即日融資でキャッシングしたい!急いでいる人の

お金が必要!どうしたらいい?即日融資の基礎知識を教えます

お金が必要な時にどんなところで借りたいですか?どうせ借りるなら簡単に、すぐに借りられるところがいいですよね。「すぐに借りる」と言えば即日融資です!しかし、即日融資は誰でも、どこでも、いつでも借りられるわけではありません。きちんと基礎知識を身につけて急な時でも慌てず申し込めるようにしておきましょう。

即日融資ってどんなこと?

お金を借りようと思ったら即日融資って言葉を耳にしたコトありますよね。そう、言葉の通り「即日=申し込んだ当日」に「融資=お金を借りる」コトですね。つまり、すぐにでもお金が必要ってときには即日融資を利用するとお金がすぐに手に入るのです。銀行、消費者金融、どちらで借りようと思っても即日融資をしているところはあるので、すぐにお金が必要な時にはまずは即日融資に対応している所なのか必ずチェックしましょう。

即日融資の申込み方

即日融資と聞けば、Webで申し込むことが主流です。すぐに申し込めて相手にもすぐ届くのでお互いのコミュニケーションを取るのにWebだと時間がかかりません。郵送となると、どうしても郵送時間がかかるので即日融資は不可能ですね。Web上で申し込みから契約までして銀行振り込みで自分の口座に入金してもらうという方法ですね。他にも申し込みだけWebで行い、その後無人契約機で手続きをしてカードを受取ってATMから借り入れするという方法もあります。

中には電話から申し込みをしてFAXでやり取りをして自分の口座に振り込んでもらうという方法もあります。コンビニでもFAX書類を受取れるので家にFAXが無いからムリというコトはありません。もちろん電話で申し込みをして、その後に無人契約機に行くという方法もあります。パソコンやスマホの操作が苦手と言う方にはオススメですね。

  • Web契約一指定口座に振込み
  • Web契約一無人契約機一ATMから借り入れ
  • 電話一FAX一指定口座に振込み
  • 電話一無人契約機一ATMから借り入れ

間違えやすい「即日審査」

即日融資を利用しようと思って、「即日」の言葉があればどこでもその日のうちに借りられると思っていませんか?「即日」の中には「即日審査」という言葉もあります。「即日融資」と「即日審査」似ていますが全然違います。即日審査では「審査はすぐにしますけど、融資がすぐにできるかは別です」と言うもの。つまり、即日審査=即日融資ではないのです。審査結果は即日で出たけど、その後に手続きで1週間かかるというところもあります。そうなると、その日のうちに借りることはできませんよね。

即日融資では銀行振込みですぐに自分の口座へ入金してもらう方法が一般的です。しかし、銀行振り込みに対応していない所やATMから借り入れをしたい場合にはカードが必要になります。カードをATMに挿入して借り入れをするという方法ですね。そうなるとカードが手元に届かないとお金を借りることができないというコトになります。そのカードを受取る方法に郵送しかない場合では、どうしても日数がかかってしまうのです。郵送以外の受け取り方法があるかどうかがチェックポイントとなります。

即日融資 プロミス レイク アコム
Web
電話
無人契約機
郵送 × × ×

表からも分かるように、郵送では即日融資は絶対にできません。書類やカードなどを郵送の必要がある時には即日融資はできないことになります。すぐにお金を借りたい時には、即日融資なのか、即日審査なのか、郵送の必要はないのか十分に確認する必要があります。
(⇒即日融資はメリットがいっぱいあるサービス?

  • 「即日融資」とハッキリ書いてある

借りたい当日の午前中に申し込み

どこで借りようか悩んでいたら結局借りないといけない日になってしまった!「ヤバい!今日中に借りられる?」なんて事になってしまっても即日融資があるところなら大丈夫です。慌てずにすぐ申し込みをしましょう。借りたい日の当日でも午前中の申し込みなら間に合います。

なぜ午前中の申し込みなら間に合うのか

金融機関の窓口が開いているのは15時までですよね。そのため、消費者金融や銀行でお金を借りようと思ったら当日の14時までに申し込み、審査、手続きまでが完了している場合には即日融資ができるようになっています。細かく見ると消費者金融や銀行によっては手続き完了の時間が14:50までだったり12:00までだったりするので、気になる金融機関の情報をしっかりチェックしましょう。また審査や手続きに時間がかかる可能性もあるので午前中に申し込みをするのが安心です。

パソコンやスマホなどのインターネットで申し込みをするなら24時間申し込みを受け付けしているところが多いので、真夜中でも思い立った時に申し込みをしておくと安心ですね。

