で急にお金が必要になった人。第二はやはり何らかの事情で急にお金が必要になったが、これを機に今後も利用を続けていくことを考えている人です。

自分の利用方法を考える

金融機関を選ぶ場合、前者のケースならば、とにかく早く借りられるところが良いのですが、後者の場合は長く使うことを想定しなければならず、どの金融機関でも良いと言う訳にはいきません。

そこで金融機関の選び方ですが、まずは自分の予想する利用方法を考えてみましょう。普通はATMを利用してキャッシングしますが、最近では振込を依頼して自分の口座に直接振り込んでもらう人も増えています。そこで選ぶ金融機関は自分の希望する利用方法を提供していなければなりません。

もう一つ金融機関を選ぶ際に重要なのが、自分の行動範囲を明確にすることです。たとえば自分の行動範囲内に利用できる金融機関あるいは提携金融機関が無ければ、極端な話隣町まで行かなければならなくなります。これでは使い難くて仕方がありません。

使い勝手を考える

そこでATMの利用を前提にしている場合には確認した自分の行動範囲内にあるATMを思い浮べてみましょう。利用を考えている金融機関の支店或はATMコーナーがあるか、無い場合には利用できる提携金融機関あるいはコンビニが有るか程度は調べましょう。

もう一つ大事なことは借入も大切ですが、返済も同じように大切だと言うことです。口座引き落としなら構わないのですが、借入と同じようにATMを利用して返済する場合には提携金融機関のATMによっては返済に対応していない場合が有るため注意が必要です。

利息と手数料で金融機関を選ぶ

ここまでで利用できそうな金融機関はある程度絞れたと思いますが、この中から申込む金融機関を選ぶという前提で話を進めましょう。選ぶ基準は多くの利用者が有利なところと言うでしょう。有利とはなるべく余分なお金が掛らないと言う意味で、まずは利息が少ないところ、そしてもう一つが手数料です。

急いでいることが前提にありますからどこまでできるか分かりませんし、インターネット環境が無いと難しいかもしれませんが、金利から利息を計算してみましょう。(こちらもご参考にどうぞ→低金利と即日融資にこだわったカードローン探し)カードローンの金利は大きな幅が有りますが、最初の契約時に適用されるのは最も高い金利と考えて間違いありません。金融機関のホームページに用意されている返済シミュレーションを利用すれば簡単に計算できます。

ここまでは誰でも考えるんですが、実は金融機関に支払うお金と言うのは利息だけではありません。ATMを利用する場合利用手数料が発生することを忘れてはいけません。この利用手数料はカードローンを利用している金融機関のものなら規定の時間内であれば無料ですが、時間外だと108円が掛りますし、提携金融機関のものは場合によって216円かかることも有ります。

そこで最もお得なのは何処かという点が問題です。大きなお金を借りる場合には金利が重要になりますが、通常は小さなお金を何度も借りることになるだろうと言う人の場合は利息よりも手数料の方が高くなる事も有るので、そういう場合、もし提携先のATMしか利用できないと言うことになると、いくら利息がお得であっても、全体としては不利な借入と言うことになります。金融機関はこのあたりを勘案して選ぶのが良い方法と言えるでしょう。

希望する融資が受けられないのはどんな時か

申込む金融機関が決まったらいよいよ実際に申し込むわけですが、もちろん申込みを行っただけでは融資は受けられませんし、場合によっては希望する金額の融資が受けられなかったり、時間制限のために即日の利用が出来ないと言う事も有ります。

審査に通らなければ始まらない

まず最初の関門は審査です。カードローンもそうですがローンと言うものは全て融資を受ける前に金融機関の審査を通過する必要が有ります。審査をすれば通る人もいれば通らない人も出てきます。いくら即日借りたくても審査に通らなければ何も始まりません。申込んだから大丈夫などと安心していると痛い目を見る事になるかもしれません。

審査と言うのは大まかに言うと申込者が申込者本人であることの確認とお金を貸したら返済してもらえるだけの返済能力が有るかと言う点についてのチェック及び過去に経済的な面で問題を起こしたことが無いかどうかの信用面についてのチェックを行うことになっています。ただし詳細な審査基準については各金融機関が独自に作り上げてきてもので表に出ては来ません。

このように審査基準は各金融機関で違いますから、その金融機関毎に少しづつ審査での判断には違いが出ます。このため利用者の状態によって通りやすい金融機関も有れば通り難い金融機関も有ることになるわけです。よくインターネット上に記載されているような通りやすいカードローンといった記事は、その記事の体験者には実体験であても、それが他の人も通りやすいと言う事ではありませんし、誰にでも通らない可能性と言うものが僅づつは有るのです。

中にはここで挙げたような銀行や大手消費者金融に幾ら申込んでも審査には通らない人もいます。こういう人をブラックと呼びます。元々は信用情報中のブラックリストに名前が載ると言うところから来ていますが、実はそのようなものは無く、その人の信用情報に過去の自己破産や滞納の履歴の書き込みが有って金融機関が敬遠してしまう状態を言います。

