即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

家族にばれず即日融資!その対策と注意点を、徹底解説

どうしてもお金が必要なので、キャッシングサービスを契約しようと考えているのですが、事情が事情な為、家族に内緒で融資を受けたい。どうすればよいのでしょうか?

…こういったお問い合わせは、定期的に頂いております。原因には、友人や知人との金銭トラブル、身内の事故や病気といった予期せぬトラブルから、ここで書くのは憚られるような理由まで。十人十色、様々です。

キャッシングサービスの審査には多少のコツがあり、更に秘密を厳守したいとなると、お申し込みが初めての方にとっては困難な道となるでしょう。ですが、ご安心下さい。キッチリと知識を蓄え、対策を施しておけば、安全性はグッと高まります。今回は賃金業の基礎的な知識から、秘密厳守のセオリーまで。もちろん、即日融資可能な業者も併せてご紹介しますので、是非これらを頭に叩き込んで、このピンチを乗り切りましょう。
(⇒即日融資を受ける前に準備しておくこと

賃金業の種類

まず、賃金業の種類についてご説明致します。賃金業には銀行と消費者金融、大きく分けて2つの種類が御座います。銀行はその名の通り、三菱東京UFJ銀行のバンクイックや新生銀行のレイクといった、銀行が提供するキャッシングサービスです。消費者金融は、モビットやアコム、プロミスといった、知名度の高い大手を連想する方が多いのではないでしょうか。広告展開で言えば、消費者金融の方がずっと派手で目立つ為、キャッシングサービス=消費者金融という認識がスタンダードかもしれません。

種類 金利 融資までの時間
消費者金融 高い 早い
銀行系 低い 少し遅い

実際に双方を比較した場合、末永く付き合うなら銀行系の方がベターです。理由は、まず消費者金融以上の低金利。

また、銀行系は金利の適用条件(例:○○万円から○○万円までが○○%)を明らかにしています。消費者金融の多くは最高金利と最低金利のみを明らかにしているだけで、とてもフェアな姿勢とは言えませんね

。私は「銀行と消費者金融のどちらがいいですか?」と聞かれた時には、基本的に銀行をお勧めしています。

しかし、即日融資を念頭に置くとなると、事情は異なってきます。昔に比べ幾分か改善されたとはいえ、銀行系の多くは未だ審査に時間が掛かります。審査自体が早く済んでも、融資が可能になるまで2~3日を要してしまうことも珍しくありません。一方、消費者金融は即日融資が基本で、今やありふれたセールスポイントとなっていますね。では、即日融資が可能な銀行系というのは存在するのでしょうか?

即日融資が可能な銀行系なんてあるんですか?

結論から言えば、「あります!」。それは、三菱東京UFJ銀行のバンクイックと、新生銀行のレイクです。共に大手都市銀行ですので、消費者金融よりも安心ですね。「バンクイックはともかく、レイクって消費者金融じゃないの?」とお思いの方もおられるでしょうが、レイクは2011年10月に営業資産を親会社である新生銀行へ譲渡しています。それによって、消費者金融から銀行ローンに生まれ変わった、という訳ですね。消費者金融時代の印象が強いので、まだ勘違いされている方も多いのですが、今のレイクは、れっきとした銀行系のキャッシングサービスです。

もちろんバンクイックと共に、消費者金融以上の低金利。10万円から50万円といった一般的なフリーローンの範囲内でも、その差は歴然です。では、秘密を厳守しつつ即日融資を受けるには、一体どうすればいいのでしょうか?いよいよ、実践的な対策に入ります。

迅速性とプライバシーが両立された契約方法とは?

さて、バンクイックとレイク、共に即日融資が可能だというところまでお話しましたね。ここからは、実際のご契約についてです。銀行系に限らず、消費者金融にもインターネット、郵送、お電話、FAXなど、数多くの契約方法がありますが、即日融資をご希望ならば、バンクイックの場合はお近くのテレビ窓口、レイクの場合はお近くの自動契約機へと足を運んで下さい。名称こそ異なりますが、共に証明写真機のような密閉型のスペースで、プライバシーにも配慮がされています。周囲の目を気にする必要も御座いません。

融資限度額が50万円~100万円以上となると、収入証明書(源泉徴収票や確定申告書)が必要となり、審査にもお時間が掛かってしまいますが、そうでないなら、早ければ30分~40分前後で契約完了。もちろん、カードもその場で発行となります。銀行系ということで消費者金融より多少審査は厳しくなりますが、他社との契約・融資も無く、大きな事故情報(ブラックリストとも呼ばれていますね)が無いのならば、大丈夫でしょう。(こちらもご参考にどうぞ→金融ブラックでも即日キャッシングできることはある?)仮に銀行系の審査に落ちてしまい、消費者金融に狙いを切り替えた場合も、基本的な流れは同様です。全ての工程を一括して行える、自動契約機などをお勧めします。

もちろんカードをお受取り次第、すぐに融資が受けられます。バンクイック、レイク共にセブンイレブンのセブン銀行ATM、ローソンのローソンATM、ファミリーマートやデイリーヤマザキのイーネット端末でのご利用が可能ですが、人目につくコンビニを利用するより、銀行のATMの方が怪しまれません。万が一、ご家族やお知り合いと顔を合わせてしまっても、安心ですね。また、銀行の支店の方が造りに余裕があり、大抵ATMとATMの間に仕切りがあります。プライバシーに気を使うなら、ご利用は銀行に限定しましょう。

もっと安全に融資を受ける方法はありませんか?

それでも、家族や知り合いと顔を合わせたくない!

…という場合は、銀行口座へのお振込みという選択肢も御座います。バンクイックのお振込先は三菱東京UFJ銀行の口座に限定されてしまいますので、既に三菱東京UFJ銀行の口座を利用されている場合、通帳をご家族に見られれば、融資を受けたことが知られてしまいます。三菱東京UFJ銀行の口座を利用していない方は、却って好都合。新規に三菱東京UFJ銀行の口座を契約しましょう。

口座を作ったら、申込書と本人確認書類をFAXで送信して下さい。平日13時30分までに書類一式が到着すれば、即日のお振込みも可能です。以降の手順は、お電話かインターネットからと非常に簡単。もちろん、契約者本人と口座名義人が一致しない場合、振込による融資は不可能となります。レイクも事前に銀行口座を登録する必要が御座いますが、新生銀行である必要は御座いません。

郵便物の設定

さて、以上でご融資に至るまでの注意点は全てとなりますが、しかし融資を受けられた後も、郵便物という大敵が残されています。レイクはそのままだと領収書や明細書が毎月送付されてしまいますので、至急、お電話にてお手続きをして下さい。お客さま専用フリーダイヤル(0120-09-09-24)へお電話をし、オペレーターにその旨を伝えましょう。バンクイックは何も送付しませんので、そのままで問題ありません。

また、返済の遅延には十分ご注意下さい。

返済が1日でも滞れば、カードは即時に利用できなくなり、自宅へは案内書が送付されてしまいます。更に遅延を続ければ、電話連絡に督促状の送付、分割支払の権利の剥奪、財産差し押さえと、デメリットは計り知れません

秘密を隠し通すことももちろん大事なのですが、事前に計画的な返済プランを立てておくことが第一です。身を持ち崩してしまっては元も子もありませんよね。それが難しいようなら、融資を受けるよりも先に、どなたか頼れる方に話を聞いてもらいましょう。

【参考ページはこちら】
即日融資や借り換え融資、キャッシングについて知っておきたいこと

閉じる
閉じる