審査は最短30分と書いてある所もありますが、申し込む人が殺到する時期や、時間帯によっては審査時間が長くなります。そのため、少しでも早く申し込むのが即日融資のコツですよ。また、手続きで本人確認書類は必ず必要となります。そのため、運転免許証などの本人確認書類をあらかじめ手元に置いてから申し込みをすると探す手間も省けますね。

申し込みには本人確認書類が必要

基本的には本人確認書類は運転免許証があれば大丈夫です。ただし、中には免許を持っていないという人もいますよね。そういった人は健康保険証やパスポートで代用できます。それから、引越したばかりでまだ免許証の住所変更をしていないという人でも大丈夫です。万一、本人確認書類と現住所が違うのなら以下のいずれかの書類を一緒に提出しましょう。

  • 公共料金の領収書(電力会社・水道局・ガス会社・NHKなど)
  • 住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書

他にも各金融機関によって

  • 国税・地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書
  • 印鑑証明書

などの書類があげられています。いずれにしても発行日から6ヶ月以内のものとなっていますので発行日にも気をつけましょう。

Web契約の場合では、こういった書類の提出は携帯電話のカメラ機能を使って画像化して、指定のメールアドレスへ送付したり、スマホのアプリを利用して送付したり、といった方法で簡単に送ることができます。コピーする手間も省けるのでラクですね。

借りたい日の午後になってしまったら…

14時までの手続き完了が間に合わなかった…もう今日中に借りれないの?

万一、14時までに手続きが間に合わなかった時でも諦めるのはまだ早い!無人契約機の利用があります。無人契約機では営業時間内ならその場でカードが発行でき、ATMから借入れができます。

受付時間 プロミス レイク アコム
平日・土曜 9:00~21:00 8:45~24:00 9:00~2::00
日曜・祝日 9:00~21:00 8:45~22:00 9:00~21:00

*レイクでは初めてのお客さまへの当日融資は8:45~21:00までの受付となっているので注意が必要です。また第3日曜日は8:45~19:00までとなっています。

もちろん他の金融機関にも無人契約機や自動契約機がありますので、他社で借りたい時には受付時間を調べてから行くと無駄足がなく安心ですよ。

無人契約機の場合では自分の行動範囲に無人契約機があるのかどうかが問題になってきます。各社ホームページには無人契約機の設置場所が載っているので、「確かあそこにあったハズ…」といった、あいまいな記憶で行動せずに時間がない時ほど慎重に調べて行動しましょう。「あったと思ったのに、行ってみたら無かった…」では笑えま”せんよ!無人契約機で申し込む時には本人確認書類を忘れずに持っていきましょう。

  • 「即日融資」とハッキリ書いてある
  • 当日午前中までの申込み
  • 当日午後なら無人契約機を利用

入力情報は正確に!

急いで借りようと思うと、どうしても慌てがちになってしまいますよね。慌てると入力ミスや誤字・脱字にも気づかないことがあります。これでは、審査をする側が読みにくいだけではなく審査に通らない原因ともなってしまいます。慌てて申込みをする時には、すぐに入力内容を送信するのではなく、最低一回は読み直しましょう。自分は大丈夫だと思っている人ほど気を付けたいものです。

入力ミスは情報が怪しくなる

では、なぜ入力ミスや誤字・脱字がいけないのか?

カードローンやキャッシングでお金を借りようと思ったら担保や保証人は不要となっていますよね。これがカードローンやキャッシングの借りやすいメリットなのですが、担保や保証人なしでなぜ借りられるのか考えたことはありますか?

これは、申込みした人を信用してお金を貸してくれるのです。では、どうやって申込みした人を信用するのかと言えば、申込内容を見て収入面から返済できるのかどうかを判断して、返済意思があるのかどうか、更には人柄まで判断します。そのため、申込み内容の情報は重要なのです。入力ミスや誤字・脱字があると真剣に借りたいのかどうかに疑問が生じますよね。また、誠実な人といった判断ができませんよね。そうなると、申込み内容に記載してあることは本当のことなのかといった事にも疑問が生じることになるのです。

本気ですぐに借りたい時には何度か見直しをしてから申し込みをしましょう。

  • 「即日融資」とハッキリ書いてある
  • 当日午前中までの申込み
  • 当日午後なら無人契約機を利用
  • 入力情報は正確に

以上のことが即日融資を希望するなら知っておきたい基礎知識です。これらのことを踏まえて急な時でも慌てずキャッシングに申し込んでくださいね!

閉じる
閉じる