希望金額が借りられるとは限らない

次の問題は利用限度額です。幸いにして審査に通ったとしても実はそれが自分の必要とするお金を借りられると言う事には繋がらないのです。

カードローンの案内には貸出限度額と言うものが目立つように書いてあります。初心者の場合、どうしてもこのカードローンを申込めば自分もこの貸出限度額の範囲内でお金を借りられるものと考えがちなのですが、実際には利用者ごとに利用限度額が設定されます。要するに貸出限度額と利用限度額と言うのは違うのです。

例えば貸出限度額が300万円だった場合、300万円まるまる利用できるわけではなくて、審査の結果で利用者の返済能力・信用力に応じて300万円以内でその人の利用限度額と言うものが決められるわけです。したがって、即日融資は行なって貰えても自分が必要としているお金を満額借りられるかどうかは分からないのです。

さらに問題なのは初めてその金融機関を利用するような場合、利用者の信用力は大変低いと言うことです。例えば自分でお金を貸すことを考えてみましょう。友人知人であれば、どういう人か分かりますから貸しやすいですが、全くの他人では信用などできませんから普通は貸さないでしょう。金融機関でも基本的には同じです。

ただし金融機関は貸さなければ商売になりませんから、信用は出来なくてもお金は貸してくれます。しかしその場合には信用が低いですから返済されないと言うリスクも考えて融資額は最小限にします。その中でしっかり返済が出来る人だと言うことが確認できたら再度の審査で利用限度額が見直されます。

したがって即日融資を利用したいとしても審査によっては必要なお金は用意できません。幾ら社会的地位が高いとしても、初めてお付合いする金融機関では大きな信用の評価はしてくれません。ですから通常はなかなか100万円を最初から借りられるような人はいません。利用者にもよりますが10万円程度かあるいはそれ以下と言う人もいるのです。

このため即日融資を利用して大きなお金を用意したいと考えている場合には審査に通ったとしても、楽観していてはいけません。足りない分については別途お金の調達方法を考えておかなければなりません。

時間に注意

更にもう一つ注意すべきは時間です。即日融資と言っても金融機関は終日営業しているわけではありません。このあたりをしっかり考えておかなければ最悪の場合、借りられたのは翌営業日で休日などが挟まって何日も先だったと言うこともあり得ます。

今ではインターネットも発達していますので、24時間対応などと言うところもありますが、それを処理して審査してくれるのは少なくとも営業していなければなりません。しかも審査には時間がかかりますから、まったく審査に問題が無かったとしても、営業時間ぎりぎりに申し込んだとしたら、営業時間内に審査が終わらず結果を出すのは翌営業日に回されてしまったりすることも考えられます。

ただし最近では三菱東京UFJ銀行の様にATMコーナーの横にテレビ窓口と言うものを用意して、通常店舗は閉まってしまう時間でもこの窓口を利用する事により平日時間外や土日でも対応しているところも出てきています。

もし幸い営業時間内に審査が終了し契約まで至ったとしてもまだ借りられるとは限りません。契約終了と実際の利用の間にはまだ必要なことが有るのです。そこで利用方法として振込依頼で借りる場合とATMを利用して借りる場合についてそれぞれ考えてみましょう。

振込依頼はATMまで行かず電話やインターネットを介して行うことが出来大変便利なのですが、振込に時間制限が有るのは通常の銀行振込と同じです。したがって振込の処理時間内に振り込み処理が終了する程度までに振込依頼がされなければ即日の融資を受け取ることはできません。例えば利用する金融機関によって違いますが振込が15時まで行なえるとして14時50分までに振込依頼をしなければ振込は翌営業日になるわけです。

次にATMを利用する事を考えてみましょう。ATMを利用する場合どうしても必要になるのがカードです。店舗の窓口か自動契約機を利用した申込みであればカードの受け取りは簡単ですが、例えばインターネットを利用した申込みの場合には通常はカードは郵送されることになります。しかしこれでは即日利用はできません。このため金融機関によってはインターネットやその他の申込みでも自動契約機に行けば即日カードの受け取りが出来る所も有ります。

このような理由からも、即日融資を希望する場合、結局自動契約機のある店舗などに行く必要が有るのであれば、始めから店舗なり自動契約機に行って申込みをした方が面倒は少ないと考えられます。

返済は可能なのか

ここまでは何らかの問題で貸せない、充分な金額にならない、あるいは時間的に無理などの金融機関側の理由で即日お金が準備できない場合を考えてきましたが、次に自分の方に原因が有って借りてはいけない状態も有ると言うことを考えていきます。

返済の見通しが無ければ借りてはいけない

自分の方に原因が有って借りてはいけないと言うのは返済が出来そうにない場合です。いくらお金が必要であっても返済の見通しが無いのにお金を借りてしまっては、先々返済に行き詰ってしまって、更に別の借金をするしか方法が無くなり、そのうちにそれ以上借りられるところが無くなって、自己破産するしかなくなるまで追い詰められる可能性も有ります。

これは即日融資に限った話ではありませんが、融資を受ける場合には事前に返済の見通しを考えておく必要が有ります。カードローンを利用する場合であれば、まず金融機関のホームページで返済シミュレーションを行なうことが出来ますから、それを利用して何か月間返済が必要なのかを計算してみてください。融資を受けたらその期間返済が出来なければならない訳です。そこで必要になるのが返済計画です。

返済計画

返済計画を立てる時は簡単に自分の収入から、月々幾らくらいまでは大丈夫だと漠然と考えるのではなく、返済している間毎月分の収入と支出を予想して、その差額と返済額で判断して返済出来るかどうかを判断することが必要です。例えば100万円の収入が有っても100万円支出しているようでは返済はできません。金融機関は支出までは分かりませんから返済能力は収入から判断して審査をしますが、実はこれでは不十分で支出も考慮する必要が有るのです。

この計算を完済まで続けて返済計画を立てますが、収入も支出も計画通りに行くとは限りませんから、常に計画を見直して、計画通りに行っていない場合には先々の返済計画も見直す必要が有ります。即日融資を希望するような場合、この返済計画まで立てている時間は無いかもしれませんが、大雑把な判断で借入しても、借入後はすぐに詳細な返済計画を立て、返済が難しい場合には対策を考えるようにしましょう。

返済計画を立てるような場合、人間と言うものはどうしても自分に都合の良い判断をしがちです。収入の見積りも、支出の見積りも同じで、この判断の甘さが積み重なると、実体とかけ離れた計画になってしまう事も有ります。したがって返済計画を立てるときには自分一人で立ててはいけません。

利用できない場合

いくら即日融資が必要であっても、ここで説明してきたように利用できないことは珍しいことではありません。そういった時は、お金を借りると言う事では無くて別の対策を考えることを勧めますが、利用できない時にも注意する点などが有りますのでそれらを理解しておきましょう。

審査に落ちたとき

審査に落ちた場合、多くは別の金融機関を当ろうと考えるのが普通です。特に即日融資が必要な人はすぐに別の金融機関を当るでしょう。しかしそこで注意が必要です。申込みが重なると申込みブラックになってしまうからです。ブラックと言うのは以前自己破産したり、何らかの返済が滞ったりして貸してもらえない状態を言うと考えがちですがこれを金融ブラックと言い、これとは別のブラックの状態としてこのような申込みブラックというものがあります。

申込みブラックと言うのは申込みをするだけでも信用情報に記録が残るため、短期間に何度も申込んで金融機関が疑念を抱く状態になってしまっている状態です。金融機関毎に判断が変りますが2件目から駄目としている場合も有れば3件目、4件目で申し込みブラックと判断するところもあります。したがって再度申込みをする場合には注意が必要になるのです。

金融ブラックの人の場合

もし自分が金融ブラックで即日お金が必要だがカードローンの申し込みも出来ないと言う時には、銀行や大手消費者金融の利用は諦めざるを得ませんが、絶対に借りられないと言う訳ではありません。中小の消費者金融の中にはブラック対応と言うところも有るのです。

ただしブラック対応と言っても審査は行われます。これ等の金融機関の審査では過去の信用情報にはある程度目を瞑って現在返済出来るだけの能力が有るかどうかという点について重点的に行なわれます。したがって ブラック対応と言っても誰でも借りられるわけではありません。また申込みブラックの場合はこういった業者でも警戒してしまいますので、多くの場合審査は通りません。

これ等の業者を見つけるときに注意が必要なのは、非正規業者となかなか区別がつかないことです。特に即日利用したいと言うような場合にはとにかく借りられれば良いと考えてしまってこういった非正規業者の罠に嵌ってしまう事も多いので十分な注意が必要です。

このため、もしこういった中小の消費者金融を利用する場合には、まず最初にその業者が正規業者かどうかを調べる必要が有ります。これは現在では金融庁のデータベースが誰でも利用でき正規業者であれば検索できますから、まずはそのデータベースで名称や代表者、住所、電話番号などを検索して利用しようとしている業者が非正規業者では無いことを確かめてください。

追い込まれないために

ここでの説明を読むと分かるように即日融資には例え融資されたとしても、いろいろと問題や注意しなければならない点が有ると言うことが分かります。落ち着いて判断すれば問題も少なくなりますが、すぐにお金が必要と言うような状態になってしまうと、残念ながら平常心で物事を考えることが出来る人はそう多くは有りません。そういう時には判断力も鈍ってしまい、ミスを犯すことも多くなってきます。ではどうするのが一番良いのでしょうか。それはそういう状態にならないことです。

普通の生活を営んでいれば、商売などとは違い、ある程度は先を見る事が出来ます。したがって借りなければいけないほどのお金が必要になると言うことは注意していればその可能性ぐらいは分かる筈です。それを安易な判断で見ないふりをせずに、その時点で借りることを考えておけば予め使い勝手の良いカードローンを選ぶことが出来たり、借りられないとすれば別の方法を検討する時間も取ることが出来るでしょう。

閉じる
閉じる